家電

【レビュー】おすすめ生ゴミ処理機 パナソニック MS-N53の4つのメリットとは?

生ゴミ処理機パナソニックMS-N53

 

 

  • 生ゴミ処理機って実際にはどんなメリットがあるの?
  • パナソニックの生ゴミ処理機が欲しいけど値段が高いのでユーザーの本音の口コミが聞きたい

 

 

今日の記事はこういった疑問に答えます。

タップできる目次

【レビュー】おすすめ生ゴミ処理機 パナソニック MS-N53の4つのメリットとは?

パナソニックの生ゴミ処理機MS-N53のメリット

結論から言うと、生ゴミ処理器は超便利。

生ゴミ処理器パナソニックMS-N53の主なメリットは以下の4つになります。

  • 嫌な生ゴミの臭いから解放される
  • 生ゴミの量が削減される
  • 生ゴミ処分が簡単になる
  • ゴミ箱選びの幅が広がる

 

本記事の内容
  • 生ゴミ処理機パナソニックMS-N53レビュー
  • 生ゴミ処理機パナソニックMS-N53の2つのデメリット
  • 生ゴミ処理機パナソニックMS-N53の4つのメリット
  • 生ゴミ処理機パナソニックMS-N53のよくある質問
  • 生ゴミ処理機パナソニックMS-N53の口コミ、評判

 

私は2018年に平屋を新築しました。

アパート暮らしのころ、生ゴミの臭いに悩まされました。

特に夏場。

とりあえず玄関などに生ゴミを置いておくのですが、夏場は翌朝になるとひどい臭いがしてきます。

 

臭い漏れがいやで、フタ付きのゴミ箱に生ゴミを入れたりもしました。

しかし、やはり夏場は臭いが漏れてきます。

 

ゴミ箱自体も生ゴミで汚れて不衛生。

ゴミ箱に生ゴミの汚れがついたまま気づかないで放置すると、最悪コバエが発生することも・・・。

そんな苦い経験から、新居を建てたら生ゴミ処理機を置こうと、心に決めていました。

 

新居の平屋のキッチンには、あらかじめ生ゴミ処理器を置くスペースと電源を確保しました。

今日の記事は、新居に念願の生ゴミ処理機を導入した結果をレビューします。

生ゴミの臭い、処分方法で悩んでいるかた、生ゴミ処理機を導入するか悩んでいるかたは必見です。

 



パナソニックの生ゴミ処理機MS-N53レビュー

生ゴミ処理機パナソニックMS-N53レビュー

生ゴミ処理機MS-N53の使い方は超シンプルです。

 

電源コンセントが必要です

MS-N53は温風で生ゴミを乾かす製品なので、電源をコンセントに挿す必要があります。

我が家のキッチンは生ゴミ処理機を使うために、あらかじめコンセントを一口用意していました。

シンク下コンセント

こんな感じで電源をとります。

シンク下コンセント

これから家を建てるかたでシンク下に生ゴミ処理機設置を予定しているかたは、電源コンセントも忘れずに用意しましょう。

 

生ゴミ投入→スイッチオン

生ゴミ処理機パナソニックMS-N53への生ゴミ投入

ふたをあけて、生ゴミを投入します。

生ゴミ処理機パナソニックMS-N53のスイッチ

あとは「入」スイッチを押せばスタート。

これだけです。

超カンタン。

 

3時間または6時間後スタートのタイマー予約も可能

タイマー予約したい場合は、「予約ボタン」を押すと、3時間後、6時間後の2パターンが選べます。

我が家は毎晩、19時ごろに6時間後にセットしています。

そうすればちょうど夜中の1時スタートで、安い深夜電力で運転できます。

一点だけ注意が必要なのが、タイマーをセットしたあとにフタをあけてしまうと、タイマー設定はリセットされてしまう点です。

うっかり生ゴミの入れ忘れがあってタイマーセット後にフタを開けて生ゴミを入れてしまうと、タイマー予約は無効になりますので注意してください。

このあたりはミーレみたいに、フタを開けてもタイマー時間はリセットされないほうが便利ですね。

JUN
JUN
タイマー機能については改善を希望します。

 

どんな生ゴミでも入れていいの?

我が家の場合は、ほとんど気にすることなくなんでも入れてます。

推奨されていない卵のカラでも鶏肉の骨でも、よほど大量でなければ入れちゃいます。
入れてもちゃんと翌朝には乾燥しています。

あまり神経質になる必要はありません。

 

 

処理時間の目安

取り扱い説明書から抜粋しました。

生ゴミ処理時間の目安

我が家の場合はだいたい2時間以内には終わっている印象です。

一度だけ、でかいブロッコリーの芯をまるごといれた時があったのですが、さすがに厳しかったのか、深夜1時から運転したのに、翌朝6時過ぎてもまだ終わってませんでした。

その時はさすがに途中で止めましたが、中身はパリパリまではいかず、しっとりとした状態でした。

ただ、量は十分に減っていたので十分かと思います。

 

それ以来うちは深夜1~6時で終わらない場合には朝起きたら途中で運転を停止しています。

電気代がもったいないので、マックス5時間運転ですね。

生ゴミを乾かす、量を減らすという目的は5時間運転すれば十分達成できます。

 

パナソニックの生ゴミ処理機MS-N53を使って、1週間ででた生ゴミの量はどのくらい?

生ゴミ処理機パナソニックMS-N53を使って出たごみの量

一週間で写真くらいの処理済み生ゴミがでました。

 

重さは約1kgぐらい。

生ゴミ処理機パナソニックMS-N53使って出たごみの重さ

こんなにコンパクトになりました。

乾燥しているので嫌な臭いもナシ。

生ゴミ処理機パナソニックMS-N53を使って出た乾燥した生ゴミ

家族4人の1週間分の生ゴミが1kgになって、スーパーの小さな袋に収まりました。

控え目に言っても、生ゴミ処理機を買わないのは人生の損失です。

 

 

 

パナソニックの生ゴミ処理機MS-N53のメンテナンスはたまに清掃するだけ

メンテナンスの手間が少ないのもパナソニックMS-N53のメリットのひとつです。

一番メンテナンスが必要なのはフタの底面です。

写真のようにゴミがこびりつきます。

生ゴミ処理機パナソニックMS-N53の上蓋

この部品は赤丸の箇所を軽く押すだけで簡単に外せます。

生ゴミ処理機パナソニックMS-N53の上蓋を外す

外してゴミを取り除いてあげればご覧のとおりキレイになります。
ほとんど手間はかかりません。

生ゴミ処理機パナソニックMS-N53のメンテナンス

 

あとは本体まわりが写真のように汚れてきたら拭いてあげるくらいですね。

生ゴミ処理機パナソニックMS-N53本体まわりの汚れ

 

軽く拭いてあげればこのとおり。
簡単にキレイになります。

生ゴミ処理機パナソニックMS-N53の清掃
メンテナンスはこのくらい。

面倒なことはありません。

ほぼメンテナンスフリーといっていいでしょう。

 

 

パナソニックの生ゴミ処理機MS-N53の補助金2万円をもらった具体的手順【ネット通販でもOK】

結論から言うと、私は問題なく補助金20,000円をゲットしました。

 

生ゴミ処理機の補助金ゲットまでの流れ

私が住んでいる地域の場合は以下の流れで進めました。

  1. 購入する前に市町村のウェブサイトから申し込みをする
  2. 申請書類が自宅に郵送されてくる
  3. 生ゴミ処理機を購入する
  4. 申請書と必要書類を提出する

 

詳細な手順は次の記事で解説しています。

生ゴミ処理機パナソニックMS-N53の補助金20,000円をもらった手順【ネット通販でもOK】生ゴミ処理機の助成金(補助金)をもらる方法を知りたくありませんか? 本記事では私がネット通販で購入したパナソニックの生ゴミ処理機で助成金をゲットした具体的な方法をご紹介しています。生ゴミ処理機の購入を検討している方は是非記事をご覧ください。[ヒラヤライフ]...

 

 



パナソニックの生ゴミ処理機MS-N53のデメリットは、本体重量の重さと電気代の2つです。

便利な生ゴミ処理器ですが、やはりデメリットはあります。

パナソニックMS-N53のデメリットは以下の2点です。

  1. 本体重量が重いため移動が困難(ただし解決策あり)
  2. 電気代がかかる

 

①本体重量が重いため移動が困難(ただし解決策あり)

デメリットのひとつめは、本体重量が12kgもあるので、移動がしんどいことです。

持ち上げて移動は可能ですが、頻繁に行うとかなりの負担がかかります。

備え付けのものだから、あんまり動かさないでしょう?と思いがちですが、この機械が「生ゴミ処理機」だということを忘れてはいけません。

そう、生ゴミを投入する際に、誤って生ゴミを周囲にこぼしてしまうことはけっこうあります。

JUN
JUN
周辺に生ゴミをこぼすと、本体をどかして周辺を掃除する必要が出てくるのです。

 

生ゴミをそのままにしておくわけにはいかないですからね。

ということで、パナソニックの生ゴミ処理機MS-N53を購入されるなら、次の記事で紹介しているラクゴロLという台車も同時購入しておくと、重さのデメリットを消すことができます。

JUN
JUN
マジでシンデレラフィットの最高の台車です。
生ゴミ処理機パナソニックMS-N53
【ラクゴロL】パナソニックの生ゴミ処理機MS-N53にぴったりの台車をご紹介パナソニックの生ゴミ処理機MS-N53の口コミを知りたくないですか?本記事では我が家が購入したMS-N53のメリット、デメリット、電気代、補助金の申請方法などをご紹介しています。生ゴミ処理機を購入しようか悩んでいるかたは是非記事をご覧ください。[ヒラヤライフ]...

 

②電気代がかかる(1日あたり30円)

機能面以外に目を向けると、電気代がかかる、というデメリットがあります。

生ゴミ処理機を導入する前までは、生ゴミはゴミ袋に入れて、週2回の「燃えるごみの日」に出していただけですので、実質生ゴミの処理にお金はかかっていなかったわけです。

ところがパナソニックMS-N53は温風で乾燥させるタイプの生ゴミ処理機ですので、当然電気を使用します。

JUN
JUN
今までゼロ円だったものが有料になるのは、やはりデメリットと言わざるおえません。

ちなみに東京電力のスマートライフプランの夜間電力(電気代単価は17.46円/kWh)で、毎日深夜に運転した場合、1日あたり30円、一か月で1,000円程度かかります。

電気代の詳細は次の記事で解説しています。

生ゴミ処理機 パナソニックMS-N53の電気代を実測してみましたパナソニックの生ゴミ処理機の電気代について知りたくありませんか? 本記事では我が家が使用しているパナソニックの生ゴミ処理機MS-N53に電力メーターをつけて実際の電気代を計測した結果をご紹介しています。 生ゴミ処理機の電気代が気になるかたは是非記事をご覧ください。...

 

 

パナソニックの生ゴミ処理機MS-N53のメリットは、臭いなし、ゴミ削減、ゴミ処分が簡単、ゴミ箱選びの幅が広がるの4つです。

主なメリットは以下の4点です。

  1. 生ゴミ独特の臭いを生活から完全に消せる。
  2. ゴミの量が減る。
  3. 生ゴミの処分が圧倒的に楽になる。
  4. 安価でシンプルで汚れにくいゴミ箱を採用できる。

 

 

パナソニックの生ゴミ処理機MS-N53のメリット① 生ゴミ独特の臭いを生活から完全に消せる

最大のメリットがこれ。

キッチンで生ゴミが出たら、そのまま生ゴミ処理機へポイしてフタを閉めるだけ。

生ゴミ処理機のフタを閉めている間は、ニオイが外に漏れることが一切ありません。

夏場などで一日以上置いていても全く問題なく、生ゴミのあの嫌な臭いとは完全におさらばできます。

フタを開けた時は香ばしい臭いがしますが、生ゴミそのものの嫌な臭いと比べれば圧倒的に許せます。

また、燃えるごみの日に出すまでの、生ゴミの保管場所に頭を悩ます必要もなくなります。

 

 

 

 

パナソニックの生ゴミ処理機MS-N53のメリット② ゴミの量が減る

水を含んだ生ゴミは、量もさることながら、結構な重さになります。

生ゴミ処理機を使うと生ゴミが10分の1くらいの量になります。

処理が終わるとカリカリになったゴミが少量残るだけです。

 

例えばこのくらいの生ゴミを処理すると。。。

生ゴミ処理機パナソニックMS-N53

このくらいに減ります。

生ゴミ処理機パナソニックMS-N53

劇的に体積が減っているのがおわかりいただけると思います。

パリパリしてるので重さもほとんど感じません。

こうなれば処分が超ラクチンです。

 

 

 

パナソニックの生ゴミ処理機MS-N53のメリット③ 生ゴミの処分が圧倒的に楽になる

我が家の場合はキッチンのシンク下に生ゴミ処理機を置いているので、シンクにたまった生ゴミをそのまま生ゴミ処理機に放り込むことができます。

生ゴミ処理機パナソニックMS-N53

生ゴミ処理機導入前は、わざわざビニール袋に入れて、しばって、さらに土間の大きなごみ袋に入れて保管する流れでした。

時折ビニール袋に穴があいたりして、くさい生ゴミエキスが土間やキッチンにしたたるなんてことも。。。

そんな面倒が生ゴミ処理機を入れてからは完全にゼロです。

生産性爆上がりです。

 

 

 

パナソニックの生ゴミ処理機MS-N53のメリット④ 安価でシンプルで汚れにくいゴミ箱を採用できる。

山崎実業 レジ袋スタンド

我が家のシンク下のゴミ箱は、写真のとおりビニール袋をひっかけるだけのシンプルタイプです。

生ゴミ処理機を導入したおかげで、臭いを気にする必要がなくなり、蓋なしのシンプルなゴミ箱を採用することができるようになりました。

生ゴミの臭い漏れを気にする必要がなくなると、ゴミ箱選択の幅が一気に広がります!

 

 

JUN
JUN
ゴミ箱の詳細は次の記事でご紹介していますのであわせてご覧ください。
キッチンハウス エバルトレビュー
【レビュー】キッチンハウス エバルトの価格は高い?メラミン材の使い心地は?キッチンハウスの口コミを知りたくありませんか? 本記事では我が家のキッチンハウスのエバルトアイランドキッチンのメラミン、価格、シンクをレビューしています。これから家を建てるかた、キッチンのリフォームを検討中のかたは是非記事をご覧ください。[ヒラヤライフ]...

 

 

生ゴミ処理機パナソニックMS-N53のよくある質問

ここまで解説したとおり、生ゴミ処理機は便利すぎて、今では我が家になくてはならない製品のひとつになりました。

絶対的におすすめしますが、高価格のために購入を迷っているかたも多いでしょう。

JUN
JUN
 そんなかたのために、私が生ゴミ処理機を実際に導入、使用してみて感じたことをQ&A形式でお届けしたいと思います。 

 

生ゴミ処理機MS-N53に入れて処理が大変だった食材はありますか?

長ネギです。長ネギを長いまま放りこむと撹拌の羽根にひっかかってしまい、簡単には取れなくなります。乾いた長ネギはめっちゃ固いので注意です。
もし長ネギを長いまま捨てるのであれば、包丁で細かくきざんでから捨てましょう。
乾燥した生ゴミを捨てる時の手間が圧倒的に楽になりますよ。

5時間運転して乾かなったものはありますか?

レビューでも書いたとおり、ブロッコリーの芯や、グレープフルーツなど大きめの果物をほぼまるごと入れたりすると、夜中1時から運転しても朝6時にまだ終わっていないことがありました。大きなものはなるべく包丁で小さく刻んでいれたほうがいいです。
大きなものは基本的に苦手。あと水分を多く含んだものも苦手です。

投入できるもの/投入できないもののリストはありますか?

パナソニックのサイトにありました。

●投入できるもの
【生ごみ処理機】乾燥式 投入できるもの/投入できないもの

●投入できないもの
処理容器の傷つき・穴あき・割れ、またはかくはん羽根の回転不良やにおいの原因となりますので、ご注意ください。【生ごみ処理機】乾燥式 投入できるもの/投入できないもの
※果物などのかたい種は投入しないでください。
※卵の殻1~2個であれば、他の野菜ゴミと混ぜて投入してください。
※生花・落ち葉は投入しないでください。(水分を多く含み、ニオイの原因となる)【生ごみ処理機】乾燥式 投入できるもの/投入できないもの

我が家は生ゴミ以外のものを誤っていれないように注意しているくらいで、あとは特にかまわずバンバン入れてしまいます。

キッチンに置いても、運転時の臭いは気にならない?

私は全然気になりません。さすがに運転が終わったあとに、フタを開ければ独特の香ばしい臭いがしますが、フタを閉めている限りはまったく気になりません。
生ゴミを袋に入れて燃えるゴミの日まで保存しておくほうが100倍臭いです。

「MS-N53」は「プラチナパラジウム触媒」というもので処理中の臭いを抑えているらしいです。すでに1年くらい使いましたが、臭いが漏れている感じはまったくありません。

運転中の音は気にならない?

パナソニックのサイトによると以下のとおりです。

生ごみ処理機の運転音については、次をご確認ください。

MS-N53の運転音

※運転音は、(社)日本電機工業会 自主基準(2008年9月)による、標準試験生ごみを処理した場合です。

 

動いているのははっきりとわかるレベルです。
ただ、動かすのは寝ている夜中の1時~6時なので全然気にしたことはありません。
よほどキッチンの近くで就寝していない限りは問題ないでしょう。

タイマー機能は終了時間の予約もできますか?

終了時間の予約は残念ながらできません。
うちも本当は、安い夜間電力の時間だけ運転させていたので、朝6時には多少乾ききっていなくても強制的に終了してほしいのです。
しかし終了予約はできなので、朝起きて6時過ぎても運転していたら自分の手で止めてます。

運転中は排気口が熱くなりますか?

なります。パナソニックのサイトによると最大で60℃前後になるみたいです。
本体背面に排気口があって、周辺は熱くなるので、排気があたっても問題ない場所で運転しましょう。

 

 

生ゴミ処理機パナソニックMS-N53の評判、口コミは?

口コミ・評判
JUN
JUN
MS-N53の評判を集めてみました。

 

 

 

(まとめ)キッチンの生産性を上げたいなら生ゴミ処理機は購入すべき必須アイテムです

パナソニックの生ゴミ処理機MS-N53のメリット

今日の記事をまとめます。

まとめ
  • 生ゴミ処理機MS-N53のデメリットは本体が重たいことと、電気代がかかることです。
    本体の重さについては台車でカバーできます。電気代は1日あたり30円、一か月1,000円ほどです。
    電気代についてはいままで無料だった生ゴミの処理にお金をかけることになりますので、その点に納得がいく場合のみ、購入をおすすめします。
    私は生ゴミ処理機は超便利だと感じているので多少電気代がかかっても使い続けます。
  • 生ゴミ処理機を使えばあの嫌な生ゴミの臭いと決別できます。コバエの発生などもなく、衛生的です。生ゴミを捨てるまでの保管場所にも悩まなくて済みます。
  • ごみの量が10分の1以下に減ります。燃えるごみの日のごみ捨てが超楽チンになります。
  • 生ゴミの面倒な処理がなくなります。フタを開けて生ゴミを放り込むだけですので、ゴミ袋がやぶれて液漏れして大変なことになる、なんてこともありません。
  • パナソニックMS-N53生ゴミ処理機を買うなら、台車も買っておくと便利です。
    台車がないと12kgの本体を移動するのはしんどいです。
  • 地域によっては生ゴミ処理機を購入するとに補助金がでます。購入前に役所に問い合わせてみましょう。我が家は楽天市場で購入しましたが、問題なく補助金をいただけました。

 

生ゴミの処理がいらなくなるとキッチンの生産性がいっきに上がります。

生ゴミが腐りやすい夏を無臭で乗り切ることができました。

一度使うともう絶対に手放せない家電のひとつです。

 

本日も最後までお読みいただきありがとうございました。

みなさんの家づくりの参考になれば幸いです。