外構・外壁・軒

【HUGGO園芸用 防草シートレビュー】DIYで敷いて雑草をシャットアウトできました

  • 防草シートの施工は難しいですか?
  • 防草シートは自分達で敷くことはできますか?
  • 防草シートはどのくらい効果がありますか?

 

今日の記事はこういった疑問に答えます。

 

【HUGGO園芸用 防草シートレビュー】DIYで敷いて雑草をシャットアウトできました

結論から言うと、HUGOOの防草シートは加工もしやすいので、DIYで施工可能です。

本記事の内容
  • 防草シートをDIYで敷くのに必要なもの
  • HUGOO防草シートDIY施工レビュー
  • 防草シート施工後の効果検証

 

私は2018年に平屋を建てました。

家の裏庭にあたる場所に、夏になるとすさまじく雑草が生えてくることがわかりました。

何度も草むしりをするのは大変なので、防草シートを敷いて雑草が生えるのを抑えることにしました。

今日の記事では、防草シートをDIYするために必要な道具、施工方法、効果についてご紹介します。

庭、外構の雑草に悩まされているかたは必見です。

 

防草シートをDIYで敷くのに必要なもの

防草シートをDIYで敷くには、以下のものが必要です。

  1. 防草シート
  2. Uピン杭
  3. ハンマー
  4. ハサミ

 

①防草シート

防草シートはアマゾンで、「HUGOO プロも認めた 園芸用 防草シート 1mx10m 2枚セット」を購入しました。

抗菌剤・UV剤入で耐用年数は3年とのこと。

一番値段も手ごろだったので、HUGOOをチョイスしました。

 

実はこの防草シートを敷く前に、除草剤をまいて雑草を枯らしたことがあります。

キレイに雑草は枯れましたが、一か月もするとまた生えてきてしまいます。

除草剤も2000~3000円くらいはするので、何回も使うのは結構お金がかかるのです。

除草剤を何度も買ってまくよりも、防草シートを敷いてしまったほうが経済的です。

それに、除草剤をまいたあとを子供が触る危険性も考えると、防草シートのほうが安心です。

 

②Uピン杭

防草シートを固定するためには「Uピン杭」が必要になります。

防草シートには固定するためのピンはついてきませんので、必ず別途購入する必要があります。

 

私はアマゾンで「Uピン杭 黒丸付 防草シート 固定用 人工芝 おさえピン (15x3x15, 50本セット)」を購入しました。

 

こんな感じで黒丸とピンが届きました。

ピンです。先端はとがっていますので、子供が触ると危険です。

 

こんな感じで黒丸の2つの穴に通して使います。

 

③ハンマー

Uピン杭をしっかり地面に打ち込むためにはハンマーが必須です。

私はアマゾンで「SUN UP コンビハンマー ウッド&ゴム GW-45」を購入しました。

軽くて使いやすいハンマーです。

価格もお手頃でおすすめです。

 

④ハサミ

防草シートはハサミで簡単に切ることができます。

かたちを加工する必要がある場合はハサミで切りましょう。

ハサミは家にあるものでなんでも大丈夫です。

 

 



HUGOO防草シートDIY施工レビュー

以下の手順で敷いていきます。

  1. 雑草を除去する。
  2. 防草シートを敷く場所の大きさに合わせてハサミで切る。
  3. 防草シートを敷いて、Uピン杭で固定する。

 

①雑草を除去する。

まずは雑草をきれいに除去しましょう。

根本から完全に引っこ抜くのがポイントです。

ここだけはかなりの重労働ですが、めげずに頑張りましょう。

 

 

②防草シートを敷く場所の大きさに合わせてハサミで切る。

防草シートです。

簡単なペラのマニュアルが付いてきます。

ハサミで簡単に切ることが可能です。

敷く場所の大きさに合わせて加工しましょう。

 

③防草シートを敷いて、Uピン杭で固定する。

あとは実際に防草シートを敷いて、写真のようにUピン杭で固定していきます。

写真をよくみてもらうとわかりますが、我が家の場合は2mほどの幅の場所に敷いたので、防草シート2枚をやや重なりあうように敷いて、重なった部分にUピン杭を打っています。

 

Uピン杭は簡単に打ち込むことができます。

面積が広いと大変ですが、特に技術や体力がなくても容易に敷くことができます。

10メートルくらいであれば、15分もかからずに敷き終わるでしょう。

 

基本的には簡単な作業ですが、以下の点はあらかじめ考慮してから作業開始しましょう。

 

広い面積を敷く場合は作業はふたりで行う。

1枚が10メートルあるので、もしひとりで10メートルの長さを敷くのであれば、ふたり以上で作業したほうがいいかも知れません。
細かい場所の微調整をするには、ふたり以上で両端を持って調整するのがやりやすいです。
ひとりだとまあまあ苦労すると思われます。
土の部分を隅々まで完璧に隠さないと、防草シートがかかっていないところからまた雑草が生えてきてしまいます。
せっかく敷くのですから、端までできるだけきっちり敷き詰めましょう。

 

強風の日は作業しずらいです。

防草シートは軽いので、強風の日はけっこうめくれあがってしまい作業しずらいです。

強風の時はこの写真のように、石などを重しにして仮止めしながら作業する必要があります。

作業効率と仕上がりのキレイさを考えると、できれば風が強くない日におこなうほうがいいでしょう。

 

防草シート施工後の効果検証

防草シートは8月末に施工しました。

10月に入り確認したところ、防草シートを貼ったところからは全く雑草が生えてこなくなりました。

写真をみていただくとわかるとおり、防草シートを敷かなかった土の部分だけ、また雑草が生えてきています。

今のところ防草シートは効果絶大で、定期的に枯葉剤を買うよりも経済的です。

 

 

 

【まとめ】防草シートはDIYで簡単に施工できます

今日の記事をまとめます。

まとめ
  • 防草シートを敷くには、Uピン杭、ハンマー、ハサミが必要です。
    Uピン杭は防草シートには付属してきませんので、必ず別途購入しておきましょう。
  • 防草シートを敷く作業は簡単です。
    大きさをハサミで加工して、Uピン杭で止めるだけです。
    10メートルの防草シートを敷くのは15分もかかりません。
    たぶん一番大変なのは雑草の除去作業と思われます。
  • 防草シートを敷けば雑草を完全にシャットアウトできます。

 

私が敷いたHUGOOの防草シートは、耐用年数3年を謳っています。

3年も持ってくれるのであれば、雑草が生えるたびに除草剤をまくよりも圧倒的に低コストです。

どの程度持つかは実際に時間がたってみないとわかりませんが、当面の間は夏の草むしりから解放されそうです。

経過については機会があればまたレポートしたいと思います。

 

本日も最後までお読みいただきありがとうございました。

 

おすすめ記事セレクション

【実例】後付け太陽光発電のメリット・デメリット・利回りを完全解説!太陽光発電の実際のメリット、デメリット、利回りを知りたくありませんか? 本記事では我が家が後付けした12.5kwの太陽光発電を例に、具体的なメリット、デメリット、利回りをご紹介しています。 太陽光発電を導入しようか迷っている方は是非記事をご覧ください。[平屋スタイル]...
【無料】ハウスメーカー住宅カタログ一括請求サイト3選の比較【タウンライフ家づくりなど】ハウスメーカー住宅カタログ一括請求サイトについて知りたくありませんか? 本記事では3つの一括請求サイトを比較した結果をご紹介しています。 ハウスメーカー住宅カタログ一括請求サイトを利用しようか迷っているかたは是非記事をご覧ください。[平屋スタイル]...
土地探しのおすすめ方法3選【自動化するのがベストでした】土地探しで悩んでいませんか? 本記事ではおすすめの土地探し方法を3つご紹介しています。これから家を建てる予定のかたで、土地探しから始めるかたは是非記事をご覧ください。...
生ごみ処理機パナソニックMS-N53
【おすすめ生ごみ処理機パナソニックMS-N53レビュー】生ごみの腐ったニオイとコバエから解放されたい人は必見ですパナソニックの生ごみ処理機MS-N53の口コミを知りたくないですか?本記事では我が家が購入したパナソニックの生ごみ処理機のメリット、デメリット、電気代、補助金の申請方法などをご紹介しています。生ごみ処理機を購入しようか悩んでいるかたは是非記事をご覧ください。...
にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 平屋住宅へ

にほんブログ村 住まいブログ 水まわりリフォームへ

にほんブログ村 環境ブログ 太陽光発電(長州産業)へ