【ハウスメーカー・工務店】平屋の注文住宅間取り集

セキスイハイムさんの3LDK平屋注文住宅の間取り3つのポイント【シンプルイズベストな暮らしやすさ】

セキスイハイムさんの3LDK平屋注文住宅の間取り3つのポイント【シンプルイズベストな暮らしやすさ】
セキスイハイムさんの平屋住宅について詳しく知りたいです。

 

今日の記事はこういった疑問に答えます。

 

実際に平屋を建てた私が、セキスイハイムさんの3LDK平屋注文住宅(子育てにオススメのプラン)の間取りを中心にチェックしてみました。

結論から言うと、「スタンダードな暮らしやすさで飽きのこない平屋住宅」でした。

セキスイハイムさんの3LDK平屋注文住宅は以下がおすすめポイントになります。

イチオシポイント

  • 吹き抜けの窓で明るさと開放感抜群のリビング
  • キッチンの目隠しあり洗濯機置き場
  • 最小限の廊下で分けられたプライベートゾーンとパブリックゾーン

とてもスタンダードな間取りで長く飽きのこなそうな、誰にでもおすすめできる間取りの平屋住宅です。

余計なモノをあれこれつけるよりも、家族4人でシンプルに暮らしたい!と考えているかたにおすすめのプランになります。

これから平屋を建てる予定のかたは、事例のひとつとしてぜひ参考にしてみてください。

JUN
JUN
それではいってみましょう!
家づくりを始める前に
JUN
JUN
誰でも簡単にできる、失敗しない注文住宅の進め方を、7つの手順にまとめました。

詳細は【何から始める?】失敗しない注文住宅の進め方【7つの手順】をご覧ください。

セキスイハイムさんの3LDK平屋注文住宅の外観と間取り図

※当ページの引用タグ内の画像はすべてセキスイハイムさんの3LDK平屋注文住宅ウェブサイトから引用させていただきました。

セキスイハイムさんの3LDK平屋注文住宅(子育てにオススメのプラン)の外観と間取り図をご紹介します。

セキスイハイムさんの3LDK平屋注文住宅の外観 セキスイハイムさんの3LDK平屋注文住宅の間取り図
JUN
JUN
主寝室と子供部屋のプライベートゾーンと、LDKなどパブリックゾーンが区分けされた使いやすい間取りになっています。

セキスイハイムさんの3LDK平屋注文住宅の気になる間取り3つのポイントを総チェック!

セキスイハイムさんの3LDK平屋注文住宅の気になる間取りをピックアップ。

イチオシポイント

  • 吹き抜けの窓で明るさと開放感抜群のリビング
  • キッチンの目隠しあり洗濯機置き場
  • 最小限の廊下で分けられたプライベートゾーンとパブリックゾーン
JUN
JUN
このあと、わが家との対比も合わせてご紹介することで、実際の使い勝手についても検証していきます!

吹き抜けの窓で明るさと開放感抜群のリビング

吹き抜けの窓で明るさと開放感抜群のリビングの間取り図

 

セキスイハイムさんの3LDK平屋注文住宅に最初に訪れた時に「気持ちいい!」と誰もが感じるであろう空間がリビングです。

写真のとおり、吹き抜けていて、大きな窓でたっぷり日光を取り入れています。

こんなに気持ちのいい空間が広がっていれば、家族との会話も、友人との雑談も、明るい気分でできますね!

みんなが集うLDKは、閉塞感があると会話も弾みません。
できるだけ明るい空間とすることで、自然と楽しい気分になれる平屋になります。

 

わが家との比較:吹き抜けではないですが、勾配天井が気持ちいい!

わが家のLDKは垂木現しの勾配天井

わが家の一番のお気に入り空間であるLDK。

その魅力の源は、高さのある垂木現しの勾配天井です。

木のぬくもりと、垂木の意匠性を楽しめます。

高い天井を要望していた私達夫婦の願望を、見事に建築士さんが叶えてくれました!

暖房効率を考えると天井は低いほうが・・・という意見もわかりますが、高い天井には、高い天井にしかない気持ち良さがあります。

セキスイハイムさんの3LDK平屋注文住宅の吹き抜けリビングも開放感抜群で、すごく気持ちが良い空間であることは想像に難くありません。

人が集まって楽しく過ごしたいなら、リビングの天井は高めに作ることをおすすめします!

平屋は2階部分がないので、容易に天井を高くすることが可能です。
せっかく平屋を建てるなら、吹き抜け、勾配天井などを活用して、視線の抜ける気持ちの良い空間を作ってみてください。

暖かい空気は上に逃げるので、天井が高い場合は暖房効率が少々心配です。

わが家は床下エアコンで下から暖めているので問題なし。
ほかには床暖房を活用したり、天井にシーリングファンをつけることでも暖房の問題は効率的に回避できます。

わが家のリビングについては【注文住宅Web内覧会】リビング・ダイニング・キッチン【23.6畳LDK】で解説しています。

キッチンの目隠しあり洗濯機置き場

セキスイハイムさんの3LDK平屋注文住宅の洗濯機置き場

みなさん気付かないかも知れませんが、セキスイハイムさんの3LDK平屋注文住宅は洗濯機置き場が絶妙です。

キッチンのはじっこに洗濯機を設置できる間取りになっています。
しかも扉付きです。

使用していない時は扉を閉めておけば不要な生活感がでませんし、使っている時も扉を閉めておけば洗濯機の音を和らげることができます!

なんでこれが重要かって?

それは位置です。

ここなら、キッチンで別の作業をしていても、洗濯の様子が一発で確認できます。

 

全自動洗濯機を回している間は、基本的にはほったらかしですよね。
運転中は別の作業に当てたいもの。

でも洗濯機の場所があまりに奥まっていたりすると、

  • 洗濯が終わった音に気付かなかった
  • 途中で運転エラーで止まっていたのに気づかなかった
  • 洗濯機をまわしたつもりが、よくフタがしまっていなくて運転されていなかった

といった事態が発生します。

セキスイハイムさんの3LDK平屋注文住宅のように、キッチンに洗濯機があれば、瞬時に洗濯機の状態を確認できますよね!

家族が多いと毎日最低2~3回はまわす洗濯機です。
LDKからすぐに確認できることは家事効率を大きく向上させます!

 

わが家との比較:脱衣所とキッチンは離れているので、エラーや音に気付かない場合がよくあります。

脱衣所

わが家の場合は脱衣所とキッチンが遠いので、運転音やエラーを見過ごすことがよくあります。

たとえば、

洗濯をスタートして洗剤を投入して、フタをしめずに脱衣所を離れてしまい、キッチンで別のことをしていて、40分くらいして「そろそろ洗濯終わるかなー」なんて見に行くと、フタがしまっていない状態で止まったままの洗濯機を見て愕然!

なんてことがよくあります。

うちは日立の10kgタテ型なんで、フタが閉まっていないとC03というエラー表示がでて止まっています・・・。

JUN
JUN
「ああ、40分無駄にした・・・」と何度うなだれたことか・・・

わが家の生活パターンで多いのは、朝起きたら、前日の洗濯物をいれてまわして、そのままキッチンで朝ごはんを作るというルーチン。

キッチンで料理、そのあとみんなで朝食とせわしなく動いていると、洗濯機の状態に気付けないんですよね。

わが家の場合は土地の形的にしかたがない面もありましたが、できれば洗濯機はキッチンの近くがベスト!ですね。

洗濯機がキッチンにあると家事の効率が確実にあがります。
セキスイハイムさんの3LDK平屋注文住宅のように扉付きなら、騒音も生活感も隠せるので超おすすめ!

さらにもっと深掘りすると、主寝室や子供部屋とキッチンは離れているので、夜に洗濯しても家族の睡眠を妨げないというメリットもあります。

わが家の脱衣所については【注文住宅Web内覧会】3畳洗面脱衣所のレイアウト実例【スロップシンクはいらない?】で解説しています。

最小限の廊下で分けられたプライベートゾーンとパブリックゾーン

セキスイハイムさんの3LDK平屋注文住宅の廊下間取り図

セキスイハイムさんの間取りで秀逸だなと感じた最後のポイントは、「最小限の廊下で、見事にパブリックゾーンとプライベートゾーンを分けている」という点です。

ご覧の通り、最近はやりの「廊下レス」ではないものの、最小限の廊下で、うまくLDKと寝室をつなげていますよね。

平屋の建築費を抑えるには床面積をできるだけ抑えたいものです。
居室スペースを最大限取るには廊下がない間取りにすることが求められます。

しかし廊下レスにもデメリットはあって、各部屋が壁、ドア1枚で隔てられているだけなので、どうしても隣の部屋の音や光の影響を受けてしまいます。

個室では静かに過ごしたい、というかたにとっては廊下レスは難しい選択となりますが、セキスイハイムさんの3LDK平屋注文住宅のような間取りであれば大丈夫。
最小限の廊下で、LDKの音や光の影響を個室が受けない造りになっています。

これなら誰かがLDKで騒いでいても、落ち着いて個室で過ごせます!

しかもトイレは主寝室を出てすぐの場所にあるので、夜中にトイレにいくにも最短の動線です!
子供部屋からも近いので、子どもが暗く長い廊下を歩いて怖がりながらトイレに行く心配もありません!

また、トイレ側の壁は、各部屋の収納クローゼットがあるので、トイレを流す音が寝室や子供部屋に響くことも最小限に抑えていますね。

 

わが家との比較:LDKと寝室は離れていますが、脱衣場が寝室にちかいため洗濯の音は響きます。そしてトイレの音も・・・

寝室と洗濯機

わが家の洗濯機と主寝室の間取りです。

ご覧のとおりわりと近接しているので、夜に洗濯機をまわすとけっこう音が響きます。

洗濯機の下には振動を抑えるゴムを敷いたのでだいぶマシにはなっていますが、完全には抑えられてはいません。

 

あと、主寝室はトイレも隣にあるので、流す音がこれまた響きます。

トイレと寝室の間取り図

 

主寝室や子供部屋といったプライベートゾーンの近くには、できるだけ音が出る設備は置かないのが無難です。

どうしても近接してしまう場合には、セキスイハイムさんの3LDK平屋注文住宅のように収納を間に入れるなどの工夫がとても有効です!

平屋は1フロアにすべての部屋を配置する必要があるので、2階建てのように「2階に個室を逃がす」ことができません。
プライベートゾーンとパブリックゾーンをフラットな空間にどう配置するかは非常に悩ましいところ。

わが家のように洗濯機やトイレが近いと思わぬ騒音に悩まされることもあります。
セキスイハイムさんの3LDK平屋注文住宅は余計な廊下を造らずに、うまくプライベートゾーンとパブリックゾーンを分けている好例です。
ぜひ参考にしたいですね!

わが家の寝室については【注文住宅Web内覧会】シンプルな主寝室【6畳】で解説しています。

セキスイハイムさんの平屋住宅の間取り以外の特徴

セキスイハイムさんの平屋住宅の間取り以外の特徴をご紹介します。

セキスイハイムさんの坪単価は?

坪単価

セキスイハイムさんの平屋の坪単価は、70万円前後が目安になります。

仮に30坪ほどの平屋を建てる場合には2100万円前後の建物予算は目安として準備が必要です。

大手ハウスメーカーの中でも比較的高価な部類に入ります。

基礎断熱を標準仕様

セキスイハイムさんは基礎断熱を標準仕様としています。

床下の基礎も室内空間とする工法で、床下にも断熱材を入れて外気の影響を受けにくくし、常に床下を安定した温度に保ちます。

わが家も基礎断熱を採用しており、LDKの暖房は、その床下を暖める「床下エアコン」を採用しました。

ダイキン床置き型エアコン

おかげさまで冬は床下からほんわり暖かく、エアコンの熱風が直接体に当たることもないので、常に快適。

JUN
JUN
基礎断熱は足元が暖かい家を建てたいかたにおすすめです!

まとめ

セキスイハイムさんの3LDK平屋注文住宅の気になる間取りのポイント3点をチェックしてみました。

イチオシポイント

  • 吹き抜けの窓で明るさと開放感抜群のリビング
  • キッチンの目隠しあり洗濯機置き場
  • 最小限の廊下で分けられたプライベートゾーンとパブリックゾーン

 

以上をまとめると、セキスイハイムさんの3LDK平屋注文住宅は、特に以下のかたにおすすめです!

  • 開放感抜群で誰もが明るい気分になるリビングで過ごしたい!
  • 洗濯する回数が多いので、洗濯機はすぐ確認できる場所に設置したい!
  • 平屋といえども、プライベートゾーンとパブリックゾーンはきっちり区分けしたい!

一見するととても普通の間取りに見えますが、こうして深掘りしてみると、実は設計士さんのこだわりがつまった暮らしやすいシンプルな平屋であることがわかります。

JUN
JUN
奇抜なアイディアいっぱいの入り組んだ平屋ではなく、シンプルに暮らしたいかたにおすすめの平屋住宅です!
家づくりを始める前に
JUN
JUN
誰でも簡単にできる、失敗しない注文住宅の進め方を、7つの手順にまとめました。

詳細は【何から始める?】失敗しない注文住宅の進め方【7つの手順】をご覧ください。

関連記事

全国のハウスメーカー・工務店のおすすめ平屋住宅は【3LDK・4LDK】平屋の間取り27選!【ハウスメーカー・工務店の注文住宅】で確認できます!

【3LDK・4LDK】平屋の間取り27選!【ハウスメーカー・工務店の注文住宅】
【3LDK・4LDK】平屋の間取り27選!【ハウスメーカー・工務店の注文住宅】ハウスメーカー・工務店の平屋住宅の間取りを比較してみませんか?当記事では全国のハウスメーカー。工務店の平屋住宅の間取りを詳細に解説しています。平屋住宅を建てようと考えているかたはぜひ記事をご覧ください。...

新築平屋に取り入れたい間取りのアイディアは真似したいおしゃれな平屋の間取り31選!【ハウスメーカー・工務店注文住宅の実例、プランから抜粋】で解説しています!

真似したいおしゃれな平屋の間取り31選!【ハウスメーカー・工務店注文住宅の実例、プランから抜粋】
真似したいおしゃれな平屋の間取り31選!【ハウスメーカー・工務店注文住宅の実例、プランから抜粋】ハウスメーカー・工務店が提案している平屋住宅の秀逸な間取りアイディアを知りたくありませんか?当記事ではぜひ真似したい素敵な平屋間取りをピックアップ。平屋を検討中のかたはぜひ記事をご覧ください。...

本日も最後までお読みいただきありがとうございました。

みなさんの後悔のない家づくりの参考になれば幸いです。