キッチン・ダイニング

【リクシル】ナビッシュハンズフリーの3つのメリット

【リクシル】ナビッシュハンズフリーの3つのメリット
  • リクシルのタッチレス水栓「ナビッシュ」のメリットを知りたい

 

 

今日の記事はこういった疑問に答えます。

ナビッシュ

結論から言うとナビッシュのメリットは以下3点です。

  • 食器などの洗い物をする際の吐水、止水の操作が不要
  • 水を出しっぱなしにしたい時も操作部に一切触れなくていいので衛生的
  • 浄水器のフィルターは1年に一回交換するだけでよい

 

本記事の内容

リクシル タッチレス水栓「ナビッシュ」のメリット

 

今日の記事では、我が家のタッチレス水栓ナビッシュA10タイプ(JF-NA411S)のメリットを深堀りしていきます。

これから家を建てるかた、あるいはキッチンのリフォームを計画しているかたで、水栓をどうしようか迷っているかたは必見です。

キッチンのリフォームなら

キッチンのリフォームを検討中なら、リショップナビがおすすめです。

  • 無料で複数見積もりを一括取得。最安値の業者を選択できます。
  • あなた専任のスタッフが最適なリフォームプランを提案。
  • 工事で発生した不具合を保証する「安心リフォーム保証制度」を完備。

\ リフォーム保証制度を完備 /リショップナビ
公式サイトはこちら
※見積もり費用はいっさいかかりません。

>>リフォーム一括見積もりサイト3社の比較を見る

 

 

リクシル タッチレス水栓「ナビッシュ」のメリットは3つあります。

メリット

ナビッシュのメリットは以下3点です。

  • 食器などの洗い物をする際の吐水、止水の操作が不要
  • 水を出しっぱなしにしたい時も操作部に一切触れなくていいので衛生的
  • 浄水器のフィルターは1年に一回交換するだけでよい

 

メリット① 食器などの洗い物をする際の吐水、止水の操作が不要

ナビッシュハンズフリーのセンサー

ナビッシュJF-NA411Sを下からみたところです。

丸で囲ったところに「自動センサー」がついています。

「ナビッシュハンズフリー」と呼ばれる機能です。

 

「ナビッシュハンズフリー」であれば、吐水口の下に洗い物を持っていくだけで自動で水が出ます。

よくあるタッチレス水栓のみの機種の場合、吐水、止水のたびに上部のセンサーに手をかざす必要があります。
(「ナビッシュ」の中でも、「ナビッシュハンズフリー」機能がついていない機種はセンサーに手をかざす必要があります)

「ナビッシュハンズフリー」であれば、レバー操作どころか、「センサーに手をかざす」といった動作すら必要ありません。

アパート暮らしの時はシングルレバー水栓でしたが、料理で汚れた手を洗うためにもレバー操作が必要で、そのたびにレバーも汚れてしまうというストレスを感じていました。

JUN
JUN
ナビッシュにしてからは完全にストレスフリーです。

 

節水効果もアリ

レバー操作が必要な手動水栓と比べた場合の節水効果について、リクシルさんのウェブサイトで紹介されていました。

手をかざす必要のあるタッチレススイッチだけでも24%、「ナビッシュハンズフリー」であれば31%の節水効果があるそうです。

ナビッシュの省エネ節水グラフナビッシュの省エネ節水グラフ

リクシルさん「ナビッシュ」ウェブサイトより引用

 

実際、止水のために上部に手をかざす必要がないので、止水までのタイムラグがなく、節水を実感することができています!

JUN
JUN
ナビッシュを導入するなら、「ナビッシュハンズフリー」機能つきの機種がおすすめです。

 

メリット② 水を出しっぱなしにしたい時も操作部に一切触れなくていいので衛生的

鍋などに水を貯める時や浄水を使いたい時は、上部のセンサーに手をかざすだけでOK。

レバー操作がいらないため衛生的です。

 

 

タッチレスセンサーは上が浄水、下が水道水に分かれています。

ナビッシュのタッチレスセンサーの場所(浄水・水道水)
JUN
JUN

浄水が欲しい時は上側のセンサーに手をかざすだけ。

 

いちいち「浄水ボタン」を押す、浄水側に切り替える、といった事前操作が必要ないのもナビッシュのおすすめポイントです。

浄水まで含めて使用者の動作を極力減らそうという開発者のこだわりが素晴らしいです。

 

 

 

メリット③ 浄水器のフィルターは1年に一回交換するだけでよい

ナビッシュの浄水フィルターの写真

浄水カートリッジの交換は1年に1回でOKです。

交換時期になると浄水センサー部分に「交換」の文字が点灯するので忘れることもありません。

交換用の浄水カートリッジはリクシルの公式ショップから直接買うこともできますが、他のネット通販ショップで買ったほうが安いです。

 

JUN
JUN
ちなみに、アパート暮らしの時に使っていたクリンスイは3~4か月に一度カートリッジを交換していましたので、頻度が4分の1程度に減って管理が大幅にラクになりました。

 

クリンスイは吐水口に取り付けますが、ナビッシュはシンク下などにカートリッジが設置されます。

吐水口付近にジャマな突起物がないので、水栓自体の操作性を損なうこともありません。

ナビッシュの浄水フィルターの置き場所の写真

我が家のキッチンはご覧のとおりシンク下を空けてありますので、カートリッジ交換も容易に行えます。

浄水カートリッジ交換の手順は次の記事で詳しく解説しています。

ナビッシュ浄水カートリッジJF-45N
リクシル 「ナビッシュ」浄水カートリッジ(JF-45N)の交換手順を完全解説!リクシル「ナビッシュ」の浄水カートリッジ(JF-45N)交換手順を知りたくありませんか? 本記事では私が実際に行った交換手順を詳しく解説しています。「ナビッシュ」の浄水カートリッジ(JF-45N)交換手順を知りたいかたは是非記事をご覧ください。[ヒラヤスタイル]...

 

また、キッチンの下を空けておくと、浄水カートリッジの交換がラクなほか、生ゴミ処理機を設置できるなど様々なメリットがあります。

生ゴミ処理機については次の記事で詳しく解説しています。

【おすすめ生ゴミ処理機】パナソニックMS-N53の4つのメリットをレビュー
【レビュー】パナソニック生ゴミ処理機の2つのデメリットと4つのメリットパナソニックの生ゴミ処理機MS-N53の口コミを知りたくないですか?本記事では我が家が購入したMS-N53のメリット、デメリット、電気代、補助金の申請方法などをご紹介しています。生ゴミ処理機を購入しようか悩んでいるかたはぜひ記事をご覧ください。[ヒラヤスタイル]...

 

以上、ナビッシュのメリットを解説しました。

みなさんの水栓選びの参考になれば幸いです。

キッチンのリフォームなら

キッチンのリフォームを検討中なら、リショップナビがおすすめです。

  • 無料で複数見積もりを一括取得。最安値の業者を選択できます。
  • あなた専任のスタッフが最適なリフォームプランを提案。
  • 工事で発生した不具合を保証する「安心リフォーム保証制度」を完備。

\ リフォーム保証制度を完備 /リショップナビ
公式サイトはこちら
※見積もり費用はいっさいかかりません。

>>リフォーム一括見積もりサイト3社の比較を見る