平屋のWeb内覧会(間取りと設備の実例)

【長州産業の太陽光発電】業界ナンバーワンの長期保証の内容とは?

【長州産業の太陽光発電】業界ナンバーワンの長期保証の内容とは?
  • 太陽光発電の各メーカーごとの保証制度に違いはある?
  • 長州産業の太陽光発電のおすすめポイントを知りたい

 

今日の記事はこういった疑問に答えます。

結論から言うと、長州産業は他のメーカーを凌駕する長期保証が魅力的です。

今日は我が家の長州産業の太陽光発電を例に、太陽光発電のメーカー選びで長期保証が重要な理由をご紹介します。

太陽光発電システムのメーカー選びで悩んでいるかたは必見です。

長州産業(CIC)太陽光発電の長期保証レビュー

長州産業の保証が充実していることは、太陽光発電のメーカー選びをしている時に施工会社さんからもおすすめされました。

長州産業の太陽光発電システムには以下3点の保証が無料でついてきます。

  • モジュール出力25年保証
  • 構成機器15年保証
  • 施行10年保証

 

モジュール出力25年保証

電力会社との電力受給開始日から10年間は、JIS C 8918 に示された公称最大出力に対して、81%未満となった場合(81%:JIS C 8918に示された出力下限値(公称最大出力の90%)の90%)に保証の対象となります。
11年目から15年間はJIS C 8918 に示された公称最大出力に対して、72%未満となった場合(72%:JIS C 8918に示された出力下限値(公称最大出力の90%)の80%)に保証の対象となります。

構成機器15年保証

パワーコンディショナ、接続箱、取付架台、延長ケーブル等に製造上の不具合が認められた時は保証の対象になります。

施行10年保証

施工上の不具合が生じた時の保証になります。
太陽電池モジュール設置部からの雨漏りも本保証で対応できます。
雨漏りまで含む施工を保証してくれるのは長州産業だけです。

 

全メーカーの中でいずれの項目もトップクラスの保証制度

モジュール出力は全メーカーと比較した場合でも最長の25年になっています。
無料保証は10年、あるいは20年までとなっているメーカーも多いなか、25年は安心できますね。

構成機器についても無料では10年としているメーカーが多い中、15年とこれも最長クラスです。

また、施工保証10年は長州産業だけの保証になります。
自分達の大切な家の屋根に重たい重量物を載せるわけです。
施工に関しても保証してもらえるのは大変安心感があります。

こういった長期間の保証を無料でつけられるのは、やはり国内での開発、生産から生み出される品質に自信があるからなのでしょう。

太陽光発電は最低でも8~10年くらいかけて、初期費用を回収していくことになります。

安定した売電収入を得るには、もともとの品質が高く故障が少ないことに加えて、万が一不具合が生じた時もきちんと保証してもらえることが大変重要です。

他の国産メーカーとの保証を比較する

同じ国内生産のメーカーと比較した一覧表です。

メーカー保守費用設備保証出力保証その他保証
長州産業無料15年25年施行保証10年(雨漏り含む)
三菱電機無料10年20年
三菱電機有料15年20年
ソーラーフロンティア無料10年20年
ソーラーフロンティア有料15年20年

長州産業の太陽光発電は、国内生産メーカーの中でも特に保証が充実しているのがおわかりいただけると思います。
無料で保証を受けられることで、余計なコストがかからず、初期投資の回収も有利になります。

【まとめ】太陽光発電のメーカー選びは価格も大事ですが、長期保証の内容もきちんと確認しましょう。

長州産業は保証も全メーカーの中でトップクラスです。モジュール出力25年保証、構成機器15年保証、雨漏りも含む施行10年保証が無料でついてきます。

施行上の不具合まで保証しているのは長州産業だけです。

  • 国内生産で、雨漏りまで保証する、全メーカートップクラスの長期保証。
    長州産業の太陽光発電は長く安心して使えます。
  • 安定した売電収入を長期間に渡って得たいなら、長州産業の太陽光発電がおすすめです。

本日も最後までお読みいただきありがとうございました。

みなさんの家づくりの参考になれば幸いです。

【WEB内覧会】12.5kw太陽光発電システムレビューまとめ わが家は平屋を新築したあと、後付けで太陽光発電を載せました。 平屋は2階建てに比べて屋根面積が大きいので、大容量の太陽...

後悔のない平屋を誰でも建てられる
「7つの手順」を解説!
【新築平屋】
間取りの作り方・設備の選び方
TOPに戻る