平屋間取り

e-houseさんの平屋「Hiraya Style」間取り2つのおすすめポイント【充実の収納スペースと軒下の物干し動線】

e-houseさんの平屋「Hiraya Style」間取り2つのおすすめポイント
記事内に商品プロモーションを含む場合があります
e-house(イーハウス)さんの平屋「Hiraya Style」について詳しく知りたいです。

 

今日の記事はこういった疑問に答えます。

 

実際に平屋を建てた私が、e-houseさんの平屋「Hiraya Style」の間取りを中心にチェックしてみました。

結論から言うと、「多彩な収納スペースと軒下物干しのある平屋住宅」でした。

e-houseさんの平屋「Hiraya Style」のおすすめ間取りポイントは下記2点になります。

間取りおすすめポイント

  • 多彩な収納スペース
  • 洗面脱衣室から直接アクセスできる軒下の物干し場

 

e-houseさんの平屋「Hiraya Style」の特性は以下の6点です。

  • 3LDK
  • 南玄関
  • 正方形
  • ウォークインクローゼットあり
  • 子ども部屋をあとから間仕切りできる
  • ウッドデッキあり

これから平屋を建てる予定のかたは、間取り事例のひとつとしてぜひ参考にしてみてください。

JUN
JUN
当ブログでご紹介した平屋のカタログをサクっと集めたいかたは次の記事が参考になりますよ。

e-houseさんの平屋「Hiraya Style」の外観と間取り図

※当ページの引用タグ内の画像はすべてe-houseさんの平屋「Hiraya Style」ウェブサイトから引用させていただきました。

e-houseさんの平屋「Hiraya Style」の外観と間取り図をご紹介します。

  e-houseさんの平屋「Hiraya Style」の外観

e-houseさんの平屋「Hiraya Style」の間取り図

 

JUN
JUN
多彩な収納と、広い軒下のある平屋住宅です。

e-houseさんの平屋「Hiraya Style」の気になる間取り2つのおすすめポイントをチェック!

e-houseさんの平屋「Hiraya Style」の気になる間取りをピックアップ。

間取りおすすめポイント

  • 多彩な収納スペース
  • 洗面脱衣室から直接アクセスできる軒下の物干し場
JUN
JUN
このあと、わが家との対比も合わせてご紹介することで、実際の使い勝手についても検証していきます!

多彩な収納スペース

e-houseさんの平屋「Hiraya Style」の多彩な収納スペース

 

e-houseさんの平屋「Hiraya Style」の一番の特徴は多彩な収納スペース。

ご覧のとおりファミリークローゼットがあり、さらに寝室と廊下の壁にも大きなクローゼットが造り付けられています。

寝室と子供部屋にもそれぞれクローゼットがありますので、個人的な物を収納する場所も確保されています。

廊下のクローゼットとファミリークローゼットはみんなで共通で使うものを入れて、各個室のクローゼットにはプライベートな物を収納。

パブリックとプライベートのバランスがよく、使い勝手の良い収納スペースです。

わが家は基本、各個室のクローゼットのみ。

わが家の寝室の間取り

わが家の収納は各個室にあるクローゼットが基本となります。

寝室にはウォークインクローゼット子ども部屋には既製品のクローゼットがあります。

夫婦と子供、それぞれの物をしまうには不都合はありませんが、パブリックな収納は土間パントリーくらいなので、共通で使うものをしまう場所にやや苦労しています。

e-houseさんの平屋「Hiraya Style」のように、廊下に大きなクローゼットがあると、消耗品や本など、家族共通のものをしまうのに便利だと感じます。

収納を計画するときは、個人的なもの、家族共通で使うもの、という視点を取り入れて、両方がバランスよく納められるようにするのがポイント。

特に、ご夫婦だけでなく、子どももいる場合には、「家族みんなで使うもの」というのは意外に多いです。

収納は各個室に一つずつあればOK!と考えるのではなく、家族みんなで使うものを考えて、それらを納めるにはどの場所が最適だろう?と慎重に検討することをおすすめします。

ファミリークローゼットがあると、家族共通で使うものを一か所にまとめられて便利。

さらに個室ではなく、廊下の壁を使ってクローゼットを設ければ、家族共通で使う物を納める場所がさらに増えます!

e-houseさんの平屋「Hiraya Style」のように、個室の収納スペースだけでなく、パブリックゾーンにも収納を設けると、さまざまな物をバランスよく納めることができます。

洗面脱衣室から直接アクセスできる軒下の物干し場

e-houseさんの平屋「Hiraya Style」の洗面脱衣室と物干し

e-houseさんの平屋「Hiraya Style」は、洗濯動線も優れています。

洗面脱衣室から直接、ウッドデッキに出ることが可能。
ウッドデッキは軒下になっているので、物干し場としても重宝します。
突然の雨にも慌てることはありません。

平屋の場合は、北側の脱衣所に洗濯機があるケースが比較的多いので、洗濯物を、遠い南の物干し場まで運ばなくてなりません。

e-houseさんの平屋「Hiraya Style」の間取りであれば、洗面脱衣所で洗った洗濯ものを、扉ひとつでるだけですぐに干すことができます!

JUN
JUN
これなら毎日の洗濯の手間が大幅に減りますね!

わが家も脱衣所の隣が物干し場です

物干し場の間取り図

わが家はお風呂脱衣所を南側に配置したので、物干し場に近接させることができました。
洗濯物は、すぐに干すことができます。

この間取りはわが家の成功ポイントのひとつになっています。

そしてさらに、天候に関係なく洗濯を干せるようにするために、2022年に物干し場を囲ってサンルーム化しました。

JUN
JUN
おかげさまで、全天候型の、ほぼ完ぺきな洗濯動線を実現できました。

 

洗濯は毎日行う家事なので、移動距離が長いことは、即、ストレスの増加につながります。

「洗濯物は干さない!全部乾燥機で乾かす!」といった考えかたもありますが、家族が多いと現実的には難しいでしょう。

わが家は5人家族なので、毎日大量の洗濯物が出ます。
特に厚手の物を重ね着する冬場は大変です!
11kgの洗濯機を1日最低3回はまわす日々。

洗濯機の乾燥機能を使った時もありましたが、時間もかかるし、一度に乾燥できる量は6kg程度で、全然足りません。

やはり家族が多いなら、洗濯物を干すためのスペースは必要だ、というのがわが家の結論です。

e-houseさんの平屋「Hiraya Style」のように、最初から軒下の洗濯物干しスペースがあれば、洗濯物を干す場所に頭を悩ます必要はありません。

砂や花粉が気になるなら、わが家のようにガラスで囲ってサンルーム化するのもいいでしょう。

これから平屋を建てるなら、洗濯機近くに、雨をしのげる物干しスペースを確保することを強くおすすめします!

e-houseさんの平屋「Hiraya Style」のように軒下の物干しスペースがあれば突然の雨を恐れることなく洗濯物を干すことができます。

さらに、洗濯機のある部屋の隣に物干し場があるので、濡れた洗濯物を運んで干すのもラクラク。

南側の広いウッドデッキを活かした、洗濯動線が最高な平屋間取りですね!

e-houseさんの平屋「Hiraya Style」の間取り以外の特徴

e-houseさんの平屋「Hiraya Style」の間取り以外の特徴をご紹介します。

安心の1年・2年・5年・10年後の定期点検

e-houseさんは1年・2年・5年・10年の定期点検を実施

 

e-houseさんは、竣工後、1年・2年・5年・10年後に定期点検を実施。

10年保証で万が一の不具合にもすぐに補修対応してくれます。

e-houseさんの平屋なら、充実のアフターサービスで、将来にわたって安心して住み続けることができます。

【まとめ】多彩な収納と最短の洗濯動線の平屋住宅

e-houseさんの平屋「Hiraya Style」の気になる間取りのポイント2点をチェックしてみました。

間取りおすすめポイント

  • 多彩な収納スペース
  • 洗面脱衣室から直接アクセスできる軒下の物干し場

 

以上をまとめると、e-houseさんの平屋「Hiraya Style」は、特に以下のかたにおすすめです!

  • 収納スペースは、各個室だけでなく、ファミリークローゼットも欲しい。
  • LDKの外の縁側でのんびり腰かけて日向ぼっこをしたい
  • 家族みんなで使える収納も多くほしい。
  • 洗濯物干しは最短距離でこなしたい!
JUN
JUN
多彩なうえに家族でバランスよく使える収納がある平屋住宅!

洗濯動線も最短で、家事効率も良い平屋間取りでした。

JUN
JUN
当ブログでご紹介した平屋のカタログをサクっと集めたいかたは次の記事が参考になりますよ。

関連記事

本日も最後までお読みいただきありがとうございました。

みなさんの後悔のない家づくりの参考になれば幸いです。