キッチン

【おすすめ生ごみ処理機パナソニックMS-N53レビュー】生ごみの腐ったニオイとコバエから解放されたい人は必見です

 

 

  • 生ごみ処理機って実際にはどうなの?便利?
  • パナソニックの生ごみ処理機が欲しいけど値段が高いのでユーザーの本音の口コミが聞きたい

 

 

今日の記事はこういった疑問に答えます。

目次

【おすすめ生ごみ処理機パナソニックMS-N53レビュー】生ごみの腐ったニオイとコバエから解放されたい人は必見です

 

結論から言うと、生ごみ処理機は超便利。

理由は、ニオイもなく、生ごみを捨てる手間をほぼゼロにできるからです。

 

 

本記事の内容
  • 生ごみ処理機パナソニックMS-N53のデメリット
  • 生ごみ処理機パナソニックMS-N53のメリット
  • 生ごみ処理機パナソニックMS-N53と一緒に買いたい台車はこれ
  • 生ごみ処理機パナソニックMS-N53の具体的な使い方
  • 生ごみ処理機パナソニックMS-N53の補助金20,000円をもらった手順【ネット通販でもOK】

 

私は2018年に平屋を新築しました。

アパート暮らしのころ、生ごみの臭いに悩まされました。

特に夏場。

中階段方式の2階だったので、とりあえず玄関などに生ごみを置いておくのですが、夏場は翌朝になるとひどい臭いがしてきます。

フタ付きのゴミ箱に入れたりもしましたが、やはり夏場は臭いが漏れてきますし、ゴミ箱自体も生ごみで汚れて不衛生。ゴミ箱に生ごみの汚れがついたまま気づかないで放置すると、最悪コバエが発生することも・・・。

そんな苦い経験から、新居を建てたら生ごみ処理機を置こうと、心に決めていました。

 

新居の平屋のキッチンには、あらかじめ生ごみ処理器を置くスペースと電源を確保して、万全の準備を整えておいたのです。

今日の記事は、引っ越して初めての夏を前に念願の生ごみ処理機を導入した結果をレビューします。

生ごみの臭い、処分方法に悩んでいるかた、これから家を建てて生ごみ処理機を導入する予定のかたは必見です。

 

生ごみ処理機パナソニックMS-N53のデメリット

パナソニックMS-N53に機能面でのデメリットは以下の2点です。

  1. 本体重量が重いため移動が困難(ただし解決策あり)
  2. 電気代がかかる

 

①本体重量が重いため移動が困難(ただし解決策あり)

デメリットのひとつめは、本体重量が12kgもあるので、移動がしんどいことです。

持ち上げて移動は可能ですが、頻繁に行うとかなりの負担がかかります。

備え付けのものだから、あんまり動かさないでしょう?と思いがちですが、この機械が「生ごみ処理機」だということを忘れてはいけません。

そう、生ごみを投入する際に、誤って生ごみを周囲にこぼしてしまうことはけっこうあります。

そうすると、本体をどかして周辺を掃除する必要が出てくるのです。

生ごみをそのままにしておくわけにはいかないですからね。

となると、やはり移動しやすいことは結構重要です。

ただ重量の問題については後述する台車を使えば解決しますので、そちらも合わせてご覧ください。

 

②電気代がかかる(1日あたり30円)

機能面以外に目を向けると、電気代がかかる、というデメリットがあります。

生ごみ処理機を導入する前までは、生ごみはゴミ袋に入れて、週2回の「燃えるごみの日」に出していただけですので、実質生ごみの処理にお金はかかっていなかったわけです。

ところがパナソニックMS-N53は温風で乾燥させるタイプの生ごみ処理機ですので、当然電気を使用します。
今までゼロ円だったものが有料になるのは、デメリットと言わざるおえません。

ちなみに東京電力のスマートライフプランの夜間電力(電気代単価は17.46円/kWh)で、毎日深夜に運転した場合、1日あたり30円、一か月で1,000円程度かかります。

 

生ごみ処理機パナソニックMS-N53の1週間の電気代を実測

1週間でトータルの電気代は約200円でした。

 

生ごみ処理機の電気代をELPA(エルパ) 簡易電力量計エコキーパー EC-05EBで計測

電気代の計測に使ったのはこちらの機器です。

コンセントに挿すだけで簡単に電気代を計測できます。

電気料金の単価(kWh)についても設定が可能ですので、ご自身がお使いの電気プランに合わせた設定が可能です。

積算値のリセットは、前面の3つのボタンを同時に長押しするだけ。
実際私は今回の計測で、1日測るたびに3つのボタンを押して値を0にリセットしつつ、1週間使用しました。

 

 

生ごみ処理機の電気代を計測した日、電力量、電気代

一覧表にまとめてみました。

日付 ゴミ捨て 電力量 電気代
2019年9月17日(火) ゴミ捨て実施 1.16kWh 20.28円
2019年9月18日(水) 1.29kWh 22.59円
2019年9月19日(木) 1.52kWh 26.62円
2019年9月20日(金) ゴミ捨て実施 1.58kWh 27.72円
2019年9月21日(土) 1.89kWh 33.06円
2019年9月22日(日) 1.99kWh 34.87円
2019年9月23日(月) 2.02kWh 35.35円
合計 11.45kWh 200.49円
平均 1.63kWh 28.64円

 

条件は以下のとおりです。

  • 稼働時間はいずれも深夜1時~6時の間。
    東京電力のスマートライフプランで、電気代単価は17.46円/kWhです。
  • 9月17日と、20日は生ごみ処理機の中身をすべて燃えるゴミで出したあとなので、生ごみ処理機内はからっぽの状態からスタートしています。
  • 18日~19日と、21日~23日は前の日に乾燥したごみが入ったままの状態で、新しい生ごみを追加しています。

 

生ごみ処理機電気代の傾向

傾向をまとめると以下のとおりです。

  • 平均すると1回の電気代は28.64円でした。
    もし東京電力のスマートライフプラン以外の電力プランを契約している場合は、私が計測した表の電力量に、ご自身が契約している電気プランの夜間電力の単価をかければ電気代がわかります。
  • 生ごみ処理機に入っているゴミの量が少ないほど電気代は安い傾向でした。
    もし本当に電気代を削減したいなら、毎日乾燥した生ごみを捨ててから、新たな生ごみを投入して運転するのが最も電気代が安くなるはずです。
    ただし、毎日乾燥ごみを捨てるのは面倒です。
  • 当然ですが、同じ1回の運転でも、生ごみが含んでいる水分量、生ごみの量の多さ、少なさで電気代は変わってきます。
    なるべく電気代を削減したいなら、できるだけ水気は切った状態で投入したほうが良いです。
  • 1回あたりの平均電気代が28.64円ですので、このペースで一か月(30日)に換算するとおよそ860円になります。

1週間分の電気代から推測した1か月の電気代は、およそ860円という結果になりました。

この電気代が高いかどうかですが、私は安いと考えます。

事実、2019年の夏は生ごみの悪臭とコバエに悩まさせることが一度もありませんでした。

夏場は特に生ごみが腐りやすく、あのツンとした嫌な臭いがしなかっただけでも、生ごみ処理機を買ったかいがありました。

臭いだけでなく、生ごみの体積そのものが10分の1以下くらいになります。
(しかも乾燥状態)
ごみ捨ての手間、ゴミ袋も削減できてまさにいいことずくめ。

さらに、生ごみを燃えるごみ日に出すまでの保管場所に頭を悩ますこともありません。

 

これで一か月860円なら、全然許容できる範囲と考えます。

詳しくは後述しますが、補助金も20,000円もらっていますしね。

 

 

2019年10月の一か月間の実際の生ごみ処理機の電気代

さきほど1週間の電気代から、一か月の電気代は860円と推測しましたが、実際にはどうなのでしょうか?

ということで、実際に、10月1日~10月31日の電気代を計測してみました。

写真が実際の計測結果で、10月の一か月間で、1,007円という結果でした。

前項でのシミュレーションが860円でしたので、140円ほど実測値のほうが多かったです。

東京電力の夜間電力で運転した場合の生ごみ処理機の一か月の電気代は、約1,000円くらいと考えておけば良さそうです。

 

 

1週間の間の実際の生ごみ処理機の状態をご紹介

このあとは電気代を計測した日の生ごみ処理機の中身の状態をご紹介します。

ごみの写真なので、苦手な方は飛ばしてください。

 

9月17日(火)

初日です。
中身を燃えるごみで出したばかりなので、全体量としては少な目です。
卵の殻などもかまわず入れてしまっています。
他にはぶどうの皮と茎などが見えますね。

電気代はご覧のとおり20.28円。
金額としては少ないほうです。

処理後の中身です。
底面が見えるくらいに体積が縮小しています。

 

9月18日(水)

2日目です。前日の乾燥ごみは残っています。その上に追加しています。

もともとあった乾燥ごみは少なかったので、前日に比べて生ごみがドバっと増えた感じはしません。

電気代は22.59円でした。

処理後の中身。
なんか白い大きなのがありますね。
2日目でさすがに底面は見えなくなりましたが、それでも大幅に生ごみが圧縮されているのがわかると思います。

 

 

9月19日(木)

生ごみを追加し始めてから3回目です。
ごみ箱の中身も半分近くまで積みあがってきました。
みかんの皮などが見えますね。

電気代は26.62円。
3日目ともなるとやや電気代が上がってきます。

3日間処理したあとに残った乾燥ごみは写真くらいの量です。

このまま燃えるごみの日に出しました。

はっきり言って、ごみ捨てがハンパなく楽です。

 

9月20日(金)

燃えるごみに中身を全部出したあとの状態なので、体積としては少な目です。
全体的に野菜が多く水分量多めな感じです。

電気代は27.72円。

残った乾燥ゴミはこんな感じ。やはり初日は底面が見えるほどの圧縮です。

素晴らしい。

 

9月21日(土)

二日目です。
ややゴミの量が多いです。


電気代は33.06円。

30円を突破してしまいました。

処理後の状態です。
少し水分の残りが多い気がします。

9月22日(日)

三日目です。
積みあがってきました。

電気代は34.87円。

 

撹拌の羽の下部が隠れるくらいまで積み上がりました。

 

9月23日(月)

四日目です。
さすがに半分を超えるくらいのごみの量になってきました。

電気代は35.35円。1週間の間の最高記録を更新です。

撹拌用の羽がほぼ隠れてしまうくらいになりました。

 

ゴミ袋に乾燥ごみを取り出したところです。
4日間トータルの生ごみがこのくらいの量であれば、かなりごみの処理がラクになることはおわかりいただけるでしょう。

生ごみ特有の臭いもないし、控え目に言っても最高ですね。

 

生ごみ処理機は、4人家族で1週間に1回のゴミ捨てでは容量オーバーになります

今回の電気代の計測では、週2回ある燃えるごみの日に、毎回乾燥した生ごみを捨ててリセットしました。

過去には1週間、中の乾燥ごみを捨てずに処理し続けたこともありますが、ごみの量が多すぎて以下の弊害が生まれました。

  • 深夜1時から運転を開始したのに、朝6時になっても完了していない。
  • 7日目の生ごみ追加は、相当押し込まないと入りきらない。

朝6時になっても運転が終わっていないと、お得な夜間電力(17.46円)ではなく、割高な昼間電力(25.33円)になってしまい経済的に非効率です。

また、7日目ともなると、乾燥ごみも相当積みあがるので、追加の生ごみを入れると、押し込んでギリギリ蓋が閉まるくらいでした。

ギリギリ蓋が閉まるくらいに押し込んでしまうと、乾燥させるのに時間がかかります。

中身がいっぱいになる前に、燃えるごみの日ごとに中の乾燥ごみを捨てるのがベストなルーチンです。

 

 

生ごみ処理機パナソニックMS-N53のメリット

主なメリットは以下の3点です。

  1. 生ごみ独特の臭いを生活から完全に消せる。
  2. ゴミの量が減る。
  3. 生ごみの処分が圧倒的に楽になる。

 

 

①生ごみ独特の臭いを生活から完全に消せる

最大のメリットがこれ。

キッチンで生ごみが出たら、そのまま生ごみ処理機へポイしてフタを閉めるだけ。

生ごみ処理機のフタを閉めている間は、ニオイが外に漏れることが一切ありません。

夏場などで一日以上置いていても全く問題なく、生ごみのあの嫌な臭いとは完全におさらばできます。

フタを開けた時は香ばしい臭いがしますが、生ごみそのものの嫌な臭いと比べれば圧倒的に許せます。

また、燃えるごみの日に出すまでの、生ごみの保管場所に頭を悩ます必要もなくなります。

 

 

 

 

②ゴミの量が減る

水を含んだ生ごみは、量もさることながら、結構な重さになります。

生ごみ処理機を使うと生ごみが10分の1くらいの量になります。

処理が終わるとカリカリになったゴミが少量残るだけです。

 

例えばこのくらいの生ごみを処理すると。。。

このくらいに減ります。

劇的に体積が減っているのがおわかりいただけると思います。

パリパリしてるので重さもほとんど感じません。

こうなれば処分が超ラクチンです。

 

 

 

③生ごみの処分が圧倒的に楽になる

我が家の場合はキッチンのシンク下に生ごみ処理機を置いているので、シンクにたまった生ごみをそのまま生ごみ処理機に放り込むことができます。

生ごみ処理機導入前は、わざわざビニール袋に入れて、しばって、さらに土間の大きなごみ袋に入れて保管する流れでした。

時折ビニール袋に穴があいたりして、くさい生ごみエキスが土間やキッチンにしたたるなんてことも。。。

そんな面倒が生ごみ処理機を入れてからは完全にゼロです。

生産性爆上がりです。

 

 

 

 

 

生ごみ処理機パナソニックMS-N53と一緒に買いたい台車はこれ

生ごみ処理機パナソニックMS-N53を購入してシンク下に設置してみました。

しかし、そのままだとフタが完全には開きません。

これでは生ごみを入れにくい。

前述した「重くて動かしにくい」というデメリットもあります。

 

重い生ごみ処理機を移動しやすくするために講じた対策をご紹介します。

 

 

サンコープラスチックさんのラクゴロ L

台車に載せて手前に引き出せるようにしよう、ということで生ゴミ処理機にシンデレラフィットする台車を探していたところ、アマゾンで発見しました。

サンコープラスチックさんのラクゴロ Lです。

 

裏側に車輪を5個つけれらます。

 

車輪の1個はストッパー付き。

動かしたくない時は写真のツマミを操作すれば車輪がまわらなくなります。

 

シンデレラフィット

実際に乗せてみると、まさにぴったり!

まるで生ごみ処理機のためにあるような台車です。

生ごみ処理機本体の重さは12kgですが、ラクゴロの耐荷重は28kgなのでまったく問題なし。

 

普段はシンク下にしまっておきます。

 

使う時だけ手前に引き出せばOK。

12kgの生ごみ処理機本体を移動するのは地味につらいので、台車は必須アイテムです。

 

 

生ごみ処理機パナソニックMS-N53の具体的な使い方

使い方は超シンプルです。

 

電源が必要です

当たり前ですが電源をコンセントに挿す必要があります。

我が家のキッチンは生ごみ処理機を使うこの日のために、あらかじめコンセントを一口用意していました。

こんな感じで電源をとります。

これから家を建てるかたでシンク下に生ごみ処理機設置を予定しているかたは、電源コンセントも忘れずに用意しましょう。

 

生ごみ投入→スイッチオン

ふたをあけて、生ごみを投入します。

あとは「入」スイッチを押せばスタート。

これだけです。

超カンタン。

 

3時間または6時間後スタートのタイマー予約も可能

タイマー予約したい場合は、「予約ボタン」を押すと、3時間後、6時間後の2パターンが選べます。

我が家は毎晩、19時ごろに6時間後にセットしています。

そうすればちょうど夜中の1時スタートで、安い深夜電力で運転できます。

一点だけ注意が必要なのが、タイマーをセットしたあとにフタをあけてしまうと、タイマー設定はリセットされてしまう点です。

うっかり生ごみの入れ忘れがあってタイマーセット後にフタを開けて生ごみを入れてしまうと、タイマー予約は無効になりますので注意してください。

このあたりはミーレみたいに、フタを開けてもタイマー時間はリセットされないほうが便利ですね。

改善を希望します。

 

どんな生ゴミでも入れていいの?

我が家の場合は、ほとんど気にすることなくなんでも入れてます。

推奨されていない卵のカラでも鶏肉の骨でも、よほど大量でなければ入れちゃいます。
入れてもちゃんと翌朝には乾燥しています。

あまり神経質になる必要はありません。

 

 

処理時間の目安

取り扱い説明書から抜粋しました。

我が家の場合はだいたい2時間以内には終わっている印象です。

一度だけ、でかいブロッコリーの芯をまるごといれた時があったのですが、さすがに厳しかったのか、深夜1時から運転したのに、翌朝6時過ぎてもまだ終わってませんでした。

その時はさすがに途中で止めましたが、中身はパリパリまではいかず、しっとりとした状態でした。

ただ、量は十分に減っていたので十分かと思います。

 

それ以来うちは深夜1~6時で終わらない場合には朝起きたら途中で運転を停止しています。

電気代がもったいないので、マックス5時間運転ですね。

生ごみを乾かす、量を減らすという目的は5時間運転すれば十分達成できます。

 

1週間ででた生ごみの量はどのくらい?

一週間で写真くらいの処理済み生ゴミがでました。

 

重さは約1kgぐらい。

こんなにコンパクトになりました。

乾燥しているので嫌な臭いもナシ。

家族4人の1週間分の生ゴミが1kgになって、スーパーの小さな袋に収まりました。

控え目に言っても、生ごみ処理機を買わないのは人生の損失です。

 

 

 

パナソニックMS-N53のメンテナンスはたまに清掃するだけ

メンテナンスの手間が少ないのもパナソニックMS-N53のメリットのひとつです。

一番メンテナンスが必要なのはフタの底面です。

写真のようにゴミがこびりつきます。

この部品は赤丸の箇所を軽く押すだけで簡単に外せます。

外してゴミを取り除いてあげればご覧のとおりキレイになります。
ほとんど手間はかかりません。

 

あとは本体まわりが写真のように汚れてきたら拭いてあげるくらいですね。

 

軽く拭いてあげればこのとおり。
簡単にキレイになります。


メンテナンスはこのくらい。

面倒なことはありません。

ほぼメンテナンスフリーといっていいでしょう。

 

 

生ごみ処理機パナソニックMS-N53の補助金20,000円をもらった手順【ネット通販でもOK】

結論から言うと、私は問題なく補助金20,000円をゲットしました。

 

生ごみ処理機の補助金ゲットまでの流れ

私が住んでいる地域の場合は以下の流れで進めました。

  1. 購入する前に市町村のウェブサイトから申し込みをする
  2. 申請書類が自宅に郵送されてくる
  3. 生ごみ処理機を購入する
  4. 申請書と必要書類を提出する

 

購入する前に市町村のウェブサイトから申し込みをする

お住まいの地域の自治体のサイトにアクセスして生ごみ処理機の補助金が出るか確認します。

私の住んでいる地域は運よく20,000円の補助金が出ることがわかりました。

まずは以下の内容をメールで役所に送付するようサイトに記載されていたので、さっそくメールで連絡しました。(あとで気づきましたが電話でも良かったみたいです)

  • 氏名、住所、電話番号
  • 生ごみ処理機の種類
  • おおよその購入予定金額
  • 申請書等書類の送付方法(郵送かメールのどちらで行うか)
    ※印刷物が直接届いたほうが印刷する手間がないので便利だったので私は「郵送」を選択しました。

補助金は年度の途中で終了しているケースなども考えられます。
生ごみ処理機購入前に必ず最新の情報を確認しましょう。
確実なのは役所に電話して聞いてみることですね。

 

書類が自宅に郵送されてくる

メールでの連絡から3日ほどで、役所から書類一式が郵送されてきました。

説明書類には、「過去に補助金の交付を受けていないこと」などの助成要件が書かれていますので、自分が助成の対象になるのかよく確認しましょう。

私の地域の自治体の場合、サイトで申し込みを行ってから2か月以内に購入~書類の提出が必要という期限つきでした。
そのあたりも注意が必要です。

 

 

生ごみ処理機を購入する

書類が届いたので、いよいよ生ごみ処理機を購入します。

 

私は地元の家電量販店ではなく、「楽天ビック」で購入しました。

楽天ビックにした理由は以下の2点です。

  • 楽天モバイルを使っているので、楽天のポイントがたまりやすいこと。
  • 印刷された領収書をあとから郵送してくれるサービスがあったから

補助金をもらうには領収書が必須なので、ネット通販で購入する場合には注意しましょう。

 

 

申請書と必要書類を提出する

以下の書類を提出しました。

  • 申請書類2通
  • 領収書原本
  • メーカー保証書の写し
  • 身分証明書の写し

申請書類2通には以下の内容を記入しました。
2通とも捺印が必要でした。

  • 住所
  • 氏名
  • 電話番号(携帯番号)
  • 助成金の振込先口座
  • 購入品目
  • 新規購入or買い替え
  • 購入日
  • 購入金額

項目は多そうですが、実際には大したことありません。
これで補助金がもらえるならやって損はない作業量です。

 

領収書原本

私の申請した自治体はレシート不可で、領収書原本でないとダメとのこと。

写真のとおり楽天ビックから送られてきた領収書原本をそのまま提出しました。

領収書には申請者の氏名、購入品目、金額、日付が明記されている必要がありましたが、楽天ビックの領収書は品目だけが記載されていなかったので、私が手書きで記入しました。

ちなみにポイント10倍だったので、実質57000円くらいで購入できてます。

 

 

メーカー保証書の写し

メーカー保証書はお客様欄、お買い上げ日、販売店の情報が未記入だったので、こちらも手書きで記入しました。

 

あとは運転免許証をコピーして、必要書類がすべてそろいました。

あとは役所に提出すればオーケーです。

自治体によっては補助金が出ないケースもありますし、やり方も微妙に違うと思うので、必ずお住まいの地域の情報を確認してください。

 

 

無事に生ごみ処理機の補助金が交付されました

写真のとおり、役所より正式な書類が届きました。

無事に補助金が交付され、2019年7月18日にこちらが指定した銀行口座に振り込まれました。

パナソニックの生ごみ処理機MS-N53は50,000円以上するものですので、20,000円の補助金は非常にありがたいです。

 

 

 

(まとめ)キッチンの生産性を上げたいなら生ごみ処理機は購入すべき必須アイテムです

今日の記事をまとめます。

まとめ
  • 生ごみ処理機MS-N53のデメリットは本体が重たいことと、電気代がかかることです。
    本体の重さについては台車でカバーできます。電気代は1日あたり30円、一か月1,000円ほどです。
    電気代についてはいままで無料だった生ごみの処理にお金をかけることになりますので、その点に納得がいく場合のみ、購入をおすすめします。
    私は生ごみ処理機は超便利だと感じているので多少電気代がかかっても使い続けます。
  • 生ごみ処理機を使えばあの嫌な生ごみの臭いと決別できます。コバエの発生などもなく、衛生的です。生ごみを捨てるまでの保管場所にも悩まなくて済みます。
  • ごみの量が10分の1以下に減ります。燃えるごみの日のごみ捨てが超楽チンになります。
  • 生ごみの面倒な処理がなくなります。フタを開けて生ごみを放り込むだけですので、ゴミ袋がやぶれて液漏れして大変なことになる、なんてこともありません。
  • パナソニックMS-N53生ごみ処理機を買うなら、サンコープラスチックさんのラクゴロ Lも一緒に買っておくと便利です。
    台車がないと12kgの本体を移動するのはしんどいです。
  • 地域によっては生ごみ処理機を購入するとに補助金がでます。購入前に役所に問い合わせてみましょう。我が家は楽天市場で購入しましたが、問題なく補助金をいただけました。

 

生ごみの処理がいらなくなるとキッチンの生産性がいっきに上がります。

生ごみが腐りやすい夏を無臭で乗り切ることができました。

一度使うともう絶対に手放せない家電のひとつです。

 

本日も最後までお読みいただきありがとうございました。

みなさんの後悔のない家づくりの参考になれば幸いです。