【新築平屋】間取りの作り方・設備の選び方

土地探しのおすすめサイトと方法3選【実際に家を建てた私がコツを伝授】

 

  • 土地探しから家づくりを始めますが、自分達の理想の土地を見つけるための方法を知りたい。
  • 土地を探すためのおすすめのサイトや方法を知りたい。
  • 土地探しに疲れました。もっと効率よく理想の土地を見つける方法はないのでしょうか?

 

 

今日の記事はこういった疑問に答えます。

 

 

土地探しのおすすめサイトと方法3選【実際に家を建てた私がコツを伝授】

結論から言うと、以下の3つを上手に活用するのがおすすめです。

  • ネットの土地探しサービスを活用する
  • アットホームの新着お知らせメールに登録する
  • 住みたい地域の不動産屋さんに相談する(地主さんとの直接交渉も視野に)
JUN
JUN
基本的に良い物件と出会うのを「待つ」しかないのが土地ですが、ただ待っているだけでは時間がかかりすぎます。
自分達でできることについては積極的に働きかけるべきです。

 

本記事の内容
  • 土地探しのおすすめサイトと方法3選

 

私は2018年12月に平屋を新築しました。

2013年ごろから家づくりを本格的に検討し始めましたが、一番時間がかかったのは土地探しだったと言っても過言ではありません。

今日の記事は私の経験をもとに、効率的に土地探しをするための具体的な方法をご紹介します。

家を建てる予定のかたで、土地探しからスタートしなくてはならないかたは必見です。

 

 

土地探しのおすすめ方法3選

具体的には以下の3つがおすすめです。

  1. 「タウンライフ家づくり」で土地探しを依頼する
  2. 「アットホーム」で検索&新着物件お知らせメールに登録する
  3. 住みたい地域の不動産屋さんに相談(地主さんと直接交渉も)

 

(1)「タウンライフ家づくり」で土地探しを依頼する

最初にご紹介したいのが、ネットで土地情報を取り寄せる方法です。

「タウンライフ家づくり」はハウスメーカーや工務店に間取りプラン作成、資金計画書の提供を依頼できて、単なるカタログ請求とは異なる魅力をそなえた人気サイトですが、同時に土地情報の提供も行ってもらえることはご存じでしょうか?

「タウンライフ家づくり」のサイトへアクセスして必要事項を記入すると、土地の情報および土地選びに関するアドバイスを無料で提供してもらえます。

タウンライフ家づくりの土地探し

タウンライフ家づくりを利用するメリットは、家づくりのプロから、土地探しに関する4つの重要ポイントについて無料でサポートしてもらえる点です。

  1. 土地価格の相場を知る
  2. 法規制を知る
  3. 周囲の環境を確認する
  4. 土地の状況を確認する
JUN
JUN
一般には公開されていない優良土地情報を、タウンライフ家づくりと提携している600社超の住宅会社から提供してもらえるチャンスもあります!

無料なのでダメ元でもいいか、と思える点が良いですね。

まずは申し込んでみて、ある程度希望にかなうような土地情報が提供された場合のみ、さらに深い交渉にすすめばいいでしょう。

タウンライフ家づくりについては次の記事で詳しく解説しています。

タウンライフ家づくりの7つの事実を検証!【デメリット・評判・電話はくる?】
タウンライフ家づくりの7つの事実を検証!【デメリット・口コミ・評判・電話はくる?】タウンライフ家づくりの詳細を知りたくありませんか? 本記事ではタウンライフ家づくりの使い方、口コミ・評判、デメリットなどについて解説しています。タウンライフ家づくりの利用を検討中のかたはぜひ記事をご覧ください。[ヒラヤスタイル]...

 

(2)「アットホーム」で検索&新着物件お知らせメールに登録する

2つ目の方法は「アットホーム」さんのサイトです。

アットホームさんのサイトは、都道府県、市区町村で絞り込んで売地の検索が可能です。

まずはご自分が家を建てたいと思っている地域で売りに出ている土地の一覧を表示して眺めてみてください。

一覧をみてみることで、土地価格の相場を知るためにも役に立ちます。

さらに、「アットホーム」のサイトが便利なのは、絞り込んだ市区町村レベルで、新着物件が出た場合にメールでお知らせしてくれるサービスがあることです。

 

下記画像はアットホームさんのサイトから引用させていただきました。

市区町村レベルで絞り込んで表示された一覧画面の最下部に「新着メール登録」の案内があります。

JUN
JUN
こちらにご自分のメールアドレスを登録することで、新着物件が登録された時にメールで通知されるようになります。

メールで通知が届けば定期的にサイトを見に行かなくてもいいので便利ですね。

 

ちなみに我が家も最初に目を付けた土地はアットホームさんのサイトで見つけました。

小学校まで100mもないくらいの土地で、子育てには魅力的な物件でした。

予算などもろもろの事情で断念しましたが、その時の経験で土地選びの基準のようなものを学べた気がします。

ただし、アットホームさんで公開されている土地は、長年売れていない売れ残り物件が多く登録されている傾向があることも覚えておいてください。

JUN
JUN
私も実際にサイトで確認した土地を何か所も訪れてみましたが、ここはちょっとなあ、、、と思う物件が多かったのが事実です。

さきほどもアットホームさんのサイトを久々に検索してみましたが、3年前から引き続き掲載されている土地が何か所もありました。

 

基本的には、誰でも簡単に検索できる=価値の高い土地は少ない という原則がありますので、過度の期待を持つのはやめましょう。

誰もが欲しがるような優良物件情報は簡単に手に入らないと考えていたほうが健康的です。

JUN
JUN
アットホームで検索していきなり理想的な土地が見つかる確率は低いですが、新着物件お知らせメールに登録して、別の手段と併用しつつ待ってみるのが良いでしょう。

 

 

(3)住みたい地域の不動産屋さんに相談(地主さんと直接交渉も)

不動産屋さんに相談する

3つ目の方法は、住みたい地域の不動産屋さんに相談することです。

ある意味、もっとも一般的な王道的方法になります。

やはり住みたい地域にある不動産屋さんが、その地域の物件情報には一番詳しかったりします。

 

また、不動産屋さんはレインズというシステムを使うことができます。

レインズ(REINS)とは、不動産流通標準情報システムと呼ばれているもので、不動産売買の情報がリアルタイムでやり取りされています。
(システム名称はReal Estate Information Network Systemの頭文字を取っています)

まずは不動産屋さんに相談してレインズで希望地域の土地物件一覧を出してもらうのがいいでしょう。

さらに、新着物件が出たら教えてもらうように頼んでおきましょう。
掘り出し物件の情報をゲットできる可能性が高まります。

JUN
JUN
私も不動産屋さん3店をまわり、土地情報の提供をお願いしました。
やはりその地域に密着した情報が出てくるのが特徴的ですね。

 

住みたい場所が見つかったら地主さんとの直接交渉もアリ

JUN
JUN
さらに踏み込んだ方法としては、欲しい土地の地主さんに直接交渉することです。

例えば今は売りに出ていない土地であっても、地主さんに直接交渉すれば売ってもらえる可能性はあります。

特に田舎であれば使われていない田畑などはよく見かけると思います。
住みたい地域で気になる空き地などを見つけたら、不動産屋さんに相談すれば地主さんを調べてもらえるかも知れません。

 

実際、地元の工務店のオープンハウスに伺った時にこのケースに出会いました。

そのオープンハウスが建っていた立地は、南側の眺望がすばらしい土地でした。

土地の入手方法について聞いてみたところ、施主さんがこの土地をいたく気にいっていたので、工務店さんが地主さんと直接交渉したそうです。
その結果、田畑だった土地を譲ってもらい、農地転用して家を建てたとのことでした。

JUN
JUN
また、別の不動産屋さんに土地探しを相談した時の話ですが、「なかなか新着物件が出てこない地域であれば、ただ待っていても見つけるのは難しいです。逆にお客さんが欲しい場所をピンポイントで教えてもらえれば、私が地主さんと交渉します」と言ってもらったこともあります。

田舎の場合は特に、売り物件がポコポコ出てくるといったことはないので、地主さんと直接交渉という手段があることも覚えておくといいと思います。

 

私も直接交渉で土地を手に入れました。

私の場合は、1カ所とても良い場所にあり、南道路で陽当たりもよく、希望の条件ともぴったり田畑があり、譲ってもらえないか不動産屋さんから直接地主さんに確認してもらったことがありました。

その時は残念ながら、「まだ畑をやっているので譲ることはできない」、という回答でした。

でもダメ元で相談してみるのはアリなんだ、とその時の経験から思います。

 

ちなみに我が家は最終的には、別の地主さんと直接交渉して土地を譲っていただきました。

たまたま妻のお母さんのお知り合いがお持ちの田畑を2つほど紹介してもらい、そのうちの1つを購入して農地転用した次第です。

JUN
JUN
不動産屋さんに相談したわけではないので、私達の場合は、非常にレアなケースだと考えてもらったほうがいいですが、買い手がいれば売ってもいいよという土地が存在するのは事実です。

 

地主さんとの直接交渉の場合に、価格交渉を有利に進めるテクニック

JUN
JUN
地主さんと直接交渉する場合の最大のメリットは、自分達が欲しい場所を買うことができるということ。

最大のデメリットは、価格交渉において買い手側が圧倒的に不利ということです。

一概には言えませんが、欲しい場所を譲ってもらう交渉するわけですので、どうしても売り手側が価格交渉で優位に立つことは否めません。
たまたま地主さんが持て余していた土地なら安く譲ってもらえる可能性もゼロではありませんが、基本的には相場よりも少し高くなることは覚悟しておきましょう。

私の経験から言わせてもらうと、土地を譲ってもらえるかもしれないとわかった最初の段階で、「●●●円以内なら買います。●●●円以上なら予算が足りないので諦めます!」と言っておくことをおすすめします。

おおよその予算を地主さんに最初から伝えることで、交渉の幅を一気に狭めるのです。

もしその時点で、地主さんが提示した値段ではまったく売る気がないのであれば、早めにあきらめて次の土地を探しにいきましょう。
食いついてくるようなら売主さんはまんざらでもないということなので、提示した予算を最高として、もう少し値引きしてもらえる可能性もあります。

この交渉術では、こちらが先に提示した予算を最高額にできる点が最大のメリットです。

 

具体的な手順はこうです。

  1. 先に紹介したアットホームさんのサイトを活用してその地域の土地の坪単価を調べておく
  2. 相場と同程度、あるいは少し低い額を自分たちの土地に支払える予算の上限額とする
  3. (2)で決めた上限額を地主さんに最初から伝えて反応を見る
  4. (3)で地主さんが食いついてくるようなら(2)で決めた金額を支払える最高額で交渉開始(できるだけ下げてもらう)、食いついてこないようならあきらめて別の土地を探す(探しているうちに地主さんから再交渉の連絡がきたらラッキー!くらいの気持ちでいる)
JUN
JUN
地主さんとの直接交渉を有利に進めて、ぜひ希望の土地をゲットしてください。 

 

(参考情報)眺めの良い土地ってどうなの?

わが家は遠くの山々と眼下に街の夜景が見える、リビングからの眺めが良い土地に家を建てました。
しかし住んでみると、ぶっちゃけ、眺望の良さはそれほど重要視する必要はないんじゃない?と思っています。
眺めの良い土地に憧れを持っているかたは次の記事を参考にしてみてください。

きれいな景色が見える、眺めのいい家ってどうですか?【土地選びのヒント】きれいな景色の見える家の実際の生活を知りたいくないですか? 本記事では眼下の街並みが見下ろせる我が家を例に、眺めのいい家に住んだ実際の感想をご紹介しています。 眺めのいい場所に家を建てようか悩んでいるかたは是非記事をご覧ください。...

 

まとめ

以上、土地探しのコツをまとめてみました。

土地のカタチや広さ、まわりの道路の状況などは間取りに対する影響が甚大です。

土地のせいで理想的な家が建てられなくなるリスクもあります。

土地は家づくりの中で非常に重要な要素のため、妥協はできるだけしたくありませんよね。

しかし、土地探しはとても時間と労力がかかるのも事実。

今はインターネットがあるので、タウンライフ家づくり、アットホームについては自宅にいながら気軽に実行できる方法となります。
スマホひとつで土地の情報収集ができるので、土地探し初心者でも簡単に取り組めるのが魅力です。

JUN
JUN
今日ご紹介した3つの方法を最大限組み合わせて、ぜひ理想の土地を効率よくゲットしてください。

本日も最後までお読みいただきありがとうございました。

みなさんの家づくりの参考になれば幸いです。

後悔のない平屋を誰でも建てられる
「7つの手順」を解説!
【新築平屋】
間取りの作り方・設備の選び方
TOPに戻る