家電

【バッファローWi-Fiルーター】アクセスポイントモード設定手順を4ステップで解説!

 

バッファローの無線LANルーターをアクセスポイントモードで使うための具体的な手順を知りたい。

 

今日の記事はこういった疑問に答えます。

 

【バッファローWi-Fiルーター】アクセスポイントモード設定手順を4ステップで解説!

今日の記事は、WSR-1166DHP3とWSR-300HPの組み合わせを例に、バッファローの無線LAN(Wi-Fi)ルーターをアクセスポイントモードで使用するための設定手順を解説します。

バッファローの他のWi-Fiルーターでも、基本的な考え方は流用可能と思われます。

 

本記事の内容
  • バッファロー無線LANルーターをアクセスポイントモードに設定する方法

 

私は2018年12月に平屋を建てました。

新居ではフレッツ光を引き込んでインターネット接続しています。

そして、光回線にはバッファローの無線LANルーターWSR-1166DHP3をつないで、家中にWi-Fiを飛ばす予定でした。

 

JUN
JUN
ところが、無線LANルーターWSR-1166DHP3の設置場所から遠い子ども部屋などは、Wi-Fiの電波が届かなかったのです!

Wi-Fi電波の到達範囲
(図をタップで拡大できます)

 

もっと電波が遠くまで飛ぶ、高価な無線LANルーターへの買い替えも検討しましたが、コストはあまりかけたくありません。

 

そこで、安価なワンルーム向けの無線LANルーターWSR-300HPを「アクセスポイントモード」で1台追加し、家のすべての部屋で快適に無線LANが使用できる環境を整えることにしました。

 

概要を図で示すと以下のとおり。(図をタップで拡大できます)

アクセスポイントモードでバッファローのWi-Fiルーターを追加

 

 

 

今日の記事は、バッファローの無線LANルーターをアクセスポイントモードで使用するための手順をご紹介します。

我が家のようにWi-Fiの電波が弱い部屋ができてしまった場合に、比較的お金をかけずに改善できる方法を知りたいかたは必見です。

 

 

 



我が家の無線LANルーターをご紹介

まず最初に我が家の無線LAN環境がどうなっているかを簡単にご説明します。

我が家は土間収納にマルチメディアボックスがあり、その中にバッファローの無線LANルーター「WSR-1166DHP3」を設置しています。

 

マルチメディアボックスの中を撮影したのが下の写真です。

左側にあるのがフレッツひかりの回線終端装置で、右側にあるのがバッファローの無線LANルーター「WSR-1166DHP3」になります。

無線LANルーターにささっている青いLANケーブルは、子供部屋や寝室とつながっています。
(各部屋への有線LANは竣工時に敷設済み)

 

 

今回の改善は以下のとおり。

  • 土間にあるメインの無線LANルーター「WSR-1166DHP3」に、もう一台の無線LANルーター「WSR-300HP」を有線LANで接続
  • 「WSR-300HP」はインターネットへ接続するルーター機能はオフにして、Wi-Fi電波をだすだけの「アクセスポイントモード」で使用する。
  • 「WSR-1166DHP3」と「WSR-300HP」の2台を使って、平屋全体のWi-Fi環境を確保。アクセスポイントモードでバッファローのWi-Fiルーターを追加
    (図をタップで拡大できます)

メインの無線LANルーター「WSR-1166DHP3」の電波が届かない箇所を、「WSR-300HP」でカバーするということです。

 

 

ちなみに今日の記事は「WSR-1166DHP3」が以下の状態であることを前提に、解説していきます。

  • メインの「WSR-1166DHP3」のルーター機能などは設定済みで、インターネットに接続した状態である。
  • 「WSR-1166DHP3」のIPアドレスは、デフォルトの値(192.168.11.1)のまま変更していない。

 



バッファロー無線LANルーターWSR-300HPをAP(アクセスポイント)モードに設定する手順

追加購入したバッファローの無線LANルーター「WSR-300HP」を、アクセスポイントモードで使用する具体的な手順をご紹介します。

以下の順番で設定していきます。

  1. WSR-300HPの本体スイッチの切り替え
  2. 有線LANケーブルで、メインルーターの「WSR-1166DHP3」へ「WSR-300HP」を接続する
  3. 無線設定(SSIDとWPA-PSK)
  4. iPhoneやPCをWi-Fi接続してみる

 

 

 

①WSR-300HPの本体スイッチの切り替え

「WSR-300HP」をアクセスポイントモードで使用するには、本体のスイッチを写真のとおり「AP」に合わせてください。

これでアクセスポイントモードに切り替わり、インターネットへ接続するためのルーター機能はオフになります。

 

②有線LANケーブルで、メインルーターの「WSR-1166DHP3」へ「WSR-300HP」を接続する

次に有線LANケーブルを用いて、メインルーターの「WSR-1166DHP3」に、先ほどアクセスポイントモードに設定した「WSR-300HP」をつなぎます。
有線LANケーブルを挿すのは、LAN1、LAN2、LAN3のどこでもOKです。

 

我が家の場合、土間収納の「WSR-1166DHP3」に接続されたLANケーブルは、子供部屋のLANコンセントにつながっています。

そのため、写真のとおり子供部屋のLANコンセントに「WSR-300HP」を接続すればOKでした。

平面図にすると以下のような感じです。(図をタップで拡大できます)

土間のメインルーターと子ども部屋のアクセスポイントをを接続

 

③無線設定(SSIDとWPA-PSK)

次に、PCのブラウザで「WSR-300HP」の設定を行っていきます。
(PCは、土間のメインルーター「WSR-1166DHP3」にWi-Fi接続済みであることが前提です)

 

  1. ブラウザで http://192.168.11.100/ にアクセスします。
  2. 「WSR-300HP」のログイン画面が表示されます。
    パスワード欄に password (初期値)と入力してログインします。
  3. 詳細設定 を押します。
  4. このような画面が表示されます。
  5. 無線設定→2.4GHzを開いて以下のとおり設定します。

    倍速モード:300Mbps(20/40MHz自動選択)

    SSID:
    ご自分で好きな文字列を入れてください。ここでは仮にWSR-300HPとします。

    無線の暗号化:
    AES

    WPA-PSK:
    Wi-Fiのパスワードになる文字列です。お好きな文字列を入力してください。ここでは仮にwsr300hpとします。

  6. 入力が終わったら右下の設定を押します。
  7. 「設定」を押します。
  8. 本体が再起動されます。
    以上で「WSR-300HP」の設定は完了です。

 

④iPhoneやPCをWi-Fi接続してみる

実際にiPhoneやPCなどをアクセスポイントモードにした「WSR-300HP」にWi-Fi接続してみましょう。
ここではiPhoneでの接続手順を例にご説明します。

 

  1. iPhoneで、設定→Wi-Fiを開きます。
    さきほど「WSR-300HP」に設定したSSID「WSR-300HP」が検出されるはずです。
    検出された「WSR-300HP」を押します。
  2. パスワード欄に、「WSR-300HP」の「WPA-PSK」欄に設定した文字列を入力(この記事の例では wsr300hp)してから、接続を押します。
  3. Wi-Fi接続に成功すると、下図のとおりチェックがつきます。
    これでiPhoneは、「WSR-300HP」にWi-Fi接続され、メインルーター「WSR-1166DHP3」を経由してインターネットに接続できるようになりました。

平面図にすると以下のとおりとなります。(図はタップで拡大します)

メインルーターとアクセスポイントにスマホをWi-Fi接続した時の通信の流れ

 

【まとめ】高価なWi-Fiルーターを買わなくても無線LAN環境は改善できます

今日の記事をまとめます。

まとめ
  • 無線LANルーターの設置場所によっては、Wi-Fiが届かない部屋がでてくる可能性があります。
    特に床面積が広くなりがちな平屋の場合はリスクが高いです。
  • 無線が届かない場合も考えると、各部屋への有線LAN敷設は、必ず建築プランに盛り込んでおきたいところです。
  • 有線LANが各部屋に敷設してあるのであれば、わざわざ電波が強いWi-Fiルーターに買い替えなくても、安価なWi-Fiルーターをアクセスポイントモードで設置するのがおすすめです。
    高価なWi-Fiルーターを設置してみたけどやっぱり電波が届かなかった!というリスクもゼロですし、費用も低く抑えられます。

 

 

本日も最後までお読みいただきありがとうございました。

みなさんの家づくりの参考になれば幸いです。