【新築平屋】後悔しない間取りの作り方・設備の選び方【7つの手順】

【新築平屋】後悔しない間取りの作り方・設備の選び方【7つの手順】
JUN
JUN
はじめまして。JUNといいます。

私は2018年12月に平屋を新築しました。
5年ほどかけて検討し、おかげさまで建築はまったくの素人な私でも、満足度85.8%の平屋住宅を建てることができました。

JUN
JUN
85.8%の満足度としたのは、間取りと設備の後悔・失敗ポイント183選のうち、我が家の後悔・失敗ポイントは26個だったからです

おかげさまで、親戚や知人からは「快適な家でうらやましい!」とよく言ってもらえますし、家族からもおおむね好評で毎日楽しく暮らすことができています。

そんな快適な平屋住宅を実際に建てた私が、

  • もし新築を検討しはじめた身近な人から
  • 平屋づくりのコツを聞かれたら
  • こんな感じで答えるだろう

と考えたのが、今回ご紹介する7つの手順です。

身近な知り合いに平屋づくりのコツを聞かれたら、以下の7つを説明します!

  1. 【難易度:1】住宅会社の平屋情報を資料一括請求サイトで集める
  2. 【難易度:2】平屋を建てた人のブログ(Web内覧会・ランキング記事)を読む
  3. 【難易度:1】家づくりの専門書を読む
  4. 【難易度:2】平屋のオープンハウスをできるだけまわる
  5. 【難易度:3】最低1年は家を建てる地域でアパート暮らしをしてみる
  6. 【難易度:3】新築のコンセプトを決めてノートにまとめる
  7. 【難易度:1】先人達が後悔したポイントをチェックする

7つの手順にはそれぞれ、難易度も1、2、3の3段階でつけてみました。
1がもっともやさしく、3が最も難しいです。

これから平屋づくりを開始するかた、新築を検討しているけどイマイチどうしたらよいかわからないかたは、ぜひ当ブログを参考にしてみてください。

JUN
JUN
素人の私にもできたので、きっと誰でも理想的な間取りの素敵な平屋住宅を建てることができるはずです!
タップできる目次
  1. (1)住宅会社の平屋情報を資料一括請求サイトで集める【難易度:1】
    1. なぜ情報収集が大事?それは〇〇〇〇ことはできないから!
    2. インターネットを活用した一括資料請求が便利
    3. 住宅資料一括請求サイトのおすすめ比較ランキング
  2. (2)平屋を建てた人のブログ(Web内覧会・ランキング記事)を読む【難易度:2】
    1. 目的の情報をネットで見つけるためには時間がかかります
    2. ハウスメーカーの平屋間取りとわが家のWeb内覧会
  3. (3)家づくりの専門書を読む【難易度:1】
    1. 「片づけの解剖図鑑」が一番のおすすめ
    2. おすすめ本7選
  4. (4)平屋のオープンハウスをできるだけまわる【難易度:2】
    1. 実物の家を見るならオープンハウスが断然おすすめ
    2. 住宅展示場に平屋は少ないです
  5. (5)最低1年は家を建てる地域でアパート暮らしをしてみる【難易度:3】
    1. 建設予定地の気候を肌で実感することのメリット
  6. (6)新築のコンセプトを決めてノートにまとめる【難易度:3】
    1. まずは「自分達が感じる問題点」から考える
    2. わが家のコンセプトノートの中身を公開
  7. (7)先人達の後悔・失敗ポイントをチェックする【難易度:1】
    1. 後悔ポイントを事前に確認したことで失敗を防げた
    2. 間取りと設備の後悔・失敗ポイント183選
  8. 【まとめ】一番大事なのは情報収集して自分達の要望をしっかりと固めること!
    1. (参考情報1)家相って重要?
    2. (参考情報2)家づくりが難しい理由
    3. (参考情報3)土地探しから始める人へ

(1)住宅会社の平屋情報を資料一括請求サイトで集める【難易度:1】

資料を比較する

5年間かけて検討して、実際に注文住宅を建ててみて思うことは、

JUN
JUN
  • 色々大変だったし
  • お金もずいぶんかかったけど
  • 建てて本当に良かった!

この一言に尽きます!

家を建ててよかった理由は以下のとおり。

  • 結露しない窓
  • 食事の後片付けがラクな食洗機
  • 子どもがのびのび動けるリビング
  • 親や友人を呼んでも余裕のある広いダイニング
  • 掃除が簡単なトイレ
  • 玄関がキレイに片付く収納
  • 開放感あふれる勾配天井
  • 外物干し場の隣で洗濯導線最短な脱衣所
  • 多目的に使えるウッドデッキのある庭
  • 雨に濡れない屋根付きの駐車場
  • 日光のチカラでカビにくい南側浴室
  • 在宅ワークも難なくこなせる書斎
  • 不快な風が体に当たらない床下エアコン
  • 電気代を3割減らせる太陽光発電
JUN
JUN
これらはすべて、アパート暮らしでは実現できていなかったことばかりなんです!

自分達の理想の家を建てられたおかげで、妻と、そして子供たちの笑顔が増えました。
遊びにきてくれる親、親戚、友人とも、今まで以上に楽しい時間を過ごすことができています。

快適な家が建てられたのは、自分達で新居のコンセプトを決めて建築士さんにしっかりと要望を伝えたということもありますが、やはり自分達が建てたい家を理解し、設計、工事をしてくれたかたたちに出会えたことが最も大きいです。

 

東京大学大学院 工学系研究科 建築学専攻 准教授の前 真之さんも、著書「エコハウスのウソ」でこう語っています。

信頼できる会社を見つけられれば「8割成功」

「エコハウスのウソ」 P.49より引用

JUN
JUN
前 真之さんも言うとおり、あなたの家づくりの要望を叶えてくれるプロにめぐりあえるかどうかが、家づくりの成否を分けるポイントです。

では信頼できる住宅会社を見つけるにはどうしたらいいのでしょうか?

 

JUN
JUN
結論から言うと、最初はやはり量にこだわるしかありません。

大抵の人は、一生のうちで家を建てるのは1度だけ。
誰もが初心者なうえに一発勝負。

家を建てた経験がないのが普通ですから、自分達の理想の家を建ててくれる住宅会社や設計士さんに出会うには、できるだけたくさんの情報を集めて比較、検討していくより他ないわけです。

なぜ情報収集が大事?それは〇〇〇〇ことはできないから!

私が実際に家を建ててみて感じた、情報収集の大切さについて次の記事でまとめてみました。

家づくりに失敗する理由は超簡単です
家づくりに失敗する理由は超簡単です【たこわさ理論とは?】 今日の記事はこういった疑問に答えます。 結論から言うと、家づくりに失敗する一番の理由は、家...

インターネットを活用した一括資料請求が便利

情報を集めなきゃいけないのはわかったけど、住宅展示場をまわるのは時間もかかるし、しつこい営業をかけられるのもイヤ・・・。
JUN
JUN
たしかにそうですよね。大切な休日を住宅展示場巡りで終わりたくない・・・。

でも今はインターネットが普及した世の中。
住宅展示場だけが情報を集める手段ではなくなりました。
「住宅資料一括請求サイト」を使えば、簡単に住宅会社の情報を集めることができます。

住宅カタログ
JUN
JUN
家から一歩も出ずに無料で情報収集できるんです!

 

住宅資料一括請求サイトのおすすめ比較ランキング

ハウスメーカーや工務店の平屋住宅に関するカタログなどの資料を一括で請求できるサイトはたくさん存在します。

JUN
JUN
それぞれの違いがよくわからない人のために、資料一括請求サイトランキングを作りました!
JUN
JUN
中にはカタログ請求だけでなく、無料で間取りプランと概算見積もりをもらえるサイトもあります!

1~5位をランキングしていますが、その中の3サイトを組み合わせて活用するのがおすすめです!

ぜひ参考にしてください!

【ハウスメーカー】平屋のカタログ一括請求サイト比較ランキング!【タウンライフ家づくりなど】
【ハウスメーカー】平屋のカタログ一括請求サイト 比較ランキング!【タウンライフ家づくりなど】ハウスメーカーの平屋カタログを一括請求できるサイトについて知りたくありませんか? 本記事では5つの資料一括請求サイトをランキングでご紹介。 平屋の新築を検討中のかたはぜひ記事をご覧ください。[ヒラヤスタイル]...

 

JUN
JUN
まずは資料をできるだけたくさん集めて、平屋づくりのトレンド、ハウスメーカーの特徴や強みをつかんでいきましょう~!

手順の1つめ、「住宅会社の平屋情報を資料一括請求サイトで集める」は、

  • 自宅にいながら
  • スマートフォンひとつで申し込めて
  • お金が1円もかからない

という理由で【難易度:1】としました。

 

(2)平屋を建てた人のブログ(Web内覧会・ランキング記事)を読む【難易度:2】

スマートフォンでブログを読む女性

世の中には「Web内覧会」と称して、新居のレビュー記事をまとめてくれているかたがたくさんいらっしゃいます。
またインスタグラム、ピンタレストをはじめとしたSNSでも、写真をまじえて自宅のこだわりを説明してくれています。
ネットを検索すれば、ここは真似したい!おしゃれ!便利そう!という真似したいポイントが必ず見つかります。

ネットを色々と検索して、気にいった間取りやインテリアの写真があれば、スクリーンショットをとったり、ブックマークしておいて、このあと自分達の家のコンセプトノートを作る時の参考にしてみましょう。

例えば・・・

  • Web内覧会 平屋
  • Web内覧会 平屋 リビング
  • Web内覧会 平屋 キッチン
  • Web内覧会 平屋 トイレ
  • Web内覧会 平屋 脱衣所

なんていうキーワードで検索してみると、たくさんの実例を見つけることができます。

自分達の理想に近い間取り、インテリア、デザインの家が必ず見つかるはずです。

JUN
JUN
ついついハマりすぎて何時間もたっていた・・・なんてことは私もよくありました。でも楽しいのでやめられないんですよね~。

 

目的の情報をネットで見つけるためには時間がかかります

ただし、住宅会社のカタログや、家づくりの専門書のように、一定の範囲で情報がまとまっているわけではないので少々根気が必要です。
自分自身で検索サイトやSNSを徘徊し情報を見つけていくため、どうしても時間はかかります。

通信費以外は費用はかからないのですが、ハマると予想以上に時間を消費するうえに、自分が欲しい情報に必ず出会えることが保証されているわけではないため【難易度:2】としました。

 

ハウスメーカーの平屋間取りとわが家のWeb内覧会

以下はこれから平屋を建てる人に参考になるであろう当ブログのまとめ記事になります。
平屋づくりの参考情報としてぜひご覧ください。

【ハウスメーカー別】新築平屋住宅の間取りチェックまとめ

各ハウスメーカーが展開している平屋商品の間取りを、実際に平屋を建てた私の視点でチェックしてみました。
自分達にぴったりの間取りの平屋を建ててくれそうなハウスメーカーを探すための参考にしてください!

【ハウスメーカー別】新築平屋住宅の間取りチェックまとめ【平屋に住んで2年の私が徹底解説!】
【ハウスメーカー別】新築平屋住宅の間取りチェックまとめ【平屋に住んで2年の私が徹底解説!】ハウスメーカーの平屋住宅の間取りを比較してみませんか?当記事では各ハウスメーカーの平屋住宅の間取りを詳細にご紹介しています。平屋住宅を建てようと考えているかたはぜひ記事をご覧ください。...

 

 

(3)家づくりの専門書を読む【難易度:1】

建築の本

家づくりの素人である私たちが効率的に学ぶには、本を読むことが最強にコスパが良いと思っています。

JUN
JUN
たった2,000円くらいで、建築のプロのみなさんの知識や経験を学ぶことができるんですから!

「片づけの解剖図鑑」が一番のおすすめ

私が読んで本当に役だった一冊を上げるなら「片づけの解剖図鑑」をおすすめします。

「片づけの解剖図鑑」は機能的で住みやすい家を建てるにはどうすればよいのかを、「散らからない家」というテーマを通して教えてくれる名著。

JUN
JUN
間取りを決めるのにマジでめっちゃ役に立つので、ぜったいに読んでほしいですね。

 

おすすめ本7選

「片づけの解剖図鑑」も含めて、家を建てる前に読むべきおすすめ本は、【家を建てる前に】絶対読んでおきたいおすすめ本7選で解説しています。

JUN
JUN
平屋づくりの参考になる雑誌も紹介しています!
【家を建てる前に】絶対読んでおきたいおすすめ本7選
【家を建てる前に】絶対読んでおきたいおすすめ本7選家づくりに役立つおすすめ本を知りたくないですか? 本記事ではこれから戸建ての新築を考えている人に読んでもらいたい本をご紹介しています。 これから家を建てる予定の人はぜひ記事をご覧ください。...

本を買うためにお金がかかりますが、読むための時間さえ確保すればOKで、読めば確実に一定レベルの知識が身に付くので【難易度:1】としました。

 

(4)平屋のオープンハウスをできるだけまわる【難易度:2】

実物の家を自分の目で確かめる方法は、オープンハウスに行く、住宅展示場に行くの2つがあります。

実物の家を見るならオープンハウスが断然おすすめ

オープンハウス

リアルな住宅に触れるなら、オープンハウスを見学するのが一番おすすめです。
なんといっても実際にこれから人が住む家ですから、豪華絢爛な住宅展示場の家とは全然違います。

JUN
JUN
オープンハウス開催予定が記載されたチラシがポストに入っていることがありますよね。
ほかにも、ハウスメーカー、設計事務所、工務店など、地元の気になる住宅会社のウェブサイトなどをチェックすれば、オープンハウスの開催情報を入手できます。

平屋のオープンハウス、となると、やはり2階建てのオープンハウスよりも絶対数は少ない傾向にあります。
しかし、少子高齢化にともない、必要な部屋数が減り、昇り降りがなく老後も安心な平屋の需要は確実に増えています! 平屋のオープンハウスも探せば必ず見つかります!

 

平屋のオープンハウスに行ってみたらぜひ以下のことを聞いてみてください。

  • 間取りや設備で特にこだわったところ
  • 平屋ならではの良いところ
  • 平屋の設計で苦労したところ
  • 平屋の家は今まで何棟くらい建てたことがあるか?
  • 自分達が持っている要望のトップ3くらいを、実現可能か聞いてみる

とくに「自分達の要望が実現可能か?」を聞いてみると、自分達と合う、合わないが感触としてよくわかります。
そのハウスメーカーや設計士さんの得意、不得意も透けて見えたりするんです!

例えば「冬暖かい家にしたいですが、断熱性能はどの程度ですか?」と聞いてみれば、断熱性能にこだわりがある住宅会社なら、自信マンマンで詳しく説明してくれるでしょうし、もしデザインなど見た目重視で断熱性能はあんまり・・・という住宅会社なら、適当な返答で話をそらそうとするはずです。

JUN
JUN
良い感触を得たら、より詳しく話を聞いてみてもいいと思います。

 

ちなみに我が家を設計してくれた設計事務所さんとの出会いも、ロの字型の中庭平屋のオープンハウスがきっかけでした。

設計事務所での家づくりについては【まとめ】設計事務所で家を建てたい人に教えたい3つのことで解説してみました。
設計事務所も家づくりの選択肢のひとつとして考えたいというかたはご覧になってみてください。

【まとめ】設計事務所で家を建てたい人に教えたい3つのこと
【まとめ】設計事務所で家を建てたい人に教えたい3つのこと 私は2018年12月に設計事務所に依頼して平屋を建てました。 今日の記事では、設計事務所に家づくりを依頼してみて感じたこと...

 

住宅展示場に平屋は少ないです

住宅展示場

「家を建てよう!」となったとき、誰もが一番最初に思い浮かぶのは、住宅展示場へ行くことだと思います。
住宅展示場をまわる手順はだいたいどこも以下のような流れです。

  1. 話を聞いてみたいモデルハウスに入る。
  2. 名前や住所を書く。簡単なアンケートに答える。
  3. モデルハウスをひととおり案内してもらう。
  4. カタログをもらって帰る。
JUN
JUN
住宅展示場は、直接、実物の家を見ることができるので夢が膨らみますね!

家づくりは長丁場で考えることも盛りだくさん。途中で息切れしちゃう人もいます。
家づくりに疲れた時は、住宅展示場に足を運び、新居に住んだ自分をイメージして、モチベーションを保つというのも効果的です!

 

しかし良いことばかりではなく、以下のデメリットもあります。

  • 1件1件まわるのに、とにかく時間がかかる。
  • モデルハウスが広く豪華すぎて、現実味が薄い。
  • しつこい営業マンへの対応に苦慮する場合がある。
  • 平屋のある住宅展示場はかなり数が少ない

このデメリットの中でも「営業マンの対応が苦手・・・」という人は多くないですか?私もかなり苦手です。

さらに一番残念なのは、平屋の家が展示してある住宅展示場は極端に数が少ないことです。

  • 平屋の需要は2階建てに比べて少ない
  • 住宅展示場はスペースが限られるので、できるだけたくさんの部屋が設けられる2階建てを出展することが多い
JUN
JUN
ハウスメーカーや工務店さんは、できるだけ効率的に多数のお客様にアプローチしたいと思うので、平屋の展示が少ないのも仕方がないですね。

 

正直、住宅展示場はメリットよりもデメリットのほうが多い印象です。
特に平屋については直接参考にできる情報は多くありません。

家づくりを開始したばかりの初心者には正直あまりすすめられません。
資料はネットで請求をするのが早いし、無駄な消耗を防ぐことができます。

私の住宅展示場体験記を次の記事でまとめましたので参考程度にご覧ください。

【体験談】家を建てる時、最初にハウスメーカーの住宅展示場を見に行くことをおすすめしない3つの理由家を建てる時に住宅展示場に行ったほうがいいか悩んでいませんか? 本記事では私の経験を例に、家づくり初心者はいきなり住宅展示場には足を運ばないほうがいい理由をご紹介しています。これから家を建てるかたで、住宅展示場に行こうか迷っているかたは是非記事をご覧ください。...

ハウスメーカー、工務店などが実施するオープンハウスは、これから実際に人が住む家を見られる絶好のチャンス!
間取りや設備についても非常に参考になりますし、ハウスメーカーの得手不得手を知ることもできます。
住宅展示場は、基本、豪華すぎる間取り、設備のため現実的ではありません。
平屋がある展示場も非常に限られています。
カタログなどの資料が欲しいだけならネットで請求が圧倒的に便利です。

 

(5)最低1年は家を建てる地域でアパート暮らしをしてみる【難易度:3】

アパート

家づくりの精度を飛躍的に高めるためにおすすめしたいこと。
それは「最低1年は家を建てる地域でアパート暮らしをしてみる」ことです。
(すでに建設予定地と同じ町に住んでいる、という人はもちろんそのままでOKです)

建設予定地と同じ地域(できれば同じ町)で暮らしてみることで以下のことを体感できます。

  • 建設予定地の気候を肌で感じることができ、気候に合わせた家づくりが可能になる
  • 家族で暮らしていくうえで不快、不便に感じている部分を徹底的にあぶりだすことができる(周辺のお店や公共施設の距離も含めて)

建設予定地の気候を肌で実感することのメリット

最低1年としたのは四季の変化を体感するためです。
気候については実際に住んでみないと本当のところはわかりません。

例えば、高断熱の暖かい家にしたい!と考えていても、家を建てる地域が思ったほど冬寒くなかったら、断熱材などに過剰にお金をかける必要性はなくなりますよね?
トリプルガラス?それともペアガラスで十分?・・・といった選択肢で迷ったときに、自分の体験から判断することが可能になります。

JUN
JUN
我が家は気候の確認を怠ったことで、最大の後悔・失敗ポイント「サンルーム」を生むことになってしまいました。。。

みなさんには私のような後悔は絶対にしてほしくないと思います。

 

経済的に引っ越しは難しいな、、、って人もいると思いますので、その場合は無理に引っ越さなくてもOK。
今の暮らしの不満をきちんと書き留めておきましょう。

JUN
JUN
ただし、気候の状態についてはできるだけ建設予定地に出向いて情報収集しておいてくださいね。

建設予定地で実際に住んでみることのメリットは次の記事でまとめています。

建築予定地付近でのアパート暮らしをおすすめする2つの理由
建築予定地付近でのアパート暮らしをおすすめする2つの理由【新築で失敗しないために】 今日の記事はこういった疑問に答えます。 結論から言うと、新築注文住宅を建てるうえで...

引っ越しは生活基盤を変える話になるため難易度は3としました。

 

 

(6)新築のコンセプトを決めてノートにまとめる【難易度:3】

まずは大き目のノートを1冊購入しましょう。

ノートに要望をまとめることで家づくりのコンセプトノートを作ります。

そして新居の「コンセプトノート」を作るうえでおすすめしたいのが、今の暮らしの問題点を改善するための方法を要望としてまとめていくことです!

JUN
JUN
なぜなら、問題点は現実的にいま発生していることなので、そこを改善することにフォーカスすると、無駄な施策を打つリスクがほぼなくなるからです。

よくあるのが、「新居に越したら広い庭でバーベキューしたいな~」とか、「大きなスクリーンのあるシアタールームで映画を楽しむぞ」、あるいは「カフェ風なおしゃれな見た目の家に住みたい」みたいな夢を優先したコンセプトを設定してしまうケース。

家づくりは楽しいのでそういったこともぜんぜん否定はしません。

が、大事なことは優先順位です。

まずは「マイナスをゼロに戻す」ことができていないと、基礎的な部分の満足度が得られないと断言します。

例えば、「めっちゃ見た目がおしゃれだけど、隙間風ビュービューだし結露しまくりの窓で冬は超寒いわ~」なんて家に住んで、本当に満足できるかと考えると、多くのかたはそうではないと思うのです。

もちろんおしゃれさや、かっこよさも大切な要素なので、それらの情報も並行して抑えていきましょう。
理想の間取りやインテリアに関する写真、カタログや雑誌の切り抜きなどをノートに貼り付けておくと建築士さん、設計士さんに要望を伝えやすくなります!

 

まずは「自分達が感じる問題点」から考える

コンセプトノートを作るときに重要な点として強調したいのは、必ず、「自分達の問題点」から考えることです。

なぜなら、家族構成、年齢、職業などによって、それぞれが抱えている家の問題点はまったく異なるからです。

他の人が抱えている問題点をそのままコピーしてもってきても、自分達には合わない場合があります。

自分達の問題点の改善を先にもってこないと、「大切な限られた予算をどこに重点的に使うのか?」という点がブレてしまいます。

他人の家の問題点や後悔ポイントを参考にすることも大事ですが、それは自分達の問題点を洗い出したあとにすべきです。

 

わが家のコンセプトノートの中身を公開

例えば、我が家は毎食後の生ごみの処分がとても嫌でした。
そこで「生ゴミの処理がしやすいように、キッチンに生ゴミ処理機が置ける場所をあらかじめ確保する」という要望を盛り込みました。

新居での生活を思い浮かべて、自分達に本当に必要なことをまとめてみましょう。

私が実際にまとめた家づくりのコンセプトについては、次の記事で解説しています!

家を建てる時のコンセプトの作り方【私達の家づくりの要望一覧を公開】
家を建てる時のコンセプトの作り方【私達の家づくりの要望40個を公開】家を建てる時にコンセプト作りで悩んでいませんか? 本記事では家づくりの際に無駄のないコンセプトを作る方法をご紹介しています。 家づくりに失敗したくないかたはぜひ記事をご覧ください。...

コンセプトノートを元に家づくりをすすめましたが、実際にできた家とコンセプトノートを見比べて、答え合わせもしています。
コンセプトが曖昧だと失敗しやすいポイントについても触れているので参考にしてみてください。

コンセプト作りは自分達の頭で考えないと意味がありません。
誰かの間取りをそっくりまねても、それはあなたの暮らしに合うとは限らないからです。
自分達で脳みそに汗をかき、今まで学んだことも加味しつつ理想の家を考える作業は一朝一夕にはできないので、難易度:3としました。

(7)先人達の後悔・失敗ポイントをチェックする【難易度:1】

後悔する女性

これはある程度、間取りや設備のプランが整ってきたかたが行うとより効果的です。

自分達が建てようとしている家の間取り、設備と、先に家を建てた人が後悔したポイントを比較してみてください。

比較することで間取りや設備をより深掘りできます。

JUN
JUN
自分では問題ないと思っていた部分に、実は後悔の種が埋まっていた・・・なんてことは意外に多いです。

後悔ポイントを事前に確認したことで失敗を防げた

例えば我が家の場合、主に以下の間取り、設備について、先人達の後悔・失敗ポイントを確認したことが活きました。

  • 平屋の中廊下が暗かった → アクリル板で採光の工夫をした。
  • 靴箱をタタキ側に作ってしまった → タタキに下りなくても使える靴箱を造作。
  • キッチンの床を無垢材にしてしまった → 水に強いコルク床に変えた。
  • シャワースライドバーは操作が面倒 → 上下二か所のシャワーハンガーに変更した。
  • ウッドデッキが数年で腐った → 再生木で作った。
  • 天然芝は手入れが大変 → 人工芝を敷いた。

「後悔先に立たず」とはよく言ったものです。
しかも数千万円もの費用がかかる新築。
後悔のダメージは人生史上最大になる恐れもあります。

JUN
JUN
後悔するリスクは極限まで減らしておきましょう。

間取りと設備の後悔・失敗ポイント183選

わが家も含めた先人達の後悔・失敗ポイントは次の記事でご確認ください。

間取りと設備の後悔・失敗ポイント183選
【新築】間取りと設備の後悔・失敗ポイント183選家を新築した人が後悔したポイント、失敗したポイントを知りたくなりですか?本記事では私が建てた平屋の後悔・失敗ポイントと、ネットや雑誌でよくみる後悔・失敗ポイントをまとめました。家づくりで失敗したくないかたはぜひ記事をご覧ください。[ヒラヤスタイル]...

当ブログの「後悔・失敗ポイント183選」は先人達の後悔をほぼ網羅していると自負しています。
ですので、ネットで他の情報集めることなく、単純に自分達の建築プランと間取りと設備の後悔・失敗ポイント183選を比較してもらえばOKなので、難易度:1としました。

【まとめ】一番大事なのは情報収集して自分達の要望をしっかりと固めること!

今日の記事で書いた手順で家づくりを進めれば、絶対に8割以上の満足度の平屋が出来上がります。

結局、仕事などと一緒で、魔法はないですね。
地道にかけた手間の分だけ、リターンがかえってきます。

  1. 【難易度:1】住宅会社の平屋情報を資料一括請求サイトで集める
  2. 【難易度:2】平屋を建てた人のブログ(Web内覧会・ランキング記事)を読む
  3. 【難易度:1】家づくりの専門書を読む
  4. 【難易度:2】平屋のオープンハウスをできるだけまわる
  5. 【難易度:3】最低1年は家を建てる地域でアパート暮らしをしてみる
  6. 【難易度:3】新築のコンセプトを決めてノートにまとめる
  7. 【難易度:1】先人達が後悔したポイントをチェックす
JUN
JUN
焦りは禁物。じっくり時間をかけて取り組んでみてください。

 

一生に一度かもしれない平屋づくりを、どうか楽しんでくださいね!

 

JUN
JUN
最後にいくつか参考情報をご紹介します。

(参考情報1)家相って重要?

家の間取りを考える時に、家相や風水を気にされるかたもいらっしゃると思います。我が家は神社で家相をみていただきました。結論としては家相をみてもらってよかったと感じたのですが、家相をみてもらわなかったら生じていたであろう2つの不都合について次の記事でまとめました。

家を建てるとき、家相を確認しておかないと後で困る2つのこと家を建てる時に家相を気にしたほうがいいか知りたくありませんか? 本記事では我が家が実際に行った家相診断の内容と、家相をみてもらったほうが良い理由をご紹介しています。 家相を見てもらおうか悩んでいるかたは是非記事をご覧ください。[ヒラヤスタイル]...

(参考情報2)家づくりが難しい理由

よく「家は3回建てないと満足しない」と言われます。その理由が実際に建ててみて本当によくわかりました!
いま振り返って思う「家づくりを難しくしている3つのこと」について次の記事でまとめてみました。

【後悔しない家づくり】「家は3回建ててみないと満足しない」のはなぜ?「家は3回建ててみないと満足しない」理由を知りたくないですか? 本記事では家づくりが難しい理由を深堀りして、一発で理想の家を建てるためのコツをご紹介しています。家づくりに失敗したくないとと考えている方は是非記事をご覧ください。...

(参考情報3)土地探しから始める人へ

土地探しのコツ3選を次の記事でまとめてみました。自分も土地探しでだいぶ苦労したので、参考になると嬉しいです。

土地探しのおすすめサイトと方法3選【実際に家を建てた私がコツを伝授】土地探しで悩んでいませんか? 本記事ではおすすめの土地探し方法を3つご紹介しています。これから家を建てる予定のかたで、土地探しから始めるかたは是非記事をご覧ください。...