廊下

家を建てますが人感センサーライトは必要ですか?【実例で検証】

 

  • 家を建てますが、人感センサーライトは必要でしょうか?
  • 人感センサーライトが効果的に機能する場所を知りたい
  • 人感センサーライトは点灯時間などの調整は可能なの?

 

 

今日の記事はこういった疑問に答えます。

 

 

家を建てますが人感センサーライトは必要ですか?【実例で検証】

結論から言うと、人感センサーライトは便利です。
ただし、効果が出る場所と出ない場所があります。

無駄な投資になるリスクがあるので設置場所は吟味しましょう。

 

本記事の内容
  • 人感センサーライトの効果がなかった場所実例
  • パナソニック人感センサーライトの調整方法
  • 我が家が採用した4種類の人感センサーライトのご紹介

 

私は2018年に平屋を新築しました。

手間のかからない家が基本コンセプトの我が家は、建築士さんのすすめもあって人感センサー付きのLEDライトを多数採用しました。

ただ、実際に住んでみると、ここは人感センサーいらなかったな、という場所がでてきてしまいました。

今日の記事は我が家を例に、人感センサーライトの効果的な設置方法について考えてみます。

これから家を建てるかたで、人感センサーライトを採用しようかどうか迷っているかた、あるいはどこに人感センサーを設置すれば効果的なのかを知りたいかたは必見です。

 

人感センサーライトの効果がなかった場所実例

設置のポイントは夜の生活動線にありました。

 

人感センサーライトを設置した場所

我が家は以下の場所のライトに人感センサーをつけました。

  • 屋根付き駐車場
  • 玄関(室内側)
  • 土間収納(勝手口)
  • 廊下(天井)
  • 廊下(足元)
  • 洗面所
  • トイレ

 

 

人感センサーライトの効果がなかった場所

結論から言うと、以下の場所は効果がありませんでした。

  • 玄関(室内側)
  • 土間収納(勝手口)

また、洗面所はデフォルトの状態では使い勝手が悪く検知範囲の調整が必要になりました。

 

 

玄関(室内側)に人感センサーライトは必要なかった理由

玄関に人感センサーが必要なかった理由は以下の2点です。

  • 繰り返し使う場所ではないこと
  • 廊下を歩くたびに不必要にライトが点灯してしまうこと

玄関のライトをつけるのは、家に帰ってきた時か、出かける時ですね。
しかもライトをつけるのは夜だけです。

生活の中で、夜に何度も何度も玄関を出入りすることはほとんどありません。

ライトが必要になるタイミングはごくごく限られています。
限られた時間であればスイッチで都度つけるので十分だったということです。

さらに我が家の場合、リビングとプライベートスペースを行き来する際には、下図の赤線の場所を通る必要がありますが、通るたびに玄関のライトが点灯してしまうのです。

廊下のダウンライトは人感センサーで点灯してほしいですが、玄関まで一緒に点灯する必要はまったくありません。
ただの電気代の無駄です。

 

土間収納(勝手口)に人感センサーライトは必要なかった理由

我が家の土間収納は勝手口も兼ねています。

ですので当初の想定では勝手口から入った時に、土間収納のライトが自動的についたら便利だろうなと思って人感センサー付きにしました。

ところが実際に生活してみると、そもそも夜に勝手口を使うことがほとんどありません。
夜にライトをつける必要性がなかったので、人感センサーは無駄な投資となりました。

 

また、勝手口はコンコードですが、写真のとおり窓部分が大きいのです。

勝手口の隣は屋根付き駐車場なのですが、駐車場を歩けば天井のダウンライトが人感センサーで点灯します。
勝手口の窓から駐車場のライトの光を取り入れることができて、土間もそこそこ明るくなるので、わざわざ土間のライトをつける必要もありませんでした。

2つとも、少し考えればわかりそうなものですが、実際に住んでみないと気付かないものですね。

【YKKコンコード レビュー】スマートキー引き戸玄関の2つのデメリット
【YKKコンコード レビュー】スマートキー引き戸玄関の2つのデメリットYKKAPのコンコードの使い勝手を知りたくありませんか? 本記事では我が家のコンコードS01を例に、スマートキー採用の引き戸の使い勝手などをご紹介しています。スマートキーの引き戸が気になっているかたはぜひ記事をご覧ください。[ヒラヤスタイル]...

 

勝手口を夜間も頻繁に使う場合で、屋根付き駐車場など他のライトが併用できない場合のみ、人感センサーを付ければいいでしょう。

 

 

【まとめ】こんな場所には人感センサーライトはいらない

まとめると、以下のような場所に人感センサーは必要ないということです。

  1. 夜に繰り返し使わない、通らない場所(玄関、勝手口など)
  2. 廊下などの生活動線の近く(必要ない時に点灯してイライラする)

繰り返し使わない場所には人感センサーはいりません。

②の理由については、このあとご紹介する方法でイライラを軽減することができます。

 

 

人感センサーライトが効果的だった場所の詳細

参考までに人感センサーライトが効果的だった場所の詳細もご紹介します。

 

屋根付き駐車場

車で出かけて夜帰ってきたときに抜群の効果を発揮します。

車から降りるとき、荷物を降ろす時に、ライトが自動点灯しているのはすごく便利です。

我が家は特に家の周辺があまり明るくないので、真っ暗な中で車から降りるのは怖いし、子どもが転んだりするリスクもあります。

防犯面を考えても駐車場は人感センサーライトが絶対欲しい場所ですね。

 

 

廊下(天井)、廊下(足元)

廊下は繰り返し通る場所です。

リビングからトイレ、お風呂などに行く場合、何回も行き来が発生します。

廊下が暗いと危ないですが、人感センサーで自動点灯することで子どもも安心してトイレにいかせることができます。

また、夜寝る段階になると、うちの場合は、廊下の天井の人感センサーライトはオフにします。

夜寝たあと、廊下を歩くのはトイレに行く時くらいです。
トイレに行く時は、足元の人感センサー付きフットライトで事足ります。

このフットライト、写真のとおり意外に明るくて、廊下を歩く時にとても重宝するのです。
逆に、天井のダウンライトが夜中トイレに行く時に点灯してしまうと、明るすぎて不快です。

夜寝た後の廊下の明かりは、人感センサーフットライトをおすすめします。

 

洗面所、トイレ

トイレで用を足したあと、手を洗うまでの間にライトのスイッチに触らなくてよくなるので衛生的に優れています。

家の中で一番、人感センサーライトのメリットを享受できる場所でしょう。

スイッチ操作なく、お手洗いを済ませられるのは想像以上にストレスがありません。

トイレまわりの人感センサーはコスパがとても高いです。

 

パナソニック人感センサーライトの調整方法

以下3点の調整が可能です。

  • 点灯する周囲の明るさ
  • 点灯保持時間
  • 検知範囲

 

点灯する周囲の明るさ

暗、明、切の3種類から選択可能です。


  • 周囲が暗く(約5ルクス)なり、人が近づいた時に点灯します。

  • 周囲が少し明るい(約25ルクス)うちから、人が近づいた時に点灯します。

  • 周囲の明るさに関係なく、人が近づいた時に点灯します。

デフォルトでは「暗」になっています。

周囲が明るい時は点灯する必要がないため、基本的には「暗」のままで問題ないです。

「明」にするのは、昼間でも少しだけ光量が足りない場所などで、人がいる時だけより明るくしたい場合などに使うのでしょうか。

 

点灯保持時間

人が検知範囲からいなくなったあと、どのくらいの時間点灯したままにするかを設定できます。

  • 10秒
  • 1分
  • 3分

こちらは省エネを考えて10秒一択でしょう。

 

検知範囲

これが一番重要な機能になります。

前述した、「廊下を歩くたびに玄関のライトも点灯してしまう」といったストレスも、検知範囲を調整することで回避可能です。

 

パナソニックの人感センサーライトには、写真のような「エリアカットシール」というものがついてきます。

 

下記のマニュアルのとおり、エリアカットシールを検知部のレンズに貼り付けることで、検知エリアを意図的に狭めることができるのです。

例えば廊下を歩いても玄関の人感センサーライトは点灯させたくない場合には、玄関の人感センサーライトの検知レンズの廊下側に、エリアカットシールを貼ればOKです。

これで不必要に関係ない場所が点灯することを防ぐことができます。

 

我が家の場合は、玄関についてはそもそも人感センサーライトの必要性が薄かったことは前述しました。そのため玄関のライトは基本オフにしています。

ですので玄関にエリアカットシールは貼っていないのですが、洗面所のライトには貼ることにしました。

というのも、下図の赤線のとおり廊下を歩くと、洗面所の人感センサーが反応して点灯してしまうからです。

洗面所のライトの廊下側にシールを貼ることで、廊下を通過する時は洗面所のライトがつかないように調整できました。

ストレスがなくなったうえに、無駄な電気代がかからないので省エネにもなりました。

 

 

我が家が採用した4種類の人感センサーライトのご紹介

場所によってライトの種別が微妙に異なっています。
最後に場所ごとに採用したライトの型番をご紹介します。

 

屋根付き駐車場はパナソニックダウンライト「XLGDC662KLE1」

天井埋込型の軒下用ダウンライトを使っています。

 

【WEB内覧会】勝手口からアクセスできる屋根付き駐車場
【WEB内覧会】勝手口からアクセスできる屋根付き駐車場屋根付き駐車場のメリットを知りたくありませんか? 本記事では我が家の屋根付き駐車場を例に、屋根付き駐車場がもたらすメリットを深掘りしています。戸建てに屋根付き駐車場を作ろうかどうか迷っているかたはぜひ記事をご覧ください。[ヒラヤスタイル]...

 

 

玄関(室内側)、土間収納、廊下(天井)、洗面所はパナソニックダウンライト「LGBC71662LE1」

天井埋込型 LED(電球色)ダウンライトです。

 

【WEB内覧会】木製引き戸の玄関【気密性を高める方法も解説】
【WEB内覧会】木製引き戸の玄関【気密性を高める方法も解説】引き戸玄関のメリット、デメリットを知りたくありませんか? 本記事では我が家の木製玄関引き戸のメリット・デメリットをご紹介しています。これから家を建てるかたで引き戸の玄関を検討しているかたはぜひ記事をご覧ください。【ヒラヤスタイル】...
【内覧会】ゴミ捨てが劇的にラクになった勝手口を兼ねた土間を解説
【WEB内覧会】勝手口を兼ねた土間収納(パントリー)新居に土間を作るべきか悩んでいませんか? 本記事では物の出し入れが便利な勝手口を兼ねた土間の実例をご紹介しています。 年中ヒンヤリしている土間は野菜や果物保管にも最適。土間を作るべきか悩んでいる方はぜひ記事をご覧ください。[ヒラヤスタイル]...
使いやすい洗面所
使いやすい洗面所を作るうえで大切だった2つのポイント家族全員が使いやすい洗面所の作り方を知りたくありませんか? 本記事では2つのポイントにこだわった我が家の洗面所をご紹介しています。 使い勝手の良い洗面所を作りたいかたはぜひ記事をご覧ください。[ヒラヤスタイル]...

 

 

廊下(足元)はパナソニックフットライト「LBJ70076」

廊下の足元用は、壁埋込型 LED(電球色)フットライトです。

コンセントも1口ついていて、1台2役の優れものです。

 

トイレはパナソニックダウンライト「LGBC71632LE1」

天井埋込型 LED(電球色) トイレ灯です。

 

【TOTOレストパルF】浮いているトイレの3つのデメリットと価格レビュー
【浮いてるトイレを徹底レビュー!】レストパルFの4つのメリット【リフォームにもおすすめ】TOTO レストパルFの口コミを知りたくないですか? 本記事では我が家が導入したTOTOの浮いてるトイレ「レストパルF」のメリットや価格をレビューしています。 TOTO レストパルFのデメリットを知りたいかたはぜひ記事をご覧ください。[ヒラヤスタイル]...

 

 

【まとめ】効果的な場所に設置すれば人感センサーライトはとても便利です

今日の記事をまとめます。

まとめ
  • 玄関、勝手口などの、夜に繰り返し使わない、通らない場所は人感センサーは必要ないです。
  • 夜寝たあとの人感センサーライトは、場合によっては眩しすぎて不快な場合もあります。
    トイレに行く時などは、廊下にフットライトがあれば事足ります。
  • トイレ、洗面所に人感センサーライトを取り入れると、手洗いの際にスイッチ類に触れる必要がなく衛生的です。
  • パナソニックの人感センサーライトの場合は、エリアカットシールを貼ることで検知範囲を調整できます。
    廊下に近接した場所などに使うと効果的です。

我が家の場合は、特にトイレまわりの人感センサーライトが重宝しています。

手洗いの際にスイッチに触れなくていいのは衛生的です。
夜中、トイレに起きた時にはフットライトの優しい光が効果的です。

人感センサーライトは消し忘れがないという1点だけ考えても便利なものです。

ただし、通常のライトに比べて値段が高いので、効果が出る場所をよく検討してから採用されることをおすすめします。

 

本日も最後までお読みいただきありがとうございました。

みなさんの家づくりの参考になれば幸いです。