Web内覧会

【リクシル】ナビッシュハンズフリーの6つの質問に回答

【リクシル】ナビッシュハンズフリーの6つの質問に回答
  • タッチレス水栓か普通の水栓かで悩みませんでしたか?
  • 他メーカーのタッチレス水栓も検討しましたか?
  • 浄水の味は変じゃないですか?
  • 停電時は水が出なくなりますか?
  • ナビッシュA10タイプ(JF-NA411S)は乾電池で動かすことはできますか?
  • ナビッシュを設置するのに気をつける点はありますか?

 

 

今日の記事はこういった疑問に答えます。

 

ナビッシュ

 

本記事の内容

リクシル タッチレス水栓「ナビッシュ」のよくある質問に回答

 

今日の記事では、我が家のタッチレス水栓ナビッシュA10タイプ(JF-NA411S)に関する6つのよくある質問に回答したいと思います。

これから家を建てるかた、あるいはキッチンのリフォームを計画しているかたで、水栓をどうしようか迷っているかたは必見です。

 

 

 

 

リクシル ナビッシュのよくある質問

よくある質問

リクシルナビッシュを購入する前に感じていた疑問についてまとめてみました。

 

タッチレス水栓か普通の水栓かで悩みませんでしたか?

アパート暮らしのころに食器洗いなどで、いちいち水栓レバーを上下に操作するのが非常に面倒と感じていたため、新築するなら絶対にキッチンはタッチレス水栓で!と決めていました。

そのため、最初から通常のレバー操作を行う水栓を選択するつもりはありませんでした。

もちろんタッチレス水栓は高価ですし、故障した場合の修理費も少し心配です。

しかしキッチンの水栓は旅行でもいかない限り、1年365日毎日かならず使う設備です。
使い勝手を考えればコスパが非常に高い製品だと思います。

それと、31%の節水効果があるため、水道代の節約ぶんも考慮すれば、決して高い買い物ではないと考えています。

 

他メーカーのタッチレス水栓も検討しましたか?

直接的な競合製品としてはパナソニックのスリムセンサー水栓があると思います。
機能面でもほぼナビッシュと同等です。

しかし以下2点がリクシルのほうが優れていると感じて、我が家はリクシルにしました。

  • デザインがシンプルでナビッシュのほうが好み
  • パナソニックは浄水を出す際にボタン操作が必要

デザインについては好みがあると思いますが、浄水については明確に操作が異なります。

JUN
JUN
せっかくタッチレス水栓を入れたのに、ボタン操作が必要な点は許容できませんでした。


ナビッシュなら浄水が欲しい時も上部のセンターに手をかざすだけなので、使い勝手が抜群に良いです。

パナソニック スリムセンサー水栓

出典:パナソニックウェブサイト

 

浄水の味は変じゃないですか?

アパート暮らしのころはクリンスイをつけていました。

クリンスイと比べても、リクシルの浄水が時にまずいと感じたことはありません。

というのも、クリンスイとナビッシュの浄水フィルターは除去対象物質がまったく同じだからです。

クリンスイもナビッシュも、「日本工業規格(JIS S3201)」で定められた除去対象13物質+「浄水器協会」で定められた除去対象物質2種類の計15種類でまったくの同等です。

JUN
JUN
性能が同等なため、味噌汁などのスープ系や、お茶やコーヒーなどもすべて浄水で作っていますが、クリンスイの時と比べて味が落ちたと感じることも当然ありません。

 

停電時は水が出なくなりますか?

停電の時は、電磁弁の手動弁を開けることで、センサーに関係なくレバーハンドルのみで吐水・止水ができるようになります。

夕立の季節などは雷による停電が心配ですが、いざとなったら手動に切り替えられるため安心して使うことができます。
ナビッシュ 停電時のマニュアル

 

 

ナビッシュA10タイプ(JF-NA411S)は乾電池で動かすことはできますか?

A10タイプ(JF-NA411S)は乾電池では稼働しません。A
C100Vの電源で稼働します。
停電時は前述したとおり手動弁を開ければ原水のみは使用可能です。

同じ浄水器付きのナビッシュの中では、B6タイプが単1乾電池2本で約1年稼働する製品となります。
ただし以下の表のとおり、B6タイプは自動センター機能(ハンズフリー)、ルミナスサイン、検知音出力、お掃除楽々台座の機能がありません。

JUN
JUN
自動センサーはやはり便利なので、私はA10をおすすめします。
ナビッシュA10とB6の比較表

ナビッシュを設置するのに気をつける点はありますか?

ナビッシュを設置するときに一番注意するのは、製品そのものよりも、きちんとミスなく施工してもらえるかどうかが大切だと思います。

JUN
JUN
というのも、水回りというのは施工にミスがあると、即水漏れなどの重大なトラブルに発展してしまうからです。

新築の場合はほとんど心配はいりませんが、もしリフォームするなら、工事の瑕疵に対する保証がついていることは絶対条件だと思います。

リフォームでナビッシュを採用するなら、保証が充実した販売店を選びましょう。

製品自体はグースネックで浄水器も一体ということで、形状がとてもシンプル。
施工時に特別な調整が必要になるような箇所はありません。

以上、ナビッシュのよくある質問に回答してみました。

参考になれば幸いです。

キッチンのリフォームを検討中なら

キッチンは毎日使うもの。
使い勝手の差が一番現れる住宅設備がキッチンです。
キッチンをリフォームすると奥さんの機嫌も良くなるし、料理や食器洗いがテキパキすすむと、食事そのものを家族で楽しむ時間が増えます!

でも、安心安全に、しかも最安値の業者を選んでリフォームするにはどうしたらいいでしょうか?

JUN
JUN
自分でリフォーム会社に連絡して相見積もりを取るのは大変ですよね?

でも大丈夫。
今は無料で、複数業者に一括見積もりを依頼できる便利なサイトがあります。
一括見積もりサイトの主なメリットは以下の3つです。

  • 見積もり比較することでリフォームの相場がわかる。
  • 複数のリフォーム会社の見積もりや保証内容を比較しながら工事依頼先を自分で選ぶことができる。
  • 一括見積もりサイトに登録している会社は厳しい審査をクリアしているため、悪質なリフォーム会社に騙されるリスクがない。
JUN
JUN
数あるリフォーム一括見積もりサイトの中でも私のおすすめは「リショップナビ」です。
リショップナビのキッチンリフォーム実例

最大5社から見積もりが取れる点に加え、独自の「安心リフォーム保証制度」を完備しています。

しかも今だけ契約者全員に最大30,000円分のAmazonギフト券をプレゼント中!アマゾンギフト券をプレゼント中!

リショップナビがおすすめな理由

一括見積もりサイトの中で、なぜリショップナビがおすすめなのかを知りたいかたは、リフォーム一括見積もりサイト3社を9項目で比較!【リショップナビ・ホームプロ・タウンライフ】をご覧ください。