平屋間取り

大和ハウスの平屋「Lifegenic:Iconic_h_01」間取り2つのポイント【リビング収納のある2LDK】

大和ハウスの平屋「Lifegenic:Iconic_h_01」間取り2つのポイント【リビング収納のある2LDK】
大和ハウスさんの平屋「Lifegenic」について詳しく知りたいです。

 

今日の記事はこういった疑問に答えます。

 

実際に平屋を建てた私が、大和ハウスさんの平屋「Lifegenic(郊外型):Iconic_h_01」の間取りを中心にチェックしてみました。

結論から言うと、「リビング収納のあるゆとりの2LDK平屋住宅」でした。

大和ハウスさんの平屋「Lifegenic(郊外型):Iconic_h_01」のおすすめ間取りポイントは下記2点になります。

イチオシポイント

  • 3帖の広々リビング収納
  • 贅沢な8帖主寝室+WIC

 

大和ハウスさんの平屋「Lifegenic(郊外型):Iconic_h_01」の平屋としての特性は以下の7点です。

  • 2LDK
  • 長方形
  • 延床面積20坪台
  • 北玄関
  • ウォークインクローゼットあり
  • リビング収納あり
  • 子ども部屋に収納がない

これから平屋を建てる予定のかたは、事例のひとつとしてぜひ参考にしてみてください。

JUN
JUN
当ブログでご紹介した平屋のカタログをサクっと集めたいかたは次の記事が参考になりますよ。

大和ハウスさんの平屋「Lifegenic(郊外型):Iconic_h_01」の外観と間取り図

※当ページの引用タグ内の画像はすべて大和ハウスさんの平屋「Lifegenic」ウェブサイトから引用させていただきました。

大和ハウスさんの平屋大和ハウスさんの平屋「Lifegenic(郊外型):Iconic_h_01」の外観と間取り図をご紹介します。

大和ハウスさんの平屋「Lifegenic(郊外型):Iconic_h_01」の外観 大和ハウスさんの平屋「Lifegenic(郊外型):Iconic_h_01」の間取り図

 

JUN
JUN
プレーンなモノトーンで構成されたおしゃれな23坪の平屋住宅です。

大和ハウスさんの平屋「Lifegenic」はウェブサイト上で自由にスタイルを選択できます。今回ご紹介する平屋は私の好みでチョイスした内容ですので、これ以外にもたくさんの組み合わせを選択可能です。

大和ハウスさんの平屋「Lifegenic(郊外型):Iconic_h_01」の気になる間取り2つのポイントをチェック!

大和ハウスさんの平屋「Lifegenic(郊外型):Iconic_h_01」の気になる間取りをピックアップ。

イチオシポイント

  • 3帖の広々リビング収納
  • 贅沢な8帖主寝室+WIC
JUN
JUN
このあと、わが家との対比も合わせてご紹介することで、実際の使い勝手についても検証していきます!

3帖の広々リビング収納

大和ハウスさんの平屋「Lifegenic(郊外型):Iconic_h_01」の広々リビング収納間取り図

大和ハウスさんの平屋「Lifegenic(郊外型):Iconic_h_01」の間取りでまず取り上げたいのはリビング収納。

LDKの東側に、3帖の広さのウォークインクローゼットが備わっています。

4.5帖の個室にはあえて収納、クローゼットは設けずに、リビング収納をファミリークローゼットのように使う間取りとなっています。

個室クローゼットをやめてリビング収納としたことで、以下のメリットがあります。

  • 玄関に近いので、玄関収納としても機能する(コートかけなど)
  • LDKで使う物の置き場として最適(掃除機などもOK)
JUN
JUN
4.5帖の個室には収納ゼロ、リビング収納に全フリした間取りは大正解だと思います。

 

わが家もリビング収納がもう少しほしかった

キッチンの背面収納の外観 キッチンの背面収納を開けたところ

わが家のLDKにはウォークインクローゼットのような収納スペースはありません。

LDKの収納は、上の写真の、キッチンの背面収納にたよりきっている感じです。

ただし、キッチンの背面収納は腰くらいまでの高さ。

やはり大きなものを収納するにはあまり適していません。

 

とくに子どものおもちゃ類を入れる場所が不足しがち。
リビングの床には、常にトミカ、レゴブロック、ぬいぐるみといったおもちゃの箱が置いてあり、乱雑であることは否定できません。

大和ハウスさんの平屋「Lifegenic(郊外型):Iconic_h_01」のように、高さも広さもあるウォークインクローゼットがリビングにあったら、常にキレイに片付いた状態がキープできたのにな、と素直に感じます。

大きなリビング収納がないのはわが家のプチ後悔ポイントのひとつです。

 

リビングは人が集まる場所。
ということは、人と一緒に、自然と「モノ」も吸い寄せられてきます。
リビングに集まってきた「モノ」たちを納めるために、ウォークインのリビング収納があるとすごく便利!
LDKは滞在時間が一番長い場所だからこそ、いつもキレイにスッキリさせておきたいですね。

贅沢な8帖主寝室+WIC

大和ハウスさんの平屋「Lifegenic(郊外型):Iconic_h_01」の主寝室

大和ハウスさんの平屋「Lifegenic(郊外型):Iconic_h_01」は、ある意味、とても贅沢な平屋です。

全体的にゆとりを重視した2LDKの間取りとなっていますが、中でも特筆すべきは主寝室。

8帖もの広さの主寝室、そして3帖のウォークインクローゼットが併設されています。

23坪の平屋で8帖の個室、というのはかなり広い部類に入ります。

誰がみても、ゆとりのある寝室だな~と感じるはずです。

8帖も広さがあれば、狭いと感じることはまずないでしょう。
しかも、キレイに片付いていれば、高級なホテルのベッドルームのように感じられるはずです。

1日の疲れを癒すには、まさに最高な空間となります。

 

さらに、主寝室内の3帖のウォークインクローゼットには、衣服はもちろん、プライベートなモノをすべて納めることができます。

主寝室の中なので、お客様の目も届かない、完全にプライベートな収納スペースとなっています。

先にご紹介したリビングのウォークインクローゼットが、パブリックな収納スペースとしての役目を果たしていて、主寝室のウォークインクローゼットとうまくバランスを取っている印象です。

細々した収納スペースを作らずに、3帖+3帖のウォークインクローゼットに集約したことで、物を片付ける場所に迷うことがない、シンプルな暮らしを実現できるでしょう。

 

わが家も主寝室にウォークインクローゼットがあります

主寝室とウォークインクローゼットの間取り

わが家も大和ハウスさんの平屋「Lifegenic(郊外型):Iconic_h_01」と同じように、主寝室にウォークインクローゼット(間取り図では納戸1)がある間取りとなっています。

プライベートゾーンの最奥に位置するため、家族以外の目には触れない、という点がメリットです。

ただ、わが家の場合は、大和ハウスさんの平屋「Lifegenic(郊外型):Iconic_h_01」と異なり、パブリックゾーンであるLDKにはウォークインクローゼットがないので、収納スペースの割合としては、プライベートゾーンにやや偏りすぎな感じです。

やはり、パブリックゾーンのLDKに、ウォークインクローゼット、あるいはロフト収納などがあったほうが、家全体の収納スペースの配分としては適切だった、と感じています。

適材適所の収納スペースを模索したわが家でしたが、リビング収納を軽視してしまったのは盲点でした。

家族以外のかたに見られても問題のないパブリックゾーンの収納と、家族以外にはあまり見られなくないプライベートゾーンの収納。
大和ハウスさんの平屋「Lifegenic(郊外型):Iconic_h_01」は、2種類のウォークインクローゼットが、パブリック、プライベートのそれぞれ役割を果たすことで、使い勝手の良い収納スペースを実現しています。
平屋全体の収納スペースの配分バランスは、慎重に検討することをおすすめします。

大和ハウスさんの平屋「Lifegenic」の間取り以外の特徴

大和ハウスさんの平屋「Lifegenic」の間取り以外の特徴をご紹介します。

外張り断熱通気外壁

大和ハウスさんの外張り断熱通気外壁

3層あわせて132mmの断熱層で包み込み、家全体を高断熱、高気密化。

Lifegenicは、セミオーダー感覚でおしゃれな平屋を建てられますが、見た目だけでなく、性能にも妥協はありません。

断熱性・防湿性・防水性に優れ、ZEHにも対応可能。

セミオーダーで初期費用も抑えられ、さらに住んだあとの光熱費も抑えられるコスパの高い平屋住宅です。

【まとめ】バランスのとれた収納スペースで、使い勝手のよい2LDK平屋住宅

大和ハウスさんの平屋「Lifegenic(郊外型):Iconic_h_01」の気になる間取りのポイント2点をチェックしてみました。

イチオシポイント

  • 3帖の広々リビング収納
  • 贅沢な8帖主寝室+WIC

 

以上をまとめると、大和ハウスさんの平屋「Lifegenic(郊外型):Iconic_h_01」は、特に以下のかたにおすすめです!

  • リビングは常にキレイにしておきたい(リビング近くに十分な広さの収納がほしい)
  • 主寝室が狭いのはイヤ。広々した部屋で、ゆっくりと休みたい。
  • 衣類などを納めるウォークインクローゼットは、最低3帖以上は欲しい。
JUN
JUN
ウォークインクローゼットを合計6帖も用意した、汎用性の高い収納スペースがある平屋住宅です!

広い収納、広い主寝室で、ゆったりかつシンプルに暮らしたいかたにおすすめの平屋間取りでした。

 

JUN
JUN
当ブログでご紹介した平屋のカタログをサクっと集めたいかたは次の記事が参考になりますよ。

関連記事

 

本日も最後までお読みいただきありがとうございました。

みなさんの後悔のない家づくりの参考になれば幸いです。