平屋の間取り・設備レビュー

サーモスXは寒い? 結露は?価格は?【樹脂窓APW330、APW430と徹底比較】

  • リクシルの「サーモスX」とYKKAPの「APW」で性能に差はあるの?
  • 樹脂窓は本当に暖かいの?
  • オール樹脂と、樹脂+アルミのハイブリッド窓の性能差はどのくらい?
  • APWやサーモスXといった樹脂サッシの見積り価格を知りたい

 

今日の記事はこういった疑問に答えます。

 

サーモスXは寒い? 結露は?価格は?【樹脂窓APW330、APW430と徹底比較】

結論から書くと、サーモスXとAPWで致命的な性能差はありません。
ひと冬過ごしましたが、どちらも結露は発生せず快適でした。
ただし、気密性については少し差がある印象です。

 

本記事の内容
  • 我が家のAPW440/330、サーモスXの温度を計測
  • サーモスXとAPWの気密性の違い
  • サーモスX、APW430、APW330の見積り価格

 

私は2018年に平屋を建てました。

我が家のLDKまわりは以下の2メーカー・5種類の窓を採用しています。

  • リクシル サーモスX ペアガラス
  • リクシル サーモスX トリプルガラス
  • YKKAP:APW430
  • YKKAP:APW330(真空トリプルガラス)
  • YKKAP:APW330(ペアガラス)

リクシルとYKKAPという2つのメーカーの窓が入っている家はあまりないと思います。
LDKのみサーモスXになったのは、APW330では我が家のLDKの高さに合うサイズがなかったからです。

偶然にも同一条件で2つの異なるメーカーの窓を比較できる稀有な環境となったので、我が家の窓の実際の温度データを測定してみました。

リクシル、YKKAP両メーカーの、樹脂サッシの実際の性能が気になっているかたは必見です。

サーモスX LOW-E複層ガラス(アルゴンガス入) 樹脂アルミ複合サッシ 引違い窓 2枚建 呼称 07409 W:780mm×H:970mm LIXIL リクシル DIY リフォーム
created by Rinker

 

窓のリフォームなら

アルミサッシからAPW、サーモスXといった樹脂サッシヘのリフォームを検討中なら、リショップナビがおすすめです。
無料で複数の会社(最大5社)からリフォームの見積りを取得できます。
リショップナビをおすすめする理由は以下の3点です。

  1. プロのリフォームコンシェルジュがあなたのリフォームを完全にサポート。簡単30秒の入力で複数見積りを比較・検討でき、費用相場を知ることができます。
  2. 厳しい加盟審査に合格したリフォーム会社のみが登録されています。実績や保証内容などが十分な会社ばかりなので失敗のないリフォームが行えます。
  3. 万が一、リフォーム工事中の事故で住まいに損害があった場合や、引き渡し後1年以内に工事瑕疵があった場合の損害を保証する「安心リフォーム保証制度」が導入されています。

リフォーム会社選びで迷ったら、リショップナビをおすすめします。

\ 最安値で窓をリフォーム /リショップナビ公式サイトを見てみる

 

実際のAPW440/330、サーモスXの温度を計測

実際に窓の表面温度を計測した結果をお伝えします。

我が家の地域

私の家は、平成25年改正版次世代省エネルギー地域区分で5地域に属しています。

山間部に近いので、5地域の中でもやや4地域よりといったところでしょうか。

東北地方より以北ほど寒くはないですが、ひと冬に2、3回は雪が積もる場合があります。

 

LDK、和室、ワークスペースの窓種別

我が家のLDK、和室、ワークスペースに採用した窓は以下のとおりです。

LDKに隣接するかたちで、東側に和室、北側にワークスペース(書斎)があります。

部屋
(方角)
商品名 サイズ ガラス Low-E
①和室 APW330 高所用すべり出し窓 H370
W1640
トリプル 断熱
②和室 APW430 大開口スライディング H1953
W1640
トリプル 断熱
③ワークスペース APW330 すべり出し窓 H970
W1210
ペア 遮熱
⓸LDK
(南)
サーモスX 装飾引き違い窓HKK H2323
W3510
ペア 断熱
⑤LDK
(西)
サーモスX 引き違い窓 H2323
W2600×2
トリプル 遮熱

 

それぞれの窓の製品ラインナップについては下記記事をご覧ください。

APWとサーモスXの色とデザインを徹底比較【プラチナステンとシャイングレーの違い】APWとサーモスXの色とデザインの違いを知りたくないですか? 今日の記事では我が家の窓を例に、APWとサーモスXのバリーエーションを比較しています。 窓選びで悩んでいるかたは是非記事をご覧ください。[平屋スタイル]...

 

 

LDK、和室、ワークスペースの写真

LDKと和室です。
LDKの2か所の引き違い窓はいずれもサーモスXです。
左奥に見える和室はAPW430大開口スライディングと高所用のAPW330になります。

ワークスペースです。APW330(ペアガラス)が入っています。

 

計測時の外気温

計測時の外気温は1.7℃、湿度は47%でした。

かなり寒いです。

 

APW330(真空トリプル)の表面温度を測定

まずは①和室の高所用窓。

和室はリビングの隣です。

計測時の和室は、室温18.7℃、湿度48%でした。

室温計は椅子の高さくらいで計測しています。

 

高所用窓の表面温度を計測。
網戸が手前側についている関係から下框は測れなかったので上框を計測。

17℃ジャストでした。高い場所にある窓なので暖かい空気が上にきているおかげでしょう。

窓は17.5℃ありました。窓のほうが若干暖かいですね。

参考までに同じ高さの壁も計測。

20℃ジャスト。やはり壁のほうが暖かいですね。
でも壁の暖かさと窓は2.5℃しか違いません。さすが真空トリプルガラス!

【APW330高所用窓レビュー】電動と手動のメリット・デメリットAPW330の高所用窓の操作方法で悩んでいませんか? 本記事ではAPW330の高所用窓の電動、手動それぞれのメリットとデメリットを比較しています。APW330の高所用窓の採用を検討されているかたは是非記事をご覧ください。...

 

APW430(トリプル)の表面温度を測定

続いて高所用窓の下、②和室のAPW430大開口スライディングになります。

一番冷える下框を計測。
12.4℃でした。

続いて窓の部分を計測。
14.5℃でした。やはり窓のほうが暖かいですね。

参考までに同じ高さくらいの壁も計測。
窓との差は2.6℃。APW430のトリプルガラスも優秀です。

APW330(ペア)の表面温度を測定

次は③ワークスペースのAPW330ペアガラスのすべり出し窓です。

ワークスペースはリビングの隣ですが、床下エアコンはあまり届かないので、条件をできるだけLDKと合わせるためにセラミックヒーターを足元で使いました。

計測時のワークスペースの室温は17.4℃、湿度50%でした。

一番冷える下框を計測。
12.1℃でした。

続いて窓。
13.3℃でした。窓のほうが暖かいですね。

参考に壁も測ってみました。18.9℃でした。

 

 

 

サーモスX(ペア)の表面温度を測定

さあ続いてLDKです。

LDKは床下エアコンの吹き出しが近いので和室より室温が少し高め。
テーブルの高さで計測したところ、室温19.4℃、湿度45%でした。

まずは南側に面した装飾引き違い窓HKK。
サーモスXのペアガラスです。

(※窓の全景がわかるように昼間撮影した写真を使っています)

 

 

こちらも一番冷える下框を計測。
9.3℃でした。

続いて窓の部分を計測。
13.3℃。下框に比べてだいぶ暖かいですね。

参考に近く壁を計測しました。腰の高さくらいの場所で19.8℃でした。

 

サーモスX(トリプル)の表面温度を測定

最後はリビング西側のサーモスXトリプルガラスの引き違い窓。

(※窓の全景がわかるように昼間撮影した写真を使っています)

 

 

こちらも一番冷える下框を計測。
12.3℃でした。

窓の部分を計測。
15.0℃。やはり窓のほうが暖かいですね。

壁も計測。18.7℃。
窓とは3.7℃の差しかありません。さすがトリプルガラスです。

参考に近くの床も計測してみました。

19.3℃でした。

 

 

(参考)アルミ製の勝手口も計測

うちはアルミサッシの窓は採用していないので、アルミサッシと樹脂サッシの比較ができないのですが、土間の勝手口のドアがYKKAPの「コンコード」のS01という製品を使っています。

真ん中にLOW-E複層ガラスを採用していて、ドアの素材はアルミになっています。
熱貫流率は4.07と、樹脂窓に比べ性能的にはだいぶ劣ります。

YKKAP コンコード WEBカタログより引用

参考までに別の日にこちらの値も計測してみました。
まず外気温は0.4℃、湿度は63%でした。朝に降った雪が残っていたので湿度は高めでした。

土間の室温は8.9℃、湿度59%でした。

土間なので空調は届かないため部屋自体が寒いです。
湿度は外に近い値になっていますね。

まずは下框。
2.6℃! キンキンです。。。

続いてペアガラスの窓部分。
5.2℃。
アルミの部分よりは暖かいですが、かなり冷たいです。

アルミ部分は触ると氷のよう。
室温自体が低いため結露は起きていませんが、もし他の部屋と同じく18℃くらいあったら確実に結露していますね。。。

家全体の窓がペアガラス+アルミサッシだったらと思うとゾっとします。
きっとすごく寒くて結露もひどい家になっていたでしょう。。。

 

APW430/330、サーモスX 測定結果のまとめ

ということで、まとめると以下のとおりとなりました。

いずれも下框と窓を計測するまではレースカーテンと通常カーテンが閉まった状態で、計測直前にカーテンを開けて計測しています。

製品 室温(湿度) 下框
APW330(ペア) 17.4℃(47%) 12.1℃ 13.3℃ 18.9℃
APW330(真空トリプル) 18.7℃(48%) 17.0℃ 17.5℃ 20.0℃
APW430(トリプル) 同上 12.4℃ 14.5℃ 17.1℃
サーモスX(ペア) 19.4℃(45%) 9.3℃ 13.3℃ 19.8℃
サーモスX(トリプル) 同上 12.3℃ 15.0℃ 18.7℃
(参考)アルミ製コンコードS01 8.9℃(59%) 2.6℃ 5.2℃ 未計測

 

考察
  • 当然ですが、全体を通してトリプルガラスのほうがペアガラスよりも高温です。
  • 下框の温度が一番低かったのはリビング南側のサーモスXのペアガラスでした。
    やはりオール樹脂のAPWに比べると若干性能は劣るのかも知れません。
    それもでアルミ樹脂複合としては高性能だと思います。
    ただ、室内の湿度がもう少し高くなり、かつ外気温が下がった場合は若干結露が心配になる温度差ですね。
  • サーモスXのトリプルガラスは非常に良い値がでました。
    オール樹脂のAPWと比較しても遜色ない性能です。
  • アルミ製の勝手口は恐ろしい冷たさでした。もし場所が室温が高いLDKなどなら、100%結露して、水滴が滴り落ちていたでしょう。たぶんマメに拭かないと無垢フローリングが腐るレベルです。

以上の結果から、独断で5段階評価すると次のような感じです。

製品 形状 断熱性 結露のしにくさ
APW330(ペア) すべり出し
APW330(真空トリプル) すべり出し
APW430(トリプル) スライディング
サーモスX(ペア) 引き違い
サーモスX(トリプル) 引き違い
(参考)アルミ製コンコードS01 引き戸

実際にひと冬過ごしてみても、サーモスX,APWのどちらの窓も結露は発生しませんでした。

【APW430/330】トイレ・脱衣所・バスルームに採用したすべり出し、FIX、引き違い窓の断熱性能をチェックAPW330と430の実際の温度を知りたくありませんか?本記事では我が家のバスルーム、脱衣所、トイレのAPW330と430の実際の温度を計測したレポートをご紹介しています。 APW330と430の実際の性能が気になる方は是非記事をご覧ください。[平屋スタイル]...

 

\ 最安値で窓をリフォーム /
リショップナビ公式サイトを見てみる

 

 

 

サーモスXとAPWの気密性の違い

サーモスXはひとつだけ気になる点があります。

それは気密性です。

上の写真は冬に撮ったLDKのサーモスXまわりの写真です。

我が家の地域は冬はすさまじい強風が吹くのですが、数日間でこのような状態になりました。
砂が入り込んでしまっています。
特に窓を開けてはいないのに、です。

まったく同じ場所にAPWがあるわけではないので単純な比較はできないのですが、脱衣所と子ども部屋にAPW330の掃き出し窓があるので構造を比較してみました。

 

APW330の気密構造

APW330のサッシ枠部分の写真です。

このように真ん中が空いた凹構造になっていて、左右にモヘアシールが貼ってあります。

 

掃き出し窓を閉めると、この上の写真の凸部分に、窓本体側の凹部分がはまる感じです。

凹凸ががっちりはまり、左右のモヘアシールと合わさって、高い気密性となっているようです。

実際、閉めた時にバシュッという音がする感じで、密着感はなかなかのものです。

 

サーモスXの気密構造

こちらの写真はサーモスXになります。
ご覧のとおり、外側にだけ黒いゴムパッキンがあります。内側にはありません。
このパッキンは実際には斜めについていて、押すと少し動く構造です。

サーモスXの引き違い窓を端まで閉めると、サッシの外枠に、このゴムパッキンが押し付けられて気密を取る構造になります。

片側だけですので、APWに比べると、抑えが弱い感はどうしてもあります。
そのため、非常に強い風が吹いた場合には、パッキンが内側に風で押されて、わずかな隙間から砂が入り込んだのではないか?と考えます。

強風が吹かない場合にはAPWとの差があまりわかりませんが、寒い冬にサーモスXのサッシまわりに手をかざすと、若干冷気が感じられます。

気密性については、両側で挟み込むAPWが有利なようです。

 

気密性をまとめるとこのような印象です。

製品 形状 気密性
APW330 引き違い
サーモスX 引き違い

 

\ 最安値で窓をリフォーム /
リショップナビ公式サイトを見てみる

 

 

サーモスX、APW430、APW330の見積り価格

今回温度を測定した製品の実際の見積り価格を一覧にまとめました。
ズバリを書いてしまうと迷惑がかかる場合があるので、1万円単位の範囲で記載させていただきました。
購入の際の参考になれば幸いです。

製品 形状 サイズ ガラス Low-E 見積り価格
APW330 高所用すべり出し窓 H370
W1640
トリプル 断熱 \80,000~90,000
APW430 大開口スライディング H1953
W1640
トリプル 断熱 \60,000~70,000
APW330 すべり出し窓 H970
W1210
ペア 遮熱 \80,000~90,000
サーモスX 装飾引き違い窓HKK H2323
W3510
ペア 断熱 \280,000~290,000
サーモスX 引き違い窓 H2323
W2600×2
トリプル 遮熱 \340,000~350,000

 

\ 最安値で窓をリフォーム /
リショップナビ公式サイトを見てみる

樹脂サッシQ&A

ここでは樹脂サッシに対するいくつかの疑問にお答えします。

 

アルミサッシに比べて値段が高いですが、コストをかけてまで入れる意味は本当にありますか?

A:はい、あります。
樹脂サッシは一度味わってしまうと、もう二度と結露まみれなアルミサッシには戻れません。
結露はたかだか水だろと思うかも知れませんが、放っておくとカビの発症原因になります。
私は医者でもなんでもないので詳しくはありませんが、カビと肺の病気の関係はネット上にたくさんでています。例えばこちらのオムロンさんのサイトには、「空中に漂っているカビの胞子を吸い込んで感染してしまうと、肺や気管支に異常をきたす肺アスペルギルス症となる恐れがある」と書かれています。
せきなどを引き起こす恐れがあるため、特に小さなお子さんがいるご家庭では怖いと思います。冬場の健康管理のうえでも結露がないことに越したことはないのです。

さすがにトリプルガラスのAPW430まですべてのご家庭に必要かというと、比較的温暖な地域ではいらないと思いますが、APW330、もしくはサーモスXのペアガラスについてはどの地域のご家庭にも絶対におすすめです。冬場の結露がないこと、そして外の寒さが室内に伝わるのを防いでくれることが、こんなにも冬を快適にしてくれるとはまさに想像以上でした。
新築、あるいはリフォームされるなら、APW330、もしくはサーモスXのペアガラスを最低ラインとして、それ以上の樹脂サッシを選択するようにしてください。

 

樹脂サッシはアルミサッシに比べて耐久性が低いと聞いたことがありますが、耐用年数はどのくらいでしょうか?

A:樹脂サッシ工業会さんのサイトに参考になる記述がありましたので引用させていただきます。結論としてはまず30年は大丈夫です。

1. 耐久性

塩ビ樹脂そのものは50年以上の長寿命ですが、実際のサッシではその使われ方や環境が影響します。樹脂サッシは1975年の販売開始以来、約30年経過しましたが、この間問題なく機能を維持しています。

2. 耐熱性

真夏の直射日光を受けたときの室外側の表面温度は60℃以上、密閉された二重窓構造の空気層では80℃に達しますが、その形状、機能は30年間保持されています。

樹脂サッシ工業会ウェブサイトより引用

 

 

 

YKKAPには「エピソード」という樹脂とアルミのハイブリッド窓がありますが、そちらでも十分でしょうか?

A:いいえ。エピソードの熱貫流率は2.33です。ドイツなどの窓先進国では、そもそもで法規制により熱貫流率1.3超の低性能の窓を売ることができません。
2.33は世界の基準では低性能すぎます。
結露のリスクや省エネを考えると、最低でも熱貫流率が1.5以下くらいの製品を狙うべきです。熱貫流率1.5は、APW330やサーモスXのペアガラスが該当します。各社のスタンダードモデルがちょうど1.5くらいということです。
エピソードでもアルミサッシに比べればもちろん性能アップにはなりますが、せっかく樹脂サッシを導入されるなら、あとから後悔しないように熱貫流率1.5以下の製品を選びましょう。

 

サーモスXとAPW330、どちらを選んでも後悔しませんか?

A:どちらを選んでも後悔することはないです。
たださきほど触れたように気密性についてはAPWに一日の長があるように感じます。
性能重視でいくならAPW330、フレームの細さなどのデザインが好みならサーモスXがいいでしょう。

 

測定結果をみるとサーモスXのペアガラスが最も断熱性能が低いようですが、結露のリスクはどの程度あるでしょうか?

A:我が家のような冬場の外気温が最低でも零度前後の地域であれば、まず結露のリスクはないでしょう。実際私も一冬越しましたが結露は一度もありませんでした。ただ、平成25年改正版次世代省エネルギー地域区分で1~3地域(北海道や東北)など厳寒な地域では結露のリスクが高いかも知れません。厳寒地域のかたはサーモスXのトリプルガラスにするか、オール樹脂のAPWシリーズをおすすめします。

 

今回の測定結果を見ると樹脂サッシに弱点はないように思いますが、デメリットはないのでしょうか?

A:樹脂サッシのデメリットは2つあります。
ひとつはアルミサッシに比べて価格が高いことです。これは性能が高いため致し方ありません。
もうひとつは「重さ」です。樹脂サッシは強度を出すためにアルミサッシよりも厚めにできています。そのためサッシそのものの重量が重いのです。ペアガラスの樹脂サッシについては極端な重さは感じませんが、サーモスXのトリプルガラスについてはズシリと重いです。
我が家のサーモスX引き違い窓のトリプルガラスは、一番力が必要な開け始めは腕だけの力ではなかなかうまく開けられません。腰から力を入れて全身を使って開ける感じです。子どもや女性だと少々苦労するレベルです。
大きなサイズのサーモスXトリプルガラスを入れる場合には、メインで使うかたが女性などの場合は一応確認してから導入することをおすすめします。
ちなみに同じトリプルガラスでもAPW430の大開口スライディングはハンドル操作もしやすくスムーズなためあまり重さが気になりません。

 

\ 最安値で窓をリフォーム /
リショップナビ公式サイトを見てみる

 

 

 

 

(まとめ)サーモスXとAPWのどちらでも暖かい家は作れます。リフォームにもおすすめです。

ここまで書いてきたように、樹脂サッシの威力は絶大で、一度その素晴らしさを味わった身としては、アルミサッシのあの冷たさには絶対に戻れないです。

これから家を新築されるかたは最低でも熱貫流率が1.5前後かそれ以下、APW330かサーモスXのペアガラスあたりの樹脂サッシを導入してください。

樹脂サッシへのリフォームで結露知らずの窓へチェンジ

また、現在持ち家に住んでいるかたで、アルミサッシの結露、寒さに悩まされるいるかたは今すぐに樹脂サッシに変えたほうが良いです。

特に冬は、あの窓際から押し寄せてくる冷気で凍える必要がなくなります。
外の寒さが入ってきにくくなりますので、暖房費だって削減できます。
そして最も不快な結露からも解放されます。
結露がない生活は想像以上に快適でした。

樹脂サッシへリフォームするのに一番のネックは価格の高さですが、それも一括見積りサイトを使って複数業者を競わせれば、大きな値引きが期待できます。

樹脂サッシの一括見積りの依頼にかかる時間は30秒です。
樹脂サッシへのリフォームで、我が家と同じ結露がなくカビとは無縁という毎日を手に入れてください。

窓のリフォームなら

アルミサッシからAPW、サーモスXといった樹脂サッシヘのリフォームを検討中なら、リショップナビがおすすめです。
無料で、複数の会社(最大5社)からリフォームの見積りを一括で取得できます。
リショップナビをおすすめする理由は以下の3点です。

  1. プロのリフォームコンシェルジュがあなたのリフォームを完全にサポート。簡単30秒の入力で複数見積りを比較・検討でき、費用相場を知ることができます。
  2. 厳しい加盟審査に合格したリフォーム会社のみが登録されています。実績や保証内容などが十分な会社ばかりなので失敗のないリフォームが行えます。
  3. 万が一、リフォーム工事中の事故で住まいに損害があった場合や、引き渡し後1年以内に工事瑕疵があった場合の損害を保証する「安心リフォーム保証制度」が導入されています。

リフォーム会社選びで迷ったら、リショップナビをおすすめします。

\ 最安値で窓をリフォーム /
リショップナビ公式サイトを見てみる

 

本日も最後までお読みいただきありがとうございました。

みなさんの後悔のない家づくりの参考になれば幸いです。

APWとサーモスXの色とデザインを徹底比較【プラチナステンとシャイングレーの違い】APWとサーモスXの色とデザインの違いを知りたくないですか? 今日の記事では我が家の窓を例に、APWとサーモスXのバリーエーションを比較しています。 窓選びで悩んでいるかたは是非記事をご覧ください。[平屋スタイル]...
【APW430/330】トイレ・脱衣所・バスルームに採用したすべり出し、FIX、引き違い窓の断熱性能をチェックAPW330と430の実際の温度を知りたくありませんか?本記事では我が家のバスルーム、脱衣所、トイレのAPW330と430の実際の温度を計測したレポートをご紹介しています。 APW330と430の実際の性能が気になる方は是非記事をご覧ください。[平屋スタイル]...
サーモスXとAPW330のフレームの温度を比較【真夏の断熱性能をチェック】サーモスXとAPWの夏場の断熱性能の違いを知りたくありませんか? 本記事ではサーモスXとAPWのフレーム温度を同じ環境下で実際に測った結果をご紹介しています。 サーモスXとAPWの夏場の断熱性能の違いを知りたいかたは是非記事をご覧ください。...
【無料】ハウスメーカー住宅カタログ一括請求サイト3選の比較【タウンライフ家づくりなど】ハウスメーカー住宅カタログ一括請求サイトについて知りたくありませんか? 本記事では3つの一括請求サイトを比較した結果をご紹介しています。 ハウスメーカー住宅カタログ一括請求サイトを利用しようか迷っているかたは是非記事をご覧ください。[平屋スタイル]...
【後付け太陽光発電(長州産業12.5kw)レビュー】ソーラーローンを借りても200万円以上儲かる理由とは?デメリットはないの?長州産業の太陽光発電の口コミを知りたくないですか? 本記事では我が家が後付けで導入した12.5kwの長州産業太陽光発電を例に、どのくらいの利益が出るのかをご紹介しています。 太陽光発電を導入しようか迷っている方は是非記事をご覧ください。...