平屋間取り

カバヤホームさんの「自然と繋がる憩いの平屋」間取りおすすめポイント【南北採光の開放的LDK】

カバヤホームさんの「自然と繋がる憩いの平屋」間取りおすすめポイント【南北採光の開放的LDK】
記事内に広告を含みます
カバヤホームさんの「自然と繋がる憩いの平屋」について詳しく知りたいです。

 

今日の記事はこういった疑問に答えます。

 

実際に平屋を建てた私が、カバヤホームさんの「自然と繋がる憩いの平屋」の間取りを中心にチェックしてみました。

結論から言うと、「南北が大きく開口した開放感抜群のLDKがある平屋住宅」でした。

カバヤホームさんの「自然と繋がる憩いの平屋」のおすすめ間取りポイントは下記になります。

間取りおすすめポイント

  • 開放感抜群のLDK

これから平屋を建てる予定のかたは、事例のひとつとしてぜひ参考にしてみてください。

JUN
JUN
当ブログでご紹介した平屋のカタログをサクっと集めたいかたは次の記事が参考になりますよ。

カバヤホームさんの「自然と繋がる憩いの平屋」の外観と間取り図

※当ページの引用タグ内の画像はすべてカバヤホームさんの「自然と繋がる憩いの平屋」ウェブサイトから引用させていただきました。

カバヤホームさんの「自然と繋がる憩いの平屋」の外観と間取り図をご紹介します。

カバヤホームさんの「自然と繋がる憩いの平屋」の外観 カバヤホームさんの「自然と繋がる憩いの平屋」の間取り図

 

JUN
JUN
切妻屋根の42坪平屋です!

カバヤホームさんの「自然と繋がる憩いの平屋」の特性は以下のとおりです。

  • 2LDK
  • 延床面積40坪台
  • 長方形
  • 南玄関
  • 和室あり
  • 書斎あり
  • アイランドキッチンあり

カバヤホームさんの「自然と繋がる憩いの平屋」の気になる間取りおすすめポイントをチェック!

カバヤホームさんの「自然と繋がる憩いの平屋」の気になる間取りをピックアップ。

間取りおすすめポイント

  • 開放感抜群のLDK
JUN
JUN
このあと、わが家との対比も合わせてご紹介することで、実際の使い勝手についても検証していきます!

開放感抜群のLDK

カバヤホームさんの「自然と繋がる憩いの平屋」のLDK写真 カバヤホームさんの「自然と繋がる憩いの平屋」のLDK間取り図

カバヤホームさんの「自然と繋がる憩いの平屋」は、素敵すぎるLDKが最大のおすすめポイント!

ご覧のとおり、南北の2面採光。
明るくて気持ちのよい空間が広がっています。

また、天井は垂木現しの勾配天井になっています。
普通の2階建ての家では実現が難しい抜群の抜け感を演出。

JUN
JUN
木のぬくもり、白い北側の壁、そして黒いキッチン収納という配色がキレイで抜群のセンスの良さを感じられますね。

訪れた誰もが、玄関を入ってすぐ右手に広がる美しいLDKに釘付けになるでしょう。

 

窓が多すぎて、夏暑いんじゃない?

こんな疑問が出るかも知れませんが、カバヤホームさんの「自然と繋がる憩いの平屋」なら大丈夫。

なぜなら平屋ならではの切妻屋根で、深い深い軒が備わっているからです。

夏の南からの直射日光は軒でシャットアウト。

JUN
JUN
明るさと快適さを両立した、機能的なデザインが魅力的!

日常感、開放感、採光を重視した、ちょっと他では体験できないLDKを作りたいなら、カバヤホームさんの「自然と繋がる憩いの平屋」のLDKはとても参考になりますね!

我が家のLDKも2面採光で明るい。垂木現しの勾配天井も。

我が家のLDK間取り図

我が家のLDKも南と西の2面採光で、非常に大きな掃き出し窓があり、開放感、明るさ抜群です。

そして天井も、カバヤホームさんの「自然と繋がる憩いの平屋」と同じく、垂木現しの勾配天井となっています。

また、軒も深めに出してもらったので、夏の高度が高い太陽の光も効果的に防いでくれています。

我が家の中でダントツでお気に入りの空間がLDKで、2面採光と勾配天井の開放感は、ぜひみなさんにも体験してもらいたいほどです。

JUN
JUN
私の経験からも、カバヤホームさんの「自然と繋がる憩いの平屋」のLDKは、まちがいなく 気持ちの良い空間だと断言できます!

 

1点だけ、窓の面積が増えると、それだけ「壁」が減るという点には注意が必要です。

壁面積が少なくなると、必然的に、収納を作ったり、家具などを壁際に置くといったことができなくなります。

【リビング】後悔・失敗ポイント14選にも書きましたが、LDKに収納を多めにつくりたいかたはとくにご注意ください。

まあそういったデメリットを考えても、やはり2面採光の気持ち良さは格別です。

収納スペースをLDK外に多めに計画するのであれば、LDKの窓は大きめにするのがオススメです!

LDKはもっとも滞在時間が長く、家族も、そして知人、友人が訪れた際も、みんなが絶対に集まる場所。

LDKが快適であれば、平屋作りの8割は成功したと言っても過言ではないでしょう。

カバヤホームさんの「自然と繋がる憩いの平屋」のように気持ちのよい開放感あふれるLDKが作れれば、毎日の生活が楽しくなること間違いなしです!

我が家のLDKについては【平屋の実例】23畳LDK【リビング・ダイニング・キッチン】で解説しています。

軒の大切さは【平屋の実例】夏涼しく冬暖かい家の作り方【軒がポイント】で解説しています。

 

カバヤホームさんの間取り以外の特徴

カバヤホームさんの間取り以外の特徴をご紹介します。

住宅設備機器10年保証

カバヤホームさんは住宅設備機器10年保証

カバヤホームさんは保証も充実。

中でも特筆すべきは、住宅設備機器の10年保証でしょう。

画像のとり、10年間は修理無制限で工費0円!

しかも経年劣化の自然故障でも対応してくれます。

例えば、我が家の食洗機ミーレの無償保証期間は2年です。

保証期間内にエラーが発生して1度だけメーカーのかたにきてもらいましたが、今ではもう保証期間の2年はすぎてしまっているので、次回からはメーカーを呼ぶと有償かと思うと気が重いです・・・。

カバヤホームさんなら、メーカーの保証が切れても10年間は安心して設備を使える点が非常に魅力的ですね!

【まとめ】開放的で明るいLDKが魅力的な平屋住宅

カバヤホームさんの「自然と繋がる憩いの平屋」の気になる間取りのポイントをチェックしてみました。

間取りおすすめポイント

  • 開放感抜群のLDK

 

以上をまとめると、カバヤホームさんの「自然と繋がる憩いの平屋」は、特に以下のかたにおすすめです!

  • できるだけ明るいLDKの平屋が良い。
  • LDKは平屋の特性をいかして、垂木現しの勾配天井にしたい。
  • 夏の直射日光を効果的に防げるように、軒が深い平屋が良い。
  • 木のぬくもりが感じられる配色の家に住みたい。
  • 住宅設備の保証が長い工務店さんで平屋を建てたい。
JUN
JUN
南北の2面採光でLDKの抜け感が気持ちいい平屋住宅!

カバヤホームさんの「自然と繋がる憩いの平屋」は、豊かな時間をすごせるユニークかつ機能的なLDKのある平屋でした。

JUN
JUN
当ブログでご紹介した平屋のカタログをサクっと集めたいかたは次の記事が参考になりますよ。

関連記事

 

本日も最後までお読みいただきありがとうございました。

みなさんの後悔のない家づくりの参考になれば幸いです。