後付け太陽光発電

【レビュー】後付け太陽光発電で200万円儲かる理由を徹底解説!【全額ローンでOK】

【後付け太陽光発電レビュー】全額ローンでも200万円以上儲かる理由を徹底解説!

 

ローンを借りて後付けで太陽光発電を始めても利益は出ますか?

 

 

今日の記事はこういった疑問に答えます。

 

タップできる目次

【レビュー】後付け太陽光発電で200万円儲かる理由を徹底解説!【全額ローンでOK】

私は2018年12月に平屋を建てました。

その後、後付けで太陽光発電システム(12.5kw)を全額ローンで購入し、2019年7月末より発電を開始。
メーカーからいただいた売電シミュレーション※の資料をもとに計算したところ、以下のとおりの利益が出ることがわかりました。

  • 20年間で約250万円の利益(年利回り9.6%)
  • ローン利息の支払いを含めても20年間で約200万円の利益(年利回り8.2%)
JUN
JUN
預金金利が0.01%前後のご時世で、この利回りは素晴らしいです。

※2019年8月~2020年2月のシミュレーション精度は98%であることを確認済み。

 

今日の記事では以下3点に絞って、今から太陽光発電を始めたらどのくらい儲けが出るのかを、我が家の実例をもとに深掘りします。

  • 売電によって20年間でどのくらい儲かるのか?
  • 発電開始から何年で元が取れるのか?
  • 全額ソーラーローンを組んだ場合でも利益は出るのか?

後付けで太陽光発電を始めようか迷っているかたは必見です。

 

 

太陽光発電を始めるなら

太陽光発電を始めたいけど、悪質な業者に騙されないですか?

そんな心配をお持ちなら、一括見積もりサイト「ソーラーパートナーズ」を利用しましょう。
無料で、複数の会社(最大3社)から太陽光発電の見積りを取得できます。
私がソーラーパートナーズをおすすめする主な理由は以下の3点です。

  1. 太陽光発電見積もりサイト依頼件数で4年連続ナンバーワン(2018年は18,756件)の実績です。さらにNHKやフジテレビなどで紹介されたことがあり信頼性が高いです。
  2. ソーラーパートナーズの加盟業者は、自社施工が可能な業者のみに限定されています。不要な中間マージンが発生しないため、業界最安クラスの見積り価格が提示されます。
  3. 設置工事にソーラーパートナーズの本部スタッフが立会い、きちんと施工が行われているか、業者の施工品質に問題が無いかをチェックする「設置工事みまもりサービス」を受けることができます。プロの立会いのもと、見積もりから施工まで安心してまかせられます。

JUN
JUN
太陽光発電の後付けを検討中なら、NHKに取材された実績もあり信頼性抜群のソーラーパートナーズがおすすめです。

\ 最安値で太陽光発電開始! /ソーラーパートナーズ
公式サイトはこちら

 



後付けで出力12.5kwの太陽光発電を屋根に載せると、20年間でいくら儲かるのかを検証

いくら儲かるのか?

まず最初に20年間でどの程度の利益が出るのかを計算します。

 

 

我が家の太陽光発電システムの基本スペックをご紹介

我が家の太陽光発電の基本スペックは以下のとおりです。

  • 長州産業(CIC)単結晶モジュール「CS-250K11H」(変換効率16.8%)
  • 出力容量12.5Kw(パネル50枚)
  • パネルの傾斜角:14度
  • パネルの設置向き:南西
  • 買取方式:余剰買取(昼間発電した電気を自宅で使い、余った分を電力会社に売電)
  • 買取単価:18円/kWh(2018年度の買取単価です)

 

実際の太陽光発電モジュールの写真です。

 

 

 

我が家の出力12.5kwの太陽光発電システムの初期費用は、工事費込みで271万円(税込)でした。

長州産業 太陽光発電 出力12.5kw(パネル:CS-250K11H)の見積もり書

上の画像が我が家が導入した太陽光発電システムの見積書になります。

出力12.5kw、工事費込みで約271万円(税込)でした。

パナソニック、Qセルズとの見積もり価格の比較は太陽光発電(長州産業 12.5kw)の見積書公開【パナソニック・Qセルズと比較】をご覧ください。

 

メーカーの発電量シミュレーションから売電額を計算していみます

長州産業(CIC)からいただいた発電シミュレーションの資料を元に、利益を計算していきます。

 

長州産業(CIC)「CS-250K11H」の年間推定発電量は13,318kWh

我が家の長州産業「CS-250K11H」の年間推定発電量のシミュレーション資料です。

年間の平均発電量は、13,318kWhでした。

仮に、発電した電気を全部売電した場合は、1kWhあたりの買取単価18円×13318kWh=239,724円となります。

ざっくり年間24万円、20年間で480万円の売電収入があるというシミュレーション結果でした。

JUN
JUN
この時点で初期費用271万円を差し引いても209万円の利益です。 

 

発電量シミュレーションの結果から、何年で元が取れるのかを計算しました。

発電量
(kWh)
発電量×18円
1 14581 262,458円
2 14143 254,574円
3 14044 252,792円
4 13945 251,010円
5 13846 249,228円
6 13747 247,446円
7 13648 245,664円
8 13549 243,882円
9 13449 242,082円
10 13350 240,300円
11 13251 238,518円
合計 151553 2,727,954円

仮に発電したすべての電気を売った場合、表のとおりの試算結果となります。

11年で初期投資分の271万円を超えることができました。

 

JUN
JUN
11年で初期投資を回収し、12年目以降はまるまる儲けということです。

 

\ 最安値で太陽光発電開始! /ソーラーパートナーズ
公式サイトはこちら

 

【実測値との比較】2019年8月~2020年2月では、シミュレーション値に対して実際の発電量は98%という結果でした。

2019年~2020年の発電シミュレーションと実際の発電量の比較グラフ

メーカーからいただいた売電シミュレーションの資料はどの程度正確なのか?

上のグラフは、発電シミュレーションの値と、実際の2019年8月から2020年2月の発電量の値を比較したものです。

2019年8月から2020年2月の7か月間では、シミュレーションに対して98%という結果でした。

JUN
JUN
月単位でみるとブレはありますが、通年でみると今ところはほぼシミュレーション通りの結果となっています。

2020年2月までの実際の発電量については【2020年2月】後付け太陽光発電12.5kw(長州産業)の売電収入レポートをご覧ください。

 

 

 

我が家の太陽光発電の売電方式は「余剰買取」です

出力容量が10kw以上になると、産業用という位置づけになり、発電した電気の買取方式を、「全量買取」と「余剰買取」の2通りから選ぶことが可能です。

全量買取、余剰買取とは?

太陽光発電の売電方式は2通りあります。

  • 余剰買取
    昼間、太陽光で発電した電気をまず自宅で消費して、余った分だけを電力会社に買い取ってもらう方式です。
  • 全量買取
    太陽光で発電した電気をすべて電力会社に買い取ってもらう方式です。

さらに出力容量によって選べる売電方式と固定価格の買取期間が異なります。

  • 出力容量10kw未満の場合
    余剰買取しか選択できません。
    買取価格は2019年の場合で24円/kwhです。
    24円/kwhで買い取ってもらえる期間は10年間です。
  • 出力容量10kw以上の場合
    余剰買取か全量買取か選択することができます。
    買取価格は2019年の場合で14円/kwhです。
    10kw未満の場合よりも買取価格が低いですが、14円/kwhで買い取ってもらえる期間は10kw未満の倍の20年間になります。
JUN
JUN
我が家は余剰買取を選択しています。

余剰買取を選択した理由は、電力会社への売電単価(18円/kWh)よりも、昼間の電気料金単価(25.8円/kWh)のほうが高いからです。

単純な計算で、昼間発電した電気を電力会社に18円で売るよりも、自家消費して電力会社から25.8円で電気を買わないほうが得だということになります。

売電方式の違いによる利益額の違いは太陽光発電は「全量買取」と「余剰買取」のどちらを選べば正解?をご覧ください。

 

 

昼間発電した電気はどのくらい自家消費するの?

自家消費率が高ければ高いほど、電気代の削減額が増えるため、太陽光発電全体の利益が増えることになります。

一般的な家庭では、昼間発電した電気のうち約30%を自家消費すると言われています。

では実際の自家消費率はどの程度なのでしょうか?

 

我が家の実績値で確認してみたところ、2019年8月~2020年2月の7か月間では、平均自家消費率は23.7%という結果になりました。

自家消費率の推移グラフが下記になります。

2019年~2020年の太陽光発電の自家消費率推移グラフ
JUN
JUN
我が家は出力が12.5kwと比較的大きいため、一般家庭に比べて自家消費率がやや低めにでているようです。

今後20年間の利益を確認するには、自家消費率は重要です。

利益をシミュレーションするにあたり、実際の値(23.7%)よりも少し低く見積もって20%を自家消費したと仮定して計算をすすめることにします。

 

 

 

シミュレーションの値からは20年間で2,664,833円の利益が出る計算になりました。

発電シミュレーションの結果から、自家消費率20%として、20年間に太陽光発電で得られる収入は以下のとおりとなります。

  1. 年間の平均発電量:13,318kWh
  2. 年間の平均発電量13,318kWh×自家消費率20%=2,664Kwh
  3. 3,995kWh × 東京電力スマートライフプランの買電単価25.80円※=68,731円
  4. 自家消費できずに余った電力量:13,318kWh×80%=10,654kWh
  5. 10,654kWh×売電単価18円=191,772円
  6. ③と⑤の合計金額:260,503円
  7. 260,503×20年=5,210,060円

※単価は消費税10%

JUN
JUN
1年間で260,503円、20年間で5,210,060円の収入がある計算となりました。

 

利益額を計算すると以下のとおりとなり、およそ250万円の利益が出る計算です。

収入総額5,210,060円 - 初期費用2,714,947円 = 2,495,113円

 

以上の結果から、20年間の年利回りを計算してみます。

(収入総額5,210,060円÷初期投資2,714,947円)÷20×100=9.6%

JUN
JUN
我が家の太陽光発電の年利回りは9.6%という結果でした。

尽きることのない太陽のエネルギーと、国の買取価格保証という2つがある太陽光発電は、株式やアパート賃貸経営などの投資よりも圧倒的にリスクが低い。

低リスクなのに10%近い利回りがあるのは特筆すべき点です。

太陽光発電が投資として優れている理由は、太陽光発電投資が他の投資よりも優れている4つの理由とは?をご覧ください。

 

\ 最安値で太陽光発電開始! /ソーラーパートナーズ
公式サイトはこちら

 

 

余剰買取の場合は、初期投資の回収は10年と6カ月で達成予定

JUN
JUN
続いて元が取れるのはいつか?を検証します。
年数 余剰買取の収入合計
1年 ¥260,503
2年 ¥521,006
3年 ¥781,509
4年 ¥1,042,021
5年 ¥1,302,515
6年 ¥1,563,018
7年 ¥1,823,521
8年 ¥2,084,024
9年 ¥2,344,527
10年 ¥2,605,030
11年目 10年と6か月→¥2,735,284


JUN
JUN
上の表のとおり、初期投資額の2,714,947円は10年と6か月で回収できる計算です。

10年7か月目以降はまるまる儲けです。

自家消費率を実際の値(23.7%)よりも少し低く見積もっていますので、実際にはもう少し早く回収できる可能性が高いでしょう。

 

実際には20年のうちに1回はパワーコンディショナーの交換費用が発生することが予想されるので、まるまる2,495,113円儲かるかといえば決してそんなことはないのですが、それでも確実に利益は出ます。
見積り金額でみると、パワーコンディショナーは1台だいたい10万円です。
2台を交換したとしても20万円。工事費込みでも30万円は超えないでしょう。

パワーコンディショナーとは?

太陽光発電モジュールで発電した直流電流を交流電流に変換し、商用電源として住宅用分電盤に供給する装置です。商用電源とは電力会社から供給される交流電流のことです。
パワーコンディショナーは一般的には15〜20年くらいで交換が必要と言われています。

 

実際の売電額と自家消費額をご紹介

発電開始(2019年8月)から2020年2月までの実際の売電額、自家消費額の推移グラフです。

2019年~2020年の太陽光発電による収入推移グラフ
JUN
JUN
7か月間で143,504円の収入がありました。年間で最も発電する3~5月の結果を含めていない状態ですでに143,504円の収入額が得られています

シミュレーションの値と大きく乖離していないことはお分かりいただけると思います。

 

\ 最安値で太陽光発電開始! /ソーラーパートナーズ
公式サイトはこちら

 



太陽光発電は、アプラスのソーラーローン(金利2.2%)で、フルローンを組んだ場合でも利益は出るのか?

ソーラーローンを借りた場合の利益額

シミュレーション結果から、12.5kwの太陽光発電は2,495,113円ほど儲かることがわかりました。

しかし、実際に儲かるといっても、初期投資が270万円かかってしまいます。

JUN
JUN
住宅ローンを抱えた身で、さらに270万円を工面するのは容易なことではありません。

 

そこで我が家では、信販会社アプラスの「ソーラーローン」で、初期費用全額を借りました。

太陽光発電の初期費用とローン金額
  • 導入価格:2,714,947円
  • 毎月のローン支払い額:17,722円(15年払い、金利2.2%)

ローンの詳細は、【アプラスで太陽光】ソーラーローンの金利、審査(上限)、手順を完全解説!をご覧ください。

 

ローンですのでとうぜん、無利子ではありません。

ではローンの利息を支払った場合でも利益はでるのでしょうか?

JUN
JUN
結論から言うと、毎年のローン支払い額は、全額、太陽光発電で得た収益でまかなうことができ、なおかつ20年間で200万円超えの利益が出ます。

 

では続いて、金利2.2%のフルローンで太陽光発電を載せた場合の収支を計算してみましょう。

 

アプラス ソーラーローン月額、金利、年間支払額、利息、総支払額はいくら?

私は実際に以下の条件で、信販会社アプラスのソーラーローンを使って、頭金なしのフルローンで太陽光発電を載せました。

  • 借入金:2,714,947円
  • 金利:2.2%(全期間固定)
  • 借入期間:15年(180か月)、ボーナス払いなし
  • 返済方法:元利均等返済

 

ローン支払い額は以下のとおりとなります。

  • 毎月の支払額:17,722円
  • 年間支払額:213,664円
  • 15年間の利息合計:474,928円
  • 利息を含めた総支払額:3,189,875円

 

アプラス ソーラーローンの分は全額売電収入でまかなえる?

ローンの支払いは年間213,664円です。

売電シミュレーションでは、年間で260,503円の収入があると書きました。

ということは、ローンの年間支払い額213,664円は、毎月の太陽光発電の収入ですべてまかなえるということです。

JUN
JUN
初期投資を回収する前から、すでに実質負担額は0円である、ということです。
0円どころか毎年5万円近くの利益が出る見込みとなりました。

 

シミュレーションだけでは信憑性が薄いので、2019年8月の発電開始から2020年2月までの、ソーラーローン支払い額と売電収入の比較グラフをお見せします。

2019年~2020年のソーラーローン月額と太陽光発電による収入比較グラフ
JUN
JUN
発電量が最も落ち込む12月と1月はローン月額を下回りましたが、それ以外の月はすべて太陽光発電による収入がローン月額を上回っています。

 

2019年8月の発電開始から2020年2月までの太陽光で得られた収入金額とローン月額の合計は以下のとおりです。

①発電開始以来の太陽光発電での収入額合計 ②2019年8月からのソーラーローン月額の合計 ①-②
143,504円 124,054円 +19,182円
JUN
JUN
7か月間で+19,182円。全額ソーラーローンを組んでも自己負担金なしで太陽光発電の恩恵を受けられています。

 

 

仮に全額ローンを組んでも毎月の支払いは売電収入で相殺されるので、自己資金の持ち出しなしで太陽光発電の恩恵を受けられます。

繰り上げ返済なしで2,714,947円を15年まるまるローンで支払った場合は、利息が474,928円となります。

さきほどシミュレーションした最終的な利益予想は2,495,113円でした。2,495,113円から利息分の474,928円を引くと、2,020,185円になります。

金利2.2%のローン利息を全額払った場合でも、20年間トータルでは200万超えの利益が出るということです。

さらに、売電の利益分を、ローンの繰り上げ返済に当てれば、返済年数の短縮と利息の減額も見込めます。もちろん。資金に余裕ができて途中でローンを一括返済できれば利益はさらに増えます。

 

ローン利息も含めた場合の年利回りを計算してみます。

(収入総額5,210,060円÷初期投資+ローン利息3,189,875円)÷20×100=8.2%

JUN
JUN
ローン利息を含めても、20年間の年利回りは8.2%です。

 

今のご時世、普通預金の金利は、せいぜい0.01%くらい。

自己資金持ち出しゼロ、ほぼリスクなしで、8.2%の利回りが見込める投資は他にはなかなかありません。

 

JUN
JUN
以上の結果から、現在でも太陽光発電は十分に利回りの良い投資であると言えます。

 

\ 最安値で太陽光発電開始! /ソーラーパートナーズ
公式サイトはこちら

 

後付け太陽光発電のよくある質問

Q&A

太陽光発電は大きな利益が確実に出る投資であることがわかりました。

それでもやはり数百万円の初期投資がかかることで躊躇されているかたも多いはず。
私も最初は本当に元が取れるのか?利益は出るのか心配でした。

JUN
JUN
 そんなかたのために、私が太陽光発電を検討していた時に感じていた疑問と、実際に開始してみて感じたことをQ&A形式でお届けしたいと思います。 

 

多額の住宅ローンが残っている状態でも、後付けで太陽光発電を載せられますか?ソーラーローンを借りる場合、審査が通らないのではないでしょうか?

ソーラーローンの審査は、住宅ローン審査よりも緩いと感じました。
理由は、太陽光発電は国が買取価格を10~20年の長期にわたって保証しているため、貸倒れになるリスクが極めて低いからだと思われます。

JUN
JUN
他の借り入れ等の状況にもよると思いますので一概には言えませんが、ローンの心配はほとんどしなくて大丈夫だと思われます。 

ローンの詳細は、【アプラスで太陽光】ソーラーローンの金利、審査(上限)、手順を完全解説!をご覧ください。

 

太陽光発電パネルを設置する際に、屋根に穴を開けないといけないですか?また、工事は何日くらいかかりますか?

我が家の場合は「キャッチ工法」と呼ばれる手法で取り付けてもらったので、屋根に穴を開ける必要はありませんでした。穴を開けないため雨漏りなどの心配もありません。
また、工事は半日かからないくらいで終わりましたので、生活に支障は出ませんでした。

JUN
JUN
ご自宅の屋根に適した工事の方法は、見積りの際に業者に確認してみましょう。 

工事の詳細は、後付け太陽光発電の工事の流れと所要時間を完全解説!【我が家の実例】をご覧ください。

 

太陽光発電を申し込む手順は面倒ではないですか?

我が家の場合は以下の3ステップをこなすだけでした。
私が実際にやってみた感じでは、全体を通して手間がかかる箇所はありませんでした。

  1. 太陽光発電システムの見積もり依頼と補助金制度のチェック
  2. 販売店と契約(ソーラーローンの申し込み)
  3. 再生可能エネルギー電子申請(買取価格の決定)
JUN
JUN
販売業者の指示に従ってローン申し込みなどを行うだけでした。手間はほとんどかかりませんでした。お手軽で手間いらずなところも太陽光発電の大きなメリットです。

実際の手続きについては、後付け太陽光発電の売電開始に必要な手続きを完全解説!【我が家の実例】をご覧ください。

 

おすすめの太陽光発電メーカーがあれば教えてください。

我が家は販売店さんのすすめもあり、「長州産業」にしました。
他メーカーと比較して価格が安かったことに加えて、すべてのメーカーの中でもトップクラスの長期保証がついてくることが特徴です。
純国産による品質の高さもおすすめポイントになります。

長州産業については、【長州産業の太陽光発電】業界ナンバーワンの長期保証の内容とは?をご覧ください。

 

毎月の売電額、買電額はどうやって確認しますか?

長州産業の場合、太陽光発電の状況をモニタリングできるタブレットがついてきます。
日、月、年別で発電量、買電量、売電量などの値を確認することができます。

JUN
JUN
太陽光発電による収入と電気代の削減状態を毎日確認することができて楽しいです。 特に、たくさん発電した日は嬉しくなります。

モニターについては、【CMCS-P03T レビュー】長州産業の太陽光発電タブレットを徹底解説!をご覧ください。

 

 

毎年、国が保証する固定買取価格が低下しているようですが、2019年以降に太陽光発電を導入したら損をするのではありませんか?

以下は全量買取の固定買取価格の推移です。
2012年度:40円
2013年度:36円
2014年度:32円
2015年度:29円
2016年度:24円
2017年度:21円
2018年度:18円
2019年度:14円
2020年度:13円

 

一見すると後から導入するほど損するように感じますが、固定買取価格の下落に合わせて、太陽光発電システム自体の見積もり金額も下がっています。

我が家は2018年度の買取価格(18円/kWh)で太陽光発電を導入しました。
初期費用は2,714,947円です。

買取価格は、2018年度から2019年度で約22%(18円→14円)下落しています。

2019年度に同じ内容で見積もりを取れば、見積もり金額は固定買取価格と同様に最低でも22%は下落していると考えられ、おそらく211万円ほどになっているはずです。

JUN
JUN
買取価格の下落に合わせて導入価格も下がっているので、結局利回りとしては変わらず、後から購入したから損をするということはありません。

 

屋根の大きさ的に10kw以上の太陽光パネルを載せることができません。10kw未満では利益がでませんか?

利益額が変わるだけで10kw未満でも問題ありません。

JUN
JUN
我が家は10kw未満、10kw以上のどちらの選択もできたので悩みましたが、利益額を最大化するために面積の許す限りの最大量を載せました。

下記の表は、10kw未満と10kw以上の1kw当たりの固定買取価格の推移です。
10kw未満の場合は発電開始から10年間、10kw以上の場合は20年間は、この表の価格で発電した電気を買い取ってもらえます。

年度 10kw未満(10年間) 10kw以上(20年間)
2017年 28円 21円
2018年 26円 18円
2019年 24円 14円
2020年 21円 13円

実際に我が家の太陽光発電を12.5kから9.5kwに減らしてシミュレーションした結果によると、固定買取価格が10kw未満のほうが高いため、初期投資の回収は10kw未満のほうが1年ほど早く、約9年で回収できる計算でした。
また20年間のトータル利益額はおよそ186万円という結果でした。

JUN
JUN
12.5kwの利益額に比べると少なくはなりますが十分な利益が出ることに変わりありません。

10kw未満、10kw以上の比較については、太陽光発電10kw未満と以上はどちらが得かを、実際の見積もり金額で徹底比較!をご覧ください。

 

 

太陽光発電で失敗したくありません。何に気をつければいいでしょうか?

初期投資をかけすぎてしまったり、お住まいの地域の日照時間を考慮していなかった場合は失敗する可能性があります。

あたりまえですが、初期投資をかけすぎてしまうと投資額の回収が難しくなります。
複数業者から見積もりを取り、できるだけ安い価格で導入することがポイントです。
また、積雪が多い地域の場合は、そもそもの日照時間が短いので太陽光発電では思うようなパフォーマンスを得られません。

JUN
JUN
複数業者から見積もりを取って初期費用を抑えることと、日照時間の長さをチェックすることがポイントです。

失敗するポイントについては、太陽光発電で失敗する理由は超簡単です【初期費用・買取方式・日照時間を考える】をご覧ください。

 

自分の家の屋根に太陽光パネルを後付けできるかどうか知りたい場合はどうすればいいですか?

一括見積りサイトに依頼すれば確認できます。

一括見積りサイトは、太陽光発電システムの見積もりを複数業者から取得するだけでなく、自宅に設置できるかどうか、といった太陽光発電の全般的な相談にものってくれます。
見積り依頼をすれば、詳細な見積もり金額を出すために専門の業者がご自宅の状態を下見にきます。
下見の段階では一切お金はかかりません。
また、見積もり金額をみてから設置自体を取りやめても、もちろん料金はかかりません。

JUN
JUN
まずは一括見積りサイトから依頼をかけて、ご自宅の屋根で太陽光発電が可能かどうか調べてもらいましょう。

\ 最安値で太陽光発電開始! /ソーラーパートナーズ
公式サイトはこちら


 

 

【まとめ】太陽光発電は国が買取価格を保証している、今のうちに始めるのが儲かる秘訣です

今日の記事をまとめます。

まとめ
  • 我が家の12.5kwの太陽光発電の場合は、20年間で約250万円の利益が出ることがわかりました。
  • 我が家のように全額ソーラーローンを借りて太陽光発電を始めても、200万円を超える利益が出ます。自己資金の持ち出しなしで始められるので、住宅ローンを抱えた身でも負担にはならず、家計を助けてくれます。
  • 我が家の場合、20年間の年利回りは、ローン利息を含めなければ9.6%、ローン利息を含めても8.2%という結果でした。普通預金の金利が0.01%前後のご時世で、リスクゼロ、自己資金ゼロで8.2%の利回りが得られる投資は他には存在しません。

>>「ソーラーパートナーズ」公式サイトはこちら

 

太陽光発電システムは、今日の記事でご説明したように、ほぼリスクなく確実な利益が出せる素晴らしい投資です。

ただ、もし我が家と同じように利益を得たいなら・・・今すぐに始めた方が良いかも知れません。

JUN
JUN
それは、国の買取制度のことがあるからです。

今はまだ買取価格を長期にわたって国が保証してくれているので、安心して太陽光発電を導入することができています。

しかし、詳しくは下記のニュースをご覧いただきたいのですが、近い将来、国が買取価格の保証をやめてしまうかも知れないという声が聞かれるようになりました。

電力政策の「難しさ」露わに 廃止へ向かう「固定価格買い取り制度(FIT)」の7年

 

太陽光発電を導入されるならば、やはり国が保証しているうちが良いのは間違いありません。

もし自宅の屋根が余っているのなら、できるだけ早く太陽光発電を開始されることをおすすめします。

 

太陽光発電を始めるなら

太陽光発電を始めたいけど、悪質な業者に騙されないですか?

そんな心配をお持ちなら、一括見積もりサイト「ソーラーパートナーズ」を利用しましょう。
無料で、複数の会社(最大3社)から太陽光発電の見積りを取得できます。
私がソーラーパートナーズをおすすめする主な理由は以下の3点です。

  1. 太陽光発電見積もりサイト依頼件数で4年連続ナンバーワン(2018年は18,756件)の実績です。さらにNHKやフジテレビなどで紹介されたことがあり信頼性が高いです。
  2. ソーラーパートナーズの加盟業者は、自社施工が可能な業者のみに限定されています。不要な中間マージンが発生しないため、業界最安クラスの見積り価格が提示されます。
  3. 設置工事にソーラーパートナーズの本部スタッフが立会い、きちんと施工が行われているか、業者の施工品質に問題が無いかをチェックする「設置工事みまもりサービス」を受けることができます。プロの立会いのもと、見積もりから施工まで安心してまかせられます。

JUN
JUN
太陽光発電の後付けを検討中なら、NHKに取材された実績もあり信頼性抜群のソーラーパートナーズがおすすめです。

\ 最安値で太陽光発電開始! /ソーラーパートナーズ
公式サイトはこちら

 

 

本日も最後までお読みいただきありがとうございました。

みなさんの家づくりの参考になれば幸いです。