平屋の注文住宅Web内覧会

リクシルナビッシュハンズフリーの実際の購入価格

リクシルナビッシュハンズフリーの実際の購入価格

リクシルナビッシュハンズフリーの実際の購入価格を知りたい

 

 

今日の記事はこういった疑問に答えます。

 

ナビッシュ

 

 

我が家はタッチレス水栓ナビッシュA10タイプ(JF-NA411S)を導入しました。

購入価格については95,000円でした。

 

キッチンのリフォームを検討中なら
JUN
JUN
無料の「リフォーム一括見積もりサイト」を利用すれば、複数のリフォーム会社の見積もりを比較して、最安値でリフォームできます!

「リフォーム一括見積もりサイト」のおすすめランキングは、【デメリットも解説】リフォーム一括見積もりサイト5選+1!で解説しています。

 

リクシルナビッシュハンズフリーの実際の購入価格

価格

リクシルナビッシュJF-NA411Sの購入価格は95,000円でした。

定価が159,000円のため、6掛け、40%オフが実売価格といったところです。

本体だけの費用なので、当然工事費もかかってきます。

 

例えば我が家の洗面所のTOTO自動水栓TENA22ELの購入価格は68,900円でした。

TOTO TENA22EL

比較するとリクシルナビッシュJF-NA411Sのほうが高いですが、単機能の自動水栓であるTENA22ELに比べて下記の機能がプラスされています。

  • ハンズフリー機能
  • ビルトイン浄水器
  • ハンドシャワー機能
JUN
JUN
差額が3万円程度と考えると、リクシルナビッシュハンズフリーは、高機能でコスパが良いと言えますね。

 

自動水栓としてはナビッシュは高い部類に入りますが、キッチンの自動水栓に欲しい機能が全部詰まっていますので、コスパは抜群!!

イニシャルコストを少し奮発すれば、毎日の料理がものすごく捗りますので、イニシャルコスト分などすぐに回収できるはず。

キッチンの使い勝手が劇的に向上しますので、ナビッシュは絶対におすすめの住宅設備です!

自動水栓ナビッシュへのリフォームを検討中のかたへ

キッチンのリフォーム自動水栓と浄水器のついたキッチンにリフォームして、家事効率を大幅にアップしてみませんか?

JUN
JUN
無料の「リフォーム一括見積もりサイト」を利用すれば、複数のリフォーム会社の見積もりを比較して、最安値でリフォームできます!

「リフォーム一括見積もりサイト」のランキングは【デメリットも解説】リフォーム一括見積もりサイト5選+1!で解説しています!

【デメリットも解説】リフォーム一括見積もりサイト5選+1!
【デメリットも解説】リフォーム一括見積もりサイト5選+1!リフォーム一括見積もりサイトの違いを知りたくないですか? 本記事ではリフォーム一括見積もりサイト7社を9項目で徹底比較。 リフォーム一括見積もりサイトの違い、強みを知りたいかたはぜひ記事をご覧ください。[ヒラヤスタイル]...

関連記事

リクシル「ナビッシュ」については【注文住宅Web内覧会】ナビッシュハンズフリーレビュー【絶対後悔しない3つの理由】でまとめています。合わせてご覧ください。

【リクシル】ナビッシュハンズフリー実機レビュー【5項目で評価】
【注文住宅Web内覧会】ナビッシュハンズフリーレビュー【絶対後悔しない3つの理由】リクシルのタッチレス水栓ナビッシュの口コミを知りたくありませんか? 本記事では我が家が導入したナビッシュの詳細をレビューしています。キッチンのタッチレス水栓を検討しているかたはぜひ記事をご覧ください。[ヒラヤスタイル]...

本日も最後までお読みいただきありがとうございました。

みなさんの後悔のない家づくりの参考になれば幸いです。