【新築平屋】間取りの作り方・設備の選び方

家を建てる時のコンセプトの作り方【私達の家づくりの要望40個を公開】

家を建てる時のコンセプトの作り方【私達の家づくりの要望一覧を公開】

 

  • 家を建てる時は、どうやってコンセプトを決めたらいいですか?
  • 家づくりを始める時に、最低限決めておくべきこととは?

 

今日の記事はこういった疑問に答えます。

結論から言うと、新居のコンセプト作りは、今の生活の問題点を解消、改善することから考えると無駄や失敗がありません。

 

本記事の内容
  • 家を建てる時の基本コンセプトの決め方実例
  • 私達の平屋の家づくり要望一覧

 

私は2018年12月に平屋を新築しました。

建築プランをたてる時には、まず基本となる「コンセプト」を考えました。

今日の記事は我が家の例を参考に、失敗しない家づくりのコンセプトのたてかたをご紹介します。
また、コンセプトを元に建てた我が家は、実際にコンセプトどおりになったのか?の答え合わせも行います。

これから家を建てる予定のかたは必見です。

ネットで簡単!平屋の資料請求
間取りプラン無料作成

ハウスメーカーの平屋資料を集めるのなら「カタログ一括請求サイト」が便利!

自宅にいながら、

  • 平屋のカタログ
  • 要望にそった間取りプラン
  • 資金計画書(見積もり)

をゲットできます!

「カタログ一括請求サイト」については次の記事で解説しています!

【ハウスメーカー】平屋のカタログ一括請求サイト比較ランキング!【タウンライフ家づくりなど】
【ハウスメーカー】平屋のカタログ一括請求サイト比較ランキング!【タウンライフ家づくりなど】ハウスメーカー資料一括請求サイトについて知りたくありませんか? 本記事では5つのハウスメーカー資料一括請求サイトを比較した結果をご紹介しています。 ハウスメーカー資料一括請求サイトを利用しようか迷っているかたはぜひ記事をご覧ください。[ヒラヤスタイル]...

 

家を建てる時の基本コンセプトの決め方実例

結論から言うと、現在の生活の問題点から考えましょう。

圧倒的に無駄がないです。

 

 

アパート暮らしの問題点から基本コンセプトを考えた

私達夫婦の家づくりは、アパートに子供二人と一緒に暮らして噴出した、数々の問題点から基本コンセプトを考えていきました。

JUN
JUN
こうなったらいいな、という夢から発想するよりも、まずは現実的な問題の解消から考えることが大切です。

 

家づくりに夢を持つな、とは言っていません。

要は順番が大切、ということです。

問題点をしっかり解消して、まずはマイナスをゼロに戻す。

ゼロに戻した後に、遊び心というプラスアルファを少し加えてみる、というのがおすすめの順番です。

 

アパート暮らしの問題点を列挙してみたら64個出てきた。

私達家族は2LDKのシャーメゾンに5年間暮らしました。

内階段で上がっていく2階の物件でした。

5年の間に子供が二人生まれ、最終的には4人で暮らしたわけですが、さすがに4人ともなると収納スペースが足りないといった狭さの問題だけでなく、本当にさまざまな問題点が浮き彫りになりました。

JUN
JUN
実際にリストアップしてみた問題点が以下のとおりです。

 

立地

  • 妻の実家から10kmほど離れていて遠い。

 

庭、駐車場の問題点

  • 子供が安全に遊べる庭がない。
  • 駐車スペースが 2台しかなく来客に対応できない。
  • 玄関から車までが遠く、荷物の出し入れが大変。特に雨の日は濡れて大変。

 

玄関の問題点

  • 玄関自体が狭い。人が並ぶと窮屈。
  • ドアが強風で閉じると子供が手を挟みそう。
  • 子供の自転車が雨ざらし。
  • コート、帽子、スリッパ、ベビーカー、スキー、スノーボード、子供のプールなどの収納場所がない。
  • 靴箱が容量オーバー。
  • たたき側に靴入れがあるため一旦たたきにおりないと靴が取れない。
  • 窓がなく昼間でも真っ暗。
  • 内階段で二階に上がるが、荷物を持って階段をあがるのが大変。階段で子供が誤って落ちる危険性がある。
  • 階段掃除は手間がかかる。
  • 階段はルンバが使えない。

 

収納、納戸の問題点

  • 扇風機、5 月人形など季節物がしまえるスペースが足りない。
    (スーツケース、ふとん、扇風機、加湿器)

 

キッチンの問題点

  • パントリーがない。フルーツ置き場がない。
  • 電子レンジや炊飯器などの位置が低くて子供が触ってあぶない。
  • 食器類などの棚がオープンで目について煩雑な印象がある。
  • 調味料が取り出しにくい。
  • 料理用の作業スペースが狭い。
  • スポンジ、タオルを置く専用の場所がない。
  • シンクなどの高さが低くて疲れる。
  • ゴミ箱を置くスペースがない。ゴミが臭う。
  • シンクからゴミ箱が遠く水滴が床に垂れる。
  • 卓上食洗機に鍋などの大きな器具が入らない。
  • 玄関からキッチンが遠く、勝手口もないため、買ってきた食材を車から運ぶのが大変。

 

 

ダイニングの問題点

  • 大きなダイニングテーブルがない。親や来客も含め腰掛けて話をする場所がない。

 

リビングの問題点

  • バッグ類の置き場所がない。
  • 本棚が足りない。
  • 文具、写真アルバムの置き場所、iPhone の充電場所がない。
  • おもちゃが散らかっていて掃除が面倒。
  • 掃き出し窓が南側1つしかないため風の通りが悪い。
  • テレビの後ろとテレビ台にホコリがたまる。掃除もしにくい。
  • 畳スペースがなくゴロゴロしにくい。
  • 掃除機、ルンバの置き場所がない。
  • パソコンを椅子に座って操作できる場所がない。
  • テレビを楽な姿勢で見られるソファがない。
  • アルミサッシの結露が酷い。
  • 冬は床が冷たくて寒い。

 

浴室の問題点

  • 北側でジメジメしてカビやすい。
  • 浴槽が狭くて足が伸ばせない。
  • 窓が小さく閉塞感がある。
  • 冬はとても寒い。

 

脱衣室の問題点

  • お風呂上がりにタオルを干す場所がない。
  • 下着類をしまう場所がない。
  • 部屋干しする場所がない。

 

洗面の問題点

  • 窓がなく常時暗くてジメジメしている。
  • 歯ブラシなど収納スペースが鏡の横でオープンなため目について煩雑な印象がある。
  • タオル、洗濯洗剤やシャンプーを保管しておける収納スペースが足りない。
  • 子供が水を出しっぱなしにして水がもったいない。

 

寝室の問題点

  • ルンバが通れる高さのベッドがない。
  • クローゼットが各部屋で別々のため洗った服をしまうのに時間がかかる。
  • 服はできるだけハンガーでかけたいがスペースがないため後付のキャビネットなどを使っている。
  • 窓がひとつで風通しが悪いため暑い。
  • 夏はエアコンが必要で体が冷えて喉が痛い。
  • 窓は大きいが庇がなく雨が怖くて窓を開けたまま寝られない。
  • ベランダが遠く布団を干すのが大変 。
  • アルミサッシの結露が酷い。冬寒い。

 

トイレ

  • 窓が小さいため暗い。
  • 寝室の隣などで水を流すと目が覚める。
  • 収納がなく物が床にも置いてあり掃除がしにくい。
  • 窓の結露が酷い。

 

その他設備

  • プロパンガス代が高い。

 

 

アパート暮らしの問題点をひとつひとつ解消していくことで、家づくりに必要な要素が自然と見えてきます

JUN
JUN
こうしてアパート暮らしの問題点を列挙してみると、それだけで家づくりに必要な要素がある程度見えてくると思いませんか?

新居のコンセプトは列挙した問題点のひとつひとつを解消していくことで自然と出来上がっていきます。

現時点で実際に不満を感じている部分を明確にし、それを解消していくので、とにかく無駄がありません。

JUN
JUN
自分達が持っている不満の解消ですから、満足度は確実に上がりますし、こんなことやる必要がなかったとあとから感じるリスクもゼロです。

 

もちろん家を建てるには予算というものがありますから、すべてを同時に解消するのは難しいケースもあるでしょう。

しかし、問題点をすべて可視化しておけば、予算を優先的に割り振る場所、妥協できる場所を探し出す時にも有力な手掛かりとなります。

 

人のマネは・・・たぶん効果が薄いです

ここにあげた問題点は、当たり前ですが私達夫婦独自のものです。

人によっては問題と感じない部分もあるでしょうし、万人に共通した不満も含まれています。
本当に人それぞれ感じることには違いがあります。

自分達が家という環境に対して何を不満に感じるのか。
そのことを明確にできるのは世界中で自分達だけです。
なぜなら、家族構成、年齢、職業などによって、それぞれが抱えている家の問題点はまったく異なるからです。

他の人が抱えている問題点をそのままコピーしてもってきても、自分達には合わない場合があります。

他人の家の問題点や後悔ポイントを参考にすることも大事ですが、それは自分達の問題点を洗い出したあとにすべきです。

自分達の問題点の改善を先にもってこないと、「大切な限られた予算をどこに重点的に使うのか?」という点がブレてしまいます。

JUN
JUN
ぜひ、今じっさいに自分達が「切実に感じている暮らしの問題点」を改善するにはどうしたらいいか?をコンセプトの中心にすえて考えてみてください。

 

 

 

 

私達の平屋の家づくり要望一覧

実際に列挙した問題点から、どのように家のコンセプトを決めていったのかをご紹介します。

 

時短を叶える平屋を作るためにまとめた実際の要望を公開

家づくりを始める際に、実際に私達が考えた要望を以下にご紹介します。

実際にはこちらの要望にそって家づくりが進められました。

また、家づくりの判断で迷った時、予算が厳しくなった時も、この要望に立ち返って取捨選択をしていきました。

 

構造

  • 階段の上り下り、階段の掃除の手間をなくすために平屋にする。
  • ルンバを最大限活用するためにも段差がない平屋が良い。

 

庭、駐車場

  • 手入れが最小限になるように、庭は人工芝にする。
  • 駐車スペースは夫婦の車2台にプラスして、来客対応用に最低もう2台分は確保する。
  • 最低1台は、荷物の出し入れがしやすい駐車場を確保する。
  • 雨の日に濡れずに車に乗り降りできる屋根付き駐車場を作る。

 

玄関・勝手口

  • 物や人の出入りがしやすい広めのスペースを確保する。
  • 荷物の出し入れの際に開けたままにできるように、ドアは引き戸にする。
  • 子供の自転車、コート、バッグ類、帽子、スリッパ、ベビーカー、スキー、スノーボード、子供のプールなどを出し入れしやすい収納場所を確保する。
  • 家族分の靴が収納できる容量、玄関のたたきにおりなくても使える下駄箱を用意する。

 

収納、納戸

  • 扇風機、5 月人形など季節物がしまえるスペースを確保する。
    (スーツケース、ふとん、扇風機、加湿器)
  • どうしてもスペースが足りなくなった場合に備えて、「外物置」を追加で置くスペースも考慮しておく。

 

キッチン

  • 物が片付くようにパントリーを確保。
  • 料理が捗るようにワークトップが広いキッチンにする。
  • 疲れを軽減するためにワークトップの高さは妻の身長に合わせる。
  • 生ゴミの処理がしやすいように生ゴミ処理機が置ける場所をあらかじめ確保する。
  • 周囲が汚れないように生ゴミ処理機はシンクから近い場所に置く。
  • 食器洗いにかける時間を最小限にするために最大サイズの食洗機を導入する。
  • 買ってきた食材を車から運び入れるための、最短の動線を確保する。
  • 洗い物をしやすくするためセンサー付きの自動水栓にする。
  • 掃除がしやすいIHヒーターにする。

 

ダイニング

  • 来客があった時に全員が腰かけられるダイニングテーブルを用意する。

 

リビング・書斎

  • iPhone の充電場所を確保する。
  • テレビまわりの掃除がしやすいように壁掛けにする。
  • パソコン作業がしやすいように書斎を用意する。

  • カビ発生と掃除頻度を下げるために結露しにくい窓にする。

 

浴室

  • 掃除の手間が減らせるように陽当たりのいい場所に配置する。
  • 冬でも寒くないように暖房を入れて風邪を予防する。

 

脱衣所・物干し

  • 下着類をしまう場所をあらかじめ作る。
  • 部屋干しする場所を確保する。
  • 洗濯機から外物干し場への動線を最短にする。
  • ふとんを干す場所を確保する。

 

洗面所

  • タオル、洗濯洗剤やシャンプーなどの在庫を保管しやすい収納スペースを確保する。
  • 節水のために自動水栓にする。

 

寝室

  • 夜寝る時も安全に開けておける窓を作る。

 

トイレ

  • 床掃除がしやすいトイレ。
  • トイレ用品の収納がしやすいトイレ。

 

その他設備

  • オール電化で光熱費を下げる。
  • 照明のオンオフの手間を減らすために人感センサー付き照明を使う。
  • 体調を崩して病院にかかる頻度を減らすために、高気密高断熱で夏涼しく冬暖かい家にする。

 

以上が私達がアパート暮らしの問題点から考えた要望一覧になります。

これらの要望の90%は新居で実現できたと考えています。

 

問題点から考えたら実用的なプランになった

JUN
JUN
アパート暮らしの問題点を解消することを考えると、おのずと新居のコンセプトは実用的なものになっていきました。

デザイン、意匠性にまったくこだわらないわけではないですが、見た目よりも実用的で機能的であることが優先されたのです。

時短を叶える家を建てるうえで一番大切なのは、当たり前ですが時間の節約です。
生活するうえで絶対にやらなくてはいけないことにかける時間をできるだけ減らす。
そして自分達が本当にやりたいことのための時間を確保する。

家事や移動にかける時間をできるだけ減らして、家族で楽しむ時間を増やすことが、私達の家づくりのコンセプトの本当の目的です。

 

要望の答えあわせ

実際にできあがった家はどうなったのか?【答え合わせ】

家づくりの答え合わせ

では実際にできあがった家は、要望をどの程度実現できたのか?

以下の14項目で答え合わせをしてみました。

  • 階数、間取り全体
  • 庭、駐車場
  • 玄関・勝手口
  • 収納、納戸
  • キッチン
  • ダイニング
  • リビング・書斎
  • 浴室
  • 脱衣所・物干し
  • 洗面所
  • 寝室
  • トイレ
  • その他設備

答え合わせは次の記事で解説しています。

家づくりノートに書いた要望はどのくらい実現できた?【答えあわせ】
家づくりノートに書いた要望はどのくらい実現できた?【答えあわせ】 私が「家づくりノート」にまとめた要望が実際にはどの程度実現したのか? 以下の14項目で答え合わせをしてみました。 ...
JUN
JUN
要望通りとなった部分、意外な落とし穴など、気になるかたはぜひご覧ください。

 

時短な家を目指すと、家づくりに失敗する確率が下がるというメリットがあります

時間の節約に着目すると、必然的に実用性の高い機能的な家ができあがることになります。

デザインや意匠性については個々人の感性によるところが大きいので、万人が満足するものを作ることはなかなか難しいです。

成果を測る尺度はどうしても曖昧になってしまいます。

成功したのか失敗したのかが非常にわかりにくい。

対して、無駄な時間のかからない家を作った場合には、「時間」という絶対的な尺度をもとに評価できるために、誰にとっても成果がわかりやすいのです。

時間を節約できたことは、生活し始めれば誰でもすぐに体感することできるため、あたりまえですが満足度も高くなる傾向にあります。

JUN
JUN
もし、家づくりのコンセプト作りで迷ったら、我が家と同じように「時短」を目標にしてみてはどうでしょうか。

家づくりの基本コンセプトを決めると、なにかいいことあるの?

家づくりの基本コンセプトを決める理由はなんでしょう?

それは、家づくりは決めなくてはならないことが山のようにあって、その中から自分達にとって大切なことは何かを決めるためです。

 

JUN
JUN
決めることは山のようにありますが、自分達の要望をすべて実現することは難しいです。

なぜなら、以下の要素には限りがあるからです。

  • 予算
  • 土地の広さ

 

予算が無限にあれば、お金をかけることでほとんどの問題を解決することが可能です。

JUN
JUN
でも無尽蔵に予算がある人はいないですよね。

 

さらに土地の広さにも限りがあります。

なんでもかんでも詰め込むだけのスペースは、もともとないほうが当たりまえ。

 

予算と土地の制約がある中で、自分達が満足する家を建てるには、絶対にこれだけは嫌!という部分を核にしたコンセプトを決めておくことが大切なんです。

JUN
JUN
判断に迷った時に、基本コンセプトがしっかりと決まっていれば、いつでも基本コンセプトに立ち返ることができます。

 

限られた予算を割り振る時に、コンセプトが決まっていると、優先順位付けで迷うことがありません。

自分達が当初考えていたことから大きくブレることがなくなるので、結果的に満足度の高い家を建てることが可能になります。

【まとめ】漠然とした夢よりも、まずは現状の問題点を解消することを考える

今日の記事をまとめます。

まとめ
  • 家を建てる時の最初のとっかかりとしては、漠然とした「夢」から入るのではなく、現実的な「問題点」から考えると、考えがまとまりやすいです。
  • 問題点をあぶり出すには、あえて不便な環境で暮らしてみるのがおすすめ。
    実際に経験してみないとわからないこともあります。
  • アパート暮らしの問題点を列挙しノートにまとめましょう。可視化してみると、その逆をすれば最低限、不満の出にくい家を建てることができます。予算の優先順位を決めるうえでも可視化しておくのは有益です。
  • 何に不満を感じるかは人それぞれ。
    家という環境に対して何を求めるかは、世界中であなたしか決めることはできません。

こうしてアパート暮らしのころの問題点をもう一度並べてみると、新居で改善できたもの、改善できなかったものがよくわかります。

答え合わせをしているような感覚です。

9割くらいは解消、改善できましたが、予算が足りずに妥協した点が1割くらいあります。

それでも自分達が実際に経験した問題点を可視化して建築プランに反映したことで、おおよそ満足のいく家が建てられたと自負しています。
もしアパート暮らしの問題点を自分達が把握していなかったら、もっとぼんやりとした家ができて、引き続き不便な生活を強いられていた可能性は十分にあります。

みなさんも家を建てる時に何から始めればいいのか迷ったら、まずは現状の問題点を列挙することから始めてみてください。
きっと無駄のない、自分達独自の家づくりノートを作ることができるはずです。

ネットで簡単!平屋の資料請求
間取りプラン無料作成

ハウスメーカーの平屋資料を集めるのなら「カタログ一括請求サイト」が便利!

自宅にいながら、

  • 平屋のカタログ
  • 要望にそった間取りプラン
  • 資金計画書(見積もり)

をゲットできます!

「カタログ一括請求サイト」については次の記事で解説しています!

【ハウスメーカー】平屋のカタログ一括請求サイト比較ランキング!【タウンライフ家づくりなど】
【ハウスメーカー】平屋のカタログ一括請求サイト比較ランキング!【タウンライフ家づくりなど】ハウスメーカー資料一括請求サイトについて知りたくありませんか? 本記事では5つのハウスメーカー資料一括請求サイトを比較した結果をご紹介しています。 ハウスメーカー資料一括請求サイトを利用しようか迷っているかたはぜひ記事をご覧ください。[ヒラヤスタイル]...

本日も最後までお読みいただきありがとうございました。

みなさんの家づくりの参考になれば幸いです。

後悔のない平屋を誰でも建てられる
「7つの手順」を解説!
【新築平屋】
間取りの作り方・設備の選び方
TOPに戻る