平屋を建てる

タウンライフ家づくりの資料請求手順【3分でできる】

タウンライフ家づくりの利用手順

住宅資料請求サイト「タウンライフ家づくり」の具体的な利用手順を知りたい。

 

今日の記事はこういった疑問に答えます。

タウンライフ家づくり平屋住宅プラン

累計利用者数15万人を突破した住宅資料一括請求サービスの定番である「タウンライフ家づくり」。

JUN
JUN
カタログ請求のほか、無料で間取りプランや建築費の概算見積もりまでもらえてしまう、家づくりを検討しているかた向けの大人気サービスです。

今日の記事では、「タウンライフ家づくり」の具体的な利用手順について解説します。

JUN
JUN
チャット形式の質問に答えるだけですので簡単です。

 

「タウンライフ家づくり」の利用手順を完全解説!

専用フォームに家づくりの要望を記入する

所要時間はおよそ3分です。

申し込み手順

  1. タウンライフ家づくりにアクセスします。


  2. [無料]家づくり計画の提案依頼スタート!! をタップします。
    無料の間取りプラン作成スタート
  3. 無料!提案依頼スタートをタップします。
    スタート

  4. 家を建てたい都道府県と市区町村を入力します。
    タウンライフ家づくりの家づくり計画書作成依頼3

  5. 世帯数、階数、大人の数、子どもの数を選びます。タウンライフ家づくりの家づくり計画書作成依頼4
    JUN
    JUN
    平屋を希望のかたは、希望階数は「平屋」ですね!
  6. 間取り、水回りの要望、LDKの広さの要望をタップします。
    タウンライフ家づくりの家づくり計画書作成依頼5

  7. 希望の広さを選択します。一般的には30~40坪ほどが多いです。
    決まっていない場合は「未定」を選択します。
    タウンライフ家づくりの家づくり計画書作成依頼6

  8. 土地の情報を選択します。決まっていないかたは「未定」でOKです。
    タウンライフ家づくりの家づくり計画書作成依頼7

  9. 敷地法令調査の希望をタップします。
    よくわからなければ「まだ決まっていない」を選択すればOKです。
    タウンライフ家づくりの家づくり計画書作成依頼8

  10. 予算をタップします。
    まだ決まっていないかたは「まだ決めていない」をタップします。
    タウンライフ家づくりの家づくり計画書作成依頼9

  11. 間取りや資金の要望を記入していきます。
    記入できたら次へをタップします。
    タウンライフ家づくりの家づくり計画書作成依頼10

    JUN
    JUN
    間取りの要望には、最低限、以下のような項目を書けばOKです! 後からハウスメーカーとやり取りした時に修正もできるので、完璧に書かなくても大丈夫。なんとなくのイメージを伝えましょう。

    子ども部屋の数(2つなど)
    和室のアリ、ナシ
    書斎のアリ、ナシ
    駐車場の台数(2台以上、など)

  12. 敷地図や土地図面の画像をアップします。
    任意ですのでお持ちでなければ「次へ」をタップします。
    タウンライフ家づくりの家づくり計画書作成依頼11

  13. 氏名、住所などの個人情報を入力していきます。
    タウンライフ家づくりの家づくり計画書作成依頼12
    タウンライフ家づくりの家づくり計画書作成依頼13

  14. 建設予定地の情報を記入します。
    タウンライフ家づくりの家づくり計画書作成依頼14

  15. メールアドレスと電話番号を入力してから、「会社選択ページに進む」をタップします。
    タウンライフ家づくりの家づくり計画書作成依頼15

  16. 対応可能な住宅メーカーの一覧が表示されます。
    資料を請求したいメーカーをチェックしてください。
    すべてのハウスメーカーから資料をもらいたい場合は、「まとめて選択」をチェックします。
    タウンライフ家づくりの家づくり計画書作成依頼16

  17. 画面下部の「オリジナル家づくり計画書作成を依頼する」をタップします。タウンライフ家づくりの家づくり計画書作成依頼17

    以上で完了です。

 

【まとめ】

タウンライフ家づくりの申し込み手順まとめ

以上、「タウンライフ家づくり」の具体的な申し込み手順について解説しました。

簡単な入力で、

  • ハウスメーカーの住宅カタログ
  • 要望にそった間取りプラン
  • 建築費用の概算見積もり(資金計画書)
  • ハウスメーカーが持っている土地情報

といった有益な資料が無料で手に入ります。

JUN
JUN
資料請求した会社と必ず契約しなくてはならない、なんてルールはありませんので、気軽に申し込んでみてください。

関連記事

 

本日も最後までお読みいただきありがとうございました。

みなさんの家づくりの参考になれば幸いです。