リフォーム

【リフォーム比較プロの口コミ】実際に使ってみた結果を徹底解説!

【リフォーム比較プロの口コミ】実際に使ってみた結果を徹底解説!

リフォーム一括見積もりサイト「リフォーム比較プロ」を実際に使った人の感想を聞きたい。

 

今日の記事はこういった疑問に答えます。

 

 

 

 

 

 

こんにちは、JUNです。

2022年7月に、リビングと書斎の窓の西日の暑さをやわらげるたための「アウターシェード」を取り付けることを検討しました。

できるだけ安く取り付けるために、リフォーム一括見積もりサイト「ホームプロ」と「リフォーム比較プロ」の2サイトを利用し、複数の見積もり書を比較してみました。

本記事では、「リフォーム比較プロ」の利用体験に基づく詳細なレビューをご紹介します。

 

最初に結論だけお伝えすると、リフォーム比較プロを利用してみた結果は以下のとおりでした。

  • リフォーム比較プロでリフォーム一括見積もりを依頼したところ、リフォーム比較プロのスタッフの女性から、地元の比較的小規模なリフォーム会社をご紹介いただきました。
  • すぐに現場調査にきてくれました。
  • シェードはLIXILのスタイルシェードにしました。スタイルシェードにした主な理由は2013年にグッドデザイン賞を受賞しているからです。
  • 現場調査の10日後に、現場調査を行ったリフォーム会社が直接自宅に見積もり書を届けてくれました。
    金額は税込272,206円でした。
JUN
JUN
リフォーム比較プロと、紹介されたリフォーム会社とは、基本的にすべて電話でのやりとりとなります。

 

ということで、本記事では以下の点を深掘りして解説します。

  • リフォーム比較プロの利用方法と、実際に申し込んだあとの流れ
  • リフォーム比較プロのリフォーム会社の現場調査内容と見積もり書

リフォーム見積もり費用を比較して、最安でリフォームを行いたいかたは必見です。

リフォーム比較プロの利用方法と、実際に申し込んだあとの流れ

リフォーム比較プロのトップページ

ではさっそく、リフォーム比較プロで一括見積もりを申し込む手順と、申し込んだあとの具体的なやり取りをご説明します。

 

リフォーム比較プロの一括見積もり申し込み手順

2022年7月某日、リフォーム比較プロからリフォーム見積もりを依頼しました。

具体的には以下の流れですすみました。

  1. リフォーム比較プロにアクセスします。
  2. プラン&見積もりを実施する をクリックします。
    リフォーム比較プロで見積もり依頼開始
  3. 住所、氏名、電話番号、予算案、建物種類(一戸建て)、リフォーム内容のジャンル、建物の築年数、電話連絡が可能な時間帯、メールアドレスを順番に入力していきます。
    住所、氏名、電話番号をリフォーム比較プロのフォームに入力
  4. リフォームの具体的な要望を記入します。
    リフォーム比較プロの見積もり依頼フォームにリフォーム要望を入力する
  5. 下記確認画面が表示されれば、見積もり依頼は完了です。
    リフォーム比較プロの見積もり依頼完了の画面

一括見積もりを申し込んだあと、リフォーム比較プロのスタッフのかたから電話連絡があり、電話のあと、今後の流れが記載されたメールが届きました。

一括見積もりの申し込み手順、リフォーム会社とのやり取りの詳細は、【リフォーム比較プロの口コミ】電話スタッフとの実際のやりとりを完全解説!にまとめていますので、あわせてご覧ください。

リフォーム比較プロ紹介のリフォーム会社の現場確認内容

次にリフォーム比較プロから紹介されたリフォーム会社さんが現場確認にきた際のやりとりと、見積もりをご紹介します。

リフォーム比較プロのサイトから見積もりを申し込んだ3日後に、現場調査にきてくれました。

結論からいうと、以下のとおり見積もりプランが提案されました。

リフォーム会社 施工内容 見積もり価格(税込)
リフォーム比較プロ紹介
  • LIXILスタイルシェード
    高さ2323mm×幅2600mm
    ×2セット
    (LDK掃き出し窓用)
  • LIXILスタイルシェード
    高さ970mm×幅1210mm
    ×1セット
    (書斎用)
272,206円

複数社からの見積もりプランの提案に期待していましたが、結局、リフォーム比較プロから紹介されたリフォーム会社は1社のみでした。

リフォーム比較プロのスタッフのかたに「1社しか現場調査の連絡がありません」と電話で伝えてところ、「あと3~4社から電話連絡が入るはずです」と、具体的な会社名も上げながら説明があったのですが、結局その後もリフォーム会社からの連絡がありませんでした。

JUN
JUN
比較的少額なリフォームということで、リフォーム会社が勝手に現場調査を取りやめたのかな?と推測していますが・・・少々残念な結果でした。

しかし、提示された価格は、ホームプロで紹介されたリフォーム会社よりも46,000円も安いという結果でした。複数の会社を紹介されなかったのは残念でしたが、価格競争力のあるリフォーム会社さんを紹介してもらえた点はメリットですね!

現場調査の詳細と、取得した見積もり書の詳細は、リフォーム比較プロ紹介のリフォーム会社の現場調査内容と見積もり書を徹底解説!をご覧ください。

【まとめ】リフォーム比較プロは安価な見積もり価格が魅力的

リフォーム一括見積もりサイト「リフォーム比較プロ」を使ってみた結果をご紹介しました。

結果的には、リフォーム会社を1社のみ紹介されただけでしたので、残念ながらリフォーム比較プロだけで見積もりの比較はできませんでした。

今回のリフォームでは、別の一括見積もりサイトである「ホームプロ」も併用していたので、ホームプロ紹介のリフォーム会社の見積もり価格と比較してみました。
比較した結果は、「リフォーム比較プロ」のほうが46,000円ほど安かったです。

リフォーム会社 施工内容 見積もり価格(税込)
ホームプロ紹介 リクシル
スタイルシェード
318,797円
リフォーム比較プロ紹介 リクシル
スタイルシェード
272,206円

 

ただ、結果的には、妻とも相談の結果、今回のリフォーム自体が「思ったよりも高い」ということで見送ることになりました。

JUN
JUN
アウターシェードだけなので、高くても10万円台でできるかな、と踏んでいたのですが、蓋を開けてみれば30万円!

LDK掃き出し窓用のアウターシェードが高さ2323mm×幅2600mmという大きさなうえに、2セット必要ということで、非常に高額になってしまいました。

もう少し予算をためて、2023年の夏までには、アウターシェード取り付けに再度チャレンジしてみたいと思います。

リフォーム比較プロのデメリットは、お断りを自分でしなくてはいけないこと

今回、思ったよりも高額だったため、アウターシェード取り付け自体を断念しました。

今回はリフォームしない、ということで、リフォーム比較プロ紹介のリフォーム会社の営業さんには、自分で直接お断りの電話をしました。

まったく問題なく、「ご連絡ありがとうございました。また機会がありましたら宜しくお願い致します」ということで快く受け入れてもらってホっとしましたが、やはり、お断りの電話を都度入れるというのは、なかなかに気が引けるものです。

ましてや、私は今回1社のみの紹介でしたが、通常はリフォーム比較プロから3~4社を紹介してもらえるので、複数回お断りの電話をしなければならないと考えると、非常に面倒かも知れません。

リフォーム比較プロはメリットは、無駄なコストを省いた価格競争力

しかし、ホームプロ紹介の会社に比べて、実際46,000円も安価だったことは事実です。

見積もり価格の競争力でいうと、リフォーム比較プロは優位性があります。

おそらくですが、ホームプロのように、顧客ごとの専用のマイページなどを作っておらず、直接の電話連絡だけでやり取りを完結している分、設備の維持コストなどが安いのだと思われます。
削減したコスト分を、きちんと顧客のリフォーム見積もりに還元している印象です。

電話連絡、お断り連絡にあまり抵抗がなく、とくかく安くリフォームを行いたい!というかたには、リフォーム比較プロはとてもおすすめできるリフォーム一括見積もりサイトになります。

関連記事

 

本日も最後までお読みいただきありがとうございました。

みなさんの後悔のない家づくりの参考になれば幸いです。