平屋間取り

北洲ハウジングの平屋「あたたかいひらや 離れプラン」間取り2つのポイント【没頭できる「離れ」】

北洲ハウジングさんの平屋「あたたかいひらや 離れプラン」
北洲ハウジングさんの平屋について詳しく知りたいです。

 

今日の記事はこういった疑問に答えます。

 

実際に平屋を建てた私が、北洲ハウジングさんの平屋「あたたかいひらや 離れプラン」の間取りを中心にチェックしてみました。

結論から言うと、「自分らしい空間が作れる離れのある平屋住宅」でした。

北洲ハウジングさんの平屋「あたたかいひらや離れプラン」の間取りのポイントは下記2点になります。

イチオシポイント

  • 「離れ」がある変形3LDK
  • 寝室、LDKとつながる和室

これから平屋を建てる予定のかたは、事例のひとつとしてぜひ参考にしてみてください。

JUN
JUN
当ブログでご紹介した平屋のカタログをサクっと集めたいかたは次の記事が参考になりますよ。

北洲ハウジングさんの平屋「あたたかいひらや 離れプラン」の外観と間取り図

※当ページの引用タグ内の画像はすべて北洲ハウジングさんの平屋「あたたかいひらや 離れプラン」ウェブサイトから引用させていただきました。

北洲ハウジングさんの平屋「あたたかいひらや 離れプラン」の外観と間取り図をご紹介します。

北洲ハウジングさんの平屋「あたたかいひらや 離れプラン」の外観 北洲ハウジングさんの平屋「あたたかいひらや 離れプラン」の間取り図

 

JUN
JUN
珍しい「離れ」を持つ個性的な平屋間取りです!

北洲ハウジングさんの平屋「あたたかいひらや 離れプラン」の平屋としての特性は以下の5点です。

  • 延床面積20坪台
  • 東玄関
  • ウォークインクローゼットあり
  • 和室(畳コーナー)あり
  • ウッドデッキあり

北洲ハウジングさんの平屋「あたたかいひらや 離れプラン」の気になる間取り2つのポイントをチェック!

北洲ハウジングさんの平屋「あたたかいひらや 離れプラン」の気になる間取りをピックアップ。

イチオシポイント

  • 「離れ」がある変形3LDK
  • 寝室、LDKとつながる和室
JUN
JUN
このあと、わが家との対比も合わせてご紹介することで、実際の使い勝手についても検証していきます!

「離れ」がある変形3LDK

北洲ハウジングさんの平屋「あたたかいひらや 離れプラン」の離れの間取り

北洲ハウジングさんの平屋「あたたかいひらや 離れプラン」の間取りでまず取り上げたいのが「離れ」。

玄関の向かい側に、「離れ」がある非常に珍しい平屋です。

なぜ離れ?と私も最初は思いましたが、北洲ハウジングさんのウェブサイトで説明を読んで納得!

例えば、防音室にして、好きな楽器を大音量で弾きまくる、なんてことができます。

北洲ハウジングさんの平屋「あたたかいひらや 離れプラン」の離れを防音室として利用

壁を防音すれば、母屋に音が響くことはまずないはずです。

JUN
JUN
巷の貸しスタジオを借りなくても、自宅に誰にも邪魔されないスタジオが作れます。

昔の仲間を集めてバンド活動、なんて使い方がおもしろいかも知れません。

また、オフィスのように使えば、在宅勤務をまるで会社にいるかのように行えます。
レンタルオフィスを借りたような気分で、母屋でやるよりもはるかに集中できますね。

本当の意味で、完全に集中できるホームオフィスが手に入ります。

わが家は在宅勤務は書斎。キッチンのとなりは便利ですが、困ることも。

土間収納

わが家はキッチンの隣がワークスペース(書斎)という間取り。

書斎がキッチンの隣にあると、

  • コーヒーなど飲み物をとってきやすい
  • 家族とコミュニケーションがとりやすい

といったメリットがあるので、基本的にはおすすめ。

ですが、こと、完全に集中したい場合には少しやっかいです。
というのもLDKの隣なので、子供がやたらと干渉してくる場合があるのです。

親が家にいると、つい休みかと思って遊んでもらいたくなるのが子供です。

LDKから親の姿が見えれば、色々と甘えてくることもあります。

そんな時、北洲ハウジングさんの平屋「あたたかいひらや 離れプラン」のように、「離れ」で仕事をしていれば、母屋からは完全に独立したスペースなので、家族からあまり干渉される恐れがありません。

子供も、わざわざ玄関で靴を履いて、「離れ」までちょっかいを出しに行くとは考えにくい。

自分だけの集中プライベート空間が欲しいなら、「離れ」は抜群に優れた平屋間取りです!

「離れ」は、バイクを置くガレージにしたり、落ち着いて在宅勤務ができるワークスペースなど、活用方法は人それぞれで自由自在です。

他の家族のことを気にすることなく、なにかに没頭したい場合にはこれ以上ない贅沢空間ですね。

寝室、LDKとつながる和室

北洲ハウジングさんの平屋「あたたかいひらや 離れプラン」の畳コーナー

 

北洲ハウジングさんの平屋「あたたかいひらや 離れプラン」は「離れ」以外にも特徴的な間取りが。

それが家の中央にある畳コーナー。
扉をはさんで、LDKとも寝室ともつながっています。

たとえばLDK側を開け放てば、LDKを延長する広々畳コーナーとなります。

また寝室側を完全に開け放てば、寝室+畳の落ち着いたプライベートスペースが出現します。

扉の開け閉めだけでまったく別の家と感じられるくらい変化するので、さまざまなシチュエーションに対応可能です。

わが家も和室は3枚扉でLDKと仕切っています。

和室からみたLDK

わが家もLDKの隣に和室があります。
3枚扉で仕切っていますので、2枚を開いてはじによせればLDKとつながるオープンな和室に。
3枚扉をすべて閉じれば、落ち着いたクローズな和室、となります。

サブ的な役割の和室は、完全クローズの部屋にしてしまうと、少しもったいない感じがします。

必要な時だけ開けられるように作っておけば、利用用途が確実に広がりますね。

和室を誰かの個室にする、という予定がないならば、わが家や、北洲ハウジングさんの平屋「あたたかいひらや 離れプラン」のように、扉で仕切れる畳コーナーとしておくと汎用性が上がって便利ですよ。

和室や畳コーナーは、作ろうかどうか悩む部屋ナンバーワンだと思います。

別になくても支障がないし、でも畳の部屋も欲しい、、、となりますよね。

そんな時は北洲ハウジングさんの平屋「あたたかいひらや 離れプラン」のように、他の部屋とつながる畳コーナーにしておくと便利。

オープンにしたい場合、クローズドで使いたい場合、それぞれの用途に最適な使い方を都度選ぶことができます。

北洲ハウジングさんの平屋の間取り以外の特徴

北洲ハウジングさんの平屋「あたたかいひらや 離れプラン」の間取り以外の特徴をご紹介します。

HEAT20 G2を超えるUA値0.31W/㎡・K

HEAT20 G2を超えるUA値0.31W/㎡・K

北洲ハウジングさんの平屋は、非常に高性能。

例えば断熱性はHEAT20 G2を超えるUA値0.31W/㎡・Kとなっています。

冬の室温で18℃をキープするように設計されています。

充填140mm(高性能グラスウール)+外張り80mm(ミネラルウール)のW断熱、樹脂サッシ、トリプルガラスなどを組み合わせて、最高レベルの断熱性能を実現しました。

JUN
JUN
わが家はUa値0.6ですが、以前住んでいたアルミサッシのアパートとは比べ物にならないくらい暖かいです。

Ua値0.31はさらに倍くらいの性能ですから、極寒の地域でもまったく問題ないでしょう。

C値の平均は0.49㎠/㎡

気密性能をあらわすC値(※2)の平均は0.49㎠/㎡(2020年度平均)です。

家の寒さは断熱性能だけで決まるわけではありません。

ある意味、断熱よりももっと大事なのが気密性です。

北洲ハウジングさんの平屋は、気密性能をあらわすC値の平均が0.49㎠/㎡(2020年度平均)となっています。

家中の「隙間」の合計がハガキの半分以下という高い気密性能をほこっています。

隙間風がない家は、それだけ熱の移動が少なくなります。

結果的に、わずかな暖房、冷房だけで、家全体を快適な温度に保つことができるのです。

 

ちなみに、わが家のC値は0.8くらいですが、隙間風を感じることはほぼなく、冷暖房の効きが抜群に良い。

特に床下エアコンは気密性が高くないと成立していないはずなので、気密性の高さは断熱性の高さよりも大事ではないかと感じています。

【まとめ】完全自由空間の離れを持つユニークな平屋住宅

北洲ハウジングさんの平屋「あたたかいひらや 離れプラン」の気になる間取りのポイント2点をチェックしてみました。

イチオシポイント

  • 「離れ」がある変形3LDK
  • 寝室、LDKとつながる和室

 

以上をまとめると、北洲ハウジングさんの平屋「あたたかいひらや 離れプラン」は、特に以下のかたにおすすめです!

  • 楽器を「離れ」で思う存分弾きたい!
  • 在宅勤務はあまり家族に鑑賞されることなく集中した場所で行いたい。
JUN
JUN
離れのアイディアは、完全プライベート空間が欲しいかたには検討の価値アリ!

離れ、オープンな畳コーナーなど、個性的でユニークな平屋間取りでした。

JUN
JUN
当ブログでご紹介した平屋のカタログをサクっと集めたいかたは次の記事が参考になりますよ。

関連記事

 

本日も最後までお読みいただきありがとうございました。

みなさんの後悔のない家づくりの参考になれば幸いです。