平屋間取り

イソダさんの平屋「季乃紬-彩-」間取り2つのおすすめポイント【くつろぎヌックと縁側ウッドデッキ】

イソダの平屋「季乃紬-彩-」間取り2つのおすすめポイント【くつろぎヌックと縁側ウッドデッキ】
記事内に商品プロモーションを含む場合があります
イソダさんの平屋「季乃紬-彩-」(ときのつむぎ-いろどり-)について詳しく知りたいです。

 

今日の記事はこういった疑問に答えます。

 

実際に平屋を建てた私が、イソダさんの平屋「季乃紬-彩-」の間取りを中心にチェックしてみました。

結論から言うと、「ヌックと中庭と縁側でとことんくつろげる平屋住宅」でした。

イソダさんの平屋「季乃紬-彩-」のおすすめ間取りポイントは下記2点になります。

間取りおすすめポイント

  • くつろぎ空間「ヌックと中庭」
  • 縁側風ウッドデッキ

これから平屋を建てる予定のかたは、事例のひとつとしてぜひ参考にしてみてください。

JUN
JUN
当ブログでご紹介した平屋のカタログをサクっと集めたいかたは次の記事が参考になりますよ。

イソダさんの平屋「季乃紬-彩-」の外観と間取り図

※当ページの引用タグ内の画像はすべてイソダさんの平屋「季乃紬-彩-」ウェブサイトから引用させていただきました。

イソダさんの平屋「季乃紬-彩-」の外観と間取り図をご紹介します。

  イソダさんの平屋「季乃紬-彩-」の外観

イソダさんの平屋「季乃紬-彩-」の間取り図
JUN
JUN
ユニークな間取りと機能が満載の35坪の平屋です!

イソダさんの平屋「季乃紬-彩-」の平屋としての特性は以下のとおりです。

  • 2LDK
  • 延床面積30坪台
  • 長方形
  • 南玄関
  • ウォークインクローゼットあり
  • トイレが2つ
  • ウッドデッキ(縁側)あり

イソダさんの平屋「季乃紬-彩-」の気になる間取り2つのおすすめポイントをチェック!

イソダさんの平屋「季乃紬-彩-」の気になる間取りをピックアップ。

間取りおすすめポイント

  • くつろぎ空間「ヌックと中庭」
  • 縁側風ウッドデッキ
JUN
JUN
このあと、わが家との対比も合わせてご紹介することで、実際の使い勝手についても検証していきます!

くつろぎ空間「ヌックと中庭」

イソダさんの平屋「季乃紬-彩-」のヌックと中庭

イソダさんの平屋「季乃紬-彩-」は、玄関を入ったところから特徴的!

間取り図をご覧いただくとわかるとおり、ヌックと呼ばれるくつろぎ空間がひろがっています。

しかも、ヌックはLDKと暖炉で仕切られているというユニークさ。

「ヌック」とは英語のnook。日本語に訳すと「部屋の隅」といった意味を持つ言葉です。

住宅の場合は、こじんまりとした居心地の良いスペースのことを指します。

イソダさんの平屋「季乃紬-彩-」の場合は、家族にも来客にも使ってもらえるソファーを置き、さらにLDKと暖炉で仕切られることで、独特のくつろぎ空間を演出。

リビングのソファーに加えて、また別の場所にソファーがある平屋はほとんど例がなくユニーク。

中庭の正面ということもあり、視線の抜けも気持ちのよい極上の空間になっています。

特に冬は目の前の暖炉の炎を見ながら、ゆっくり読書でもしたら、まさに最高のリラクゼーション空間となりますね!

 

リビングでは落ち着かない時、ひとりになりたい時、夫婦でもたまには別々に過ごしたい時もあります。

もちろん、どこかの個室に籠る、というのもありですが、それだとお互いの気配が消え、コミュニケーションが完全に断絶されてしまい、そんな状態が繰り返されると、少し寂しい生活になりそうです。

でも、イソダさんの平屋「季乃紬-彩-」のような「ヌック」であれば、仕切り感はゆるやかで、たまーに夫婦で雑談をする、お互いの興味について聞いてみる、といったちょうどよい距離のコミュニケーションが実現します。

わが家はキッチン隣のワークスペースが、ちょいヌックな感じ

わが家の書斎ワークスペースの間取り図

わが家はキッチンの隣に、引き戸で仕切られたワークスペース(書斎)があります。

パソコン関係の作業はここで行いますし、ちょっとこもるにはちょうど良いサイズの部屋です。

キッチンとは引き戸1枚で仕切られているだけなので、家族とのコミュニケーションも比較的取りやすい。

なんなら引き戸を開け放っておけば、ちょっと「ヌック」的な感じのゆるやかなつながりの個室としても使えます。

パソコンを使う場所としては、ダイニングテーブルでノートパソコンをひろげて、といった使い方ももちろんできるのですが、ダイニングだとどうしても家族との距離が近すぎるんですよね。

ひとりで集中したいとき、ちょっと静かなところで自分の趣味の時間を過ごしたいといった時は、やはりLDKはあまり適していません。

JUN
JUN
ひとりでくつろぎたいときは、わが家の場合は、ワークスペース(書斎)が落ち着きます。

イソダさんの平屋「季乃紬-彩-」のヌックであれば、ソファー+暖炉、そして中庭が見える、という、リラクゼーション空間としては申し分ない完成度。

わが家の書斎よりももっと、リラックスして過ごせるでしょうし、自宅に極上の「癒し」の空間があるのは、なによりも贅沢ですね。

家族、夫、妻と離れて、少しひとりでのんびりしたい。

でも、完全に個室に籠るのはちょっと違う・・・。

そんな時が、誰しもあるはずです。

基本はひとりだけど、たまにお互いの気配を感じて雑談でもして・・・

そんな贅沢な時間をすごしたいならヌックが最適。

イソダさんの平屋「季乃紬-彩-」なら、暖炉、そして中庭と、まるで別荘にでもきたかのような贅沢なリラクゼーションヌックを楽しめます。

縁側風ウッドデッキ

イソダさんの平屋「季乃紬-彩-」の縁側風ウッドデッキ イソダさんの平屋「季乃紬-彩-」の縁側の間取り図

イソダさんの平屋「季乃紬-彩-」は、くつろぎの仕組みが目白押し。

さきほどご紹介したヌックだけでなく、南側は縁側ウッドデッキとなっています。

ヌックと、ヌックから見える中庭だけでも十分にリラクゼーション効果がありそうですが、さらに屋外にものんびり過ごせる空間がある。

春や秋のあたたかい日なら、縁側で談笑、ちょっと昼寝、読書、コーヒータイムなどなどの楽しみが広がります。

家の中も外も、「生活の豊かさ」に妥協がない平屋。

それがイソダさんの平屋「季乃紬-彩-」です。

わが家もリビング南側にちょっとだけ縁側があります。

リビングの間取り

わが家のLDKも、ご覧のとおり南側(図面の下部)にウッドデッキがあります。

ちょっと縁側チックに使える場所。

広さはないので、なにかここで作業をしたり遊んだり、ということはできませんが、ちょっとした休憩スペースのようになっています。

特に、庭にビニールプールを広げた夏には、冷やしたドリンクを置いておくスペースにしたり、「遊びの補助」的な役割をこなしてくれます。

庭とLDKの干渉スペースとして縁側はとても重宝します。

平屋はフラットなので、2階建てよりも庭との関係性が深く、屋外と屋内をうまくつなぐと、暮らしの面積が広がり、さらに豊かな生活となります。

とくに縁側ウッドデッキは平屋との相性抜群。

イソダさんの平屋「季乃紬-彩-」のように、南側になが~い縁側をとれれば、庭でバーベキューをしたときも、みんなが縁側に腰かけてお肉を食べたり、談笑したりと、楽しい時間を過ごせそうです。

JUN
JUN
これだけ長い縁側があれば、アウトドア用のチェアなど用意しなくても、たくさんの仲間にくつろいでもらえますね。

縁側があれば、家族や夫婦であたたかいに日に、ちょっとくつろいだりもできますし、友人知人を呼んでバーベキューをしたときも、椅子いらずで腰かけてもらえます。

庭を100%楽しみ切る、という意味でも縁側は重要な役目をになっています。

家の中だけでなく、外もくつろぎの空間にしたいなら、イソダさんの平屋「季乃紬-彩-」のような平屋+縁側は最強の組み合わせです。

イソダさんの平屋「季乃紬-彩-」の間取り以外の特徴

イソダさんの間取り以外の特徴をご紹介します。

大正13年創業、地元神奈川県を知り尽くした工務店

大正13年創業のイソダ

イソダさんは大正13年創業の老舗工務店。実に90年以上の歴史があります。

創業からいままで鎌倉、湘南エリアで数々の家を手掛けてきました。

気候や風土が変われば、おのずと適した家も変わってきます。

鎌倉、湘南エリアを知り尽くしたイソダさんなら、鎌倉、湘南エリアに最適な家づくりに全力で取り組んでくれます。

地元を知り尽くした工務店さんには、長い歴史に裏付けられた確かな信頼があります。

大手のハウスメーカーにもメリットがありますが、長い歴史のある地元の工務店さんは、その工務店さんにしかできない地域に根付いた安心の家づくりをしてくれます。

快適な平屋を望むなら、地元の工務店さんも一度相談してみてはいかがでしょうか。

【まとめ】家の中も外もくつろぎに満ち溢れた平屋住宅

イソダさんの平屋「季乃紬-彩-」の気になる間取りのポイント2点をチェックしてみました。

間取りおすすめポイント

  • くつろぎ空間「ヌックと中庭」
  • 縁側風ウッドデッキ

 

以上をまとめると、イソダさんの平屋「季乃紬-彩-」は、特に以下のかたにおすすめです!

  • 家の中にリビングとは違ったくつろぎ空間が欲しい
  • 暖炉のユラユラとゆれる炎をみながらくつろぎたい
  • 縁側でのんびりとした時間をすごしたい
  • 外でバーベキューをした時などは、縁側に腰かけてゆっくりと楽しみたい
  • 地元の気候などを知り尽くした工務店さんに平屋を建ててもらいたい
JUN
JUN
ヌック+中庭で極上のリラックスを楽しめる平屋住宅!

35坪の中にあますところなく「くつろぎ」を組み合わせた平屋間取りでした。

JUN
JUN
当ブログでご紹介した平屋のカタログをサクっと集めたいかたは次の記事が参考になりますよ。

関連記事

 

本日も最後までお読みいただきありがとうございました。

みなさんの後悔のない家づくりの参考になれば幸いです。