間取りと設備の実例

【TOTO TENA22EL レビュー】スタイリッシュな自動水栓の2つのデメリットを解説

【TOTO TENA22EL レビュー】スタイリッシュな自動水栓の2つのデメリットを解説

TOTOの自動水栓 TENA22ELを実際に使っている人の口コミを聞きたい。

 

 

今日の記事はこういった疑問に答えます。

TOTO自動水栓TENA22EL

結論から言うと、TENA22ELはサーモスタットの制御に少々難がありますが、シンプルで掃除のしやすいデザインが秀逸な製品です。

 

本記事の内容
  • TOTO自動水栓TENA22ELレビュー
  • TOTO自動水栓TENA22ELのデメリット
  • TOTO自動水栓TENA22ELのメリット

 

私は2018年12月に平屋を新築しました。

洗面所の洗面器と水栓は以下の組み合わせにしました。

 

今日の記事では、TOTO 自動水栓 TENA22ELの詳細レビューをお届けします。

これから家を建てるかたや、洗面所のリフォームを考えているかたは必見です。

 

 

 

 

 

TOTO自動水栓TENA22ELレビュー

直線的な形状のデザインで、LS911CRとの相性も抜群です。

 

 

自動水栓は本当に便利

TOTOアクアオート自動水栓

自動水栓ですので、当たり前ですが手を水栓の下に入れるだけで水が出てきます。

蛇口をひねるといった動作が必要ないため、手で触れる箇所が少なく衛生的です。

特に我が家はトイレの後の手洗いにも使用しているため、衛生的であることは重要な要素です。

トイレの手洗い器はいる?いらない?トイレに手洗い器を付ける必要があるのか知りたくありませんか? 本記事では、我が家の間取りを例に、トイレの手洗い器が必要ない理由を深掘りしています。トイレに手洗い器が必要かどうか悩んでいるかたは是非記事をご覧ください。...

 

我が家は手洗い石鹸もミューズノータッチを使っているので、手洗いに関するすべての動作が手をかざすだけで完結していることも、衛生面の向上に寄与しています。

 

 

自動水栓は子どもの手洗いがラク

手を洗う子ども

自動水栓は子どもの手洗いもラクです。

子どもはただでさえめんどくさがって手を洗わないですが、自動水栓なら手をかざすだけなのでハードルが低くなります。

 

加えて、以下のメリットもあります。

  • 水の出しすぎによる水はね汚れが最小限になる
  • 水の止め忘れがない

子どもに水量のレバー操作などをさせると、いきなり全開!みたいな操作をすることがあって、あたりへの水の飛び跳ねがハンパない時があります。
(子どもがおもしろがってわざとやる場合もあります)

自動水栓であれば水量は常に一定なので水の出しすぎの心配はありません。

手を離せば水も自動で止まるため、止め忘れの心配もありません。

特に子どもの場合は止めたつもりでいても、チョロチョロと水が流れる状態になっていた、なんてことはよくあります。

 

JUN
JUN
子どもの手洗いの悩みは自動水栓ですべて解決です。

 

TENA22ELは掃除がラク

TOTO自動水栓TENA22EL

形状が直線的でシンプルなため、掃除が超ラクです。

時折サッと拭くだけでキレイをキープできます。

時短がテーマの我が家では、形状がシンプルなのものが好まれます。

 

水温の調整方法

TENA22ELはサーモスタット混合栓になっています。

サーモスタット混合栓とは、設定した吐水温度になるように水とお湯を混ぜてくれる装置のことです。

株式会社KVKさんのサイトがとてもわかりやすいかったので引用させていただきます。


株式会社KVKさんのサイトより引用

 

 

洗面器の下部、写真の場所に温度調節のツマミがあります。

こちらで水栓から出てくる水の温度を調整します。

写真のように中央(水平)に合わせると36℃です。

これで36℃のちょうどいい感じのお湯が出てくるはずなのですが・・・。

真冬はなかなかお湯がでてきませんでした。

お湯を送りだすエコキュートからは3mと離れていない場所なのですが、TENA22ELはそもそもの流量が少ないので、お湯が出てくるまでには15秒くらいはかかります。

基本的にはトイレから出た後の手洗いがメインの使い道のため、なかなか15秒出しっぱなしにはしないですよね。

だから真冬はトイレ後の手洗いはいつもキンキンに冷たい水でした。

温度調節ツマミを暖かいほうへ最大に設定してみましたが、お湯がでてくるまでの時間はあまり変わりませんでした。

仕組み上、しかたがないのかも知れませんが、もう少し早くお湯になってくれるとありがたいです。

 

しかたないかなとあきらめかけていたのですが、マニュアルを見るとお湯の流量は調整可能との記述を発見。

下記写真の箇所でお湯側の流量を調整したところ、お湯が出てくるまでの時間が5秒程度短縮されました。

TENA22ELの実際の水流の動画

調整後の水流を動画に撮ってみました。

普通に使う分にはまったく問題ありませんが、スロップシンクのSK7と比較すると水流は弱いので、お湯が出てくる速度も遅めなのだと思います。

 

JUN
JUN
よくを言えばもう少し早く温かいお湯が出て欲しいですが、冬場もなんとか許容できるレベルとなりました。

 

 

 

 

TOTO自動水栓TENA22ELのデメリット

デメリット

TOTO自動水栓TENA22ELのデメリットは以下の2点です。

  1. 冬場、お湯が出るのが少し遅い
  2. 価格が高い

 

TOTO自動水栓TENA22ELのデメリット(1) 冬場、お湯が出るのが少し遅い

レビューに書いたとおり、流量が少ないため、冬場はお湯がでてくるまで10秒ほどかかるところでしょうか。

もっと勢いよく水が出るタイプの水栓であれば、お湯になるまでの時間も早いのかも知れません。

流量が少ないのはイコール省エネでもあるので微妙なところですが。。。

JUN
JUN
致命的なデメリットではないですが、冬場はもうちょっと早くお湯が出てくれると嬉しいです。

 

TOTO自動水栓TENA22ELのデメリット(2) 価格が高い

我が家のTOTO自動水栓TENA22ELの購入価格は68,900円でした。

定価130,000円ですよ。

JUN
JUN
自動水栓ってたっけー! て感じしますよね。

 

私はTENA22ELのスタイリッシュな形状に一目ぼれだったので迷わず選択しましたが、自動水栓の機能だけ欲しければもっと安い機種はあります。

JUN
JUN
デザインや、掃除のしやすさの優先度が低ければ、もっと安い自動水栓を選択するのもありでしょうか。

ご予算と相談ですね。

 

 

 

TOTO自動水栓TENA22ELのメリット

メリット

TENA22ELのメリットは以下4点です。

  1. 衛生的
  2. 子どもの手洗いがラク
  3. 掃除がラク
  4. デザインがかっこいい

TOTO自動水栓TENA22ELのメリット(1) 衛生的

自動水栓ですので、操作は手を水栓の下にかざすだけ。

触れる箇所がないので、常に衛生的です。

自動水栓の最大のメリットで、一度味わうとなかなか手動水栓には戻れないでしょう。

JUN
JUN
新型コロナウイルスの流行時なども、自動水栓のほうがよりリスクを抑えることができるはずです。

 

TOTO自動水栓TENA22ELのメリット(2) 子どもの手洗いがラク

レビューにも書いたとおり、自動水栓にして一番ラクになったのは、子どもの手洗い。

特に2歳の息子はまだ自分で手を洗えません。

親がだっこして洗うわけですが、その時もレバー操作がいらないためスムーズに手洗いが行えます。

 

止水、吐水にハンドルレバー操作が必要な場合だと、

  1. 水を出してから
  2. 子どもを抱っこして
  3. 手を洗って
  4. 子どもを降ろしてから
  5. 水を止める

という動作になるため、けっこう煩雑で水の無駄も多くなります。

JUN
JUN
小さなお子さんがいる家ほど、自動水栓は恩恵があります。

 

 

TOTO自動水栓TENA22ELのメリット(3) 掃除がラク

レビューにも書いたとおり、凹凸がなく、直線的でシンプルな形状のため、掃除が超ラクです。

ふき取りも複雑な動作をする必要がありません。

細かいミゾ、みたいなものもないので、サッとひと拭きするだけ。

常に水栓をキレイな状態でキープできるのは満足度高いです。

 

TOTO自動水栓TENA22ELのメリット(4) デザインがかっこいい

TOTO自動水栓TENA22ELとTOTO LS911CRの組み合わせ

なんだかんだでデザインがかっこいいのも重要なポイントですよね。

見ていただくとわかるとおりTENA22ELとベッセルタイプの洗面器LS911CRの組み合わせは、同じ直線的なデザインで相性も抜群です。

JUN
JUN
スタイリッシュな自動水栓を探しているなら、TENA22ELは超おすすめの製品だと断言できます。

 

 

【まとめ】TOTO自動水栓TENA22ELは価格が高いですが、その分スタイリッシュなうえに掃除がしやすいおすすめ製品です。

今日の記事をまとめます。

まとめ
  • TENA22ELは自動水栓ですので、触れなくてよいので衛生的です。
  • 自動水栓のTENA22ELなら子どもの手洗いもラク。
    出しすぎによる無駄な水はね、止め忘れもありません。
  • TENA22ELは水栓の形状もシンプルなので掃除の手間が減ります。
  • TENA22ELのデメリットはお湯が出るのが時間がかかることと、価格が高めなことです。
  • 直線的でムダのないデザインが好きなら、TENA22ELはまさにうってつけの製品です。

トイレのあと、水を出すためにレバーハンドルに触れるのは不衛生だなと常々思っていたので、手をかざせば水が出てくる自動水栓にすることは家を建てる前から決めていました。

実際に住んでみて衛生的で便利な自動水栓のメリットを強く感じています。
子どもの手洗いがとてもスムーズでラクになったことも副次的な効果としてあげられます。

JUN
JUN
LS911CRとTENA22ELの組み合わせはデザイン的にもマッチしていておすすめです。

 

洗面所のリフォームを検討中なら

自動水栓の洗面にすると、ハンドルレバーに触れる必要がなくて衛生的。
子どもも手を洗いやすいし、お客さまにも安心して使っていただけます。
機能的な洗面所にリフォームすると、家の使い勝手が格段に上がります!

でも、安心安全に、しかも最安値の業者を選んでリフォームするにはどうしたらいいでしょうか?

JUN
JUN
自分でリフォーム会社に連絡して相見積もりを取るのは大変ですよね?

でも大丈夫。
今は無料で、複数業者に一括見積もりを依頼できる便利なサイトがあります。
一括見積もりサイトの主なメリットは以下の3つです。

  • 見積もり比較することでリフォームの相場がわかる。
  • 複数のリフォーム会社の見積もりや保証内容を比較しながら工事依頼先を自分で選ぶことができる。
  • 一括見積もりサイトに登録している会社は厳しい審査をクリアしているため、悪質なリフォーム会社に騙されるリスクがない。
JUN
JUN
数あるリフォーム一括見積もりサイトの中でも私のおすすめは「リショップナビ」です。
リショップナビの洗面所リフォーム

最大5社から見積もりが取れる点に加え、独自の「安心リフォーム保証制度」を完備しています。

しかも今だけ契約者全員に最大30,000円分のAmazonギフト券をプレゼント中!アマゾンギフト券をプレゼント中!

リショップナビがおすすめな理由

一括見積もりサイトの中で、なぜリショップナビがおすすめなのかを知りたいかたは、リフォーム一括見積もりサイト3社を9項目で比較!【リショップナビ・ホームプロ・タウンライフ】をご覧ください。

 

 

家づくりのスタートは、無料の資料請求サイトを活用した「カタログ請求」「間取りプラン作成」「概算見積もりの取得」から!

戸建ての新築を検討中ですが、失敗しないためにはどうしたらいいですか?

私も2013年から竣工した2018年までの5年間、後悔しない家を建てるにはどうしたらいいだろうと、夜も眠れなくなるくらいに考えたので、気持ちはよくわかります。
特に間取りについては「本当にこれで大丈夫だろうか?」と何度も頭を抱えました。

JUN
JUN
そんな、5年間の家づくりを振り返って思うことがあります。
新築で失敗しないためには、地道な情報収集がすべてだということです。

なぜ情報収集が大切か?
それは、ほとんどの人が一生のうちで建てられる家は一軒だけ、という現実があるから。
過去に家を建てた経験がないのが普通ですから、自分達の理想の家を建ててくれる住宅会社や設計士さんに出会うには、できるだけたくさんの情報を集めて比較、検討していくより他ないわけです。

情報を集めなきゃいけないのはわかるけど、住宅展示場をまわるのは時間もかかるし、しつこい営業をかけられるのは疲れる・・・。
JUN
JUN
たしかにそうですよね。大切な休日を住宅展示場巡りで終わりたくない・・・。

でも大丈夫。
今はインターネットが普及した世の中です。
住宅展示場だけが情報を集める手段ではなくなりました。

「住宅資料一括請求サイト」を使えば、自宅にいながら、全国のハウスメーカーや工務店の資料を集めることができます。

ハウスメーカー30社のロゴ

しかも!

住宅資料一括請求サイトの中には、カタログ請求に加えて、

  • 間取りプラン
  • 資金計画書(概算見積もり)
  • 優良な土地の情報

をハウスメーカーが無料で提供してくれるサイトもあります!

 

間取り作成、資金計画書の提供、土地情報の提供
JUN
JUN
しかし、ひとくちに資料請求サイトと言っても、ネット上には複数存在しています。どこに依頼すればよいのか、わからないかたも多いでしょう。

そこで、以下の5つの定番サイトを比較してみました。

  • SUUMO
  • ライフルホームズ
  • タウンライフ家づくり
  • ハウジングバザール
  • 持ち家計画

「結局どこのサイトが一番おすすめなの? 各サイトの違いは何?」という疑問を解消したいかたは下の記事をご覧ください。

ハウスメーカー資料一括請求サイト5選の比較【タウンライフ家づくりなど】
ハウスメーカー資料一括請求サイト5選の比較【タウンライフ家づくりなど】ハウスメーカー資料一括請求サイトについて知りたくありませんか? 本記事では5つのハウスメーカー資料一括請求サイトを比較した結果をご紹介しています。 ハウスメーカー資料一括請求サイトを利用しようか迷っているかたはぜひ記事をご覧ください。[ヒラヤスタイル]...

住宅資料一括請求サイトをうまく活用すれば、わざわざ休日に住宅展示場をまわる労力が必要なくなります。

JUN
JUN
資料請求サイトを上手に活用して後悔のない家づくりをすすめてくださいね!