家具・家電・道具レビュー

【東芝レグザ専用壁掛け金具FPT-TA14Dレビュー】テレビの壁掛けを検討中のかた必見

 

  • 東芝レグザの純正壁掛け用金具の口コミが聞きたい

 

今日の記事はこういった疑問に答えます。

 

 

【東芝レグザ専用壁掛け金具FPT-TA14Dレビュー】テレビの壁掛けを検討中のかた必見

結論から言うと、FPT-TA14Dは純正ならでは安心感があります。

安全面も考えると壁掛け金具は純正品がおすすめです。

 

本記事の内容
  • 東芝レグザ FPT-TA14Dレビュー

 

私は2018年に平屋を建てました。

55インチのレグザを新しく購入し、ついでに壁掛けにしました。

今日の記事では我が家のレグザを壁掛けするために使った金具「FPT-TA14D」をレビューします。

レグザの純正金具について知りたいかたは必見です。

 

 

東芝レグザ FPT-TA14Dレビュー

レグザ55BZ710Xを純正品のFPT-TA14Dで壁掛けしました。

 

壁掛け金具を取り付けるためには下地が必要です

壁掛け金具を取り付けるためには、あらかじめ下地を入れておいていただく必要があります。

新築の場合には、テレビを壁掛けしたいことを事前にハウスメーカーや工務店に伝えてください。
伝えておかないと下地処理をしてもらえない可能性があるので、着工前に忘れずに確認しましょう。

 

FPT-TA14Dの取り付け

テレビは新居の引き渡し日に合わせて配送していただきました。

引き渡し日当日に、もともと家の電気工事で入っていただいていた業者さんに金具を取り付けていただきました。

金具は水平器を使って取り付けないとテレビが傾いてしまう可能性があります。

ここは素直に専門の業者さんに頼むほうが良いです。

 

壁にFPT-TA14D金具を取り付けたところです。

 

テレビ側にも金具を取り付けます。

 

FPT-TA14Dは5、10、15度の3段階チルト可能

FPT-TA14Dは5、10、15度の3段階でチルトさせることも可能です。

高い位置にテレビを壁掛けする場合は、チルトさせたほうが見やすいです。

 

床からテレビの上フレームまで140cmの高さ

我が家は、床からテレビの上フレームまでの高さが約140cmの位置に取り付けました。

床から下辺までは65cmくらいです。

このくらいの高さだと、ソファーに座ってテレビを見るのにちょうどよく、チルトは0℃で問題ありません。

【ニトリのソファ「コウテイ」レビュー】5つの基準で選んだおすすめソファニトリのソファ「コウテイ」の口コミを知りたくありませんか?本記事では我が家が購入したニトリの「コウテイ」のメリット・デメリットをご紹介しています。 ニトリのコウテイの購入を検討しているかたは是非記事をご覧ください。...

 

テレビを金具にひっかける

テレビをかけたところです。

テレビを持ち上げて上から壁の金具に引っかける感じです。

ひっかけるのは頑張ればひとりでもできるかも知れませんが、かなりリスキーです。

私は業者さんと私でテレビの両端を持って、ふたりでひっかけました。

ふたりなら楽勝です。

引っかけた後に赤で囲った部分のネジで固定します。

 

チルト0℃の場合の側面

側面からみたところです。

チルトが0℃だと、のぞきこまない限りは背面の配線も見えません。

スッキリしています。

 

FPT-TA14Dのデメリット

FPT-TA14Dはチルトはできますが、左右の角度を変えることができません。

汎用品の壁掛け金具の中には左右にも稼働するものもあるようです。

テレビの向きを左右に調整する必要がある場合には、FPT-TA14Dは適していません。

我が家は左右に動かす必要はなかったので、FPT-TA14Dで問題ありませんでした。

 

FPT-TA14Dの取り付け費用

我が家は工務店さんに依頼して、家の電気工事を行っていただいた業者さんにFPT-TA14Dを取り付けてもらいましたが、費用はジャスト10,000円でした。

東芝レグザはケーズデンキで購入しました。

ケーズデンキで壁掛け金具取り付けを依頼すると、30,000円~になっています。

ケーズデンキオンラインショップ 設置・工事料金目安(大型TV)

 

家電量販店に頼んだ場合の3分の1くらいで取り付けてもらえた感じになります。

大変お得でした。

壁掛け金具の取り付けは、家電量販店に依頼するよりも、家の工事と一緒にお願いしたほうが安くなるかも知れません。積極的に交渉してみましょう。

 

FPT-TA14Dの価格

FPT-TA14Dはケーズデンキでレグザを買う時に一緒に注文しました。

その時の購入価格が税込(8%)で22,200円でした。

ちなみにあとで調べたところ、ネット通販のほうが2,000円くらい安く買えることが判明しました(涙)

レグザがちょうど在庫残り1台で底値で買えたのに浮かれてしまい、ついでに金具も一緒に頼んでしまったのがよくなかったですね。

これから購入されるかたは金具はネットのほうが安いかも知れません。

【再現性あり】新居の家電を底値でそろえた私達の方法はこれ【ホットクックほか】新居の家電を底値で揃える方法を知りたくありませんか? 本記事では我が家が新居の家電を底値で買った実際の方法をご紹介しています。 新居の家電を安く買い揃えたいと考えているかたは必見です。[平屋スタイル]...

【まとめ】壁掛け金具は純正品が間違いのない選択です

今日の記事をまとめます。

まとめ
  • テレビを壁掛けするなら、壁の下地処理は必須です。
    家の着工前にテレビを壁掛けしたいことをハウスメーカーや工務店さんにきちんと伝えましょう。
  • 壁掛け金具の取り付けは水平器がないとできません。専門の業者さんに頼んだほうが無難です。
  • FPT-TA14Dは5,10,15度の3段階でチルト可能。
    高い位置につけるなら、チルトさせましょう。
    我が家はテレビを高さ140cmくらいのところにつけたので0℃(垂直)で大丈夫でした。
  • 壁掛けテレビの角度を水平方向でも調整したい場合には汎用品の購入を検討されたほうがいいです。
  • 壁掛け金具取り付けは工務店さんに依頼して10,000円でやっていただけました。
    家電量販店に頼むよりも安くできました。
  • FPT-TA14Dは家電量販店で買うよりもネット通販で買ったほうがお得だったようです。
    冷静に価格比較すべきでした。

 

液晶テレビも55インチともなると、重さは20kg近くになります。

もし外れて倒れてきたら、といったリスクを考えると、金具は純正品を選んでおくのが安心です。

純正ならば取り付け当日にうまくつかないといったトラブル発生もないですし、家の工事自体の進捗を妨げる恐れもありません。
また、取り付けた後の外観のまとまりのよさ、美しさも純正ならではです。

以上の理由から、テレビの壁掛け金具はメーカー指定の純正品をおすすめします。

 

本日も最後までお読みいただきありがとうございました。

みなさんの後悔のない家づくりの参考になれば幸いです。

家を建てるなら、テレビは壁掛けがおすすめな3つの理由【配線を隠そう】テレビを壁掛けにした時のメリット・デメリットを知りたくありませんか? 本記事では東芝レグザを壁掛けした我が家の実例を参考に、テレビは壁掛けしたほうがいい理由を深掘りしています。テレビを壁掛けにしようか迷っているかたは是非記事をご覧ください。...