収納

物の出し入れが劇的にラクになる、勝手口を兼ねた土間の作り方と活用方法

 

  • 燃えるゴミの日までたまったゴミを保管しておく場所はどこがいい?
  • ベビーカーや子供の自転車、スノーボードなど、室内に入れたくないものに最適な保管場所はどうやって作る?
  • 使い勝手の良い土間収納の作り方を知りたい。

 

今日の記事はこういった疑問に答えます。

 

物の出し入れが劇的にラクになる、勝手口を兼ねた土間の作り方と活用方法

結論から言うと、勝手口を兼ねた土間を作りましょう。

理由は、勝手口に土間という収納スペースをプラスすることで、物の出し入れが劇的にラクになるからです。

 

本記事の内容
  • 勝手口を兼ねた土間を作ることで得られるメリット
  • 土間の活用方法実例
  • 土間に忘れずにつけておきたい設備

 

私は2018年に平屋を新築しました。

私達の家は土間を作ったことで以下のものが片付きました。

  • ベビーカー
  • 子供の自転車
  • スノーボード
  • 各種のゴミ

外物置よりも機能的に使える空間になっています。

今日の平屋スタイルは、我が家の実例を交えながら理想の土間作りについてのアイディアをご紹介します。

 

 

勝手口を兼ねた土間を作ることで得られるメリット

勝手口を兼ねた土間を作ることで、ベビーカーなどを簡単に持ち込むことができます。

 

我が家の実際の土間

写真のような作りになっています。

手前の開き戸はパントリーとなっています。

 

おすすめは駐車所の近く

我が家の駐車場と土間収納の導線です。

このような配置にするとベビーカーやスノーボードなどを車から降ろして、そのまま土間にしまうことができます。

導線が最小限になり物を運び入れる、運び出す労力が最小限になります。

【平屋の屋根付き駐車場(カーポート)レビュー】メリット・デメリットをご紹介屋根付き駐車場のメリットを知りたくありませんか? 本記事では我が家の屋根付き駐車場を参考に、屋根付き駐車場がもたらすメリットを深掘りしています。屋根付き駐車場を作ろうかどうか迷っているかたは是非記事をご覧ください。[平屋スタイル]...

 

 



土間の活用方法実例

実際の土間の活用事例を見ていきます。

 

 

土間は内外どっちつかずの物を置くベストな場所

車から最短距離でアクセスできる土間はベビーカー置き場としても最適です。

車から降ろしてそのまま土間へしまっておけます。

家の中には入れられないけど、毎回、外物置に置きにいくのも面倒だな という物を置くのに土間は最適。

ベビーカーなどはその最たるものでしょう。

スノーボードや子供の自転車なども置いてあります。

 

今年の夏は庭で子供とプール遊びをしようと思っています。

ビニールプールの置き場としても活躍しそうですね。

バーベキューコンロ、レジャーシート、雨合羽、ベビーカー、泥付き野菜、自転車の空気入れ、ダンボール類など、内外どちらに置くべきか迷う物を置くのに土間はすごく重宝します。

 

土間の棚は物置的な使い方ができます

土間の上部にはL字の棚をつけました。

棚の奥行は600mmあります。

棚はどちらかというと物置に近い使い方をしています。

棚には現在、加湿器やクリスマスツリーなどの季節物と、スーツケースなどを保管しています。

L字にすると、Lの曲がったところがデッドスペースになりがちですが、季節物など、年に1、2回しか出し入れしない物を置くのであれば特に問題ありません。

ここは収納力優先でL字にして正解でした。

 

土間は一時的なゴミ置き場としても便利です

土間は一時的なゴミ置き場としても便利です。

燃えるゴミの日には、45リットル2~3袋くらいのゴミが出ます。

いっぱいになったゴミ袋はとりあえず土間に置いておきます。

燃えるゴミの日になったら、外から土間にアクセスして、そのまま駐車場の車にゴミを運び入れて捨てに行くわけです。

 

ゴミは外に出してしまうと猫などに荒らされる危険もありますし、にぬれてしまうこともあるでしょう。

かといって臭いが出る場合もあるのでゴミ袋を室内には置いておきたくありませんよね。

だいいちいっぱいになったゴミ袋が室内にあると邪魔です。

 

そんな時も外と中の中間地点である土間が大活躍します。

しかも我が家の土間は赤で囲ったところに24時間換気のための換気扇がついています。

臭いが出る生ごみなどを置いても土間に臭いがこもることがありません。

 

土間に忘れずにつけておきたい設備

土間にあると便利な設備をご紹介します。

 

 

ウォールスタイルフック

玄関収納で大活躍のウォールスタイルフックを土間にもつけました。

フックがあれば土間のデッドスペースも有効活用できます。

例えば濡れた雨合羽などをひっかけて干しておくこともできます。

 

 

使い方はいろいろ。

紆余曲折ありまして、今は写真のとおり、ペットボトルやビンなどの一時保管場所として活用しています。

ペットボトルやビン類などは燃えるゴミのように毎週回収日があるわけではないです。

なので、どうしても一時保管しておく場所が必要です。

例えばキッチンなどに、ペットボトルやビン、カン類の専用ゴミ箱の設置も考えました。

が、ゴミ箱って、たとえゴミ袋を入れたとしても、なんだかんだでゴミ箱の中が汚れていきますよね。

最終的にはゴミ箱自体にカビが生えたり変な臭いがしてきたりします。

そうなるとゴミ箱を定期的に掃除しないといけなくてダルい。

それなら土間のフックにゴミ袋を直接ひっかけて保管するほうが全然ラクです。

 

土間なら人目にも触れないので見た目を気にする必要もありません。

捨てに行くのも勝手口からすぐに持ち出すことができますし、ごみ袋をひっかける使い方はおすすめです。

 

土間にもコンセントは忘れずに

土間にも一か所、コンセントをつけてました。

今のところコレといった使い道はありませんが、将来的に土間の使い道が変わった場合などに重宝しそうです。

各種工具や、外で使う道具の充電に使ったりするかも知れません。

土間といえども、将来の可能性を考えてコンセントは忘れずにつけましょう。

 

土間の壁紙は強度の高いものがおすすめ

ベビーカーなど大きな物を出し入れすることも多い土間の壁紙は、強度が高いものにしたほうが無難です。

我が家はサンゲツの表面強化性能4級以上の強い壁紙にしました。

汚れもつきにくく傷も防いでくれるのでメンテナンス頻度が下がります。

失敗しない壁紙の選び方【消臭機能と表面強化性能】失敗しない壁紙の選び方を知りたくありませんか? 本記事では我が家の壁紙選びを例に、色と機能に着目した壁紙の選び方をご紹介しています。壁紙選びで悩んでいるかたは是非記事をご覧ください。...

 

 

【まとめ】勝手口を兼ねた土間を作って生産性アップ

今日の記事をまとめます。

まとめ
  • 土間を作るなら勝手口を兼ねているとベストです。
    物の出し入れが劇的にラクになります。
    勝手口に土間というスペースを与えることで、室内に一時的に置いておきたい物の収納場所としても機能します。
  • 土間を作るならおすすめは駐車所の近くです。
    ベビーカーやスノーボードなど、最小限の労力で出し入れすることができます。
  • 土間に棚をつければさらに収納力がアップします。
    長尺物を置くなら別ですが、通常はそれほど高さがあるものはおかないと思うので、棚をつけたほうがよいです。
  • 土間は一時的なゴミ置き場としても便利です。
    室内ではないので臭いの出る生ゴミなどの一時保管場所としても問題ありません。
    我が家のように換気扇がついているとさらによいです。
  • ウォールスタイルフックのようなかけられるアイテムがあると重宝します。
    デッドスペースがなくなり最大限土間を活用できます。
  • 土間に置くものは変化していく可能性が高いです。
    将来を見据えて土間にもコンセントは忘れずにつけましょう。

 

土間を経由した勝手口は、車へのアクセス、荷物の運び入れを劇的に楽にしてくれています。

外物置を設置することで土間の機能に近いものを得ることはできますが、導線を考えると勝手口付きの土間に軍配が上がります。

ぜひみなさんも勝手口を兼ねた土間の設置を検討してみてください。

室内が片付くうえに物の出し入れも楽になり、生活の生産性が大きく向上します。

 

本日も最後までお読みいただきありがとうございました。

みなさんの後悔のない家づくりの参考になれば幸いです。

おすすめ記事セレクション

【実例】後付け太陽光発電のメリット・デメリット・利回りを完全解説!太陽光発電の実際のメリット、デメリット、利回りを知りたくありませんか? 本記事では我が家が後付けした12.5kwの太陽光発電を例に、具体的なメリット、デメリット、利回りをご紹介しています。 太陽光発電を導入しようか迷っている方は是非記事をご覧ください。[平屋スタイル]...
【無料】ハウスメーカー住宅カタログ一括請求サイト3選の比較【タウンライフ家づくりなど】ハウスメーカー住宅カタログ一括請求サイトについて知りたくありませんか? 本記事では3つの一括請求サイトを比較した結果をご紹介しています。 ハウスメーカー住宅カタログ一括請求サイトを利用しようか迷っているかたは是非記事をご覧ください。[平屋スタイル]...
土地探しのおすすめ方法3選【自動化するのがベストでした】土地探しで悩んでいませんか? 本記事ではおすすめの土地探し方法を3つご紹介しています。これから家を建てる予定のかたで、土地探しから始めるかたは是非記事をご覧ください。...
生ごみ処理機パナソニックMS-N53
【おすすめ生ごみ処理機パナソニックMS-N53レビュー】生ごみの腐ったニオイとコバエから解放されたい人は必見ですパナソニックの生ごみ処理機MS-N53の口コミを知りたくないですか?本記事では我が家が購入したパナソニックの生ごみ処理機のメリット、デメリット、電気代、補助金の申請方法などをご紹介しています。生ごみ処理機を購入しようか悩んでいるかたは是非記事をご覧ください。...
にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 平屋住宅へ

にほんブログ村 住まいブログ 水まわりリフォームへ

にほんブログ村 環境ブログ 太陽光発電(長州産業)へ