LDK

LDKに最適なLED照明の実例【スポットライトの調光、拡散、集光の違い】

 

  • 調光式のLED照明は便利ですか?
  • 照明としてLEDを使う場合の拡散タイプと集光タイプの使い分けは?

 

今日の記事はこういった疑問に答えます。

 

 

LDKに最適なLED照明の実例【調光、拡散、集光の違い】

結論から言うと、ペンダントライトを使うかどうかは意匠性を気にするかどうかです。
実用度から言うとダウンライトやスポットライトのほうが優れています。

また調光式のLED照明がリビングにあると意外に重宝します。

拡散タイプと集光タイプは性質がかなり異なるので注意が必要です。

 


   

本記事の内容
  • LDKのLEDスポットライトの使い分け実例
  • 調光式LEDスポットライトの実際の操作と明るさ(動画アリ)

 

私は2018年に平屋を建てました。

LDKは垂木現しの天井です。

LDKの照明はすべて、垂木の間にスポットライトを取り付けていただきました。

今日の記事は我が家を例に、LDKの照明の選択の仕方を考えます。

これから家を建てるかたで、LDKのLED照明実例を知りたいかたは必見です。

【平屋の垂木現し勾配天井レビュー】建ててみてわかったメリット・デメリットとエアコンの最適配置平屋の垂木現しの勾配天井の口コミを知りたくありませんか? 本記事では我が家のLDKを例に、垂木現しの勾配天井を採用した場合のメリット・デメリットとエアコンの最適配置をご紹介しています。 垂木現しの勾配天井を検討されているかたは是非記事をご覧ください。[平屋スタイル]...

 



LDKのLEDスポットライトの使い分け実例

調光式、拡散タイプ、集光タイプを使い分けています。
さらに色も電球色と昼白色を使い分けています。

 

LDKの照明配置とスイッチの位置

〇の箇所がLEDスポットライトになります。

スイッチは、リビング入口側と、キッチン側の2か所に集約しています。

 

①キッチンのLEDスポットライト

最初はキッチンのLED照明です。
間取り図の①のところです。

アイランドキッチンと背面収納の間の天井に、2個のスポットライトがあります。

メーカーと型番はパナソニックのLGB84396 LB1になります。

こちらは光が拡散するタイプのLEDスポットライトです。
色も電球色になっています。
キッチンを広く照らしてくれます。

②アイランドキッチンの上のLEDスポットライト

次にアイランドキッチンの上、間取り図で②のところです。

写真で白い光が見えているところです。
こちらはシンクやワークトップの手元がよく見えるように、集光タイプのLEDで、しかも昼白色を使っています。

メーカーと型番はパナソニックのLGB84345 LB1になります。

はっきりと物を識別したい場合は昼白色のほうが適しています。

また、集光タイプなので真下にそのまま光が落ちます。
拡散タイプよりも明るく、シンクとワークトップをピンポイントで照らしてくれます。

シンクやワークトップなど、作業をする場所には集光タイプが適しています。

【キッチンハウス エバルトのレビュー】価格は高いが、新築・リフォームに絶対おすすめの最強キッチンキッチンハウスの口コミを知りたくありませんか? 本記事では我が家を例に、キッチンハウスのアイランドキッチンの詳細をレビューしています。これから家を建てるかた、キッチンのリフォームを検討中のかたは是非記事をご覧ください。[平屋スタイル]...

 

 

③ダイニングのLEDスポットライト

続いてダイニングです。

間取り図③のところになります。

こちらは電球色で、集光タイプを3つ並べています。

メーカーと型番はパナソニックのLGB84346 LB1になります。

ダイニングテーブルを照らすことが主な仕事のため、集光タイプでテーブルを明るく照らすようになっています。

 

最初のころは、天井からペンダントライトを垂らす予定でした。

しかし妻と話し合った結果、ペンダントライトには以下のデメリットがあるということでスポットライトにしてもらいました。

  1. ペンダントライトは傘の部分に埃がたまるため、掃除が面倒
  2. 子供がふざけてテーブルにのぼったり、部屋の中でボールなどを投げた時に、ぶつかって割れる恐れがある
  3. ダイニングテーブルで家族が集まって写真を撮るときに意外に被る

以下がペンダントライトをやめた理由詳細です。

ペンダントライトは傘の部分に埃がたまるため、掃除が面倒

メンテナンスの手間を最小限にするのが我が家のコンセプトです。

ホコリ掃除も最小限にしたいところ。

ペンダントライトは傘がつくことが多いため、どうしても上部にほこりがたまりやすいです。

まめに拭き掃除すればいいのですが、子育てに追われる中、なるべく面倒は避けたいということでペンダントライトはやめました。

スポットライトであれば基本掃除も必要なく、メンテナンスフリーです。

 

子供がふざけてテーブルにのぼったり、部屋の中でボールなどを投げた時に、ぶつかって割れる恐れがある

ペンダントライトの素材は基本的にガラスのため、ぶつかって割れる可能性がゼロではありません。

特にうちは男の子なので、結構やんちゃします。

ダイニングテーブルに登ってママに怒られることもしばしば。

リビングでおもちゃのボールを投げたりもします。

ですので、ガラス製のペンダントライトが天井からプラプラしているのは結構危険なんです。

万が一割れたら危ないということで安全性を優先です。

 

ダイニングテーブルで家族が集まって写真を撮るときに意外に被る

これは意外な盲点かも知れませんが、ダイニングテーブルで誕生日のケーキを食べたりするときに、集合写真を撮りますが、ペンダントライトの本体と天井から下がってくるケーブルは、案外差新を撮る時に邪魔だったりします。

特にカメラマンが立った状態で、写真を撮ると、意外に人と被ったりするんです。

まあ、ペンダントライトを下げる高さにもよると思いますが、人とかぶる確率が高いのは事実です。

夫婦お互いの両親を呼んで一緒に食事を楽しんだりするために広いダイニングテーブルにしたわけなので、わりとみんなで写真を撮ることも多い我が家は天井のスポットライトのほうが適していたと言えます。

【キッチンハウス エバルトダイニングテーブル レビュー】LDKの主役は最強メラミン素材ダイニングテーブル選びで悩んでいませんか? 本記事ではキッチンハウスのエバルトダイニングテーブルの詳細レビューをご紹介しています。 これからダイニングテーブルを買おうと考えているかたは是非記事をご覧ください。...

 

 

我が家は以上の理由でペンダントライトはやめましたが、ペンダントライトを使ったほうが確実にダイニングがおしゃれになるのは事実です。

天井のスポットライトにすると、LDKに変化が生まれないため、のっぺりした印象になっているという感じです。

我が家は見た目より実用性優先主義なのでペンダントライトはやめましたが、このあたりは好みなので、おしゃれに見せたいかたはペンダントライト採用も良いと思います。

埃掃除などが面倒、と感じるかたは天井のダウンライト、あるいはスポットライトにしておくほうがあとあと楽ですよ。

 

 

④⑤リビングのLEDスポットライト

最後にリビングのスポットライトです。

④と⑤の箇所になります。

④と⑤ともに拡散タイプの電球色になります。

メーカーと型番はパナソニックのLGB84396 LB1になります。

リビングなので全体を明るく照らしてくれればよいので拡散タイプが適しています。

 

④は通常のオンオフだけですが、⑤は調光スイッチをつけて100%~1%の調光が可能になっています。

調光を使うタイミングは以下の2点です。

  1. 夜にリビングのソファーに座ってテレビを見る時
  2. お風呂に入る時など、またリビングに戻ってくる場合に、調光で少し暗くしておく

 

①夜にリビングのソファーに座ってテレビを見る時

夜、大人だけでテレビを見る時などは、④側は消灯して、⑤を調光で薄暗くします。

⑤の下にはソファーがあるのですが、⑤を調光で薄暗くすると、ちょうどテレビ側は暗くなってテレビが見やすくなり、⑤のソファー側は手元が見えるくらいの明るさになるため、移動したりするにも危なくないしちょうどいいのです。

映画鑑賞の時も重宝します。

 

②お風呂に入る時など、またリビングに戻ってくる場合に、調光で少し暗くしておく

リビングからいったん離れて、また戻ってくることがわかっている時に、調光で暗くできると電気代の節約になります。

特に子供がいる場合など、リビングを真っ暗にしてしまいたくないタイミングというのは必ずあります。

リビングには一般的に常夜灯などはつけないと思うので、調光機能がない場合は常にオン、オフの2択になってしまいます。

1灯だけでも調光式の照明が含まれていれば、無段階で明るさを調整できます。

例えば子供を寝かしつけたあとに、ソファーで寝っ転がってスマートフォンを操作するような時も、リビングを100%の明るさで照らす必要はなかったりもします。

ひとりでいるのにリビングのライトを全開なのは電気代ももったいないですしね。

そんな時に調光できると意外に重宝するものです。

リビングの照明は、1灯だけでもいいので、どこかを調光タイプにしておくといいでしょう。

おすすめは、我が家のようにテレビ側は暗く、人が座るソファー側は薄暗くできる組み合わせです。

 

 



調光式LEDスポットライトの実際の操作と明るさ(動画アリ)

最後にリビングの⑤、調光式LEDスポットライトはどのように操作するかをご紹介します。

調光スイッチです。

写真の状態で100%の明るさです。

反時計回りに動かすと徐々に暗くなっていきます。

操作は無段階です。

反時計回りにまわしていき、明るさ1%のところで若干の引っかかりがあります。

その引っかかりを超えてさらにまわすと消灯する仕組みです。

 

実際の動画がこちら。
動画の最後で消灯しますが、消灯する前に数秒止まった段階が最も暗くした状態です。

 

操作も簡単で、微妙な明るさの調整も可能です。

一か所は調光式LEDがあると便利です。

 

 

【まとめ】LDKのLED照明は適材適所で配置しましょう。調光式も最低1灯あると便利。

今日の記事をまとめます。

まとめ
  • キッチンのシンクとワークトップを照らす照明は、集光タイプで昼白色がベストです。
    手元が良く見えて料理や洗い物が捗ります。
  • ダイニングも集光タイプが手元が見やすくて良いです。
    割と高い天井でも集光タイプであれば問題なく照らしてくれます。
  • ペンダントライトは、掃除の手間、割れるリスク、写真に被るの3点を考慮して採用をやめました。
    ただ、ペンダントライトを取り入れるとLDK全体のおしゃれ度が一気にますので、好きな人は迷わず採用で良いと思います。
    我が家のようにメンテナンス性や安全性を重視する場合には、素直に天井のダウンライト、スポットライトにしておくのが無難です。
  • リビングには調光式のLED照明があると便利です。
    夜のテレビ鑑賞、特に映画鑑賞などにも適しています。
    またソファーに寝転がってスマートフォンやタブレットを操作する際も、明るすぎるよりも薄暗いくらいのほうが集中できるし電気代も節約になります。
    リビングから離れてまた戻る場合などにも薄暗くしておけば安全で電気代も節約できます。
  • パナソニックの調光式LEDは操作も簡単で、無段階に明るさを調整できるので便利です。
    明るさ1%のところで引っかかりがあるので、一番暗くしたい時にも引っかかりを目安に操作できます。

LDKの照明については建築士さんにすべて決めていただきました。

私達が決めたのはリビングの⑤を調光式にすることをくらいです。

特に集光、拡散と、電球色、昼白色の使い分けがとても秀逸です。
このあたりは建築士さんの経験がなせるわざでしょう。
良い照明を計画していただきありがとうございました。

特にキッチンの昼白色のチョイスは素晴らしく、なくてはならないものになっています。
私が考えた場合は、おそらく全部電球色にしていたところです。

LDKは滞在時間が最も長い場所ですので、照明の良し悪しによって生活のストレスが大きく変わってきます。
それぞれの場所に適した照明はどういったタイプなのか、慎重に検討されることをおすすめします。

 

本日も最後までお読みいただきありがとうございました。

みなさんの後悔のない家づくりの参考になれば幸いです。

おすすめ記事セレクション

太陽光発電を後付けしたら自己資金ゼロ円で100万円以上儲かります今から太陽光発電を後付けしたらどのくらい儲かるのかを知りたくありませんか? 本記事では我が家が後付けで導入した12.5kwの長州産業太陽光発電を例に、具体的にはどのくらいの利益が出るのかをご紹介しています。 太陽光発電を導入しようか迷っている方は是非記事をご覧ください。...
【無料】ハウスメーカー住宅カタログ一括請求サイト3選の比較【タウンライフ家づくりなど】ハウスメーカー住宅カタログ一括請求サイトについて知りたくありませんか? 本記事では3つの一括請求サイトを比較した結果をご紹介しています。 ハウスメーカー住宅カタログ一括請求サイトを利用しようか迷っているかたは是非記事をご覧ください。[平屋スタイル]...
土地探しのおすすめ方法3選【自動化するのがベストでした】土地探しで悩んでいませんか? 本記事ではおすすめの土地探し方法を3つご紹介しています。これから家を建てる予定のかたで、土地探しから始めるかたは是非記事をご覧ください。...
生ごみ処理機パナソニックMS-N53
【おすすめ生ごみ処理機パナソニックMS-N53レビュー】生ごみの腐ったニオイとコバエから解放されたい人は必見ですパナソニックの生ごみ処理機MS-N53の口コミを知りたくないですか?本記事では我が家が購入したパナソニックの生ごみ処理機のメリット、デメリット、電気代、補助金の申請方法などをご紹介しています。生ごみ処理機を購入しようか悩んでいるかたは是非記事をご覧ください。...
にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 平屋住宅へ

にほんブログ村 住まいブログ 水まわりリフォームへ

にほんブログ村 環境ブログ 太陽光発電(長州産業)へ