玄関

【Web内覧会】世界にひとつの木製造作引き戸の玄関

【Web内覧会】世界にひとつの木製造作引き戸の玄関
  • 玄関引き戸のメリット・デメリットを知りたい
  • 玄関引き戸の実際の気密性ってどうなの?

 

 

今日の記事はこういった疑問に答えます。

 

 

 

私は2018年12月に平屋を新築しました。

玄関は、建築士さんオリジナルの木製引き戸です。

今日の記事は我が家の引き戸玄関をご紹介します。

これから家を建てるかたで、引き戸の玄関に興味のあるかたは必見です。

 

引き戸玄関のレビュー

レビュー

我が家の玄関引き戸の詳細をレビューします。

玄関の間取り

玄関の間取り

ご覧のような間取りになっています。

 

狭い玄関は圧迫感があってあまり好きではないので、できる限り広くしてもらいました。

狭いと靴を何足か置いただけでも煩雑な印象になりますが、このくらいのスペースがあれば靴や傘、あるいは一時的になにか荷物をおいても狭く感じることはありません。

お客様も気持ちよく迎え入れられます。

ベビーカーを置いても大丈夫なくらいの余裕があります。

 

 

玄関の全景

玄関全景

玄関の写真になります。

高さは2532mm。

扉の幅は1000mmになります。

リシン吹き付けの外壁の雰囲気とも合っていて、とても満足度が高い仕上がりです。

高さも天井まで目一杯ありシンプルでとても綺麗です。

 

向かって右半分はペアのスリガラスです。

中の様子はほとんど見えません。

主に採光のためにガラスにしました。

 

内側からの写真です。

玄関内側
JUN
JUN
北側に面していますが、ガラス面積が大きいためにいつでも明るい玄関になっています。

 

 

玄関の鍵はMIWAのシリンダー錠

玄関の鍵はMIWAのシリンダー錠

玄関の鍵はMIWAのシリンダー錠です。

ごくごく普通の鍵になります。

 

写真でもわかるとおり、上下2か所です。

玄関の引き戸
JUN
JUN
シリンダー錠の操作ははっきり言って面倒ですが、造作玄関の場合はスマートキーを最初から埋め込むことは難しいです。

 

我が家は勝手口にYKKAPのスマートキー付き引き戸「コンコード」を採用しました。

鍵の使い勝手ははっきり言ってコンコードのほうが便利です。

 

コンコードについては次の記事で解説しています。

【YKKコンコード レビュー】スマートキー引き戸玄関の2つのデメリット
【YKKコンコード レビュー】スマートキー引き戸玄関の2つのデメリットYKKAPのコンコードの使い勝手を知りたくありませんか? 本記事では我が家のコンコードS01を例に、スマートキー採用の引き戸の使い勝手などをご紹介しています。スマートキーの引き戸が気になっているかたはぜひ記事をご覧ください。[ヒラヤスタイル]...

 

 

玄関自体の断熱性能は高い

玄関は米杉でできています。

木の熱伝導率λ(ラムダ)は0.15。

熱伝導率λ(ラムダ)はアルミが236、鉄が83、ガラスが0.8ですので、もともと木の断熱性能は金属やガラスに比べて圧倒的に高いです。

さらに我が家の玄関は、内側に内部ウレタンフォーム断熱材が充填されています。

ウレタンフォームの熱伝導率はおよそ0.04ほど。

枠にアルミや鉄を使っているということもありませんので、熱は非常に伝わりにくいと言っていいでしょう。

冬場、玄関扉を触ってもまったくヒンヤリしません。

JUN
JUN
木製の玄関自体の断熱性能は非常に高いと言えます。

 

玄関土間はモルタルコンクリート仕上げ

モルタル仕上げ

玄関ドアはモルタルコンクリート仕上げ。

タイルを貼る予定もありましたが、コスト削減と掃除のしやすさを優先して、シンプルなモルタル仕上げになりました。

JUN
JUN
扉の木の質感とのマッチングがよく、シンプルなところが気にいっています。

 

モルタル仕上げについては【モルタル玄関レビュー】「2つのデメリット」と「3つのメリット」を解説でご紹介しています。

モルタル(コンクリート)仕上げ玄関のメリット・デメリット
【モルタル玄関レビュー】「2つのデメリット」と「3つのメリット」を解説玄関の床材で悩んでいませんか? 本記事では我が家の玄関を例に、モルタル仕上げのメリット、デメリットをご紹介しています。 玄関の床材選びで悩んでいるかたはぜひ記事をご覧ください。[ヒラヤスタイル]...

 

 

引き戸玄関のデメリット

引き戸玄関のデメリットはズバリ、気密性が低いことです。

構造的に押さえつけて締まる開き戸と違い、横にスライドする構造は隙間が生まれやすいのです。

しかも我が家の玄関は、木製の造作です。
オリジナルのため既製品のような気密施工がありませんでした。

JUN
JUN
気密施工なしの結果、春の強風が吹いた時に、1日で玄関内が砂まみれという結果に・・・。
砂まみれの玄関

建築士さんに相談して、すぐに対処を行いました。

気密施工の一部始終については引き戸玄関の唯一のデメリットは気密性【3つの改善策も解説】でご紹介しています。

引き戸玄関の唯一のデメリットは気密性【3つの改善策も解説】
引き戸玄関の唯一のデメリットは気密性【3つの改善策も解説】引き戸玄関のメリット、デメリットを知りたくありませんか? 本記事では我が家の木製玄関引き戸のメリット・デメリットをご紹介しています。これから家を建てるかたで引き戸の玄関を検討しているかたはぜひ記事をご覧ください。【ヒラヤスタイル】...

 

引き戸玄関(木製)のメリット

オリジナル木製引き戸のメリットは以下の4点です。

  • 世界に同じものが二つとない独自性
  • 玄関の採光、広さなどの設計の自由度が高い
  • 引き戸が持つ利便性
  • 断熱性が高い

 

世界に同じものが二つとない独自性

引き戸の木製玄関はその独自性、デザイン性の高さが最大のメリット。

「玄関は家の顔」

我が家を設計してくれた建築士さんから聞いた言葉です。

有名なメラビアンの法則というものがあります。
初対面の人について、視覚、言語、聴覚のうち、どの要素を優先して判断しているかを調べた結果、視覚が55%になったという研究です。

メラビアンの法則は人対人の話ですが、人以外についても人間は視覚から得る情報で第一印象を決めていることが多いでしょう。

お客様が最初に訪れる場所が玄関。
ということは家の印象の55%は玄関で決まってしまう、といっても過言ではないかも知れません。

 

玄関の採光、広さなどの設計の自由度が高い

人が物が頻繁に出入りするのが玄関です。

あまり狭くしてしまうと生活のストレスが高まるので、できる限り広く取ることをおすすめします。

玄関の広さをある程度自由に決められるのもオリジナル玄関のメリットです。

 

採光も希望通り

私達家族が建築士さんに希望したのは「明るい玄関」でした。

前のアパートは窓が一つもない玄関ドアだったので常に真っ暗でした。

暗い玄関はとても気分が滅入るものです。

明るい玄関を希望した結果、大きなガラスを入れてもらえました。

このあたりがオリジナル玄関の強み。

自由自在です。

 

ガラスの仕様

ガラスはペアガラスでLow-Eは断熱タイプにしています。

写真のとおりガラスの間のスペーサーはアルミなので断熱性能は樹脂スペーサーに比べてやや劣ります。

ただ枠は木製なので、結露するようなことはありません。

スリガラス風フィルムを貼っているため、中の様子は外からは見えません。

玄関のペアガラス

明るい玄関は本当に気持ちいい

玄関は北側なのですが、ガラス面積が大きいおかげで写真のとおり常に明るいです。
昼間はダウンライトをつけることがありません。

玄関は風水でも運の入口、なんて言われますから、明るくて清潔な玄関は幸運を運んできてくれる気がします。

JUN
JUN
朝出かける時の気分も明るくなりますので、外の光をたくさん取り入れられる玄関をおすすめします。
明るい玄関

 

 

引き戸が持つ利便性4選

玄関を引き戸にしたのは使い勝手が良いからです。

引き戸のメリットは以下のとおり。

  1. 自由な開き方
  2. ケガのリスク低
  3. 専有面積
  4. 強風の影響を受けない

 

自由な開き方

開いたまま、少し開けておく、といった調節が自由自在。
特に玄関は物を運び出す、あるいは物を運び入れることが多いため、開いたままにしておけるのは便利です。

ケガのリスク低

開き戸に比べて手を挟むリスクが低いです。
開き戸の場合は子どもなどが勢いよく手を挟んだ場合に最悪切断といった大けがを負う可能性があります。
引き戸であれば挟んだとしても、最悪で打撲程度なので致命的ではありません。

専有面積

開ける際に場所をとりません。
開き戸の場合は人間が動く導線上にドアが開く場合は、設計を工夫しないと通行の邪魔になったり、反対側に人がいて開いたドアをぶつけてしまうといったリスクがあります。

 

強風の影響を受けない

風が強い日の開き戸は、押さえておかないとすごい勢いで閉じてしまうことがないですか?
前住んでいたアパートは北側玄関の開き戸で、しかも強風が吹き抜ける構造だったので、たびたび強風で玄関ドアがバタン!と閉まりました。

JUN
JUN
子どもが挟まれるのではないかと常にヒヤヒヤしていたのをよく覚えています。

開き戸の場合でも都度ストッパーみたいなもので固定することはできますが、強風のたびに行うのは面倒です。

 

以上の特性から、物の出し入れを行う可能性が高い玄関の扉は、引き戸が最も適していると言えます。

実際我が家も引き戸の玄関にして大成功です。

例えば旅行に行く時などは大量の荷物を車に積み込みますが、引き戸であれば開けたままでスムーズに荷物の出し入れ可能です。
風の影響なども考慮しないで済みます。

開ける、閉めるの動作も、横に動かすだけなので、押す引くといった体自体もその場所から移動する動作が必要な開き戸に比べて労力が少ないです。
子どもでも容易に開けることができます。

また、横に動かすだけなので、手が荷物で空いていない時などは、足で空けることも可能です。(積極的にはやらないほうがいいですが。。。)

 

木製の玄関は断熱性が高い

木製の扉内部にはウレタンフォーム断熱材が入っています。

扉自体は冬でも全く冷たくなりません。

断熱性が高いことは木製のメリットのひとつです。

JUN
JUN
ただし、気密性も一緒に考えておかないと、結局はとても寒い玄関になってしまいますが・・・。

【まとめ】玄関を引き戸にするメリットは多数ありますが、気密性だけは十分に対策しましょう。

まとめ

今日の記事をまとめます。

 

まとめ
  • 人や物が頻繁に出入りするのが玄関です。
    ストレスをためないためにも、できるだけ広くとることをおすすめします。
  • 採光用のガラス面を大きくとるなどして、明るい玄関にすると気持ちいいです。
  • 利便性を考えると「引き戸」がベストです。
    開き方の調整が簡単なこと、強風の影響を受けにくいこと、そして開き戸に比べ手を挟むリスクが低く安全性が高いです。
  • 引き戸の最大の弱点は「気密性」を高めるのが難しいことです。
    でも気密パッキン、隙間シールなど施工すればかなり軽減できると思われます。
    このあたりは計画段階から考慮しておくとよいでしょう。

 

以上、我が家の玄関のご紹介でした。

家の顔である玄関。

家を建ててみて「いらっしゃい」「さようなら」の挨拶を交わす大切な場所であることをあらためて認識しました。

素敵なオリジナル玄関を提案してくれた建築士さんに感謝です。

本日も最後までお読みいただきありがとうございました。

みなさんの家づくりの参考になれば幸いです。

間取りを検討中のかたへ

無料の「間取りプラン作成サービス」はもう利用しましたか?

JUN
JUN
  • 複数の住宅会社に間取りプラン作成を依頼できます。
  • 累計32,000名以上の利用実績。家づくりを始めた人が最初に利用する定番サービスです。
  • 利用料金は無料。契約義務はないのでいつでもお断りOKです。

\ かんたん3分で申し込み /無料の間取りプラン作成の詳細を見てみる※いつでもキャンセルできます。

>>住宅資料請求サイト3選の比較記事はこちら