後付け太陽光発電の始め方

太陽光発電の設置費用を比較【パナソニック・長州産業・Qセルズ】

太陽光発電システムの具体的な設置表を知りたい。

 

 

今日の記事はこういった疑問に答えます。

 

太陽光発電の設置費用を比較【パナソニック・長州産業・Qセルズ】

結論から言うと、我が家の太陽光発電の設置費用は、2018年の見積もりで、長州産業(CIC)単結晶モジュール「CS-250K11H」を12.5kwで税込み271万円でした。

 

 

本記事の内容
  • 我が家が導入した長州産業12.5kwの太陽光発電の設置費用見積書
  • パナソニック9.8kwの設置費用見積書
  • ハンファQセルズ10.5kwの設置費用見積書

 

私は2018年に平屋を新築しました。

我が家は後付けで太陽光発電を載せて2019年7月末より売電を開始しました。
(売電価格は2018年度の申し込みで18円/kwh)

今日は我が家が載せた太陽光発電システムの設置費用見積書を公開したうえで、他メーカーの設置費用と比較してみます。

太陽光発電を載せようか悩んでいるが、設置費用が実際にどのくらいかかるのかを知りたいかたは必見です。

 

我が家の太陽光発電の設置費用と利益額は次の記事で解説しています。

太陽光発電を後付けしたら今からでも儲かりますか?
太陽光発電を後付けしたら今からでも儲かりますか?【2020年】今から太陽光発電を始めても儲かるのかを知りたくありませんか? 本記事では我が家が全額ソーラーローンを組んで後付けした太陽光発電でどのくらいの利益が出るのかをご紹介しています。 太陽光発電を検討中のかたは是非記事をご覧ください。[ヒラヤスタイル]...

長州産業12.5kwの太陽光発電の設置費用見積書を公開

長州産業(CIC)単結晶モジュール「CS-250K11H」を12.5kwのせて、税込み271万円でした。

 

長州産業「CS-250K11H」の見積書を公開

消費税(8%)と、足場費などの工事費まですべて込みで271万円です。

 

12.5kwですので、出力1kwあたりに換算すると216,980円でした。

国が固定価格買取制度(FIT)をスタートさせたのが2012年ですが、当時は出力1kwあたり50万円を切るのがやっとくらいでした。

2012年ごろから比べると1kw当たりの金額は半額以下になっています。

国の買取価格は年々下がっていますが、導入費用も同じように下がっているため、遅く始めたから単純に損、とは言えません。

 

 

ちなみに見積もりは2018年度に取ったものです。

2018年度の全量買い取りの場合の売電価格は18円/kwh、2019年は14円/kwhで約22%ほど下がっています。

過去の傾向を見ると、だいたい10年以内で初期投資が回収できるように、売電価格に合わせて太陽光発電パネルの価格は下がっています。

おそらく2019年に見積もりをとれば間違いなく1kwあたり20万円は切っているでしょう。

 

太陽光の全量買取、余剰買取とは?

太陽光発電の売電方式は2通りあります。

  • 余剰買取
    昼間、太陽光で発電した電気をまず自宅で消費して、余った分だけを電力会社に買い取ってもらう方式です。
  • 全量買取
    太陽光で発電した電気をすべて電力会社に買い取ってもらう方式です。さらに太陽光発電の出力キロワット(kw)によって、選択できる売電方式と固定価格で買い取ってもらえる期間に違いがあります。

さらに出力の大きさで選べる選択肢が異なります。

  • 出力10kw未満の場合
    余剰買取しか選択できません。
    買取価格は2018年の場合で26円/kwhです。
    26円/kwhで買い取ってもらえる期間は10年間です。
  • 出力10kw以上の場合
    余剰買取か全量買取か選択することができます。
    買取価格は2018年の場合で18円/kwhです。
    10kw未満の場合よりも買取価格が低いですが、18円/kwhで買い取ってもらえる期間は10kw未満の倍の20年間になります。

 

全量買取と余剰買取の違いについては下記記事も合わせてご覧ください。

太陽光発電は「全量買取」と「余剰買取」のどちらを選べば正解?太陽光発電の買取方式で悩んでいませんか? 本記事では我が家の太陽光発電システムを例に、全量買取と余剰買取の収入をシミュレーションした結果をご紹介しています。 出力容量10kw以上の太陽光発電の導入しようとと考えている方は是非記事をご覧ください。[ヒラヤスタイル]...

 

パナソニック太陽光発電「VBHN245SJ33」の設置費用見積書を公開

比較のために取得したパナソニックの「VBHN245SJ33」を9.8kw載せた場合の見積書です。

当時は10kw以上にするか、10kw未満にするか悩んでいて、パナソニックはとりあえず10kw未満の価格で見積もりを出してみました。
また、この見積もりは家本体の建築プランの検討中に参考で取ったものなので、足場代(10万円)が入っていません。

パナソニックは出力9.8kw載せた場合で3,032,709円でした。
こちらに長州産業と同じ足場代108,000円をプラスすると、3,140,709円となり、1kwあたりに換算すると320,481円です。

長州産業(CIC)モジュール「CS-250K11H」は1kw当たり216,980円でしたので、1kw当たりのパナソニックのほうが、103,501円高価でした。

仮に同じ12.5kw載せた場合、4,006,013円となり、長州産業とは総額で1,291,066円の差になります。

先にご紹介した長州産業の「CS-250K11H」は変換効率16.8%です。
パナソニックの「VBHN245SJ33」のほうが変換効率が19.1%で2.3%高性能です。

ですので実発電量はパナソニックのほうが多いと思います。

しかし100万円を超える価格差は初期投資回収への影響が小さくありません。

2.3%の性能差で129万円の差を埋めるのはリスクがあると思い、パナソニックは採用しませんでした。

 

ハンファQセルズ太陽光発電の設置費用見積書を公開

続いてハンファQセルズの見積書です。

こちらは10.5kwの出力で、税込み2,212,289円でした。
パナソニックと同じく足場代は入っていませんので、足場代108,000円を加えると2,320,289円となります。

1kw当たりに換算すると、220,980円になりました。

若干長州産業よりも高いですが、ほぼ同じ価格帯であると言えます。

Qセルズは曇りに強く、低照度でもしっかり発電する太陽光パネルとして有名です。

元々はドイツのメーカーでしたが、2012年に経営破たんし、韓国のハンファグループが買収して今に至ります。

このあたりの経緯をどう受け取るかは各個人で違うと思いますが、私は一度経営破たんしている会社であることと、海外メーカーでこの先の保証が少し心配かな、ということで採用はやめました。

ほぼ同価格の長州産業については、太陽光発電の全メーカーの中で最高クラスの保証がついており、なおかつ純国産による品質の高さという強みがあります。

価格が同じであればやはり安心感をとって長州産業を採用したのでした。

長州産業の保証内容など、私が長州産業を選んだ理湯については以下の記事をご覧ください。

https://hiraya.style/cic

 

 

 

出力1kwあたり216,980円の設置費用は相場に比べても割安でした

【住宅用太陽光発電】ソーラーパートナーズさんのサイトで、上部メニューの「太陽光発電の設置費用」をクリックすると、メーカー別の太陽光パネルの相場価格をご紹介してくれています。

そちらを確認すると2019年相場で1kwあたり25~30万円あたりのようです。

 

長州産業(CIC)単結晶モジュール「CS-250K11H」は最新機種ではありません。

変換効率も16.8%ですので、最新機種に比べれば2~3%低いです。

 

ただ、ソーラーパートナーズさんのサイトに載っている変換効率16~17%のスタンダードな製品と比較しても1kwあたり21.6万円は安いほうではないでしょうか。

太陽光発電で早く元を取るには、イニシャルコストを抑えることが大変重要です。

さきほど比較したパナソニックは確かに変換効率は2.3%、「CS-250K11H」よりも高性能ですが、やはり初期投資の回収という面では不利になります。

イニシャルコストを抑えたいのであれば、私のように型落ちを狙ってみるのも有効な戦略と思います。

我が家の太陽光発電の設置費用と利益額は次の記事で解説しています。

太陽光発電を後付けしたら今からでも儲かりますか?
太陽光発電を後付けしたら今からでも儲かりますか?【2020年】今から太陽光発電を始めても儲かるのかを知りたくありませんか? 本記事では我が家が全額ソーラーローンを組んで後付けした太陽光発電でどのくらいの利益が出るのかをご紹介しています。 太陽光発電を検討中のかたは是非記事をご覧ください。[ヒラヤスタイル]...

 

【まとめ】太陽光発電の設置費用を抑えるには、型落ちを狙って相見積もりがおすすめです

今日の記事をまとめます。

まとめ
  • 長州産業の設置費用見積りは12.5kwで271万円。
    対してパナソニックの設置費用は400万円でその差は129万円。
    パナソニックのほうが変換効率が2.3%高いですが、129万円の設置費用の差は回収に時間がかかるので採用は取りやめました。
  • ハンファQセルズは長州産業とほぼ同じ設置費用でしたが、純国産の品質と、保証の充実度で長州産業を選択しました。
  • 2019年の、太陽光発電の出力1kwあたりの設置費用相場は25~30万円程度です。
    これよりも低ければ初期の設置費用としては抑えられていると考えていいのではないでしょうか。
    私のように型落ち品を狙ってみるのも有効な手段です。

 

太陽光発電はメーカーによってかなり設置費用に差があります。

太陽光発電で利益を出すには設置費用を抑えることが最も重要ですので、複数の見積書をよく比較して、なるべく安い設置費用で導入するのがポイントです。

我が家は幸運にも保証が充実した長州産業を相場よりも安く購入することができました。

この先の売電収入がとても楽しみです。

 

我が家の太陽光発電の設置費用と利益額は次の記事で解説しています。

太陽光発電を後付けしたら今からでも儲かりますか?
太陽光発電を後付けしたら今からでも儲かりますか?【2020年】今から太陽光発電を始めても儲かるのかを知りたくありませんか? 本記事では我が家が全額ソーラーローンを組んで後付けした太陽光発電でどのくらいの利益が出るのかをご紹介しています。 太陽光発電を検討中のかたは是非記事をご覧ください。[ヒラヤスタイル]...

 

 

本日も最後までお読みいただきありがとうございました。

みなさんの家づくりの参考になれば幸いです。