家具・家電・道具レビュー

バッファロー無線LANアクセスポイント(AP)モードの設定方法【平屋に最適】

 

  • 無線LANルーターを設置したが、ルーターから遠い部屋の電波が弱くて困っています。電波が強い無線LANルーターに買い替えたほうがいいですか?
  • 家を建てますが、有線LANケーブルは最初から各部屋に引いておいたほうがいいですか?

 

今日の記事はこういった疑問に答えます。

 

バッファロー無線LANアクセスポイント(AP)モードの設定方法【平屋に最適】

結論から言うと、高価な無線LANルーターに買い替える必要はありません。

新築の際に、各部屋にあらかじめ有線LANを敷設しておけば、電波が届かない部屋にだけ安価な無線LANルーターを「アクセスポイントモード」で設置すればOKです。

 

本記事の内容
  • Wi-Fi電波が弱い部屋を改善した方法
  • バッファロー無線LANアクセスポイントの設定方法

 

私は2018年に平屋を建てました。

新居ではフレッツ光を引き込んでインターネット接続しています。

光回線には無線LANルーターをつないで、PCやiPhoneはWi-Fiで接続していますが、無線LANルーターの設置場所から遠い部屋はWi-Fiの電波が弱くて使い物になりませんでした。
そこで、安価な無線LANルーターを「アクセスポイントモード」で1台追加し、家のすべての部屋で快適に無線LANが使用できる環境を整えました。

今日の記事は、我が家のようにWi-Fiの電波が弱い部屋がある場合に、比較的お金をかけずに電波環境をよくする方法をご紹介します。
あわせて家を建てる場合の有線LANの必要性についても考えていきます。

無線LANルーターを「アクセスポイント」モードで使用する方法がよくわからないかた、家を建てる際に、有線LANケーブルが必要かどうか悩んでいるかたは必見です。

 



Wi-Fi電波が弱い部屋を改善した方法

安価な無線LANルーターを1台追加しました。

 

我が家の無線LAN環境

我が家は土間収納にマルチメディアボックスがあり、その中にバッファローの無線LANルーター「WSR-1166DHP3」を設置しています。

 

マルチメディアボックスの中はこんな感じです。
左側にあるのがフレッツひかりの回線終端装置で、右側にあるのがバッファローの無線LANルーター「WSR-1166DHP3」になります。

無線LANルーターにささっている青いLANケーブルは、子供部屋や寝室とつながっています。

【デジタルタイマーPT70DWレビュー】自宅の光回線が不安定で突然切れる場合の対応策自宅の光回線とルーターを安定稼働させる方法を知りたくありませんか?本記事ではデジタルタイマーPT70DWを使ってルーターを自動定期再起動させる方法をご紹介しています。自宅の光回線を安定して運用したいかたは是非記事をご覧ください。[平屋スタイル]...

 

土間収納はLDKの隣にあるため、LDKのWi-Fi環境は良好です。
LDKのソファーでくつろぎながらiPhoneをWi-Fiで使うといったぶんにはまったく問題ありません。

ところが、土間収納は家全体から見ると、西側の端に位置しています。
対して、子供部屋や寝室などは、東側の端に位置しています。
無線LANルーターがある土間収納から、ちょうど対角線上の最も遠い位置に子供部屋や寝室があるのです。

子供部屋は土間収納から14mほど離れていて、見通しもよくないため、Wi-Fiはギリギリ届くかどうかくらい。
速度も出ませんし時折切断されてしまうので実質使い物になりませんでした。
細長い平屋では、ありがちなケースかと思います。

「WSR-1166DHP3」はバッファローの中でも下位に位置する製品のため、電波の飛びはそれほど強くありません。

しかたがないので、より電波の飛びが強い製品に買い替えようか、とも考えましたが、上位モデルは1万円前後します。
また、実際に試してみることができないので、仮に上位モデルにしたところであまり電波状況が改善されなくて無駄な投資になるリスクもあります。

Wi-Fi中継器」も考えましたが、こちらも実際にどの程度速度が改善されるか未知数です。無線LANが届く範囲でコンセントが取れるちょうどいい場所もありませんでした。

 

無線LANルーターをアクセスポイントモードで使用する

なるべくお金をかけずに、でも電波状況は確実に改善できる方法はないものか。

考えた末に、我が家は子供部屋にもあらかじめ有線LANケーブルを引いてあったので、安価な無線LANルーターを子供部屋に追加することにしました。

 

具体的には、子供部屋に無線LANルーターをもう一台追加し、子供部屋の無線LANルーターと土間収納の「WSR-1166DHP3」を有線LANで接続します。
そして、子供部屋に設置した無線LANルーターは電波を飛ばすだけの「アクセスポイントモード」で使うことにしたのです。

 

アクセスポイントモードとは?

通常、無線LANルーターは、「ルーター機能」と「アクセスポイント機能」の2つの機能を持っています。

プロバイダから提供されたユーザー名とパスワードを無線LANルーターに登録して、無線LANルーターをインターネットに接続できる機能を「ルーター機能」といいます。
「アクセスポイント機能」は、iPhoneやPCといった機器をWi-Fiで無線LANルーターに接続させる機能のことです。

「アクセスポイントモード」とは、インターネットに接続するための「ルーター」機能をオフにして、「アクセスポイント機能」だけをオンにした状態のことです。

無線LANルーターが家に2台ある場合は、1台はルーター機能をオンにしてインターネットに接続し、もう1台はルーター機能をオフ(アクセスポイントモード)にしてWi-Fi接続だけを担当させ、インターネットへの接続はルーター機能がオンになっている無線LANルーターを経由して行うのが一般的です。

 

子供部屋に追加した無線LANルーターはバッファローの「WSR-300HP」です。
使用推奨範囲は「マンション1ルーム」で、電波の飛びは弱く、バッファローの無線LANルーターの中で最も安価な製品になります。

接続を図であらわすと下記のとおりとなります。

 

 

この方法を採用したところ、土間収納から最も遠い子供部屋周辺のWi-Fi速度が劇的に改善しました。
もうひとつの子供部屋も、隣の主寝室も、全く問題なくWi-Fi接続できるようになったのです。

3000円ほどの追加投資で、家中どこでも快適にWi-Fiを使える環境を整えることができました。

1点、この方法を採用するためには、各部屋に有線LANケーブルをあらかじめ引いておく必要があります。
最近は、スマートフォンなどの機器のインターネット接続はWi-Fi接続を使うことがほとんどだと思いますが、今回の我が家のケースのように有線LANが必要になるケースはゼロではありません。

後付けで壁や天井の中に有線LANを通すのは費用がかかるし結構大変な工事になるためおすすめしませんが、新築時であればわずかな追加費用で可能です。
家を建てる際には、念のためすべての部屋に有線LANケーブルを敷設しておくことをおすすめします。

 



バッファロー無線LANアクセスポイントの設定方法

バッファローの無線LANルーター「WSR-300HP」を、アクセスポイントモードで使用する具体的な手順をご紹介します。

以下の順番で設定していきます。

  1. 本体スイッチの切り替え
  2. 有線LANケーブルの接続
  3. 無線設定(SSIDとWPA-PSK)
  4. iPhoneやPCをWi-Fi接続してみる

ちなみにここでは、親機である「WSR-1166DHP3」のルーター機能などは設定済みでインターネットに接続した状態であることを前提にしています。
また、「WSR-1166DHP3」のIPアドレスなどの設定値は、デフォルトの値(192.168.11.1)のまま変更していません。

 

①本体スイッチの切り替え

「WSR-300HP」をアクセスポイントモードで使用するには、本体のスイッチを写真のとおり「AP」に合わせてください。

これでアクセスポイントモードに切り替わり、ルーター機能はオフになります。

 

②有線LANケーブルの接続

次に有線LANケーブルを用いて、親機である「WSR-1166DHP3」に、先ほどアクセスポイントモードに設定した「WSR-300HP」をつなぎます。
(有線LANを挿すのはLAN1~3のどこでもOKです)

 

我が家の場合、土間収納の「WSR-1166DHP3」に接続されたLANケーブルは、子供部屋のLANコンセントにつながっています。

そのため、写真のとおり子供部屋のLANコンセントに「WSR-300HP」を接続すればOKでした。

 

③無線設定(SSIDとWPA-PSK)

PCのブラウザで「WSR-300HP」の設定を行っていきます。
(PCは土間収納の親機「WSR-1166DHP3」にWi-Fi接続してあることが前提です)

 

  1. ブラウザで http://192.168.11.100/ にアクセスします。
  2. ログイン画面が表示されます。
    パスワード欄に password と入力してログインします。
  3. 詳細設定 を押します。
  4. このような画面が表示されます。
  5. 無線設定→2.4GHzを開いて以下のとおり設定します。

    倍速モード:300Mbps(20/40MHz自動選択)
    SSID:ご自分で好きな文字列を入れてください。ここでは仮にWSR-300HPとします。
    無線の暗号化:AES
    WPA-PSK:Wi-Fiのパスワードになる文字列です。お好きな文字列を入力してください。ここでは仮にwsr300hpとします。

  6. 入力が終わったら右下の設定を押します。
  7. 「設定」を押します。
  8. 本体が再起動されます。
    以上で「WSR-300HP」の設定は完了です。

 

④iPhoneやPCをWi-Fi接続してみる

実際にiPhoneやPCなどをアクセスポイントモードにした「WSR-300HP」にWi-Fi接続してみましょう。
ここではiPhoneでの接続手順を例にご説明します。

 

  1. iPhoneで、設定→Wi-Fiを開きます。
    さきほど「WSR-300HP」に設定したSSID「WSR-300HP」が検出されるはずです。
    検出された「WSR-300HP」を押します。
  2. パスワード欄に、「WSR-300HP」の「WPA-PSK」欄に設定した文字列を入力(この記事の例では wsr300hp)してから、接続を押します。
  3. Wi-Fi接続に成功すると、下図のとおりチェックがつきます。
    これでiPhoneは、「WSR-300HP」にWi-Fi接続され、親機である「WSR-1166DHP3」を経由してインターネットに接続できるようになりました。

 

【まとめ】高価なWi-Fiルーターを買わなくても無線LAN環境は改善できます

今日の記事をまとめます。

まとめ
  • 無線LANルーターの設置場所によっては、Wi-Fiが届かない部屋がでてくる可能性があります。
    特に床面積が広くなりがちな平屋の場合はリスクが高いです。
  • 有線LANが各部屋に敷設してあるのであれば、わざわざ電波が強いWi-Fiルーターに買い替えなくても、安価なWi-Fiルーターをアクセスポイントモードで設置するのがおすすめです。
    電波が届かないというリスクもゼロですし、費用も低く抑えられます。
  • スマートフォンなどはWi-Fiで使うことが前提だと思いますが、今回の記事のように有線LANを使用しなくてはならないケースもゼロではありません。
    これから家を建てるのであれば、念のため各部屋の有線LANケーブルも引いて、LANコンセントを配備しておくことをおすすめします。

Wi-Fi全盛の時代ですが、通信の安定性は有線LANのほうが上です。

我が家は最初から脱衣所を除く全ての部屋に有線LANを引いて、LANコンセントを配備しておきました。

おかげさまで今回の記事のような対応をフレキシブルに取ることができました。

これからは全てのものがインターネットにつながる時代がやってきます。

家中どこでも安定した通信ができるように、家を建てるのであれば、有線LANを最初から各部屋に敷設しておくことをおすすめします。

 

本日も最後までお読みいただきありがとうございました。

みなさんの後悔のない家づくりの参考になれば幸いです。

おすすめ記事セレクション

太陽光発電を後付けしたら自己資金ゼロ円で100万円以上儲かります今から太陽光発電を後付けしたらどのくらい儲かるのかを知りたくありませんか? 本記事では我が家が後付けで導入した12.5kwの長州産業太陽光発電を例に、具体的にはどのくらいの利益が出るのかをご紹介しています。 太陽光発電を導入しようか迷っている方は是非記事をご覧ください。...
【無料】ハウスメーカー住宅カタログ一括請求サイト3選の比較【タウンライフ家づくりなど】ハウスメーカー住宅カタログ一括請求サイトについて知りたくありませんか? 本記事では3つの一括請求サイトを比較した結果をご紹介しています。 ハウスメーカー住宅カタログ一括請求サイトを利用しようか迷っているかたは是非記事をご覧ください。[平屋スタイル]...
土地探しのおすすめ方法3選【自動化するのがベストでした】土地探しで悩んでいませんか? 本記事ではおすすめの土地探し方法を3つご紹介しています。これから家を建てる予定のかたで、土地探しから始めるかたは是非記事をご覧ください。...
生ごみ処理機パナソニックMS-N53
【おすすめ生ごみ処理機パナソニックMS-N53レビュー】生ごみの腐ったニオイとコバエから解放されたい人は必見ですパナソニックの生ごみ処理機MS-N53の口コミを知りたくないですか?本記事では我が家が購入したパナソニックの生ごみ処理機のメリット、デメリット、電気代、補助金の申請方法などをご紹介しています。生ごみ処理機を購入しようか悩んでいるかたは是非記事をご覧ください。...
にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 平屋住宅へ

にほんブログ村 住まいブログ 水まわりリフォームへ

にほんブログ村 環境ブログ 太陽光発電(長州産業)へ