【ハウスメーカー・工務店】平屋の注文住宅間取り集

サンクスホームの平屋「LIMINI+COM Polku」間取り2つのポイント【水回りが真ん中のゼロLDK+子供部屋の注文住宅】

サンクスホームの平屋「LIMINI+COM Polku」間取り2つのポイント【水回りが真ん中のゼロLDK+子供部屋の注文住宅】
サンクスホームさんの平屋住宅について詳しく知りたいです。

 

今日の記事はこういった疑問に答えます。

 

実際に平屋を建てた私が、サンクスホームさんの平屋「LIMINI+COM Polku」の間取りを中心にチェックしてみました。

結論から言うと、「ゼロLDK+子供部屋、水回りは真ん中という新発想の平屋住宅」でした。

サンクスホームさんの平屋「LIMINI+COM Polku」のおすすめポイントは下記2点になります。

イチオシポイント

  • 真ん中にすべての水回りを集約
  • 中庭的テラスが広がる主寝室スペース

誰もが一度は憧れる中庭のある平屋です。

これから平屋を建てる予定のかたは、事例のひとつとしてぜひ参考にしてみてください。

サンクスホームさんの平屋「LIMINI+COM Polku」の外観と間取り図

※当ページの引用タグ内の画像はすべてサンクスホームさんの平屋「LIMINI+COM」ウェブサイトから引用させていただきました。

サンクスホームさんの平屋「LIMINI+COM Polku」の外観と間取り図をご紹介します。

サンクスホームさんの平屋「LIMINI+COM Polku」の外観 サンクスホームさんの平屋「LIMINI+COM Polku」の間取り図
JUN
JUN
ゼロLDKという基本コンセプトをもつ新発想の平屋です。

サンクスホームさんの平屋「LIMINI+COM Polku」の気になる間取り2つのポイントをチェック!

サンクスホームさんの平屋「LIMINI+COM Polku」の気になる間取りをピックアップ。

イチオシポイント

  • 真ん中にすべての水回りを集約
  • 中庭的テラスが広がる主寝室スペース
JUN
JUN
わが家との対比も合わせてご紹介することで、実際の使い勝手についても検証していきます!

真ん中にすべての水回りを集約

サンクスホームさんの平屋「LIMINI+COM Polku」の水回り間取り図 サンクスホームさんの平屋「LIMINI+COM Polku」の水回り写真 サンクスホームさんの平屋「LIMINI+COM Polku」の洗面所写真

 

サンクスホームさんの平屋「LIMINI+COM Polku」でまず最初にご紹介するのが、水回りの配置です。

ご覧の通り、キッチン、トイレ、洗面脱衣所、お風呂が、家の中央に集約されています。

サンクスホームさんの平屋「LIMINI」の基本コンセプトは、「ゼロLDK」。

LIMINI = Like a minimalism

不要なものにはコストをかけず、必要なものだけに徹底に絞り込んだ究極の家です。

 

  • 結局、使っているのはリビングだけ
  • 子どもが巣立ったあとは子供部屋は使わない
  • 年齢を重ねると2階に上がるのは負担

という思想のもと、究極まで無駄を省いたゼロLDKの平屋が誕生しました。

今回ご紹介している「LIMINI+COM Polku」は、ゼロLDKのLIMINIに、オプションとして子供部屋を2部屋追加したタイプ。
間取り図でもわかるとおり、基本はLDK部分で、北側に二部屋の子供部屋が後付けでくっついたカタチになっています。

間取り図右側(東側)が、通常の平屋でいうところの「主寝室」にあたるスペースですが、部屋の間仕切りがありません。
間仕切りがないことから、「主寝室」という部屋としては設定されておらず、すべてがLDKの一部=ゼロLDKとなっているわけです。

ゼロLDKを実現するために、あえて水回りを家の中心に集約させることで、リビング、ダイニングスペースと主寝室を、ゆるくゾーン分けすることに成功しています。

この間取りであれば、たとえば夫婦どちらかがリビングのソファーでテレビを夜遅くまでみていても、反対側の主寝室スペースではゆっくりと寝ることが可能でしょう。

ワンルームを大きくしたような平屋であるLIMINIですが、水回りのポジションを中央に持ってくることで、自然なゾーニングを実現し、暮らしやすい家になっています。

また、暗くなりがちな平屋の中心部付近にあえて水回りを集約させることで、滞在時間の長い、リビング、ダイニング、寝室を、外側に面した場所に配置することが可能になっています。
採光、通風にすぐれていて、気持ちよく家時間を過ごせる平屋になっています。

 

わが家との比較:中央にすべてが集約されたLIMINI+COM Polkuは動線が短くて機能的

わが家の中廊下

わが家の場合は、長い廊下でつながったL字型の平屋のため、LDKと、トイレ・脱衣所・浴室は離れた位置にあります。

また、子供部屋と主寝室もLDKから一番遠い距離にあります。

ですので、LDKの音が子供部屋や主寝室まで届くということはないので、夜はゆっくり静かに休めるというメリットはあります。

実際、誰かがみているテレビの音が聞こえてくると、睡眠にはとても邪魔ですが、わが家はそういったことがありません。

ですので、サンクスホームさんの平屋「LIMINI+COM Polku」の、主寝室スペースがLDKの反対側で、間に水回りを挟んでいる間取りについても、睡眠はしっかりとれる配置だと断言できます。

また、わが家は脱衣所が離れているため、キッチンで料理をしながら、脱衣所の様子を伺う、というのシチュエーションが比較的苦手。

その点も、すべての水回りが中央に集中しているサンクスホームさんの平屋「LIMINI+COM Polku」なら安心です。
最短距離、すべて家の中央で家事をこなせる間取りのため、料理をしながら、洗濯をしながら、といった「ながら家事」もラクラクこなせるでしょう。

水回りを平屋のど真ん中にもってくることで、

  • 水回り以外を外側にもってこれるため、LDKや主寝室など長時間過ごす部屋の採光、通風が良い。
  • LDKなどのパブリックゾーンと、主寝室などのプライベートゾーンを、ゆるやかに分けることができる
  • 水回りがすべて中央にあるので、最短距離で料理、洗濯、掃除といった家事をこなせる

といったメリットがあります。
中央に水回りを集約すると、ただでさえ動線が短くできる平屋のメリットがさらに活きることになります!

わが家の脱衣所については【平屋の実例】3畳洗面脱衣所のレイアウト【スロップシンクは必須!】で解説しています。

中庭的テラスが広がる主寝室スペース

サンクスホームさんの平屋「LIMINI+COM Polku」の寝室間取り図 サンクスホームさんの平屋「LIMINI+COM Polku」の寝室スペース

サンクスホームさんの平屋「LIMINI+COM Polku」のゼロLDKのメリットがよくあらわれているのが、主寝室スペース(間仕切りがないので、あえてスペースとしています)です。

ご覧のとおり、LDKの一角に開放感のある主寝室スペースがひろがります。

JUN
JUN
全面、大きな掃き出し窓に面しているため、抜群の明るさと、外を感じる気持ち良さが両立しています。

外側のテラスも、多目的に使えそうです。

  • 外物干し場として洗濯物を干す
  • テーブルとチェアをおいて中庭的アウトドアリビングを楽しむ
  • バーベキューを楽しむ

夫婦ふたりでベッドに寝そべって、窓の外を見ながら、のんびり語り合うのも気持ち良さそうですね。

明るさがあって、視線の抜けもある、でも外壁で視線は遮られるので、適度なプライバシーもある。
そんなとても贅沢な主寝室スペースになっています。

 

わが家との比較:主寝室はとてもシンプルな6帖

わが家の6帖主寝室の写真

わが家の主寝室はいたってシンプル。
窓が1セットあるだけの、何の変哲もない6帖です。

まさに夜、寝るためだけに用意した部屋、という感じです。

窓もスリガラス風で外は見えないですし、北側なので陽の光が暖かいわけではない。

ということで、サンクスホームさんの平屋「LIMINI+COM Polku」の主寝室スペースのような、贅沢な雰囲気はありません。

結果的に、長時間滞在するような部屋ではなく、もっぱら使われるのは睡眠のみという割り切りです。

主寝室を、寝るだけの部屋と定義付けすれば、わが家のような作りでも問題ないと思います。

が、昼間も主寝室で夫婦でゆっくりした時間を過ごしたい、夫か妻のどちらかひとりが、ベッドに寝そべりながらのんびり気持ちよく読書でもしたい、という希望を持っているなら、サンクスホームさんの平屋「LIMINI+COM Polku」のような主寝室(スペース)を目指すべき。

「主寝室が第2のプライベートリビング」といった雰囲気が欲しいなら、サンクスホームさんの平屋「LIMINI+COM Polku」はとても参考になります。

主寝室が、「ただ寝るだけの部屋」ではもったいない。
眠ること以外にも、のんびりリラックスして過ごせて、夫婦の時間をもっと豊かにしてくれる。
そんな主寝室を求めるなら、採光、視線の抜けなどが気持ちいいサンクスホームさんの平屋「LIMINI+COM Polku」の主寝室スペースは、まさにお手本となるおすすめ間取りです。

わが家の寝室については【平屋の実例】主寝室【6畳】で解説しています。

サンクスホームさんの平屋住宅の間取り以外の特徴

サンクスホームさんの間取り以外の特徴をご紹介します。

サンクスホームさんの坪単価は?

坪単価

サンクスホームの平屋の坪単価は、65万円前後が目安になります。
(SUUMOさん掲載の実例を参考

中間クラスの価格帯で平屋を建てることができるメーカーさんです。

ここまでご紹介してきた「LIMINI+COM Polku」の間取り、写真をみていただいてもわかるとおり、非常にスッキリとしていてシンプル、キレイでデザイン性が高い住宅を建ててくれるのがサンクスホームさん。

デザイン性の高さを考慮しても、十分にコストパフォーマンスが高いハウスメーカーと言えるでしょう。

発泡ウレタンフォームを使った断熱材

発泡ウレタンフォームを使った断熱材

サンクスホームさんは快適性能についても妥協はありません。

断熱材には発泡ウレタンフォームを、天井80mm・壁75mm・床70mmの厚さで吹き付け。

次世代省エネ基準を大幅にクリアした性能を発揮しています。

発泡ウレタンフォームは、隙間なく吹き付けることが容易なため、非常に高い気密性を保つことができます。

気密性が高まることで、冷暖房コストが減少するのはもちろんのこと、耐久性も高い発泡ウレタンフォームによって、長期にわたり安定した性能を誇る長寿命住宅を実現しています。

【まとめ】実はメリット多数な水回りが真ん中のゼロLDK平屋住宅

サンクスホームさんの平屋「LIMINI+COM Polku」の気になる間取りのポイント2点をチェックしてみました。

イチオシポイント

  • 真ん中にすべての水回りを集約
  • 中庭的テラスが広がる主寝室スペース

 

以上をまとめると、サンクスホームさんの平屋「LIMINI+COM Polku」は、特に以下のかたにおすすめです!

  • 必要最小限でシンプル、住む人の人数が変化しても長期間使いやすい平屋を建てたいかた
  • 間仕切りが多いのは苦手。オープンな平屋に住みたい。
  • 主寝室は寝るだけでなく、夫婦がリラックスしてすごせる豊かな空間にしたい。
JUN
JUN
ゼロLDKという考えかたのもと、間仕切りを作らずワンルーム的、でも水回りを中心に集約することで機能的でもあるユニークな平屋住宅でした!

関連記事

本日も最後までお読みいただきありがとうございました。

みなさんの後悔のない家づくりの参考になれば幸いです。