平屋のWeb内覧会(間取りと設備の実例)

【平屋】失敗した間取りランキング 1~5位【住んでみてわかった感想まとめ】

失敗した間取りランキング 1~5位【住んでみてわかった感想まとめ】

 

  • 平屋の間取りの失敗例を知りたい
  • 家を建てた人が後悔しているポイントを知りたい

 

今日の記事はこういった疑問に答えます。

 

 

結論から言うと、暮らしていて致命的な失敗を感じる部分はありません。

でも、もう一度やり直せるなら、修正したい点が5箇所あります。

 

本記事の内容
  • 私達の平屋の間取り失敗ランキング【1~5位】

 

私は2018年12月に平屋を新築しました。

建築が好きだったこともあり、たくさん情報収集して勉強しつつ、設計事務所に依頼して家を建てました。

かなり完璧な家ができたと思っていましたが、実際に暮らしてみるとやり直したい箇所がやっぱり出てきてしまいました。

今日の記事は我が家の間取り失敗例をランキングでお届けします。

これから家を建てるかたで、失敗するリスクを減らしたいかたは必見です。

家づくりで後悔したくないなら

平屋の家づくりで後悔しないための方法を、7つの手順にまとめました!

JUN
JUN
私の5年間の経験をすべて詰め込んだ手順です!

詳細は後悔しない平屋の家づくりのすすめかた【7つの手順】をご覧ください。

 

失敗した間取りランキング【第1位】室内物干し

第1位はダントツで室内物干しの失敗です。

特に冬は洗濯物が乾きにくく、脱衣場のホシ姫サマだけではまったくスペースが足りませんでした。

私達の平屋のある地域は、冬場は凄まじい強風が吹き、一緒に田んぼの砂が飛んでくるので、たとえ晴れていても外に洗濯物を干すことができません。

おかげで冬場は写真のとおり、晴れている日であっても、リビングをキャスター付きのパイプハンガーが占拠することになります。。。
リビングは窓も大きく、床下エアコンも使っているため確かによく乾くのですが・・・。

リビングに洗濯物を干すことのデメリットは以下の2点。

  • 洗濯機のある脱衣場からリビングまでが遠いため洗濯物を運ぶのに時間がかかる
  • リビングの南側の窓際3分の1を占拠してしまい非常に邪魔

脱衣所は南側にあるので、外物干し場とは直結しています。
外物干し場に干すのであれば最短の動線で効率が非常にいい。
しかしリビングに干すとなると、動線が長くなって効率がガタ落ちです。

あと、パブリックスペースであるリビングの窓際に洗濯物が並ぶのは嫌なものです。
単純に邪魔ですし、お客さんを呼ぶこともできません。

結論としては、外物干し場を全面ガラスのサンルームにすべきでした。
そうすれば冬場の砂に悩まされることもなく、突然の雨の心配をすることもなく、思いっきり洗濯物を干すことができました。

脱衣場をもう少し広くすればよかった気もしていましたが、以下の2点のデメリットがあるため脱衣場を室内物干しと兼用するというコンセプト自体が根本的に失敗でした。

  • 屋内だとたとえ窓があっても冬場は日差しが足りず、洗濯物がよく乾かない
  • 脱衣場など人が出入りする動線上の天井から洗濯物がかかっているのは邪魔

お金をためて、外物干し場にサンルームを作れるように頑張ります。

 

物干し部屋の失敗の詳細は下記記事をご参照ください。

【サンルームの失敗】室内に洗濯物干し部屋が必要だった2つの理由室内物干し(サンルーム)の失敗例について知りたくありませんか? 本記事では我が家の失敗例をもとに室内物干しサンルームの必要性と理想の室内物干しについて考察しています。サンルームを作ろうか悩んでいるかたは是非記事をご覧ください。[ヒラヤスタイル]...

 

失敗した間取りランキング【第2位】脱衣所

脱衣所の広さも失敗しました。

予算の都合で4.5畳→3.5畳に減築したので仕方がなかったというのもありましたが、脱衣場というのは想定以上に人の出入りが多い場所です。

家族4人で暮らす場合には意外に広さが重要です。

3.5畳で半分程度を引き出し収納が占拠する我が家の脱衣場は、実際に人が立てる面積は2畳ほどしかありません。少々狭く不便に感じるケースが多いのは事実です。

JUN
JUN
致命的ではないですがもう1畳広かったらずいぶん違ったろうなとは常々思います。

第1位であげた室内物干しにも関係しますが、サンルームを追加することで脱衣所の狭さを軽減できる可能性があることがせめてもの救いです。

脱衣所については次の記事で解説しています。

【Web内覧会】 実質3畳の洗面脱衣所 【物干しNGなレイアウト】
【Web内覧会】実質3畳の洗面脱衣所【物干しNGなレイアウト】脱衣場の広さをどのくらい取ればいいか悩んでいませんか? 本記事では我が家の脱衣場を例に、快適に使える脱衣所の広さを考察します。家を建てるのに脱衣所の広さを検討されているかたは是非記事をご覧ください。[ヒラヤスタイル]...

 

失敗した間取りランキング【第3位】納戸(ウォークインクローゼット)

3畳の納戸

夫婦の納戸は寝室とつながっていますが、これは独立させたほうが良かったです。

収納としての大きさは問題なかったのですが、物をしまう、あるいは取りに行く時に、寝室を通る必要があるのはなにかと不便。

収納と言うのは大きさも大事ですが、設置場所も重要であることを痛感しました。

 

納戸(ウォークインクローゼット)については次の記事で解説しています。

【Web内覧会】平屋の納戸【ファミリークローゼットはいらなかった理由】平屋のファミリークローゼット設置で悩んでいませんか? 本記事では私達が建てた平屋の納戸を例に、平屋に最適な収納計画をご紹介しています。 家を建てる時に使いやすい収納スペースを作りたいと考えている方はぜひ記事をご覧ください。...

 

失敗した間取りランキング【第4位】玄関収納の換気

換気扇

玄関収納の構造自体は問題なしです。強いてあげればすべり出し窓ではなく高所用窓にすべきだったことくらい。

それよりも問題になったのが「靴の臭い」です。

玄関収納には換気扇を設けなかったので、とにかく靴の臭いが充満して臭い!

特に夏になると汗をかきやすくなるため、臭いがより一層きついのです。

すべり出し窓を開けたくらいでは臭いは全く抜けません。

 

ここは24時間換気を付けるべきでした。

あまりに臭うので、可能であれば後付けで換気扇を付けたいくらい。

換気扇が無理であれば電動の脱臭機を考えます。

シューズクローク、玄関収納には絶対に換気扇をつけて24時間まわすことをおすすめします。

玄関収納については次の記事で解説しています。

【Web内覧会】靴箱が遠くない玄関収納【コート掛けも完備】
【Web内覧会】靴箱が遠くない玄関収納【コート掛けも完備】玄関収納の作り方で悩んでいませんか? 本記事では我が家を例に、使いやすい玄関収納を作るための5つのポイントをご紹介しています。 散らからない玄関を作りたいと考えている方は是非記事をご覧ください。[ヒラヤスタイル]...

失敗した間取りランキング【第5位】トイレの配置

トイレの展開図

トイレが寝室の隣というのも、音の面で失敗しました。

グラスウールを入れてもらって軽減はしていますが、それでも静かに寝ている時はトイレを流す音は若干聞こえてしまいます。

うるさくて眠れないとかはありませんが、より静かに寝たい場合はトイレと寝室は離したほうが無難ですね。

グラスウールについては次の記事で解説しています。

トイレや洗濯機の音を46デシベル軽減する方法【吸音材としてのグラスウールの効果】トイレや洗濯機の音で悩んでいませんか? 本記事では我が家の例を参考に、間仕切壁に吸音材を入れて音を軽減する方法をご紹介しています。 トイレなどの生活音を軽減したいと考えている方は是非記事をご覧ください。[ヒラヤスタイル]...

 

 

【まとめ】結局は実用的でない部分に不満が集中します

今日の記事をまとめます。

まとめ
  • 室内物干しは絶対に欲しいと考えていたのに、うまく作ることができませんでした。
    自分の認識の甘さが悔やまれます。もっと妻の意見も聞いて独立したサンルームを作るべきでした。いつかリフォームしてサンルームを追加します。
  • 脱衣所の広さの認識も甘かったです。こんなに人の出入りが多い場所だとは思っていませんでした。洗濯機があるため作業スペースとしても活用することが多く、広いスペースが必要でした。サンルームを作ることで狭さを軽減できる可能性がありますので、今はそこに期待しています。
  • 納戸は寝室とつなげるべきではありませんでした。
    動線として少々不便な場合があります。
    ファミリークローゼットはいらない派ですが、独立性は保ったほうが良かったと感じています。
  • 玄関収納の換気は完全に盲点でした。すべり出し窓をつけたので換気は大丈夫だろうと思いこんでしまったのがそもそも間違いでした。靴の臭いは想像以上にこもりますので、24時間換気は必須です。
  • トイレと寝室が隣だと、寝ている時にトイレの流れる音が気になります。
    グラスウールで軽減はしていますが、寝室とトイレはできるだけ離すべきでした。

 

失敗したと感じる部分をこうして振り返ってみると、結局のところ「実用的でない部分」に不満が集中していることがわかります。

 

もともとのコンセプトが「時短を叶える家づくり」です。

家を建てる時のコンセプトの作り方【私達の家づくりの要望一覧を公開】
家を建てる時のコンセプトの作り方【私達の家づくりの要望40個を公開】家を建てる時にコンセプト作りで悩んでいませんか? 本記事では家づくりの際に無駄のないコンセプトを作る方法をご紹介しています。 家づくりに失敗したくないかたはぜひ記事をご覧ください。...

成功したと思える部分はアパート暮らしに比べて圧倒的に時間を節約できているわけで、本記事で取り上げた「時間がかかってしまう」部分がより目立ってしまう結果となりました。

 

ただし、5つで済んだと考えれば、初めての家づくりとしては上出来だったのではないでしょうか。
さらに、1位と2位については、サンルームを追加すれば失敗を帳消しにできる可能性があることも、やり直しがきかない家づくりにおける救いになっています。

 

JUN
JUN
こうして90%くらい満足できる家が作れたのは、建築士さん、施工会社さんのご協力があってのことです。本当に感謝しています。

さらに、自分自身でも徹底して家づくりの情報を収集したことが、要望を的確に伝えるうえで役に立ったと感じています。

 

逆に今回取り上げたことに代表される、残り10%の不満足な部分が出てきてしまったのは、私自身の情報収集が足りず、無知だったことが原因です。

もっと家づくりの情報を収集していれば、要望として盛り込めたのになと後悔しています。知らないというのは怖いことですね。

 

後悔しない平屋の家づくりのすすめかた【7つの手順】

後悔しない平屋の家づくりのすすめかた【7つの手順】
理想の暮らしが実現できる間取り、設備が揃った平屋を建てるために具体的にどうすればいいのか知りたいです!

 

私は2018年12月に平屋を新築しました。
5年ほどかけて検討し、満足度85.8%の平屋住宅を建てることができました。

JUN
JUN
85.8%の満足度としたのは、間取りと設備の後悔・失敗ポイント183選のうち、我が家の後悔・失敗ポイントは26個だったからです

おかげさまで、親戚や知人からは「快適な家でうらやましい!」とよく言ってもらえますし、家族からもおおむね好評で毎日楽しく暮らすことができています。

そんな快適な平屋住宅を実際に建てた私が、平屋の家づくりで後悔しないための方法を7つの手順にまとめました!

身近な知り合いに平屋づくりのコツを聞かれたら、以下の7つを説明します!

  1. 【難易度:1】住宅会社の情報を資料一括請求サイトで集める
  2. 【難易度:1】家づくりの専門書を読む
  3. 【難易度:2】家を建てた人のブログ(Web内覧会・ランキング記事)を読む
  4. 【難易度:2】オープンハウスをできるだけまわる
  5. 【難易度:3】家を建てる地域でアパート暮らしをしてみる
  6. 【難易度:3】新築のコンセプトを決めてノートにまとめる
  7. 【難易度:1】先人達が後悔したポイントをチェックする

手順にはそれぞれ、1、2、3の3段階で難易度をつけています。
1がもっともやさしく3が最も難しいです。

JUN
JUN
取り組みやすいところから始めてみてください!

建築はまったくの素人だった私でも、このステップを踏むことで理想の平屋を建てることができました。

詳細は後悔しない平屋の家づくりのすすめかた【7つの手順】で解説していますのでぜひ参考にしてみてください!

後悔しない平屋の家づくりのすすめかた【7つの手順】
後悔しない平屋の家づくりのすすめかた【7つの手順】後悔しない平屋の家づくりのすすめかたを知りたくありませんか?当記事では平屋の家づくりのコツを7つの手順で解説しています。これから家づくりを始めるかたはぜひ参考にしてみてください。...

 

本日も最後までお読みいただきありがとうございました。

みなさんの家づくりの参考になれば幸いです。