【失敗しない】家づくりのノウハウ

【無料】ハウスメーカー住宅カタログ一括請求サイト3選の比較【タウンライフ家づくりなど】

【無料】ハウスメーカー住宅カタログ一括請求サイト3選の比較【タウンライフ家づくりなど】

 

  • ハウスメーカーや工務店のカタログ一括請求サイトはどこがおすすめ?

 

 

今日の記事はこういった疑問に答えます。

 

【無料】ハウスメーカー住宅カタログ一括請求サイト3選の比較【タウンライフ家づくりなど】

カタログ一括請求

結論から言うと、ネットの一括資料請求サービスは以下の3つがおすすめです。
中でも「タウンライフ家づくり」が頭ひとつ抜きんでている印象です。

  • タウンライフ家づくり
  • House’s.com
  • ハウジングバザール

理由は、間取りプランを無料で作成してもらえるからです。

 

 

本記事の内容
  • 無料で利用できるハウスメーカー住宅カタログ一括請求サイトの比較
  • 住宅カタログ一括請求サイトQ&A
  • 失敗しない家づくりをするために一番大切なポイント

 

私は2018年に平屋を新築しました。

家づくりを本格的に検討し始めたのは、第一子が生まれた2013年でした。

土地探しから始まり、住宅展示場、オープンハウス巡りを数えきれないほど行ってきました。
本や雑誌などでも必死に勉強しました。

JUN
JUN
こうして足掛け5年かけて、実際に家を建ててみて思うことは、家づくりはいかに多くの情報に接したかが成否を分けるということです。

今日の記事は、家づくりの情報収集に欠かせない「ハウスメーカー住宅カタログ一括請求」を比較した結果をご紹介します。

家づくりに失敗したくない、理想と違った家が出来上がって後悔したくないと思っているかたは必見です。

 

すぐに資料請求したい人はこちら

\ 無料で間取りを作成 /タウンライフ家づくり公式サイトを見てみる

\ 安心の大手ハウスメーカー /
House’s.com公式サイトを見てみる

\ 地元の工務店をご紹介 /
ハウジングバザール公式サイトを見てみる



無料で利用できるハウスメーカー住宅カタログ一括請求サイトの比較

結論から言うと、ハウスメーカー、工務店の住宅カタログ一括請求サイトは以下の3つがおすすめです。

  1. タウンライフ家づくり
  2. House’s.com
  3. ハウジングバザール

 

JUN
JUN
まずは大まかに、それぞれのサービスがどんな方に向いているか一覧にまとめてみました。
サイト名 特徴 こんな人におすすめ
タウンライフ家づくり カタログ請求と一緒に、間取りと見積もりも作成してもらえる。
  • 間取りのイメージをつかみたいかた。
  • 予算概要を知りたいかた。
  • 土地も一緒に探して欲しいかた。
House’s.com 敷居が高い大手ハウスメーカーのカタログを一括で入手できる。
  • 家づくりは安心の大手ハウスメーカーを利用したいと考えているかた。
  • 大手ハウスメーカーの家づくりの特徴を知りたいかた。
ハウジングバザール 地元密着の自然素材を使った工務店の資料を請求できる。
  • 既製品ではなく、自然素材を使ったぬくもりのある家を建てたいかた。
  • 建材などを自分である程度自由に決められる家づくりをしたいかた。
  • 工務店の家づくりに興味のあるかた。

 

 

それぞれのサービスのメリット、デメリットを順にご紹介します。

 



①タウンライフ家づくり

間取りプラン、資金計画まで作成してくれる人気のサービスです。

 

タウンライフ家づくりのデメリット

デメリット

間取りプラン、資金計画まで作成してくれると評判の「タウンライフ家づくり」ですが、実際に利用した人の口コミを調べると以下のデメリットを感じているかたが多いです。

  1. 対応するハウスメーカーによって送付資料に温度差がある
  2. 地域によっては選べるハウスメーカーが少ない

①対応するハウスメーカーによって送付資料に温度差がある

実際に数社に資料請求を依頼したが、すべてのメーカーが間取りプランを送ってくるわけではなく、実際にはカタログしか送ってこないメーカーもあるとのことです。

ひとりひとりのお客様に対して、全力で向き合っているメーカーなのか、それとも見込み客に対してはあまり積極的なアプローチはかけない(余計な労力はかけない)ことに徹しているのか、それぞれの会社の特色が出るのだと考えます。

幸いなことに、「ひとつも間取りプラン、資金計画が届かなかった」という口コミは見たことがありません。
「タウンライフ家づくり」のウリである無料で間取り、資金計画がもらえるという部分は、資料請求したすべてのハウスメーカーからはもらえなかったとしても、まったくもらえないということはありません。

②地域によっては選べるハウスメーカーが少ない

これは実際に私もサイトから申し込みをしてみて思ったのですが、地域によっては資料請求できるハウスメーカーの候補が少ないということです。

ちなみに私の住む地域では9社へ資料請求することが可能でした。
決して数は少なくないですが、メーカーのバランスが少し気になりました。

俗にいう「大手ハウスメーカー」と呼ばれるレベルの会社は1社しかなく、あとは中堅以下のメーカーと、まだ設立間もない新興メーカーが8社だったからです。

例えば大手ハウスメーカーのカタログが欲しい場合には、後述するHouse’s.comも組み合わせて利用したほうがいいです。

「タウンライフ家づくり」に登録されているハウスメーカーは600社以上とのことですが、実際に自分が家を建てたい地域の選択によっては、そこまで多くのメーカーが候補としてでてこない可能性があります。

とにかくたくさんのメーカーのカタログをもらいたい、という人には不向きな面もありますので、たくさんのメーカーのカタログをもらいたいかたは、このあとご紹介するメリットを最大限活用したうえで、他の資料一括請求サービスも併用しましょう。

 

JUN
JUN
以上のとおり若干のデメリットが「タウンライフ家づくり」にはありますが、そうは言っても「間取り」プランまで無料で作成してもらえるのはありがたいので、積極的に利用すべきサービスNo.1であることは間違いありません。

 

 

「タウンライフ家づくり」のメリット

メリット

「タウンライフ家づくり」のメリットは以下の3点です。

  1. 間取りプランを無料作成
  2. 資金計画を無料作成
  3. 土地探しも無料でサポート

 

①間取りプランを無料作成

間取りプラン

「タウンライフ家づくり」が他の一括資料請求サービスから頭ひとつ抜きんでている点は、この「間取りプラン」作成でしょう。

あなたの家づくりの希望に沿った間取りのサンプルを無料で作成してもらえます。

無料で間取りを描いてくれるサービスは他に類がなく、「タウンライフ家づくり」の絶対的な特徴と言えます。

実際、設計事務所などに間取りの作成をお願いすると、2プランほど作ってもらった場合で10万円前後が相場になります。

無料で作ってもらえるとなると、やはり利用しない手はないように感じます。

理由は、複数の間取りプランを比較検討することで、より洗練された、自分達が理想とする間取りを作る目を養うことができるからです。

まずはファーストステップとして、「自分達の希望を図面にすると、こういった間取りになるんだ」という概要がわかるだけでも、その後の家づくりを進めるための情報としては大変価値があります。

JUN
JUN
送付されてきた間取りプランを眺めながら、「ここは便利そう」、「ここはいらないかな」、といったことを家族で話し合うだけでも、その後の家づくりを有利に進めることができます。

\ 無料で間取りを作成 /タウンライフ家づくり公式サイトを見てみる

 

②資金計画を無料作成

「タウンライフ家づくり」は間取りだけでなく、おおまかな資金計画も無料でもらうことができます。

家づくりにおいて予算というのは最も大事な要素のひとつです。

JUN
JUN
極端なことを言うと大金持ちで予算が無限にあるなら、正直、家を建てることに対して悩まなくていいわけです。
私達庶民は、少ない予算の中でできるだけいい家を建てたい!という思いがあるからこそ、多いに悩み苦しむわけですから。

「タウンライフ家づくり」でもらえる資金計画はもちろん概算です。
完全な見積もり金額がでるわけではありません。

それでも、「このくらいの家を希望すると、このくらいの費用がかかる」ということが家づくりの初期段階でわかるのは、間取りと同様に大変価値があります。

理由は、おおよその相場感がわかれば、自分達の限られた予算をどこに重点的に割りふるべきかの判断がしやすくなるからです。

私の経験を話すと、家づくりにけっこうたくさんの要素を詰め込みすぎてしまい、大幅に予算オーバーしました。途中から建材や仕様の減額交渉を行ったのですが、どうしても予算との帳尻を合わすことができず、最終的には間取りプランを6坪ほど減築することになってしまったのです。

最後にきて間取りをいじると、時間も余計にかかりますし、予定していた工期が遅れ、施工会社さんを待たせてご迷惑をおかけすることにもなってしまいました。

JUN
JUN
これから家づくりを開始される皆さんは、家づくりにかかる実際のお金をできるだけ早い段階から知っておいてください。あとで慌てなくて済む確率が高まります。

 

\ 無料で間取りを作成 /タウンライフ家づくり公式サイトを見てみる

 

 

 

③土地探しも無料でサポート

3つ目は土地を持っている人には関係ありませんが、土地探しから家づくりを始めるかたにはおすすめのサービスになります。

理想の間取りを土地に当てはめるとどうなるのかまで、トータルでサポートしてもらえます。

口コミを調べると、ハウスメーカーが抱えている未公開の優良な土地を紹介してもらえたなど、嬉しい情報もありました。
不動産屋さんが持っていない特選情報を入手できるチャンスも広がりますので、理想の土地がなかなか見つからないというかたにはまさにうってつけのサービスになります。

\ 無料で間取りを作成 /タウンライフ家づくり公式サイトを見てみる

 

 

 

②House’s.com

House’s.comは、大手ハウスメーカーに特化した資料請求サービスになります。

 

House’s.comのデメリット

デメリット

「House’s.com」は大手ハウスメーカーの資料請求に特化したサービスになります。

その特徴の裏返しがそのままデメリットになります。

請求できるのはあくまで大手ハウスメーカーのみで、小規模なハウスメーカーについては対象外です。

多少費用がかかっても安心の大手ハウスメーカーで家は建てたい、という人向けのサービスですので、ローコスト住宅などをお探しのかたには不向きなサービスになります。

 

House’s.comのメリット

メリット

「House’s.com」は大手ハウスメーカーのカタログ、資料を気軽に一括請求できます。

このことが結構大きなメリットなのです。

というのも、住宅展示場などに足を運んだことがあるかたはわかると思いますが、セキスイハウスなどの大手ハウスメーカーは、展示している建物が当然のごとく豪華で、見学させてもらうにはとても敷居が高く感じてしまうのです。

敷居が高いだけならまだしも、私の知り合いから結構驚く話を聞きました。

知り合いが住宅展示場で某大手ハウスメーカーを見学して色々話を伺っていたところ、営業マンから「たぶんうちでは家を建てることはできないと思いますよ」とはっきり言われたそうです。

なぜか?
坪単価が高いからだそうです。

かなり失礼な話だと思うのですが、事実です。
まあ、例え予算が潤沢にあったとしても、失礼な対応をされたのでその大手メーカーで家は建てないとその知り合いは言っていましたが・・・。

知り合いの話は少々営業マンが特殊だっただけかも知れませんが、大手ハウスメーカーの敷居が高いのは事実。

そんな大手ハウスメーカーのカタログ、資料を、無料で一括請求できるのが「House’s.com」になります。

家を建てるなら、安心の大手ハウスメーカーしか考えていない、という人はもちろんのこと、予算はそこまで潤沢ではないけれど、できれば大手ハウスメーカーの家についても詳しく知りたい、というかたにも利用価値のあるサービスになります。

また、ローコスト住宅を建てる予定のかたも、大手ハウスメーカーのカタログを一通りみてみることで、仕様の差を比較するのに役立ちます。

House’s.com公式サイトを見てみる

 

 

 

③ハウジングバザール

木の家や自然素材を使った住まいをつくる地域の優良工務店に資料請求できるサービスです。

ハウジングバザールのデメリット

デメリット

デメリットは資料請求ができるのは地元の工務店のみということです。

これはメリットの裏返しでもあるのですが、ハウスメーカー等への資料請求はできません。

工務店しか興味がない、というかたを除き、幅広く情報収集するには、他の資料請求サービスも併用しないと厳しいです。

 

 

ハウジングバザールのメリット

メリット

メリットは以下の2点です。

  1. 地域密着型の工務店に資料を請求できる
  2. 木の家や自然素材を使った住まいをつくる工務店を紹介してもらえる

①地域密着型の工務店に資料を請求できる

工務店

地元の工務店は、ハウスメーカーに比べて、社員数も少なく、広告宣伝費も少ないため、経営自体にかかる経費が低いのが最大の特徴です。

経費が低いということは、余計な利益を家づくりの見積もり金額に付加する必要がないため、ハウスメーカーと比べて同金額でもより良い仕様の家を建てられる可能性が高くなります。

また、ハウスメーカーのように仕様や使える建材メーカーの制限などを設けていないことが多く、比較的自由に自分達が使いたい建材を使って家を建てることができます。

展示場がないため実際の完成した家のイメージが掴みにくいことや、施工技術やアフターサービスのレベルにバラツキがあるなど工務店ならではデメリットもあります。

しかし、建築費用を安く抑えて、なおかついい家を建てたいかたには地元の工務店は有力な選択肢です。

地元の工務店というのは一般的に知名度が低いため、家づくり初心者が身近に感じられるものではありませんが、工務店の中には非常に技術力が高く、なおかるコストが安いところも存在します。

実際我が家を施工してくれた工務店さんも、あまり遠方の現場は管理が行き届かないとの理由から基本引き受けないといった方針を貫いている地元密着型の工務店さんでした。
そして、高気密高断熱に定評のある技術力の高さがウリのひとつでした。
我が家が冬暖かく、夏涼しくすごせているのは、建築士さんの設計力にプラスして、工務店さんの技術力の高さも重要だったことは間違いありません。

なじみが薄いからといって、最初から工務店を家づくりの候補から外してしまうのはもったいない。

JUN
JUN
ハウジングバザールのようなサービスを使って一度地元の優良工務店の情報をゲットして、ハウスメーカーと比較してみることは、あなたの家づくりに必ずプラスに働くはずです。

ハウジングバザール公式サイトを見てみる

 

②木の家や自然素材を使った住まいをつくる工務店を紹介してもらえる

無垢の木材や、珪藻土、漆喰といった自然素材をふんだんにつかったぬくもりのある家づくりに定評のある工務店を紹介してもらえます。

自然素材を使った家は、その素材自体がもつ調湿効果などにより、家の中を常に快適な湿度に調節してくれるといったメリットがあります。

また、自然素材そのものの風合いが非常によく、人工素材の無機質な感じに比べて家全体が温かく優しい雰囲気になります。

我が屋はナラの無垢フローリング、LDKは珪藻土を壁に塗ったおかげで、一年を通して快適な湿度で暮らすことができています。

また、経年による色合いの変化を楽しむことができるのも、自然素材ならではのメリットです。

実際に住んだことがない人にこれらの魅力を言葉で伝えるのはなかなか難しいのですが、我が家の住み心地の良さに自然素材が貢献していることは間違いのない事実です。

アパート暮らしのころに比べて、息子たちが体調を崩しにくくなったのがなによりの証拠だと感じています。

JUN
JUN
見た目のモダンなかっこよさよりも、本物の素材だけが持つ住み心地の良さを優先したいかたには、自然素材を使った家づくりをする工務店を紹介してもらえるハウジングバザールはおすすめです。

ハウジングバザール公式サイトを見てみる

 

 

住宅カタログ一括請求サイトQ&A

家づくりの情報収集の労力と時間を節約できるのが一括請求サイトのメリットですが、実際に資料請求するとどうなるのか、少し心配ですよね。

ここではそんなあなたの不安を解消するために、よくある質問をまとめてみました。

 

資料請求したあとに、しつこい営業をかけられることはない?

電話などで頻繁に勧誘されるケースはないと考えていいです。
理由は、一括請求ですので、当然、業者側も他のメーカーや工務店にも同時に資料請求の依頼が行われていることは最初から理解しているからです。

ただ、口コミなどを調べると、まったく電話勧誘がなかった、ということはありません。何件かは営業をかけられることもあるでしょう。
しかし、家を建てるからには、ハウスメーカーや工務店などとまったくコミュニケーションを取らないということは不可能ですので、ある程度は仕方ないと思います。
ただ、最初から住宅展示場などに行って消耗するよりは、はるかに少ない労力で(しかも無料で)資料集めができるのは間違いありません。

【体験談】家を建てる時、最初にハウスメーカーの住宅展示場を見に行くことをおすすめしない3つの理由家を建てる時に住宅展示場に行ったほうがいいか悩んでいませんか? 本記事では私の経験を例に、家づくり初心者はいきなり住宅展示場には足を運ばないほうがいい理由をご紹介しています。これから家を建てるかたで、住宅展示場に行こうか迷っているかたは是非記事をご覧ください。...

とは言っても、やはり過度な営業を受けるのは不快ですので、どうしても心配なかたは、依頼フォームの備考欄などに、「電話は固くお断りします」といった一文を記載しておけばOKです。

資料請求の依頼の入力に、時間がかかるんじゃない?

どのサイトも、簡単な質問事項への回答と個人情報の入力を済ませるだけです。
スマートフォンからでも利用でき、所要時間は3~5分でOK。忙しい方でも、気軽に多数のメーカー、工務店に資料請求することができます。

お金はいくらかかるの?

どのサイトも完全に無料で利用できます。もう交通費と時間をかけて住宅展示場をめぐる必要はありません。

資料請求したメーカーとはあとで具体的な交渉の場を持つ必要がある?

資料請求したからといって、必ずそのメーカーと接触しなくてはいけないといったルールは一切ありません。主導権はあくまで顧客側である私達にあります。
気にいったハウスメーカーや工務店があればその後に具体的な話を聞いてみてもいいですし、話を聞いたうえでやっぱり違うなと思えばその時点でやめてもなんのペナルティもありません。

 

 

【まとめ】失敗しない家づくりをするためのスタートラインが住宅カタログ一括請求です

家は非常に高価なうえにやり直しがきかない買い物です。

できるだけリスクを排除して家づくりのスタートラインで優位に立つためにも、一括請求サイトは有用です。

JUN
JUN
いずれのサービスも無料で利用できますので、興味のあるかたは気軽に資料請求してみてはいかがでしょうか。

 

\ 無料で間取りを作成 /タウンライフ家づくり公式サイトを見てみる

\ 安心の大手ハウスメーカー /
House’s.com公式サイトを見てみる

\ 地元の工務店をご紹介 /
ハウジングバザール公式サイトを見てみる

 

本日も最後までお読みいただきありがとうございました。

みなさんの家づくりの参考になれば幸いです。

土地探しについては次の記事で解説しています。

土地探しのおすすめ方法3選【時間がかかる土地探しを自動化する】土地探しで悩んでいませんか? 本記事ではおすすめの土地探し方法を3つご紹介しています。これから家を建てる予定のかたで、土地探しから始めるかたは是非記事をご覧ください。...