平屋レビュー

使いやすい脱衣所に求められる広さと収納を考える【3畳では不十分??】

 

  • 脱衣所の広さはどのくらい取ったら使いやすい?
  • 脱衣所にはどんなカタチの収納が適している?

 

今日の記事はこういった疑問に答えます。

 

使いやすい脱衣所に求められる広さと収納を考える【3畳では不十分??】

結論から言うと、洗濯機置き場、スロップシンクを含めて4.5畳以上の広さがあればベストです。

理由は、LDKの次に、人の出入りが多い場所だからです。

 

本記事の内容
  • 脱衣所の広さは4.5畳以上欲しい理由
  • 脱衣所に適した使いやすい収納とは?
  • 脱衣所にあったらいいプラスアルファのもの

 

私は2018年に平屋を新築しました。

当初の予定では脱衣所は室内物干しを兼ねる部屋として4.5畳取る予定でした。

ところが予算の都合上、減額の対象になり3.5畳(うち0.5畳は洗濯機置き場のため、実質3畳)に減築しました。

結果的にこの減築についてはあまりいい結果を生みませんでした。

建築前に戻れるのなら、他の設備や仕様を落としてでも、脱衣所の4.5畳は死守していたと思います。

今日は我が家の後悔ポイントである脱衣所を例に、なぜ4.5畳以上の脱衣所が必要なのかを考えていきます。

これから家を建てるかたは必見です。

 

脱衣所の広さは4.5畳以上欲しい理由

最初にも書きましたが、LDKの次に人の出入りが多い場所だからです。

 

想定以上に人の出入りが多い

我が家の脱衣所です。見えている部分で3畳の広さです。

(手前右側に洗濯機置き場0.5畳があります)

洗濯機の下の掃除がしやすい洗濯機置き場を作るための3つポイント清潔で静かな洗濯機置き場の作り方を知りたくないですか。 掃除がしやすく、静かで使い勝手のよい洗濯機置き場の作り方実例をご紹介します。 これから家づくりを始めるかたは必見です。...

引き出し収納の分があるので、床面積としては2畳ほどでしょう。

 

実際に住んでみると脱衣所は想定していたよりも人の出入りが多い場所であることがわかりました。

主に以下の用途で使いますが、特に子供がいる場合はけっこう人が密集しやすいのです。

  • お風呂に入る時
  • 洗濯機を使う、洗濯物を干す
  • スロップシンクで洗い物をする、歯磨きなどをする

特に我が家の場合は家族用の洗面所としてスロップシンクが機能しているので、意外に脱衣所に人がいる時間が長いのです。

洗面所と脱衣所を分けたほうがいいたったひとつの理由とは?洗面所と脱衣所の間取りで悩んでいませんか? 本記事では洗面所と脱衣所は分けて配置したほうがいい理由をご紹介しています。 これから家を建てる予定のかたで洗面所と脱衣所の効果的な間取りについて知りたいかたは是非記事をご覧ください。...

また、室内干し部屋としても活用しているため、洗濯物を干す時にも人が私か妻のどちらかが脱衣所にいます。

独立した室内物干し(サンルーム)が絶対に必要だった理由【間取りに失敗しました】室内物干しについて知りたくありませんか? 本記事では我が家の失敗例をもとに室内物干しの必要性と理想の室内物干しの作り方をご紹介しています。室内物干しを作ろうか悩んでいるかたは是非記事をご覧ください。...

 

3.5畳では、朝、晩が混みあって少し使いづらい

お風呂と洗濯ということで、特に朝と晩が混みあいます。

お風呂に入るのに子供も含めて家族四人がそろうとかなり狭苦しく感じます。

お風呂上りに以下の作業を4人で行うとギリギリの広さになります。

  • 体を拭く
  • ドライヤーで髪を乾かす
  • ベビーオイルを塗る
  • 歯ブラシをする

あと1畳あればなあ、と混みあうたびに思います。

これから家を建てる人にアドバイスするとすれば下記のとおりとなります。

脱衣所は人が想定よりも出入りする場所、かつ同時に使う可能性が高い部屋であることをよく認識して、LDKの次に大きな面積を取るようにしてください。

今でも、なぜ減額の時に、脱衣所で妥協してしまったのだろうと、、、悔やまれますね。

 

 



脱衣所に適した使いやすい収納とは?

結論から言うと引き出し収納をおすすめします。

引き出しよりも棚にしたほうが減額できましたが、我が家は引き出しにこだわりました。

 

引き出し収納のメリットは3つ

引き出し収納のメリットは3つあります。

  • 引き出した時に奥の物まで一括で見渡せる
  • ホコリがたまりにくい
  • 引き出しの上を作業スペースとして活用できる

 

引き出しだと奥までいっきに確認できる

一つ目のメリットは、引き出した時に奥の物まで見渡せることです。

 

よくあるのが単なる棚にしてカゴで整頓するやり方です。

下の写真のような感じですね。

でもカゴは以下の理由で煩雑だと考えます。

  • いちいちひとつづつ取り出して中身を確認するのが面倒です。
  • 深めのカゴだと収納物が重なってしまい使い勝手が落ちます。
  • あまり浅いカゴだと、何個も用意しなくてはならなくなって煩雑です。
  • 奥行が長すぎるカゴは奥の物が取り出しにくく実用的ではありません。

 

 

我が家の脱衣所の引き出し収納は下記のとおりで、高さ800mmで4段×2列にしてもらいました。

 

奥行は600mmです。
引き出しの深さは約180mmです。

180mmの深さであれば、畳んだ衣服や下着類をしまっておくのに最適です。

衣服が重なりあうこともないので、引き出せば全面をいっきに見渡せて、どこになにがあるか一発でわかります。

カゴにはない圧倒的なメリットです。

 

 

ホコリがたまりにくい

2つめのメリットは、引き出しだと普段は閉めているので中にホコリがたまりにくいことです。

アパートの頃は、複数のカゴを棚に置いて整理していました。

でもこれだと基本、カゴと棚は常にオープンなので、ホコリがどんどんたまっていきます。

脱衣所なので髪の毛などもはさまってきたりして、あまり衛生的ではないんですね。

なので、多少お金はかかっても、長期的な使い勝手の良さを考慮して引き出しにしました。

 

おかげさまで引き出しにしたことで、ホコリもたまらず清潔に使えています。

もちろんまったく掃除しなくていい、というわけではないです。

でもカゴを使った収納に比べて、掃除頻度が圧倒的に少なく、かつ、キレイな状態で長期間使えるので、掃除の手間が激減します。

 

 

 

引き出しの上を作業スペースとして活用できる

最後3つ目のメリットは、引き出し収納の上を作業スペースとして活用できることです。

厳密にいうと、収納の高さを80cm前後にすれば、別に棚だとしても作業スペースにはなります。

しかし以下の理由で現実的ではありません。

奥行を600mm取ると棚として使うには深すぎて奥の物が取り出しにくい。

収納の上を作業スペースとして使うなら最低でも奥行600mm以上は必要なので、となるとやはり奥のものが取り出しやすい引き出しのほうが望ましいです。

 

写真のとおり、このスペースを作業机として使うことができます。

衣服を畳んだり、アイロンをかけたりといった作業がここで行えます。

本当は壁にコンセントがつくはずだったのですが、最終確認の際の行き違いでコンセントがつきませんでした。

私の確認不足だったのですが、ここにコンセントがあればアイロンなどが使いやすかっただろうなという思いがあります。

どうしても必要になったら追加工事をお願いしますが、なんとも悔やまれるところです。

脱衣所に作業机を確保するときは、忘れずにコンセントも設けましょう。

 

脱衣所にあったらいいプラスアルファのもの

高所用窓、タオル用の可動棚、コルクタイルがおすすめです。

 

高所用窓は換気用として便利

掃き出し窓の上に高所用窓があります。

脱衣所はなにかと湿気がたまりやすい場所です。

室内物干しとしても活用しているので、換気用窓として開けたままにできる高所用窓は便利です。

防犯性が高くて平屋に適した窓の選び方実例【1階でも窓を開けて寝られる?】1階(平屋)の窓の防犯性で悩んでいませんか? 本記事では我が家を例に、高所用窓の詳細をご紹介しています。 寝る時に開けたままにできる窓が欲しいかたは是非記事をご覧ください。[平屋スタイル]...

 

タオル用の可動棚

タオル用の可動棚を壁につけてもらいました。

こちらは頻繁に入れ替えが発生するため、あえてオープン棚にしています。

奥行は250mmのそれほど大きくない棚ですが、デッドスペースをうまく活用できていていい感じです。

 

水気に強いコルクタイル

我が家はキッチン、トイレ、脱衣所の床がコルクタイルです。

水気に強いコルクはまさに脱衣所に最適です。

キッチン、トイレ、脱衣所の床材にコルクタイルを採用すべき理由とは?水回りの床材で悩んでいませんか? 本記事では我が家のコルクタイルを例に、水回りに適した床材をご紹介しています。水回りに使ってもダメージを受けにくい床材を知りたいかたは是非記事をご覧ください。[平屋スタイル]...

 

 

(まとめ)脱衣所はできるだけ広く取りましょう

今日の記事をまとめます。

まとめ
  • 想定以上に人の出入りが多く、密集しやすいのが脱衣所です。
    できるだけ広く取ることをおすすめします。
    私がもう一度家を建てるなら4.5畳はなんとしても死守します。
  • 間取りで、ある程度の広さが欲しいところ第一位はLDKですが、第二位は脱衣所であると断言します。
  • 引き出し収納は、奥まで見渡せて使いやすい、ホコリがたまりにくい、上面を作業机として使えるといったメリットがあります。
    カゴを使って整理するよりも断然使いやすいです。
  • 高所用窓、タオル用の可動棚、コルクタイルのおかげで、さらに使いやすい脱衣所になりました。

 

最低限の大きさとなった我が家の脱衣所。

妥協せずになんとしても4.5畳にしておけばよかったなあと悔やまれます。

3.5畳でも致命的に使いづらいわけではないので、建築費を抑えるという意味ではもちろん良かったのですが、ほんの少しだけ、生活の中でストレスが発生する場所になっているのは事実。

みなさんも私のようにプチ後悔しないよう、脱衣所は間取りの中の脇役ではなく、広さにおいてはLDKの次に大事、くらいの気持ちで検討されることを強くおすすめします。

 

本日も最後までお読みいただきありがとうございました。

みなさんの後悔のない家づくりの参考になれば幸いです。

おすすめ記事セレクション

【実例】後付け太陽光発電のメリット・デメリット・利回りを完全解説!太陽光発電の実際のメリット、デメリット、利回りを知りたくありませんか? 本記事では我が家が後付けした12.5kwの太陽光発電を例に、具体的なメリット、デメリット、利回りをご紹介しています。 太陽光発電を導入しようか迷っている方は是非記事をご覧ください。[平屋スタイル]...
【無料】ハウスメーカー住宅カタログ一括請求サイト3選の比較【タウンライフ家づくりなど】ハウスメーカー住宅カタログ一括請求サイトについて知りたくありませんか? 本記事では3つの一括請求サイトを比較した結果をご紹介しています。 ハウスメーカー住宅カタログ一括請求サイトを利用しようか迷っているかたは是非記事をご覧ください。[平屋スタイル]...
土地探しのおすすめ方法3選【自動化するのがベストでした】土地探しで悩んでいませんか? 本記事ではおすすめの土地探し方法を3つご紹介しています。これから家を建てる予定のかたで、土地探しから始めるかたは是非記事をご覧ください。...
生ごみ処理機パナソニックMS-N53
【おすすめ生ごみ処理機パナソニックMS-N53レビュー】生ごみの腐ったニオイとコバエから解放されたい人は必見ですパナソニックの生ごみ処理機MS-N53の口コミを知りたくないですか?本記事では我が家が購入したパナソニックの生ごみ処理機のメリット、デメリット、電気代、補助金の申請方法などをご紹介しています。生ごみ処理機を購入しようか悩んでいるかたは是非記事をご覧ください。...
にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 平屋住宅へ

にほんブログ村 住まいブログ 水まわりリフォームへ

にほんブログ村 環境ブログ 太陽光発電(長州産業)へ