Web内覧会

【TOTO】ベッセルタイプ洗面台 LS911CRの2つのデメリット

TOTOベッセルタイプ洗面台 LS911CRを実際に使っている人が感じているデメリットを知りたい。

 

 

今日の記事はこういった疑問に答えます。

結論から言うと、LS911CRのデメリットは2点あります。

  1. 排水口をしめて水を溜めることはできない
  2. 価格が高め

 

 

本記事の内容

TOTOベッセルタイプ洗面台 LS911CRの2つのデメリット

 

私は2018年12月に平屋を新築しました。

洗面台はTOTO ベッセルタイプ洗面台 LS911CRを採用しました。

今日の記事ではTOTO ベッセル式洗面器 LS911CRの2つのデメリットを解説します。

これから家を建てるかたや、洗面所のリフォームを考えているかたは必見です。

TOTO ベッセル式洗面器 LS911CRの2つのデメリット

デメリット

LS911CRのデメリットは2点あります。

  1. 排水口をしめて水を溜めることはできない
  2. 価格が高め

 

LS911CRのデメリット(1) 排水口をしめて水を溜めることはできない

 LS911CRの排水口

LS911CRは排水口が特殊なため、排水口をふさいで洗面器に水を溜めるということはできません。

幸い我が家は、排水口を一時的にふさいで水を溜める必要がある場合は、脱衣所の洗面器(スロップシンク)を使うため、問題とはなりませんでした。

ただ、洗面器が家にひとつしかなく、水を溜めることができないとまずい場合には致命的な問題になる可能性が高いです。

どちらかというと LS911CRはトイレの手洗い、化粧など、パブリックゾーン寄りの使い方がメインになると思われます。

はみがきや泥汚れの洗濯など、洗い物系の用途には不向きな面があります。

JUN
JUN
洗面器に水を貯める必要がある場合は、LS911CRは候補から外しましょう。

 

LS911CRのデメリット(2) 価格が高め

掃除もしやすく機能的に優れていて、そのうえデザイン性も高い洗面器であるLS911CRですが、価格が高いところはやはりデメリットのひとつです。

我が家の導入価格ですが54,900円でした。

洗面器にこだわらない人には、正直すすめにくい価格帯の商品です。

価格の詳細については【TOTO】ベッセルタイプ洗面台LS911CRの購入価格でご確認ください。

 

 

以上、LS911CRのデメリットをご紹介しました。

本日も最後までお読みいただきありがとうございました。

みなさんの家づくりの参考になれば幸いです。

洗面所のリフォームを検討中なら

自動水栓の洗面にすると、ハンドルレバーに触れる必要がなくて衛生的。
子どもも手を洗いやすいし、お客さまにも安心して使っていただけます。
機能的な洗面所にリフォームすると、家の使い勝手が格段に上がります!

でも、安心安全に、しかも最安値の業者を選んでリフォームするにはどうしたらいいでしょうか?

JUN
JUN
自分でリフォーム会社に連絡して相見積もりを取るのは大変ですよね?

でも大丈夫。
今は無料で、複数業者に一括見積もりを依頼できる便利なサイトがあります。
一括見積もりサイトの主なメリットは以下の3つです。

  • 見積もり比較することでリフォームの相場がわかる。
  • 複数のリフォーム会社の見積もりや保証内容を比較しながら工事依頼先を自分で選ぶことができる。
  • 一括見積もりサイトに登録している会社は厳しい審査をクリアしているため、悪質なリフォーム会社に騙されるリスクがない。
JUN
JUN
数あるリフォーム一括見積もりサイトの中でも私のおすすめは「リショップナビ」です。
リショップナビの洗面所リフォーム

最大5社から見積もりが取れる点に加え、独自の「安心リフォーム保証制度」を完備しています。

しかも今だけ契約者全員に最大30,000円分のAmazonギフト券をプレゼント中!アマゾンギフト券をプレゼント中!

リショップナビがおすすめな理由

一括見積もりサイトの中で、なぜリショップナビがおすすめなのかを知りたいかたは、リフォーム一括見積もりサイト3社を9項目で比較!【リショップナビ・ホームプロ・タウンライフ】をご覧ください。