平屋間取り

マイトレジャーさんの平屋「Low House」間取りおすすめポイント【2つのロフトスペース】

マイトレジャーさんの平屋「Low House」間取りおすすめポイント【2つのロフトスペース】
PR
マイトレジャーさんの平屋「Low House」について詳しく知りたいです。

 

今日の記事はこういった疑問に答えます。

 

実際に平屋を建てた私が、マイトレジャーさんの平屋「Low House」の間取りを中心にチェックしてみました。

結論から言うと、「家族の生活スタイルの変化に対応するロフト付き平屋住宅」でした。

マイトレジャーさんの平屋「Low House」のおすすめ間取りポイントは下記になります。

間取りおすすめポイント

  • 生活スタイルの変化に対応する2つのロフト

これから平屋を建てる予定のかたは、事例のひとつとしてぜひ参考にしてみてください。

JUN
JUN
当ブログでご紹介した平屋のカタログをサクっと集めたいかたは次の記事が参考になりますよ。

マイトレジャーさんの平屋「Low House」の間取り図

※当ページの引用タグ内の画像はすべてマイトレジャーさんの平屋「Low House」ウェブサイトから引用させていただきました。

マイトレジャーさんの平屋「Low House」の間取り図をご紹介します。

  マイトレジャーさんの平屋「Low House」の間取り図

 

JUN
JUN
固定階段で上がれる2つのロフトがある平屋です!

マイトレジャーさんの平屋「Low House」の平屋としての特性は以下のとおりです。

  • 2LDK
  • 正方形
  • 東玄関
  • 和室あり
  • 玄関収納あり
  • ロフトあり

マイトレジャーさんの平屋「Low House」の気になる間取りおすすめポイントをチェック!

マイトレジャーさんの平屋「Low House」の気になる間取りをピックアップ。

間取りおすすめポイント

  • 生活スタイルの変化に対応する2つのロフト
JUN
JUN
このあと、わが家との対比も合わせてご紹介することで、実際の使い勝手についても検証していきます!

生活スタイルの変化に対応する2つのロフト

マイトレジャーさんの平屋「Low House」のロフト間取り図

 

マイトレジャーさんの平屋「Low House」の間取りで特徴的なのは、なんといってもロフトスペースです。

LDKから固定階段で上がれる2つのロフトスペースがあります。
階段をはさんで左右に分かれているので、個室としても使えます。

JUN
JUN
固定階段で昇るタイプのロフトなので、はしごを使うタイプに比べて安全性は格段に高く、子どもが昇り降りしても安心です。

マイトレジャーさんは、このロフトを、家族の生活スタイルの変化に合わせて使い方が3ステップで変わる点をメリットとしています。

  1. 子どもが小さいうちは主寝室で一緒に寝て、ロフトは多目的スペース、収納庫として活用
  2. 子どもがある程度大きくなったら、ロフトを2つの子ども部屋として使う
  3. 子どもが巣立ったら、ロフトを夫婦の趣味スペース&来客用・帰省時スペースと利用する
JUN
JUN
たしかに生活スタイルに合わせてロフトを活用すると、部屋としてまったく無駄がありませんね!

ロフトなら天井高が低く延べ床面積に含まれないので、固定資産税も抑えることができます。

多目的に使い方が変わる部屋こそ、ロフトを活用する。

暮らしやすい平屋を建てるための秀逸なアイディアです!

わが家はロフトはなし。

わが家はロフトなど階段やはしごを使うスペースは作りませんでした。

フラットな平屋にこだわったから。

子どもが小さいこともあって、階段は危険だから、という妻の意見が大きかったです。

平屋を建てる前のアパート暮らしの時に、階段で子どもが何度か怖い思いをしました。
平屋を建てるなら階段はなしにしようと夫婦で合意しました。

ですので、フラットな空間の中に、子ども部屋を2部屋作りました。
土間収納も設けています。

結果的に昇り降りはなくなりましたが、必要な床面積が増え、建築費、固定資産税ともに高くなってしまいました。

JUN
JUN
やはりすべてを1階にまとめる平屋は、どうしても床面積が広がってしまい、お金の面で不利ですね。

マイトレジャーさんの平屋「Low House」のように、ロフトを上手に活用すれば、子ども部屋をコストをかけずに作れます。

固定階段なら危険性も低く、安全に長期的に利用することができますね。

建築費をおさえつつ、子ども部屋や将来の趣味部屋を確保したい、といった場合は、マイトレジャーさんの平屋「Low House」のロフトはとても良いお手本です!

平屋の高い天井を活かしたロフトスペースは、暮らし方の汎用性を大きく高めてくれます。

マイトレジャーさんの平屋「Low House」のように、固定階段であがれるロフトの場合は子どもが使っても安全度が高いので、子ども部屋として活用するのもOK!

子どもが巣立ったあとは趣味部屋や、家族の帰省時のベッドルームとして活用するなど、将来にわたっても無駄がありません。

あまり延べ床面積は広げたくないけど、できれば平屋を建てたい、といったかたは、ぜひマイトレジャーさんの平屋「Low House」を参考してみてください。

マイトレジャーさんの平屋「Low House」の間取り以外の特徴

神奈川県を中心に施工しているマイトレジャーさんの間取り以外の特徴をご紹介します。

10年間の長期保証で4回の定期点検付き

マイトレジャーさんの定期点検などの保証

マイトレジャーさんは建てたあとのアフターサービスも充実。

2年目までは無償メンテナンス期間、その後10年までは無料点検期間として、家の状態をきちんとチェックしてくれます。

定期点検をしないで不具合を放置すると、気が付いた時には高額の修繕費が必要になってしまうことも・・・。

20年延長保証についても相談にのってもらえる体制が整っているので、マイトレジャーさんなら永く安心して住まうことができる平屋を建てられます。

【まとめ】多目的ロフトで長期間無駄のない平屋住宅

マイトレジャーさんの平屋「Low House」の気になる間取りのポイントをチェックしてみました。

間取りおすすめポイント

  • 生活スタイルの変化に対応する2つのロフト

 

以上をまとめると、マイトレジャーさんの平屋「Low House」は、特に以下のかたにおすすめです!

  • なるべく床面積を増やさずに家族4人で暮らせる平屋を建てたい
  • 子ども部屋はいずれ使わなくなるので、建築費はあまりかけたくない
  • 夫婦二人になった時に、趣味のスペースとして使える部屋が欲しい
JUN
JUN
ロフトのアイディアがとても秀逸な平屋住宅!

子どもが小さい時、大きくなったあと、そして巣立ったあともすべての部屋を無駄なく使える平屋間取りでした。

JUN
JUN
当ブログでご紹介した平屋のカタログをサクっと集めたいかたは次の記事が参考になりますよ。

関連記事

 

本日も最後までお読みいただきありがとうございました。

みなさんの後悔のない家づくりの参考になれば幸いです。