MENU
間取りと設備の実例

浮いてるトイレの3つのデメリット【TOTOレストパルFが不向きな人】

浮いてるトイレの3つのデメリット
  • TOTOの浮いているトイレ「レストパルF」のデメリットが知りたい。

 

今日の記事はこういった疑問に答えます。

本記事の内容

TOTOレストパルFを購入した私が感じた3つのデメリット

今日の記事では、レストパルFを毎日使っている私が、レストパルFのデメリットを詳しく解説します。

JUN
JUN
これから家を建てるかたや、トイレのリフォームを検討中のかたは必見です。

 

 

TOTOの浮いているトイレ「レストパルF」の3つのデメリット

JUN
JUN
「レストパルF」のデメリットは以下の3つです。
  • スティックリモコンが選べない
  • 価格が高い(実際の購入価格は252,000円)
  • 節水性能がネオレストに比べて劣る

 

 

デメリット(1) スティックリモコンが選べない

レストパルFはオシャレなスティックリモコンが選べません。

TOTO製品を検討されているかたはこのリモコンに惹かれるいる人も多くないですか?

 

 

レストパルFの場合は自動的にこちらの標準リモコンのみになります。

レストパルFのリモコン
JUN
JUN
スティックリモコンが好きな人には少し残念ですね。。。

同じ価格帯のタンクレストイレ「ネオレスト」はスティックリモコンと標準リモコンの2つから選べます。
レストパルも両方から選べるようにしてほしいところです。

 

使ってみると意外に良い標準リモコン

うちも最初はスティックリモコンのほうがオシャレでいいなと思っていましたが、住んでみるとボタンも画面も大きい標準リモコンのほうが使い勝手が良いかも!と思うようになりました。

リモコンの違いは住んでみればほとんど気になりません。
っていうか標準のほうがボタンが見やすくて使いやすいかもです。

 

 

デメリット(2) 価格が高い

非常に快適でお気に入りのレストパルF。

JUN
JUN
皆さんにも全力でおすすめしたいのですが、いい製品だけに価格もめっちゃ高いことはお伝えしておかないといけません!

 

レストパルFの実際の見積もり金額と値引き率です。

  • 定価:450,000円
  • 実際の見積もり金額:252,000円
  • 値引き率:44%

実際の見積もり画像です。(タップで拡大可能です)

レストパルFの見積り書

 

ちなみに、わが家が購入した2018年当時、ピュアレストMRという普通のウォシュレット付きのトイレなら定価215,000円でした。
そこから値引きが同じく44%入ったとすると12万円前後で購入できることになります。

JUN
JUN
同じトイレなのにピュアレストMRならレストパルFの半額です! 

他のトイレと比較すると、やはりレストパルFは高い部類に入ります。

トイレにお金をかけたくない人にはおすすめできません。

トイレは毎日使うからコスパの良い投資です

トイレは毎日使うもの。

そして家の中でもトイレは最も汚れる場所のひとつ。マメな掃除はかかせません!

便器が浮いているレストパルFなら掃除は本当にラクです。

JUN
JUN
  私は掃除でラクをしたいのでレストパルFにしました。
  • レストパルFはTOTOのラインナップの中でも最も高級な部類に入ります。
    トイレにお金を掛けたくない人にはおすすめできません。
  • しかしトイレは毎日使うもの。掃除の手間の少なさを考えるとトイレに投資するのは決して無駄ではないと断言できます。

 

 

 

デメリット(3) 節水性能がネオレストに比べて劣る

レストパルとネオレストの節水性能

出典:TOTOウェブサイト

上記画像はTOTOさんのサイトからお借りした節水性能を表すグラフです。
真ん中の棒グラフがレストパルF、右側の棒グラフがネオレストになります。

 

床排水のネオレストと、レストパルFの洗浄水量をまとめると以下のとおりとなります。

商品名洗浄水量
ネオレスト(NX・AH・RH・DH)
※床排水
大3.8L
小3.3L、
eco小3.0L
レストパルF大4.8L
小3.6L
eco小3.4L
JUN
JUN
洗す水の量はレストパルFのほうが約17%多いです。

節水面から考えると、床排水のネオレストのほうが有利ということになります。
省エネ、節水を最優先!のかたはレストパルFではなくネオレストのほうが良いです。

 

私は節水よりも掃除をラクにしたい派

節水性能はネオレストに劣るレストパルF。

しかし、私は年間800円の水道代を節約するよりも、掃除の手間を減らしたいので、断然レストパルF派です。

  • 節水性能ではネオレストのほうが優秀です。
  • レストパルFのほうが年間では約800円ほど水道代が多くかかります。
  • 節水を最優先のかたはネオレストのほうが良いでしょう。
  • 私は掃除のしやすさなどのメリットを優先したので、レストパルFにしました。

 

【まとめ】ネオレストと比較して掃除の手間を軽減したいならレストパルFです

まとめ

TOTOのレストパルFのデメリットをまとめます。

  • おしゃれな「スティックリモコン」は選べません。
  • 価格はトイレとしては最高級の部類に入ります。
  • 節水性能は同じ価格帯のネオレストには劣ります。

レストパルFははっきり言って高いので「トイレにはできるだけお金をかけたくない」という人にはおすすめできません。

しかし、コスト以外に、「これはちょっと・・・」と思うような致命的なデメリットがないのも事実。それどころかデメリットを補って余りあるメリットがあるのがレストパルFです。

本日も最後までお読みいただきありがとうございました。

みなさんの家づくりの参考になれば幸いです。

トイレのリフォームを検討中なら

浮いてるトイレにリフォームして面倒なトイレ掃除をラクにしませんか?
収納力もたっぷりの浮いてるトイレならトイペ置き場に悩みません!

でも、安心安全に、しかも最安値の業者を選んでリフォームするにはどうしたらいいでしょうか?

JUN
JUN
自分でリフォーム会社に連絡して相見積もりを取るのは大変ですよね?

でも大丈夫。
今は無料で、複数業者に一括見積もりを依頼できる便利なサイトがあります。
一括見積もりサイトの主なメリットは以下の3つです。

  • 見積もり比較することでリフォームの相場がわかる。
  • 複数のリフォーム会社の見積もりや保証内容を比較しながら工事依頼先を自分で選ぶことができる。
  • 一括見積もりサイトに登録している会社は厳しい審査をクリアしているため、悪質なリフォーム会社に騙されるリスクがない。
JUN
JUN
数あるリフォーム一括見積もりサイトの中でも私のおすすめは「リショップナビ」です。
リショッピナビのトイレリフォーム費用実例

最大5社から見積もりが取れる点に加え、独自の「安心リフォーム保証制度」を完備しています。

しかも今だけ契約者全員に最大30,000円分のAmazonギフト券をプレゼント中!アマゾンギフト券をプレゼント中!

リショップナビがおすすめな理由

一括見積もりサイトの中で、なぜリショップナビがおすすめなのかを知りたいかたは、リフォーム一括見積もりサイト3社を9項目で比較!【リショップナビ・ホームプロ・タウンライフ】をご覧ください。

 

家づくりのスタートは、無料の資料請求サイトを活用した「カタログ請求」「間取りプラン作成」「概算見積もりの取得」から!

戸建ての新築を検討中ですが、失敗しないためにはどうしたらいいですか?

私も2013年から竣工した2018年までの5年間、後悔しない家を建てるにはどうしたらいいだろうと、夜も眠れなくなるくらいに考えたので、気持ちはよくわかります。
特に間取りについては「本当にこれで大丈夫だろうか?」と何度も頭を抱えました。

JUN
JUN
そんな、5年間の家づくりを振り返って思うことがあります。
新築で失敗しないためには、地道な情報収集がすべてだということです。

なぜ情報収集が大切か?
それは、ほとんどの人が一生のうちで建てられる家は一軒だけ、という現実があるから。
過去に家を建てた経験がないのが普通ですから、自分達の理想の家を建ててくれる住宅会社や設計士さんに出会うには、できるだけたくさんの情報を集めて比較、検討していくより他ないわけです。

情報を集めなきゃいけないのはわかるけど、住宅展示場をまわるのは時間もかかるし、しつこい営業をかけられるのは疲れる・・・。
JUN
JUN
たしかにそうですよね。大切な休日を住宅展示場巡りで終わりたくない・・・。

でも大丈夫。
今はインターネットが普及した世の中です。
住宅展示場だけが情報を集める手段ではなくなりました。

「住宅資料一括請求サイト」を使えば、自宅にいながら、全国のハウスメーカーや工務店の資料を集めることができます。

ハウスメーカー30社のロゴ

しかも!

住宅資料一括請求サイトの中には、カタログ請求に加えて、

  • 間取りプラン
  • 資金計画書(概算見積もり)
  • 優良な土地の情報

をハウスメーカーが無料で提供してくれるサイトもあります!

 

間取り作成、資金計画書の提供、土地情報の提供
JUN
JUN
しかし、ひとくちに資料請求サイトと言っても、ネット上には複数存在しています。どこに依頼すればよいのか、わからないかたも多いでしょう。

そこで、以下の5つの定番サイトを比較してみました。

  • SUUMO
  • ライフルホームズ
  • タウンライフ家づくり
  • ハウジングバザール
  • 持ち家計画

「結局どこのサイトが一番おすすめなの? 各サイトの違いは何?」という疑問を解消したいかたは下の記事をご覧ください。

ハウスメーカー資料一括請求サイト5選の比較【タウンライフ家づくりなど】
ハウスメーカー資料一括請求サイト5選の比較【タウンライフ家づくりなど】ハウスメーカー資料一括請求サイトについて知りたくありませんか? 本記事では5つのハウスメーカー資料一括請求サイトを比較した結果をご紹介しています。 ハウスメーカー資料一括請求サイトを利用しようか迷っているかたはぜひ記事をご覧ください。[ヒラヤスタイル]...

住宅資料一括請求サイトをうまく活用すれば、わざわざ休日に住宅展示場をまわる労力が必要なくなります。

JUN
JUN
資料請求サイトを上手に活用して後悔のない家づくりをすすめてくださいね!