子供部屋

平屋を建てるなら、適切な子供部屋の広さは3畳?4畳?5畳?【実例付き】

 

 

  • 子供部屋の広さはどのくらいが適切?
  • 子供部屋は最初から間仕切りしたほうがいい?

 

 

今日の記事はこういった疑問に答えます。

 

平屋を建てるなら、適切な子供部屋の広さは3畳?4畳?5畳?【実例付き】

結論から言うと、子供部屋の広さは4畳半以下で十分です。

 

本記事の内容
  • 子供部屋が4畳半以下で十分な理由
  • 小さな子供部屋のメリット・デメリット
  • 子供部屋はいつ間仕切るべきか?

 

私は2018年に平屋を新築しました。

子供部屋は当初の計画では6畳の予定でしたが最終的には4畳半に変更しました。

クローゼットも含めて4畳半なので、収納をのぞくと3.5畳といったところです。

決して広くはありませんが必要十分だったと思います。

 

今日は我が家を例に、子供部屋の適切な大きさについて考えていきます。

これから家を建てるかたで、子供部屋の大きさで悩んでいるかたは必見です。

 

子供部屋が4畳半以下で十分な理由

子供部屋が4畳半以下で十分な理由は以下の3点です。

  1. 基本は寝るためだけの部屋で昼間は使われない
  2. 将来的には使わない部屋になる
  3. 子供に快適すぎる環境を与えたくない

それぞれ深堀りします。

 

①基本は寝るためだけの部屋で昼間は使われない

うちの子供は5歳と1歳です。

まだふたりとも個室を使う年齢ではありません。

1歳の息子は母親と和室または主寝室で寝ます。

5歳の息子は私と子供部屋で寝ます。

現状では子供部屋の使用時間は夜の19時30分から、翌朝6~7時くらいまで。
しかも21時前には寝ますので、実質起きている間に使う時間は1時間半程度ということになります。

基本的に狭いので、昼間遊ぶ部屋としても使われません。

子供は広いリビング、和室ではしゃいでいます。

親としても子供達が広い子供部屋を気にいって、子供部屋でばかり遊ぶよりも、目の届くリビングで遊んでくれたほうがありがたいです。

自然とコミュニケーションの量も増えますし、精神的な子供との距離も近くなります。

 

我が家はダイニングテーブルを8人かけの大きめのものにしたので、小学校になっても宿題などもダイニングテーブルで行う予定です。

たぶん、自室で勉強するよりもリビング近くにいてくれたほうが、親も子も以下の点でメリットがあります。

  • 勉強でわからないところがあったら親に声をかけやすい
  • 親も子供の様子がわかり、コミュニケーションが取りやすい

こう考えると、子供部屋を長時間使うようになるのは中学生くらいからということになります。

中学~高校の6年間は、寝る時間が遅くなることが予想され、部屋で勉強することも増えるでしょう。

それでも、勉強机とベッドがあれば必要なものは揃い、十分機能するはずです。

であれば、最低限、机とベッドを置くスペース+多少の収納があればよく、それほど広いスペースは必要ない、ということになります。

 

②将来的には使わない部屋になる

これは子供部屋で良く言われることですが、子供が巣立てば当然使わない部屋になります。

2階の子供部屋は、子供が巣立ったあとでは誰も使わないのでもったいないよね、という話はよく聞きます。

うちは平屋なので、2階が子供部屋の家よりは、あとあとの使い勝手は少しだけ良さそうです。

子供が巣立ったあとは親の個室、趣味室などで使えるかな? という気はしています。ただ、どうしても必要かと言われればそうではありません。

まあ家族の行く末は誰にもわかりませんが、使用期間が短いことがわかっている部屋に対して多額の投資をするのは、費用対効果が悪いです。

 

③子供に快適すぎる環境を与えたくない

これは世間一般で意見が分かれるところでしょうが、妻と私は同じ意見でした。

あまりに快適すぎる環境を与えすぎると、以下の点が問題になると思ったからです。

  • 引きこもって出てこない、友達のたまり場になる(コミュニケーション不全)
  • もっといい環境にいきたいというモチベーションが下がる(自立の妨げ)
  • 収納の工夫など整理整頓の能力が育たない

快適すぎる環境は子供の自立心を弱めるリスクがあると思っています。

 

 

やはり実家暮らしが長いと、成長速度は遅くなります。

それは本人のために一番よくありません。

 

なんでこんなことをいうかというと、経験があるからです。

私は実家から職場が近かったため、恥ずかしながら20代半ばまで実家住まいでした。

実家暮らしが長いと、結局親に頼って楽をしちゃうんですね。

お金や時間の管理、家事全般の能力などが向上しません。

結局、子供のままの期間が長いと、あとで自分が一番苦労するんですね。

だから子供達にはできるだけ早く自立して巣立っていってほしいと考えています。

 

また、あまりにも広い部屋だと、片付けの工夫などの能力向上もおろそかになる可能性があります。

整理整頓を覚えさせる意味でも、必要以上のスペースは与えないことにしました。

 



小さな子供部屋のメリット

以下3点あります

  • 建築費が抑えられる(平屋は特に)
  • 光熱費が安い
  • 掃除がラク

 

子供部屋が小さいと建築費が抑えられる(平屋は特に)

初期投資が抑えられるのは子供部屋を小さくすることの大きなメリットです。

特に平屋の場合はより効果があります。

平屋は大きくなると床面積と屋根面積が増え、それが建築費にモロにのっかってきます。

 

平屋は、2階建てと同じ延べ床面積を取ろうとすれば、建築費は2階建てよりもとうぜん高くなります。

ですから不必要に床面積を広げないことが、建築費用を下げるうえで大事なポイントです。

子供部屋は前述したとおり、面積あたりの稼働率が家の中でおそらく一番低い場所ですから、あまり大きくしても意味がないのは明白。

建築コストを削減するために子供部屋の面積を削ることは、非常に理にかなった有効な手段のひとつです。

 

 

子供部屋が小さいと光熱費が安い

2つ目はエアコンなどの光熱費です。

我が家の子供部屋はごらんのとおりダイキンの6畳用のエアコンがついています。

収納をのぞくと3.5畳ほどのスペースのため、暖房も冷房も短い時間で設定温度に到達します。

非常にエコなんですね。

 

我が家はUA値0.6、C値0.8の家で比較的断熱性と気密性が良い家です。

真冬でも暖房の設定温度は19~20℃くらいでごく短時間運転するだけです。
瞬時に暖まり、長く暖かさをキープできます。

高気密、高断熱に加えて、3.5畳の狭さが、光熱費を最小限に抑えてくれていると言っていいでしょう。

もともとの使用時間が短いうえに、3.5畳のスペースのため、スポット的なエアコン冷暖房が効率の面でもベストであると感じています。

子供部屋が狭い場合は、全館空調の必要性は低いかも知れません。

個室ごとにエアコンがあると、その部屋で過ごす人の体感温度に合わせて自由に空調を調整できるというメリットもあります。

JUN
JUN
寒がり、暑がりは家族内でも意外に意見が分かれます。
寒さ、暑さでもめそうなら、全館空調ではなく、各個室のエアコンで調整したほうがいいでしょう。 

 

 

子供部屋が小さいと掃除がラク

これは言わずもがなですね。

面積が小さいので掃除がラクです。

3.5畳であれば掃除機をかけるのも短時間でラクラク終わります。

今はふとんを敷いていますが、将来的にはベッドになれば、それこそルンバで数分で掃除できますね。

 

アパート暮らしの時よりも、新居のほうが狭い、ということは一般的にはあまりないはずです。

アパートに比べてただでさえ掃除が必要な面積が増えているのに、そのうえ子供部屋まで大きいと負担がさらに重くのしかかります。

掃除の頻度、苦労を減らすには、子供部屋は必要最小限の面積にとどめておくことをおすすめします。

 

 

小さな子供部屋のデメリット

デメリットは「ない」と言いたいところですが、子供が小さいうちは1つだけ問題になるかも知れません。

 

小さな子供部屋はシングルふとんが2枚敷けない

どのご家庭も、子供が小さいうちは親と子供が一緒に川の字で寝る、が基本だと思います。

今は妻と1歳の息子が和室か主寝室で寝て、私と5歳の息子が子供部屋で寝ています。

理由は1歳の子が夜泣きしたり、早起きしたりすると、つられて5歳の子も起きてしまうからです。

 

ということで5歳の息子と私は子供部屋で寝るわけですが、シングルふとんが2枚並べて敷けません。

我が家の子供部屋の間取りです。

2部屋あります。机とベッドは今のところは置いていません。

今は南に面した下側の部屋で息子と寝ています。

ご覧のとおり狭いので、クローゼットから南側のベッドがあるところの壁までの長さは170cm程度しかなく、幅100cmのシングルふとんを2枚並べて敷くことができないのです。

仕方ないので2枚のシングルふとんのうち、1枚のふとんは3分の2くらいのところで降り曲げて、無理やり2枚敷いています。

 

ふとんは折り曲げられるので無理やりにでも敷けますが、問題は床です。

ふとんをフローリングの床に直に敷くと、通気が悪く床がびしょびしょになります。

数日もすればフローリングとふとんがカビるでしょう。

ですので、すのこなどを敷いて、そのうえにふとんを敷く必要があるのですが、すのこはふとんと違って折れないので、シングルすのこを2枚敷くことができません。

 

小さな子供部屋の救世主「セミワイドサイズのすのこ」

はて困った、と思っていたところ、ベルメゾンさんが出しているいい商品を見つけました。

それがロール式すのこベッドの、セミワイドサイズです。

【15%ポイントバック!6/26(水)9:59まで】【BELLE MAISON】ベルメゾン 桐ロール式すのこベッド ◆セミワイド(2人用)◆【belle_d19】
created by Rinker

 

セミワイドは幅が160cmという絶妙なサイズ。

おかげさまでこのように、ほぼぴったり、すのこを敷くことができました。

今はこのすのこの上にシングルふとんを2枚敷いて(1枚はクローゼット側を折り曲げて)、長男と二人で仲良く寝ています。

 

子供部屋が小さい場合は、子供が二人以上いる場合、一緒に寝るのに少々苦労するかも知れません。

ただ、そんな期間もごくわずかです。
我が家のようにセミワイドサイズのすのこなどを活用して、うまく乗り切りましょう。

我が家はセミワイドすのこに助けられました。

 

子供部屋はいつ間仕切るべきか?

この点については、やや妻と意見が分かれました。

 

結局最初から子供部屋を間仕切った理由

私は広い1つの部屋として使って、子供が大きくなったら間仕切りしたらいいと思っていました。

妻は逆に最初から間仕切るべきだという主張でした。

最終的には妻の案が採用されましたが、理由は以下のとおりです。

  • あとから間仕切るよりも費用がかからない
  • そう遠くない未来(あと5~6年以内)には間仕切るようになるから
  • クローゼットが最初から二つあったほうが有益

 

あとから間仕切るよりも費用がかからない

若干ですが、あとから工事をするよりも安いです。

あと、住んでいる家に対して、工事を行わなくて良いというメリットもあります。

 

そう遠くない未来(あと5~6年以内)には間仕切るようになるから

上の子は2019年で6歳です。

中学に上がるくらいには個室化が必要かなと思っていますが、そうなるとあと5、6年です。

そう遠くない未来に間仕切るのであれば、もう最初からでいいでしょうということですね。

これが子供が2、3歳くらいだったら違っていた可能性が高いです。

要はタイミングですね。

 

 

クローゼットが最初から二つあったほうが有益

これは実際には住み始めてみて、より強く実感しているメリットになります。

間仕切りしたおかげでクローゼットが最初から2つになりました。

その結果、子供服やおもちゃなどを入れておくスペースとして活用できているからです。

実際にはこんな感じで、クローゼットを活用しています。

おかげで部屋自体の散らかりを最小限に抑えられています。

これが間仕切りなしの9畳の部屋で収納がなし、ないしは一か所だった場合は、結局子供部屋の一角が荷物置き場になっていて、意外に使いにくかったのでは、という印象です。

 

最初から間仕切るかどうかは親の価値観しだい

我が家は最初から間仕切りしたことで、いまのところ特にデメリットは感じていません。

強いてあげれば、4.5畳+4.5畳で9畳の部屋だったら、シングルふとんを4枚敷いて、家族全員で寝られたかな、というのはあります。

このあたりについてはそれぞれのご家庭の考えかたの違いが出るので、一概にはどちらがいいとは言えませんね。

子供が2人以上いて、小さいころは家族全員で寝たい、という人は間仕切りなしで広く使うのがいいでしょう。

我が家のように4人で寝ることはまずない、という場合は最初から間仕切りしたほうが余計な費用も工事の時間もかからずに済みます。

 

 

(まとめ)子供部屋は不必要に大きくしないほうがいいです

今日の記事をまとめます。

まとめ
  • 子供部屋は4畳半以下、寝るだけなら収納などを工夫して3畳くらいでもOKだと思います。理由は思ったよりも使わないし、将来的にも使う期間が限られているからです。
    そこに建築予算を割り振るならば、別のことに使ったほうが生活の満足度は上がると考えます。(将来、子供から狭い!と文句を言われるリスクは考慮していませんw)
  • あまりに快適で広すぎる子供部屋は、子供の自立に多少なりとも影響をおよぼすと考えいます。
    結局は本人のためになりません。
    子供には早く自立してもらいたいので、基本は寝れればOKな作りがおすすめです。
  • 子供部屋を小さくすると、建築費が抑えられます。特に平屋の場合は床面積の削減がコスト削減に直結します。
    不必要なスペースは省くのが予算を抑えるためには効果的です。
  • 子供部屋が小さいと、光熱費も安く済みますし、掃除もラクになります。総じて維持コストを低く抑えることができます。
  • 4畳半で収納付きだとシングルふとん2枚を敷くのが難しいです。
    もし狭い子供部屋で子供と一緒に寝たい場合は、我が家のようにセミワイドすのこを活用すればとりあえずしのげます。
  • 子供部屋をいつ間仕切るかは親の価値観しだいです。
    我が家は最初から間仕切りしても特に大きなデメリットは感じていません。
    広い子供部屋にして親の目が届きにくい場所で遊ばれるよりも、子供部屋は狭く、リビングを広くとったことで使い勝手の良い間取りになるという意外な効果もありました。

 

本日も最後までお読みいただきありがとうございました。

みなさんの後悔のない家づくりの参考になれば幸いです。

【15%ポイントバック!6/26(水)9:59まで】【BELLE MAISON】ベルメゾン 桐ロール式すのこベッド ◆セミワイド(2人用)◆【belle_d19】
created by Rinker

おすすめ記事セレクション

【実例】後付け太陽光発電のメリット・デメリット・利回りを完全解説!太陽光発電の実際のメリット、デメリット、利回りを知りたくありませんか? 本記事では我が家が後付けした12.5kwの太陽光発電を例に、具体的なメリット、デメリット、利回りをご紹介しています。 太陽光発電を導入しようか迷っている方は是非記事をご覧ください。[平屋スタイル]...
【無料】ハウスメーカー住宅カタログ一括請求サイト3選の比較【タウンライフ家づくりなど】ハウスメーカー住宅カタログ一括請求サイトについて知りたくありませんか? 本記事では3つの一括請求サイトを比較した結果をご紹介しています。 ハウスメーカー住宅カタログ一括請求サイトを利用しようか迷っているかたは是非記事をご覧ください。[平屋スタイル]...
土地探しのおすすめ方法3選【自動化するのがベストでした】土地探しで悩んでいませんか? 本記事ではおすすめの土地探し方法を3つご紹介しています。これから家を建てる予定のかたで、土地探しから始めるかたは是非記事をご覧ください。...
生ごみ処理機パナソニックMS-N53
【おすすめ生ごみ処理機パナソニックMS-N53レビュー】生ごみの腐ったニオイとコバエから解放されたい人は必見ですパナソニックの生ごみ処理機MS-N53の口コミを知りたくないですか?本記事では我が家が購入したパナソニックの生ごみ処理機のメリット、デメリット、電気代、補助金の申請方法などをご紹介しています。生ごみ処理機を購入しようか悩んでいるかたは是非記事をご覧ください。...
にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 平屋住宅へ

にほんブログ村 住まいブログ 水まわりリフォームへ

にほんブログ村 環境ブログ 太陽光発電(長州産業)へ