平屋のWeb内覧会(間取りと設備の実例)

【太陽光発電】4つのメリットを徹底解説!

【太陽光発電】4つのメリットを徹底解説!
太陽光発電を実際に導入した人から、具体的なメリットを聞いてみたい。

今日の記事はこういった疑問に答えます。

 

結論から言うと、太陽光発電には以下の4つのメリットがあります。

  • 年利回り10%くらい儲かる(我が家の場合はトータル200万円超えの利益)
  • 電気代を毎月30%削減できる
  • 停電時に電気が使える
  • 屋根の断熱性能が向上する

 

今日の記事では、私が実際に太陽光発電を開始してみて感じたメリットをご紹介します。

太陽光発電に興味があるかたは必見です。

 

 

 

太陽光発電を後付けする際の4つのメリット(儲かる、電気代節約、災害対策、断熱性能アップ)を解説します。

メリット

太陽光発電のメリットは以下の4点になります。

  1. 年利回り10%くらい儲かる(我が家の場合はトータル200万円超えの利益)
  2. 電気代を毎月30%削減できる
  3. 停電時に電気が使える
  4. 屋根の断熱性能が向上する

 

(1)年利回り10%くらい儲かる(我が家の場合はトータル200万円超えの利益)

多くの人が一番気になるところは、今から太陽光発電に投資して儲かるのか?ということでしょう。

結論から言うと、我が家の場合は20年間で250万円の利益(ローン利息を払っても約200万円の利益)が出ることがわかりました。

20年間の年利回りは、ローン利息を含めなければ9.6%、ローン利息を含めても8.2%という結果でした。頭金なし全額ローン、ノーリスクで、年8.2%の利回りが得られる投資は太陽光発電以外にあり得ないです。

わが家の場合は12.5kwの出力で200万円以上の利益ですが、もっと利益額を増やしたい人は、単純に太陽光パネルの数を増やして出力をアップするだけでOK。
増やせば増やすほど、利益は比例して増すと考えてください。

利益額については次の記事で解説しています。

【20年間で250万円の利益】太陽光発電の実データを公開【出力12.5kw】
【20年間で250万円の利益】太陽光発電の実データを公開【出力12.5kw】太陽光発電でどのくらいの利益が出るのか知りたくありませんか?本記事では我が家の12.5kw太陽光発電の実データから予想利益額を公開しています。太陽光発電が気になるかたはぜひご覧ください。...

 

(2)電気代を毎月30%削減できる

太陽光発電を導入すると、昼間に発電した電気を自宅で使うことで、電気代を削減できます。

実際に我が家は、月平均30%の電気代削減を実現しています。

太陽光発電による電気代削減率

 

2019~2020年は、1年間で電気代を71,489円削減することができました。

しかも、固定価格で電気を買い取ってもらえる期間は20年間と決まっていますが、電気代の削減には期限がありません。

太陽光発電が動き続けていて、太陽がなくならない限りは、晴れている日は昼間の電気代が常に3割削減され続けるわけです。

省エネ家電や電力プランの変更など、電気代削減の技はたくさんありますが、毎月3割も減らせるのは太陽光発電だけだと断言します。

電気代の削減については次の記事で解説しています。

戸建ての電気代を月平均5,957円削減した方法を解説【実データあり】戸建ての電気代を削減する方法を知りたくないですか?この記事では太陽光発電を導入して電気代を月平均5,957円削減した方法をご紹介しています。電気代を削減したいかたはぜひ記事をご覧ください。...

(3)停電時に電気が使える

太陽光発電は「自立運転モード」に切り替えることで、停電時の非常電源として利用することが可能です。

災害時には長時間停電が続く場合があります。
昨今では地震のほか、地球温暖化の影響によると思われる気候の変化により、台風や大雨による被害が多くなってきています。

太陽光発電システムが自宅にあれば、昼間発電した電気を直接自宅の非常用コンセントで使うことができるのです。

非常用電源としてスマートフォンの充電や、電気ポットでお湯をわかす、といったことが可能になります。
冷蔵庫の中身が腐ってしまうことを防ぐこともできるでしょう。

停電時の給電については次の記事で解説しています。

太陽光発電の非常用コンセントを停電時に使用する手順【蓄電池なしで冷蔵庫もOK】
太陽光発電の非常用コンセントを停電時に使用する手順【蓄電池なしで冷蔵庫もOK】 今日の記事はこういった疑問に答えます。 結論から言うと、停電時にパワーコンディショナーを「自立運転モード」...

 

(4)屋根の断熱性能が向上する

これはあくまで副次的な効果ですが、太陽光発電パネルが載っている屋根の断熱性が向上します。

屋根の上に太陽光パネルが載ることによって、今まで直接屋根に当たっていた太陽の光が、太陽光パネルに当たるようになります。

太陽光パネルの厚みが増えた分、直射日光を避けることができ、断熱性能が向上するわけです。

我が家の場合は夏の暑さがやわらいだことに加え、雨音が小さくなったことも実感しました。

雨音が静かになったことは妻に大変好評です。

 

【まとめ】太陽光発電はほったらかしでも確実なメリットが得られます

まとめ

今日の記事をまとめます。

  • 年10%前後の高い利回りを確実に得られます。
  • 電気代の大幅削減が可能です。我が家の場合は月平均30%削減されています。
  • 災害などの停電時に発電した電気を利用可能です。
    連絡手段として最重要なスマートフォンの充電手段を確保できる点は有益です。
  • 太陽光パネルが載るぶんで、屋根断熱性能がアップします。我が家の場合は雨音も軽減されより静かなリビングになりました。

本日も最後までお読みいただきありがとうございました。

みなさんの家づくりの参考になれば幸いです。

【WEB内覧会】12.5kw太陽光発電システムレビューまとめ わが家は平屋を新築したあと、後付けで太陽光発電を載せました。 平屋は2階建てに比べて屋根面積が大きいので、大容量の太陽...

後悔のない平屋を誰でも建てられる
「7つの手順」を解説!
【新築平屋】
間取りの作り方・設備の選び方
TOPに戻る