平屋間取り

GLホームの平屋「ONE-STORY」間取り5つのポイント【豊富なユニークさで家事効率抜群】

GLホームの平屋「ONE-STORY」間取り5つのポイント【豊富なユニークさで家事効率抜群】
GLホームの平屋「ONE-STORY」の間取りについて詳しく知りたいです。

 

今日の記事はこういった疑問に答えます。

 

実際に平屋を建てた私が、GLホームさんの平屋「ONE-STORY」の間取りを中心にチェックしてみました。

結論から言うと、「サンルームとユニークな収納を持つ平屋住宅」でした。

GLホームさんの平屋「ONE-STORY」のおすすめポイントは下記5点になります。

イチオシポイント

  • 一直線の洗濯動線!南西の理想的な場所にあるサンルーム
  • ダブルアクセス可能なウォークインクローゼット
  • 子ども用、リビング用のどちらでも使える収納
  • 脱衣所に大型クローゼット完備
  • 洗面所と脱衣所が別で機能性抜群

 

GLホームさんの平屋「ONE-STORY」の平屋としての特性は以下の12点です。

  • 長方形
  • 延床面積20坪台
  • 南玄関
  • ウォークインクローゼットあり
  • サンルームあり
  • 畳コーナーあり
  • ウッドデッキあり
  • 玄関収納あり
  • 洗面所と脱衣所が分かれている
  • リビング収納あり
  • 子ども部屋に収納がない
  • 子ども部屋をあとから間仕切りできる

約28坪の比較的コンパクトな平屋ながら、上の表のとおり、機能性抜群で暮らしやすい平屋です。

機能性を重視するなら、まさにお手本のような平屋となっています。

これから平屋を建てる予定のかたは、事例のひとつとしてぜひ参考にしてみてください。

JUN
JUN
当ブログでご紹介した平屋のカタログをサクっと集めたいかたは次の記事が参考になりますよ。

GLホームの平屋「ONE-STORY」の外観と間取り図

※当ページの引用タグ内の画像はすべてGLホームの平屋「ONE-STORY」ウェブサイトから引用させていただきました。

GLホームさんの平屋「ONE-STORY」の外観と間取り図をご紹介します。

GLホームの平屋「ONE-STORY」外観 GLホームの平屋「ONE-STORY」間取り図

 

JUN
JUN
27坪に機能を詰め込んだ暮らしやすい平屋です!

GLホームさんの平屋「ONE-STORY」の気になる間取り5つのポイントをチェック!

GLホームさんの平屋「ONE-STORY」の気になる間取りをピックアップ。

イチオシポイント

  • 一直線の洗濯動線!南西の理想的な場所にあるサンルーム
  • ダブルアクセス可能なウォークインクローゼット
  • 子ども用、リビング用のどちらでも使える収納
  • 脱衣所に大型クローゼット完備
  • 洗面所と脱衣所が別で機能性抜群
JUN
JUN
わが家との対比も合わせてご紹介することで、実際の使い勝手についても検証していきます!

一直線の洗濯動線!南西の理想的な場所にあるサンルーム

GLホームさんの平屋「ONE-STORY」のサンルーム

GLホームさんの平屋「ONE-STORY」の一番機能的なところ。

それは一直線に南北に伸びる洗濯動線とサンルール!

南西のもっとも太陽の光が長くあたる方角にあるサンルームは、洗濯物を乾かすにはまさに理想的。
そして、洗濯機からもすぐにアクセスできます。

サンルームだけじゃなく、晴れた日はウッドデッキにも干せます。

まさに万能な洗濯動線。

住友林業さんの間取りでも触れましたが、長方形の平屋の場合は、西側の直線にお風呂、脱衣所、サンルームを並べるのが最強かも知れません!

 

わが家の脱衣所も、物干し場の隣ですが、めちゃくちゃ便利です。

重たい濡れた洗濯物を持って移動する距離が最小限になります。

ただ、わが家の場合はサンルームではないので、雨の日、花粉の日、強風で砂が飛んでくる日は干せません。(現在、リフォームでサンルーム化を検討中)

»【平屋の実例】ランドリールームは乾かない【サンルーム失敗談】

 

サンルームは忙しいかたほど便利なので、絶対のおすすめ。

JUN
JUN
間取り的に最強なのは、西側に一直線で洗濯動線!ですね。

長方形の平屋であれば、南西にサンルームを持ってくることが比較的容易にできます。
洗濯機近くにサンルーム&外物干し場を作れば、家事効率が劇的に向上します。

ダブルアクセス可能なウォークインクローゼット

GLホームさんの平屋「ONE-STORY」のウォークインクローゼット

27坪という比較的コンパクトな部類に入る平屋ながら、ユニークな間取りをたくさん持っているGLホームさんの平屋「ONE-STORY」。

とてもユニークかつ便利だなと思ったのが、ダブルアクセス可能なウォークインクローゼットです。

ご覧のとおり、リビング側から畳コーナーを抜けて、引き戸を開ければアクセス可能です。
ほかに主寝室からもアクセスできます。

ダブルアクセス可能だと、可能性が広がります!

  • 主寝室で誰かが寝ていても、気にせずウォークインクローゼットに行ける
  • リビングから着替えに行くのに遠回りしなくて済む

とりこんだ洗濯物をしまいに行くにも、畳コーナー側からアクセスすれば超便利ですね。

この間取りだと、ウォークインクローゼットへのアクセス比率は、畳コーナー側からが90%、主寝室側からは10%程度になると思われます。

JUN
JUN
普通は畳コーナー側には入口を設けないことが多そうですが、設計されたかたは日々の使い勝手、動線をよーく考えて入口を増やしたのだと思います。素晴らしいです!

 

寝室からしかアクセスできないウォークインクローゼットは意外に不便?!

納戸の間取り

わが家のウォークインクローゼットは主寝室の奥。

今は小さい子どもといっしょに主寝室で寝ています。
夜、子どもを寝かしつけたあとに、たたんだ洗濯物をウォークインクローゼットに運び込む、といったことは困難です。

JUN
JUN
GLホームさんの平屋「ONE-STORY」のように主寝室を通らずにアクセスできたら最高だろうなと素直に思います。

ウォークインクローゼットに2カ所からアクセスできるのは便利。
特に、主寝室を通らずにアクセスできる点は秀逸です。

子ども用、リビング用のどちらでも使える収納

GLホームさんの平屋「ONE-STORY」のリビング収納

ユニークな間取りなGLホームさんの平屋「ONE-STORY」ですが、子ども部屋まわりの収納も、あまり他にみない特徴を備えています。

間取り図をみていただくとわかるとおり、子ども部屋の外に、子ども部屋用のクローゼットがあるように見受けられます。

リビング収納としても利用可能ですし、子どもが2人いる場合には、子ども用のクローゼットとしても利用可能です。

2人子どもがいれば、部屋は間仕切りして使うでしょうが、子どもが巣立ったあとは、間仕切りをなくして広めの部屋+リビング収納として使うのが良さそうです。

一見すると不思議な感じの間取りですが、汎用性の高さから考えると、LDK側にあるクローゼットが正解です。

 

 

脱衣所に大型クローゼット完備

GLホームさんの平屋「ONE-STORY」の脱衣所

一直線の洗濯動線が秀逸なGLホームさんの平屋「ONE-STORY」ですが、脱衣所に大きなクローゼットがあることも大変特徴的です。

下着類、タオル類など、意外に収めたい物が多いのが脱衣所の収納です。

これだけ大きなクローゼットがあれば、家族分まるごと収納できそうです。

 

わが家の脱衣所も引き出し収納を設けていますが、下着類、タオル類を入れるのに大変重宝しています。

脱衣所の引き出し収納

脱衣所の収納力は重要です。

下着、部屋着、タオルといったお風呂上りに使うものは、ひととおり脱衣所内に揃えておきたいからです。

脱衣所には家族分がすっぽり収まるような収納スペースを用意しておくことをおすすめします。

 

洗面所と脱衣所が別で機能性抜群

GLホームさんの平屋「ONE-STORY」の洗面所

洗面所と脱衣所が別々になっている点も、全体の機能性アップに一役買っています。

洗面所の場所は玄関を入って右側。

  • コロナ禍以降に注目度がアップした玄関手洗いとして使える
  • トイレ後の手洗い場として使える
  • 脱衣所とは別れているため、脱衣所の利用状況を気にしないで使える

脱衣所にもスロップシンクがありますので、その気になれば脱衣所を家族用の洗面としても利用可能です。

脱衣所内に洗面所がないので、例えば異性の家族がお風呂にはいっているときなどでも、気を使うことなく洗面所が使えます。

お客様に使っていただくにも、生活感のない洗面所のほうが良いですよね。

 

わが家は脱衣所のスロップシンクを家族用洗面所として活用

脱衣所のスロップシンク

わが家も脱衣所にスロップシンク(TOTO SK7)がありますが、そちらがもっぱら家族用の洗面所となっています。

トイレ横のメインの洗面所ももちろん使いますが、お客様がいつでも気持ちよく使えるようにキレイな状態キープしています。

メインの洗面所
JUN
JUN
歯磨きなど乱雑になりがちな道具は、すべて脱衣所のスロップシンクまわりに置いているから、メインの洗面所が散らかりません!

洗面所と脱衣所はできる限り分けることをおすすめします。

脱衣所はプライベート感が強い場所ですので、パブリックな使い方が多い洗面所との相性はあまりよくないからです。

GLホームさんの平屋「ONE-STORY」のように、玄関近くにあると、家に入ってすぐに手洗いできるので衛生的。パンデミックにも対応可能な間取りとなります。

 

GLホームさんの平屋住宅の間取り以外の特徴

GLホームさんの間取り以外の特徴をご紹介します。

GLホームはLIXIL住宅研究所が運営

LIXIL住宅研究所

GLホームさんは、株式会社LIXILのグループ会社である「LIXIL住宅研究所」が運営しています。

2007年にLIXILグループ内にある各住宅会社を統合するかたちで、「LIXIL住宅研究所」が生まれました。

株式会社LIXILといえば知らない人はいない、住宅関連の超大手企業。

豊富な資金力、部材の一括購入など、大手ハウスメーカー並みの充実の商品開発力と安定感が魅力となっています。

外観デザイン(ウッズヒルデザイン)

ウッズヒルデザイン

今回ご紹介したGLホームさんの平屋「ONE-STORY」もそうですが、GLホームはウッズヒルデザインと呼ばれるアメリカンスタイルを踏襲した外観が特徴のひとつとなっています。

モダンなデザイン、日本的なデザインの住宅とは一線を画すユニークな外観。

ハリウッド映画でみたような家に住みたいかたには、ぴったりの住宅だといえます。

間取りもユニークな工夫が沢山施されているGLホームさんの平屋「ONE-STORY」でしたが、外観からも一般的な戸建て平屋とは違うことを存分にアピールできます。

【まとめ】アメリカンスタイルに、日本的なきめ細やかな間取りの工夫が盛り込まれた暮らしやすい平屋

GLホームさんの平屋「ONE-STORY」の気になる間取りのポイント5点をチェックしてみました。

イチオシポイント

  • 一直線の洗濯動線!南西の理想的な場所にあるサンルーム
  • ダブルアクセス可能なウォークインクローゼット
  • 子ども用、リビング用のどちらでも使える収納
  • 脱衣所に大型クローゼット完備
  • 洗面所と脱衣所が別で機能性抜群

 

以上をまとめると、GLホームさんの平屋「ONE-STORY」は、特に以下のかたにおすすめです!

  • 洗濯動線にはこだわりたい!外観にマッチしたサンルームが欲しい!
  • 使い勝手の良いウォークインクローゼットが欲しい
  • リビングにも広めの収納スペースがほしい
JUN
JUN
ダブルアクセス可能なウォークインクローゼットなど、随所にユニークかつ使い勝手抜群の間取りが組み込まれていました!

外観はアメリカンで他の家とはきっちりと差別化したうえで、家事効率を最大限に高める暮らしを実現したいかたは、GLホームさんの平屋「ONE-STORY」の間取りを参考にしてみてください!

JUN
JUN
当ブログでご紹介した平屋のカタログをサクっと集めたいかたは次の記事が参考になりますよ。

関連記事

 

本日も最後までお読みいただきありがとうございました。

みなさんの後悔のない家づくりの参考になれば幸いです。