新築間取りの作り方

ハウスメーカー資料一括請求サイト5選の比較【タウンライフ家づくりなど】

ハウスメーカー資料一括請求サイト5選の比較【タウンライフ家づくりなど】

 

  • ハウスメーカー資料一括請求サイトはたくさんありすぎて、違いがよくわからない・・・。
  • ハウスメーカー資料一括請求サイトは結局どこが一番おすすめなの?

 

今日の記事はこういった疑問に答えます。

カタログを眺める夫婦

結論から言うと、無料で使えるハウスメーカー資料一括請求サイトは以下の5つを抑えておけばOKです。

  • タウンライフ家づくり
  • 持ち家計画
  • ハウジングバザール
  • SUUMO
  • ライフルホームズ
JUN
JUN
20社以上のカタログなどを自宅にいながらスマートフォン1台で手軽に集めることができます!

 

本記事の内容
  • 無料で利用できるハウスメーカー資料一括請求サイトの比較
  • ハウスメーカー資料一括請求サイトQ&A

 

私は2018年に平屋を新築しました。
家づくりを本格的に検討し始めたのは、第一子が生まれた2013年でした。

土地探しから始まり、住宅展示場、オープンハウス巡りを数えきれないほど行ってきました。
本や雑誌などでも必死に勉強しました。

JUN
JUN
こうして足掛け5年かけて、実際に家を建ててみて思うことは、家づくりはいかに多くの情報に接したかが成否を分けるということです。 

今日の記事では家づくり初期の情報集めに重宝する「ハウスメーカー資料一括請求サイト」のうち、代表的な5つのサービスを比較した結果をご紹介します。
家づくりを始めたばかりで、一括資料請求サイトの違いを知りたいと思っているかたは必見です。

 

ハウスメーカー資料一括請求サイト 5社の比較表

特徴が異なる以下のハウスメーカー資料一括請求サイト5社を比較した結果を一覧表にまとめてみました。

  • タウンライフ家づくり
  • 持ち家計画
  • ハウジングバザール
  • SUUMO
  • ライフルホームズ
JUN
JUN
調査の結果、私が強みだと考えた部分を太字にしています。
サイト名タウンライフ家づくり持ち家計画ハウジングバザールSUUMOライフルホームズ
利用料金無料無料無料無料無料
(例)
東京都
荒川区で
資料請求できる
会社数
6社17社3社156社151社
運営会社タウンライフ
株式会社
株式会社
セレス
ジーレックス
ジャパン
株式会社
株式会社
リクルート
住まいカンパニー
株式会社
LIFULL
会社設立2003年
9月25日
2005年
1月28日
2009年
2月25日
2012年
10月1日
1997年
3月12日
資本金2,000万円18億
5,752万円
サイト上での
公開なし
1億
5千万円
90憶
7,160万円
提案の特徴資料請求に加えて、
間取りプラン作成、
見積り作成まで
依頼できる。
 

資料請求可能な
住宅会社の
こだわりポイントを
チェックできる。

木の家や
自然素材を使った
住まい作りが得意な
地元の工務店の
資料請求が可能。
資料請求する
会社の建築実例が
豊富に掲載
されている。
地域、予算、テーマの
3要素を
組み合わせて
資料請求が可能。
特典資料請求で
(小冊子)
成功する
家づくり
7つの法則が
もらえる
「相談・見学」
申し込みで
2,000円分の
ギフト券
プレゼント
成約で
お祝い金
プレゼント
なし資料請求で
「家づくりノート」
がもらえる
JUN
JUN
ひとくちに一括資料請求といっても、提案内容も請求できる会社数もまったく異なることがわかるかと思います。

ちなみに資料請求できる会社数の確認場所に荒川区を選択したのは以下の理由からです。

  • 新築の棟数が日本で一番多い東京都から、特に建築棟数が多い都心11区(千代田区、中央区、港区、新宿区、文京区、台東区、墨田区、江東区、渋谷区、豊島区、荒川区)に含まれていたから。

*建築棟数は東京都住宅着工統計を参考にしました。

一覧表の中で特徴的な部分をまとめると以下となります。

  • 『タウンライフ家づくりは住宅カタログだけでなく、間取りプラン作成も依頼できます。
  • 『持ち家計画はカタログ請求だけでなく、展示場の見学予約まで行えます。(しかも2,000円のギフト券プレゼント付き)
  • 『ハウジングバザール』は良質な木造住宅を建てている地域密着の地元工務店を厳選して紹介してくれます。
  • 『SUUMO』、『ライフルホームズ』は大手だけあって資料請求できる会社数が桁違いに多いです。

 

新築ハウスメーカー資料一括請求サイト5社のメリット、デメリットを徹底検証

メリット、デメリット

一覧表で確認した5つのハウスメーカー資料一括請求サイトについて、それぞれのメリット、デメリットを深掘りします。

タウンライフ家づくり

タウンライフ家づくりで間取りプラン作成

間取りプラン資金計画書まで作成してくれる定番サービスです。

 

タウンライフ家づくりの2つのデメリット

タウンライフ家づくりのデメリットは以下の2点です。

  • 対応するハウスメーカーによって送付資料に温度差がある
  • 選べるハウスメーカーが少ない

対応するハウスメーカーによって送付資料に温度差がある

スマホを見てがっかりな女性

実際に数社に資料請求を依頼したが、すべてのメーカーが間取りプランを送ってくるわけではなく、実際にはカタログしか送ってこないメーカーもあるとのことです。

ひとりひとりのお客様に対して、全力で向き合っているメーカーなのか、それとも見込み客に対してはあまり積極的なアプローチはかけない(余計な労力はかけない)ことに徹しているのか、それぞれの会社の特色が出るのだと考えます。

JUN
JUN
ただ、幸いなことに、「ひとつも間取りプラン、資金計画が届かなかった」という口コミは今まで見たことがありません。

資料請求したすべてのハウスメーカー、工務店から間取り、資金計画がもらえなかったとしても、まったくもらえないということはないと考えてよさそうです。

選べるハウスメーカー、工務店が少ない

数が少ない

選べるハウスメーカーの数は、SUUMOやライフルホームズに比べると圧倒的に少ないです。
東京都荒川区で検索したところ、資料請求可能なのは6社だけでした。

JUN
JUN
やはり、間取りプラン作成、見積り作成まで行うのはハウスメーカーとしても労力がかかるため、対応してくれる住宅会社の数は絞られている印象です。

タウンライフ家づくりの利用だけではカタログ請求の数が十分でないと感じた場合は、他の資料一括請求サイトも平行して活用するといいでしょう。

タウンライフ家づくり公式サイトを見てみる

 

「タウンライフ家づくり」の3つのメリット

「タウンライフ家づくり」のメリットは以下の3点です。

  • 間取りプランを無料で作成してもらえる
  • 資金計画を無料で作成してもらえる
  • 土地情報を提供してもらえる

 

間取りプランを無料作成

タウンライフ家づくりの間取りプラン作成
JUN
JUN
タウンライフ家づくり」が他の一括資料請求サービスから頭ひとつ抜きんでている点は、この「間取りプラン」作成です!

あなたの家づくりの希望に沿った間取りのサンプルを無料で作成してもらえます。

無料で間取りを描いてくれるサービスは他に類がなく、「タウンライフ家づくり」の絶対的な特徴と言えます。

タウンライフ家づくりの間取り例

実際、設計事務所などに間取りの作成をお願いすると、2プランほど作ってもらった場合で10万円前後が相場になります。

無料で作ってもらえるとなると、利用しない手はないように感じますね!

JUN
JUN
間取りプランを眺めながら、「ここは便利そう」、「ここはいらないかな」、といったことを家族で話し合うだけでも、その後の家づくりを有利に進めることができますよ!

資金計画を無料作成

タウンライフ家づくりの資金計画書作成

タウンライフ家づくり」は間取りだけでなく、おおまかな資金計画も無料でもらうことができます。

家づくりにおいて予算というのは最も大事な要素のひとつです。

JUN
JUN
極端なことを言うと大金持ちで予算が無限にあるなら、正直、家を建てることに対して悩まなくていいわけです。

私達庶民は、少ない予算の中でできるだけいい家を建てたい!という思いがあるからこそ、多いに悩み苦しむわけですから。

タウンライフ家づくり」でもらえる資金計画はもちろん概算です。
完全な見積もり金額がでるわけではありません。

それでも、「このくらいの家を希望すると、このくらいの費用がかかる」ということが家づくりの初期段階でわかるのは、間取りと同様に大変価値があります。

JUN
JUN
おおよその相場感がわかれば、自分達の限られた予算をどこに重点的に割りふるべきかの判断がしやすくなるからです。

私の経験を話すと、家づくりにけっこうたくさんの要素を詰め込みすぎてしまい、大幅に予算オーバーしました。
途中から建材や仕様の減額交渉を行ったのですが、どうしても予算との帳尻を合わすことができず、最終的には間取りプランを6坪ほど減築することになってしまったのです。

最後にきて間取りをいじると、時間も余計にかかりますし、予定していた工期が遅れ、施工会社さんを待たせてご迷惑をおかけすることにもなってしまいました。

JUN
JUN
これから家づくりを開始される皆さんは、家づくりにかかる実際のお金をできるだけ早い段階から知っておいてください。あとで慌てなくて済む確率が絶対に高まります。

土地情報を提供してもらえる

タウンライフ家づくりの土地情報提供

タウンライフ家づくりは、間取りや資金だけでなく、あなたの建設希望地の土地情報も提供してもらえます。

土地を持っていなくて、土地探しから始めなくてはならないかたにとっては、「タウンライフ家づくり」と提携している全国600社超の住宅会社が抱えている優良な土地情報を提供してもらえるのはすごくラッキーですね!

タウンライフ家づくり公式サイトを見てみる

 

持ち家計画

持ち家計画

「持ち家計画」は、モダンでわかりやすいウェブサイトなので、初心者でも迷うことなく、楽しみながら資料請求できます。

 

持ち家計画のデメリット

SUUMOやライフルホームズといった大手サイトに比べると提携している会社数が少ないため、カタログ請求できる数が少ない点が主なデメリットです。

カタログをもらうことに特化した場合は、物足りなさを感じるのも事実でしょう。

JUN
JUN
もっとカタログをたくさん集めたい場合は、SUUMOやライフルホームズなどの大手サイトを併用しましょう。

持ち家計画公式サイトを見てみる

持ち家計画の2つのメリット

持ち家計画のメリットは以下の2点です。

  • 運営会社が東証一部上場企業で安心
  • こだわり検索でハウスメーカーの特徴が一目でわかる

運営会社が東証一部上場企業で安心

持ち家計画を運営する株式会社セレスは、東証一部上場(証券コード:3696)の大企業になります。

例えばセレスの子会社の中で有名な企業が「株式会社ゆめみ」です。

「ゆめみ」はスマートフォンアプリなどの開発を行う会社ですが、私もよく利用するマクドナルドのアプリも「ゆめみ」が開発しています。

JUN
JUN
ハッピーセットのクーポンにはとてもお世話になっています!

社会的な知名度も高いサービスをたくさん手掛けている会社なので、安心して資料請求できますね。

こだわり検索でハウスメーカーの特徴が一目でわかる

持ち家計画のこだわり検索

持ち家計画は申し込み画面で上記のようなこだわりポイントをチェックすることが可能です。

 

例えば東京都荒川区で検索したところ、カタログ請求可能な会社として「三井ホーム」が表示されました。

三井ホーム

「>この会社について詳しく見る」をタップすると、三井ホームの詳細紹介になりますが、画面の下部に、三井ホームのこだわりポイントが表示されるのです!

三井ホームのこだわりポイント
JUN
JUN
自分が家づくりに求めているもののアリ、ナシが一目でわかるので、自分に合わないハウスメーカーに資料請求してしまうリスクを軽減できます。

持ち家計画公式サイトを見てみる

 

ハウジングバザール

木の家や自然素材を使った住まいをつくる地域の優良工務店に資料請求できるサービスです。

ハウジングバザールのデメリット

デメリットは資料請求ができるのは地元の工務店のみということです。

これはメリットの裏返しでもあるのですが、ハウスメーカー等への資料請求はできません。

工務店しか興味がない、というかたを除き、幅広く情報収集するには、他の資料請求サービスも併用しないと厳しいです。

ハウジングバザール公式サイトを見てみる

ハウジングバザールの2つのメリット

メリットは以下の2点です。

  • 地域密着型の工務店に資料を請求できる
  • 木の家や自然素材を使った住まいをつくる工務店を紹介してもらえる

地域密着型の工務店に資料を請求できる

工務店

地元の工務店は、ハウスメーカーに比べて、社員数も少なく、広告宣伝費も少ないため、経営自体にかかる経費が低いのが最大の特徴です。

経費が低いということは、余計な利益を家づくりの見積もり金額に付加する必要がないため、ハウスメーカーと比べて同金額でもより良い仕様の家を建てられる可能性が高くなります。

また、ハウスメーカーのように仕様や使える建材メーカーの制限などを設けていないことが多く、比較的自由に自分達が使いたい建材を使って家を建てることができます。

展示場がないため実際の完成した家のイメージが掴みにくいことや、施工技術やアフターサービスのレベルにバラツキがあるなど工務店ならではデメリットもあります。

しかし、建築費用を安く抑えて、なおかついい家を建てたいかたには地元の工務店は有力な選択肢です。

実際我が家を施工してくれた工務店さんも、あまり遠方の現場は管理が行き届かないとの理由から基本引き受けないといった方針を貫いている地元密着型の工務店さんでした。
そして、高気密高断熱に定評があり、技術力の高さがウリのひとつでした。
我が家が冬暖かく、夏涼しくすごせているのは、建築士さんの設計力にプラスして、工務店さんの技術力の高さも重要だったことは間違いありません。

なじみが薄いからといって、最初から工務店を家づくりの候補から外してしまうのはもったいない。

JUN
JUN
ハウジングバザールのようなサービスを使って一度地元の優良工務店の情報をゲットして、ハウスメーカーと比較してみることは、あなたの家づくりに必ずプラスに働くはずです。

 

 

木の家や自然素材を使った住まいをつくる工務店を紹介してもらえる

木の家の建築現場

無垢の木材や、珪藻土、漆喰といった自然素材をふんだんにつかったぬくもりのある家づくりに定評のある工務店を紹介してもらえます。

自然素材を使った家は、その素材自体がもつ調湿効果などにより、家の中を常に快適な湿度に調節してくれるといったメリットがあります。

また、自然素材そのものの風合いが非常によく、人工素材の無機質な感じに比べて家全体が温かく優しい雰囲気になります。

我が屋はナラの無垢フローリング、LDKは珪藻土を壁に塗ったおかげで、一年を通して快適な湿度で暮らすことができています。

また、経年による色合いの変化を楽しむことができるのも、自然素材ならではのメリットです。

実際に住んだことがない人にこれらの魅力を言葉で伝えるのはなかなか難しいのですが、我が家の住み心地の良さに自然素材が貢献していることは間違いのない事実です。

アパート暮らしのころに比べて、息子たちが体調を崩しにくくなったのがなによりの証拠だと感じています。

JUN
JUN
見た目のモダンなかっこよさよりも、本物の素材だけが持つ住み心地の良さを優先したいかたには、自然素材を使った家づくりをする工務店を紹介してもらえるハウジングバザールはおすすめです。

ハウジングバザール公式サイトを見てみる

SUUMO

SUUMO

テレビCMでもお馴染みスーモくんのサイトです。

SUUMOのデメリット

大手企業ならではの情報量の多さがSUUMOのウリですが、タウンライフ家づくり、持ち家計画、ハウジングバザールに比べると付加価値的な要素がないのがデメリットです。

タウンライフ家づくりなら要望にそった間取り図作成もありますが、SUUMOはとにかくたくさんの資料を素早く集めることに特化されているので、タウンライフ家づくりのような付加価値はありません。

「とにかくたくさんの情報を集めるぞ!」という気持ちで、ある程度割り切って使うのが良いでしょう。

SUUMO公式サイトを見てみる

SUUMOの3つのメリット

メリットは3つです。

  • リクルートが運営している
  • ハウスメーカーごとの豊富な建築実例を確認できる
  • 資料請求できる会社数が圧倒的に多い

大手企業のリクルートが運営している

SUUMOの知名度は抜群に高くて、スーモくんを見たことがない、という人のほうが珍しいのではないかと思います。

SUUMOの運営会社はリクルートのため、大企業ならではの安心感がありますね。

ハウスメーカーごとの豊富な建築実例を確認できる

さすがは大手企業が手掛けるサイトです。
情報量の多さがハンパないです。

なかでも、メーカーごとの建築実例の掲載数は他の4サイトと比べても圧倒的です。

例えば以下は積水ハウスですが、建築実例をクリックすることで、実際の家の写真、間取り図を確認することができます。

SUUMOの建築実例
JUN
JUN
数が無茶苦茶多いので全部を確認するわけにはいきませんが、気になっているハウスメーカーの実例が見られるのは大きなメリットです!

資料請求できる会社数が圧倒的に多い

東京都荒川区で検索した際にヒットした数、なんと156社!(2020年3月現在)

本記事で紹介している5社の中でもNo.1の多さです。

とにかくたくさんのカタログを素早く集めたい!というかたにはとても便利ですね!

SUUMO公式サイトを見てみる

ライフルホームズ

ライフルホームズ

最後は、老舗の日本最大級を誇る不動産情報サイト「ライフルホームズ」です。

ライフルホームズのデメリット

ライフルホームズもSUUMO同様、情報量の多さはとにかくすさまじいですが、付加価値的な要素が少ない点がデメリットだと言えます。

まあ別に消費者側がなにか損するわけではないので、デメリットというか弱みの部分ですね。

ライフルホームズを利用するだけだと、単にカタログ集めで終わってしまうので、間取りプラン作成、概算見積もりなどがもらいたい場合は、「タウンライフ家づくり」も同時に利用するのがおすすめです。

ライフルホームズ公式サイトを見てみる

ライフルホームズのメリット

ライフルホームズのメリットは以下の2点です。

  • 最も古くからサービスを提供していて、東証一部上場している大企業の安心感
  • たくさんのカタログを集められる

最も古くからサービスを提供していて、東証一部上場している大企業の安心感

1997年設立、2006年に東証一部上場ということで、会社のバックボーンの大きさ、安定感としては本記事で紹介した5社の中でもダントツです。

本田翼さんなど有名タレントを使ってガンガンTVCMも流しているので、馴染みがあるかたも多いのではないでしょうか。

知名度も高いため、悪評が立つようなサービスは絶対に提供しないはずなので、安心して資料請求できるサイトだと言えます。

たくさんのカタログを集められる

自ら日本最大級をうたっているだけあって、情報量はSUUMOと双璧をなします。

東京都荒川区で資料請求した場合には151社がヒット。
156社のSUUMOとほぼ同等です。

とにかく大量のカタログを短時間で集めたい!という人にとにかくおすすめのサービスです。

ライフルホームズ公式サイトを見てみる

この3社の強みを組み合わせるのが最強

おすすめ住宅資料請求サイトをみる女性

ここまでハウスメーカー資料一括請求サイト5社の詳細をご紹介してきました。

で、結局どこが一番いいわけ?

と思われているかたのために、おすすめの方法を伝授。

それは、どこか1社ではなく、次の3社を組み合わせて使うことです!

  1. タウンライフ家づくりでカタログ、間取り図、概算見積もりをゲット
  2. ハウジングバザールで地元工務店の情報をゲット
  3. (1)(2)で集められなかった住宅会社のカタログをSUUMOでゲット

 

(1)タウンライフ家づくりでカタログ、間取り図、概算見積もりをゲット

タウンライフ家づくりで間取りプラン作成

請求できる会社数は少ないながらも、ネットで唯一、間取りプラン作成、概算見積もりをゲットできるタウンライフ家づくりは、まず最初に利用しておきたいところです。

  • 届いた間取りプランを見て、家族で「ここが良い」「これはいらないね」など色々と話し合ってみる
  • 概算見積もりを見て、「うちの場合はこのくらいの予算かなー」とお金の感覚をざっくりと掴む

上記のような使い方がおすすめです。

もちろん間取り図をもらったハウスメーカーや工務店が気にいったら、より詳しい話を聞いてみるのもいいでしょう。

タウンライフ家づくり公式サイトを見てみる

(2)ハウジングバザールで地元工務店の情報をゲット

二つ目はハウジングバザールです。

地元密着型の工務店は、広告宣伝費や会社の維持費といった経費を抑えて、その分を家そのものの品質に還元してくれているところが多いです。
同じ金額を出した場合、大手ハウスメーカーと地元工務店では、地元工務店のほうが高品質な家が建つケースも珍しくないです。
(もちろん大手ハウスメーカーにも安心感や保証といった強みはありますよ)

私が最終的に地元密着型の工務店に施工してもらったということもあるのですが、普段馴染みがない、よくわからないという理由だけで、地元工務店の情報にまったく触れずに家づくりをするのは、やっぱもったいないと思います。

ハウジングバザールを活用すれば優良工務店を紹介してもらえるので、ぜひ活用してみてください。

ハウジングバザール公式サイトを見てみる

 

(1)(2)で集められなかった住宅会社のカタログをSUUMOでゲット

SUUMO

最後にSUUMOを活用します。

本記事で比較した会社の中でダントツの156社から資料請求可能だったことからもわかる通り、とにかく資料を集めたいなら使わない手はありません。

タウンライフ家づくり、ハウジングバザールで資料請求した会社以外で、気になった住宅会社のカタログをかたっぱしからもらいましょう。

SUUMOのメリットのところでも触れましたが、SUUMOの注文住宅ページには、豊富な建築実例が掲載されています。

写真も豊富に掲載されているので、見た目的に自分の好みだったり、インテリアの感じ、色使いが自分のセンスと合うな~といったハウスメーカーが見つかるはず。

JUN
JUN
直感的にピンときた住宅会社のカタログをもらってみましょう。

SUUMO公式サイトを見てみる

 

以上の3サイトを組み合わせると、ネットで入手できる住宅会社の資料は、ほぼすべて網羅できるはず。

誰でも無料で使えるサービスなので、上手に使い倒して新築に関する知識を豊富に蓄えましょう!

 

ハウスメーカー資料一括請求サイトQ&A

家づくりの情報収集の労力と時間を節約できるのがハウスメーカー資料一括請求サイトのメリットですが、実際に資料請求するとどうなるのか、少し心配ですよね。

ここではそんなあなたの不安を解消するために、よくある質問をまとめてみました。

 

資料請求したあとに、しつこい営業をかけられることはありませんか?

電話などで頻繁に勧誘されるケースはないと考えていいです。
理由は、一括請求ですので、当然、業者側も他のメーカーや工務店にも同時に資料請求の依頼が行われていることは最初から理解しているからです。

ただ、口コミなどを調べると、まったく電話勧誘がなかった、ということはありません。何件かは営業をかけられることもあるでしょう。
しかし、家を建てるからには、ハウスメーカーや工務店などとまったくコミュニケーションを取らないということは不可能ですので、ある程度は仕方ないと思います。
ただ、最初から住宅展示場などに行って消耗するよりは、はるかに少ない労力で(しかも無料で)資料集めができるのは間違いありません。

【体験談】家を建てる時、最初にハウスメーカーの住宅展示場を見に行くことをおすすめしない3つの理由家を建てる時に住宅展示場に行ったほうがいいか悩んでいませんか? 本記事では私の経験を例に、家づくり初心者はいきなり住宅展示場には足を運ばないほうがいい理由をご紹介しています。これから家を建てるかたで、住宅展示場に行こうか迷っているかたは是非記事をご覧ください。...

とは言っても、やはり過度な営業を受けるのは不快ですので、どうしても心配なかたは、依頼フォームの備考欄などに、「電話は固くお断りします」といった一文を記載しておけばOKです。

資料請求の依頼の入力に、時間がかかるんじゃない?

どのサイトも、簡単な質問事項への回答と個人情報の入力を済ませるだけです。
スマートフォンからでも利用でき、所要時間は3~5分でOK。忙しい方でも、気軽に多数のメーカー、工務店に資料請求することができます。

お金はいくらかかるの?

どのサイトも完全に無料で利用できます。もう交通費と時間をかけて住宅展示場をめぐる必要はありません。

資料請求したメーカーとはあとで具体的な交渉の場を持つ必要がある?

資料請求したからといって、必ずそのメーカーと接触しなくてはいけないといったルールは一切ありません。主導権はあくまで顧客側である私達にあります。
気にいったハウスメーカーや工務店があればその後に具体的な話を聞いてみてもいいですし、話を聞いたうえでやっぱり違うなと思えばその時点でやめてもなんのペナルティもありません。

 

 

【まとめ】失敗しない家づくりをするためのスタートラインがハウスメーカー資料一括請求です

家は非常に高価なうえにやり直しがきかない買い物です。

できるだけリスクを排除して家づくりのスタートラインで優位に立つためにも、ハウスメーカー資料一括請求サイトは有用です。

JUN
JUN
いずれのサービスも無料で利用できますので、興味のあるかたは気軽に資料請求してみてはいかがでしょうか。

本日も最後までお読みいただきありがとうございました。
みなさんの家づくりの参考になれば幸いです。

 

\ 間取りプラン作成 /タウンライフ家づくり公式サイトを見てみる

\ こだわりポイント検索 /持ち家計画公式サイトを見てみる

\ 地域密着工務店 /ハウジングバザール公式サイトを見てみる

\ 豊富な建築実例 /SUUMO公式サイトを見てみる

\ 安心の老舗 /ライフルホームズ公式サイトを見てみる※いずれのサービスも費用はいっさいかかりません。