平屋間取り

D&Hさんの平屋「自分時間も団らんも大切にできる平屋」間取り2つのおすすめポイント【万能ユーティリティルーム】

D&Hの平屋「自分時間も団らんも大切にできる平屋」間取り2つのおすすめポイント【便利なユーティリティルーム】
記事内に商品プロモーションを含む場合があります
D&H(ディー・アンド・エイチ)さんの平屋「自分時間も団らんも大切にできる平屋」について詳しく知りたいです。

 

今日の記事はこういった疑問に答えます。

 

実際に平屋を建てた私が、D&Hさんの平屋「自分時間も団らんも大切にできる平屋」の間取りを中心にチェックしてみました。

結論から言うと、「ユーティリティルームのある家事がしやすい平屋住宅」でした。

D&Hさんの平屋「自分時間も団らんも大切にできる平屋」のおすすめ間取りポイントは下記2点になります。

間取りおすすめポイント

  • キッチン隣のユーティリティルーム
  • 通り抜けできる3.5帖ウォークインクローゼット

 

D&Hさんの平屋「自分時間も団らんも大切にできる平屋」の特性は以下のとおりです。

  • 4LDK
  • 延床面積30坪台
  • 北玄関
  • 子ども部屋が最初から間仕切りされている
  • 書斎あり
  • 玄関収納あり
  • ウッドデッキ(縁側)あり
  • 和室あり
  • ウォークスルークローゼットあり

これから平屋を建てる予定のかたは、間取り事例のひとつとしてぜひ参考にしてみてください。

JUN
JUN
当ブログでご紹介した平屋のカタログをサクっと集めたいかたは次の記事が参考になりますよ。

D&H(ディー・アンド・エイチ)さんの平屋「自分時間も団らんも大切にできる平屋」の外観と間取り図

※当ページの引用タグ内の画像はすべてD&Hさんの平屋「自分時間も団らんも大切にできる平屋」ウェブサイトから引用させていただきました。

D&Hさんの平屋「自分時間も団らんも大切にできる平屋」の外観と間取り図をご紹介します。

  D&Hの平屋「自分時間も団らんも大切にできる平屋」の外観

D&Hの平屋「自分時間も団らんも大切にできる平屋」の間取り図
JUN
JUN
ユーティリティルームが特徴的な30坪の平屋住宅です。

D&Hさんの平屋「自分時間も団らんも大切にできる平屋」の気になる間取り2つのおすすめポイントをチェック!

D&Hさんの平屋「自分時間も団らんも大切にできる平屋」の気になる間取りをピックアップ。

間取りおすすめポイント

  • キッチン隣のユーティリティルーム
  • 通り抜けできる3.5帖ウォークインクローゼット
JUN
JUN
このあと、わが家との対比も合わせてご紹介することで、実際の使い勝手についても検証していきます!

キッチン隣のユーティリティルーム

D&Hの平屋「自分時間も団らんも大切にできる平屋」のキッチン隣のユーティリティルーム

 

D&Hさんの平屋「自分時間も団らんも大切にできる平屋」の一番の特徴は、キッチン隣のユーティリティルーム。

3.56帖のフリースペースとなっており、使い方は住む人の自由自在。

洗濯機置き場があるので、基本的な使い方は洗濯を干す、取り込む場所ですが、例えば机を置けば書斎やリモートワークも快適にこなせます。

子どもが勉強や工作、お絵かきをする「スタディコーナー」としてもよいでしょう。

さらに、キッチンの隣なので以下が便利です。

  • リモートワークの時に、コーヒーなどの飲み物をすぐに取りに行ける
  • 料理をしながら洗濯機の様子を見るといった「ながら家事」がしやすい
  • キッチンで料理をしながら、子どもの勉強をみてあげる

まさに、「自分時間も団らんも大切にできる平屋」の名前のとおり、家族みんなにとってうれしい場所。

素晴らしく汎用性の高いユーティリティルームは、家族みんなの暮らしの流れを良くしてくれる効果があるでしょう。

わが家はキッチンの隣が書斎ですが、ユーティリティルームと呼べるほどの汎用性はありません。

わが家の書斎

我が家の書斎(ワークスペース)はキッチンの隣です。

パソコンを使いながら、キッチンに飲み物を取りに行くには絶好のポジションで、大変便利に使えています。

ただ、D&Hさんの平屋「自分時間も団らんも大切にできる平屋」のユーティリティルームとは違い、完全に「書斎」としての機能しか持っていません。

造り付けの机と本棚があるので、他の用途で利用するには適していないからです。

幸いわが家は、パソコンを使う場所として120%機能していますので、書斎専用のスペースとしたのは正解でした。

 

逆に、D&Hさんの平屋「自分時間も団らんも大切にできる平屋」のように、汎用性の高いフリースペースとしておけば、「書斎としてはあまり使わなかった」場合にも別の用途に容易に転用できます。

家を建てた人の後悔ポイントとして、「書斎は意外に使わなかった。ただの物置になってしまった」という意見を見かけることがあります。

 

もし、「書斎が必要かどうか、現時点ではよくわからない」「書斎を作ろうか迷っている」ということであれば、D&Hさんの平屋「自分時間も団らんも大切にできる平屋」のように、オープンで、LDKからアクセスしやすい場所にフリースペースを設けておくとよいでしょう。

机や棚などを工夫することで、大人も子どもも使いやすい、万能空間として機能します。

わが家のように「用途を限定した書斎」を作る、という考えかたももちろんアリですが、「あまりパソコンを使う生活はしていない」のであれば、物置になってしまうリスクが少なからずあります。

であれば、「書斎」ということにこだわらずに、D&Hさんの平屋「自分時間も団らんも大切にできる平屋」のように、まるまるオープンなフリースペースを確保しておくと良いでしょう。

生活スタイルや、家族の成長に合わせて柔軟に使い方を変えることができます。

通り抜けできる3.5帖ウォークインクローゼット

D&Hの平屋「自分時間も団らんも大切にできる平屋」の通り抜けできる3.5帖ウォークインクローゼット

D&Hさんの平屋「自分時間も団らんも大切にできる平屋」は、収納スペースにも工夫が。

メインのウォークインクローゼットは洗面脱衣室と主寝室をウォークスルーできる構造になっています。

朝の着替えの時に、洗面所からそのまま服を取りに行くにも便利。

もちろん、ユーティリティルームで洗濯した洗濯物を取り込んで、ウォークインクローゼットにしまう動線も短く使い勝手が良いです。

主寝室側からもアクセス可能なので、夫婦の着替えや、スーツケースなどを使った荷造りの際にも便利ですね。

洗面脱衣所から近い配置+主寝室からもアクセス可能という、メインのウォークインクローゼットとしてはこれ以上ない使い勝手を実現している平屋間取りだといえます。

わが家のウォークインクローゼットは主寝室の奥。

わが家のウォークインクローゼットは主寝室の奥に位置しています。

間取り図としては上記のとおりで、主寝室を通らないとアクセスできません。

主寝室で先に誰かが寝ていたりすると、基本的にはウォークインクローゼットを使うことができないです。

D&Hさんの平屋「自分時間も団らんも大切にできる平屋」のように、2方向からアクセスできたほうが、時間帯を選ばずにウォークインクローゼットを使えるというメリットがあります。

わが家の場合は、もともとは脱衣所の反対側にウォークインクローゼットがある間取りでしたが、予算不足で減築したせいで今の間取りにならざるを得ませんでした。
ですので、設計士さんが作ってくれた最初の間取りプランがやはりベストだったなと悔やんでいるところです・・・。

ということで、私の個人的な意見としては、「主寝室の奥にウォークインクローゼット」という間取りは、あまりおすすめはしません。

JUN
JUN
やはりD&Hさんの平屋「自分時間も団らんも大切にできる平屋」のように、洗面脱衣室から直接アクセスできるのが理想的な間取りだと感じます。

大きなウォークインクローゼットを設けるなら、大きさよりも、むしろ、「場所」にこだわるべき!というのが私の意見です。

ウォークインクローゼットには衣類を中心に収納することが多い、という観点から考えると、やはり洗濯動線の中に組み込むのが理想的。

D&Hさんの平屋「自分時間も団らんも大切にできる平屋」のように、洗面脱衣室の隣にあれば、家事を最も効率よくこなせるでしょう。

D&Hさんの平屋「自分時間も団らんも大切にできる平屋」の間取り以外の特徴

D&Hさんの平屋「自分時間も団らんも大切にできる平屋」の間取り以外の特徴をご紹介します。

30年長期保証制度

D&Hの平屋「自分時間も団らんも大切にできる平屋」の保証内容

D&Hさんは建てたあとのサポートにも力を入れていて、30年にもおよぶ長期保証制度を完備しています。

日常ではなかなか目の届かない床下の状況も定期的に確認してくれて、湿気の発生や、老朽化がすすんでいないか厳しくチェック。

専任のメンテナンススタッフのかたが、プロの目線、技術できちんと点検してくれるので、長期にわたり安心して暮らすことができます。

【まとめ】汎用性抜群のユーティリティルームを持つ平屋住宅

D&Hさんの平屋「自分時間も団らんも大切にできる平屋」の気になる間取りのポイント2点をチェックしてみました。

間取りおすすめポイント

  • キッチン隣のユーティリティルーム
  • 通り抜けできる3.5帖ウォークインクローゼット

 

以上をまとめると、D&Hさんの平屋「自分時間も団らんも大切にできる平屋」は、特に以下のかたにおすすめです!

  • 書斎はほしいけど、使わなくて物置になるのが心配なかた
  • 洗濯物を干したりたたんだりできるスペースがほしい
  • LDKそばに多目的に使えるスペースがほしい
  • 家族の衣類は大き目のウォークインクローゼットにまとめて収納したい
  • 洗濯動線を最短にしたい
JUN
JUN
ライフスタイルにあわせてアレンジ可能なユーティリティルームのある平屋住宅!

家族の生活にあわせて使い方を選べる、自由度が高い平屋間取りでした。

JUN
JUN
当ブログでご紹介した平屋のカタログをサクっと集めたいかたは次の記事が参考になりますよ。

関連記事

本日も最後までお読みいただきありがとうございました。

みなさんの後悔のない家づくりの参考になれば幸いです。