平屋のWeb内覧会(間取りと設備の実例)

【パナソニックエコキュート】ダブルピークカットほか3つの節電設定手順

  • エコキュートの設定は初期設定のままいじらなくても大丈夫?

 

今日の記事はこういった疑問に答えます。

 

 

結論から言うと、エコキュートの設定は必ず確認したほうがいいです。

特に「ダブルピークカット」は重要で、節電効果が高まります。

 

 

本記事の内容
  • 住み始めたら確認しておきたいエコキュートの3つの節電設定

 

私は2018年に平屋を新築しました。

オール電化住宅のため、エコキュートを導入しています。

今日の記事は電気代を節約するために確認すべきエコキュートの3つの設定箇所をお伝えしたいと思います。

これからオール電化の家を建てるかた、エコキュートをお使いのかたは必見です。

 

 

住み始めたら確認しておきたいエコキュートの3つの節電設定

 

新居に引っ越したらエコキュートの初期設定を3か所確認しましょう。

我が家のエコキュート、パナソニックの「HE-NS46JQS」を例に設定箇所をご説明します。

 

 

 

エコキュートの設定確認箇所(1) 電力制度設定

JUN
JUN
まず最初に、いつの時間帯の電気代が安いのかをエコキュートにきちんと設定しなくてはなりません。

 

  1. メニュー → その他 を選択します。
  2. 電力制度設定 を選択します。
  3. 夜間時間設定 を選択します。
  4. スマートライフプランは深夜1時~6時が安い時間帯なので、設定3を選択します。

これで深夜1時~6時が安い時間帯であることをエコキュートに覚えさせることができました。

これをやっておかないと、スマートライフプランなのに、例えば設定1が選択された状態であれば、エコキュートは23時になると安い時間帯であると判断して、沸き上げを開始してしまう可能性があります。

それでは割高な時間帯にお湯を沸かすことになり、電気代の無駄が増えます。

 

エコキュートの設定確認箇所(2) ピークカット

続いてピークカット設定です。

エコキュートはタンクの湯量が減ると、深夜の時間帯以外でも勝手に沸き上げをすることがあります。

一日でタンクのお湯を使い切ることがない場合には、「ピークカット」を設定しておきましょう。

深夜の電気料金が安い時間帯以外に勝手に沸き上げすることを防いでくれます。

 

  1. メニュー→沸き上げ設定 を選択します。
  2. ダブルピークカット設定 を選択します。
  3. スマートライフプランの場合は、深夜1時~6時以外の沸き上げを停止したいので、「設定1」に6時~1時を設定します。

これで深夜1時~6時以外の時間帯の勝手な沸き上げはなくなりますので、昼間の割高な時間帯に沸き上げをして無駄な電気代を払うことを防ぐことができます。

 

 

エコキュートの設定確認箇所(3) 保温時間

最後はバスルームのリモコンで行います。

お風呂を沸かした後の保温時間の設定を 0時間にして、勝手に追い炊きをするのを防ぎます。

 

  1. 諸設定 → 保温時間 を選択します。
  2. 0時間に変更します。

0時間にすることで、お風呂のお湯張りが終わったあとに、勝手に追い炊きが行われることがなくなります。
この値が2時間とかになっていると、例えば40℃でお湯張りしたあと、2時間の間、ずっと40℃をキープするよう自動で追い炊きされてしまいます。

我が家はお風呂が沸いたら、家族4人で一斉にお風呂に入るようにしています。

なぜならそれが一番の節約になるからです。

一気に入ってしまえば、お湯が冷めるまえに湯船につかることができます。

JUN
JUN
どうしても寒い場合には、その都度、手動で追い炊きをすれば事足ります。

 

子ども達がグズった場合には、お湯張りが終わったあとにすぐにお風呂に入れない場合ももちろんあります。

その間も保温を続けておくのはもったいないです。

なにもずっと40℃をキープしていなくても問題ないのです。

 

 

(まとめ)電気代節約のためにエコキュートの設定確認は忘れずに

今日の記事をまとめます。

まとめ
  • エコキュートの初期設定はきちんと電気料金プランにあっているか確認しましょう。
    ポイントはピークカットと、電力制度の設定です。
  • お風呂の保温時間についても基本は0時間にして、間を空けずにお風呂に入ってしまうのが節約効果が高くおすすめです。

 

 

本日も最後までお読みいただきありがとうございました。

みなさんの家づくりの参考になれば幸いです。

 

後悔のない平屋を誰でも建てられる
「7つの手順」を解説!
【新築平屋】
間取りの作り方・設備の選び方
TOPに戻る