キッチン・ダイニング

【リクシル】ナビッシュハンズフリーの2つのデメリット

【リクシル】ナビッシュハンズフリーの2つのデメリット

リクシルのタッチレス水栓「ナビッシュ」のデメリットを知りたい。

 

 

今日の記事はこういった疑問に答えます。

 

結論から言うと、ナビッシュのデメリットは価格の高さと、故障時の修理費が高そうなことくらい。

しかしそんなデメリットは吹き飛んでしまうほどの、止水・吐水の操作がしやすい最高の製品です。

 

 

本記事の内容

リクシル タッチレス水栓「ナビッシュ」のデメリット

 

私は2018年12月に平屋を新築しました。

今日の記事では、我が家のタッチレス水栓ナビッシュA10タイプ(JF-NA411S)のデメリットを深堀りしていきます。

これから家を建てるかた、あるいはキッチンのリフォームを計画しているかたで、水栓をどうしようか迷っているかたは必見です。

 

キッチンのリフォームなら

キッチンのリフォームを検討中なら、リショップナビがおすすめです。

  • 無料で複数見積もりを一括取得。最安値の業者を選択できます。
  • あなた専任のスタッフが最適なリフォームプランを提案。
  • 工事で発生した不具合を保証する「安心リフォーム保証制度」を完備。

\ リフォーム保証制度を完備 /リショップナビ
公式サイトはこちら
※見積もり費用はいっさいかかりません。

>>リフォーム一括見積もりサイト3社の比較を見る

リクシル タッチレス水栓「ナビッシュ」のデメリットは2つあります。

ナビッシュのデメリットは以下の2点です。

デメリット①  価格が高い

ナビッシュA10の実際の購入価格は95,000円でした。

水栓としては最高級に高い部類に入ります。

まあリクシルのタッチレス水栓の最上位機種なので、高いのは当たり前なのですが。。。

 

しかしながら、ナビッシュは機能的なデメリットがいっさいありません。

キッチン用自動水栓としては最高の製品で、非の打ち所がないと感じています。

  • 手をかざすと水がでてくる
  • 手を吐水口の下に入れても水がでてくる
  • 浄水器付き
  • シャワーホース付き
JUN
JUN
キッチンの水栓に欲しい機能が全て揃っています。

 

毎日使う水栓ですので数万円の差をケチって下位機種にしてしまい、その結果使い勝手が落ちてしまっては、あとあと苦労するでしょう。

JUN
JUN
初期費用はかかりますが、作業時間の短縮で元は十分取れるので、キッチンの自動水栓はリクシルナビッシュA10(JF-NA411S)をおすすめします。

 

デメリット② 故障時の修理代が高い

本体価格が高いことに加えて、自動水栓のため故障時の修理代が高そう、ということもデメリットのひとつです。

こればかりは実際に故障してみないことにはわかりませんが、電磁弁やセンサーなど複雑な機器を使っていることから、通常のハンドルレバーで操作する水栓に比べて確実に修理費が高くつくでしょう。

水回りは使うほどに経年劣化が進みます。
メンテナンスフリーとはいかず、何年か使えば修理が必要になるケースも出てくるでしょう。

私はナビッシュA10の利便性の高さをとても評価しています。
修理費の高さにおびえて購入をためらう必要はないと思っていますが、修理費の高さは一応デメリットとして認識しておこうと考えています。

今後もし修理を行った際には、実際にかかった費用とともに詳細なレポートをお届けし用と思います。

 

 

以上、ナビッシュのデメリットをご紹介しました。

初期投資はかかりますが、毎日の生活が格段に便利になるので、コスパの良い投資だと思います。

キッチンのリフォームなら

キッチンのリフォームを検討中なら、リショップナビがおすすめです。

  • 無料で複数見積もりを一括取得。最安値の業者を選択できます。
  • あなた専任のスタッフが最適なリフォームプランを提案。
  • 工事で発生した不具合を保証する「安心リフォーム保証制度」を完備。

\ リフォーム保証制度を完備 /リショップナビ
公式サイトはこちら
※見積もり費用はいっさいかかりません。

>>リフォーム一括見積もりサイト3社の比較を見る