平屋間取り

thinks翼創建さんの「アウトドアリビングを楽しむ平屋」間取り2つのおすすめポイント【南北で異質のガーデン】

thinks翼創建さんの「アウトドアリビングを楽しむ平屋」間取り2つのポイント
記事内に商品プロモーションを含む場合があります
thinks翼創建さんの「アウトドアリビングを楽しむ平屋」について詳しく知りたいです。

 

今日の記事はこういった疑問に答えます。

 

実際に平屋を建てた私が、thinks翼創建さんの「アウトドアリビングを楽しむ平屋」の間取りを中心にチェックしてみました。

結論から言うと、「南北両方に広がる庭が斬新な4LDK平屋住宅」でした。

thinks翼創建さんの「アウトドアリビングを楽しむ平屋」のおすすめ間取りポイントは下記になります。

間取りおすすめポイント

  • お風呂の坪庭もある北側ガーデン
  • ドライスペースもある南側ガーデンテラス

これから平屋を建てる予定のかたは、事例のひとつとしてぜひ参考にしてみてください。

JUN
JUN
当ブログでご紹介した平屋のカタログをサクっと集めたいかたは次の記事が参考になりますよ。

thinks翼創建さんの「アウトドアリビングを楽しむ平屋」の外観と間取り図

※当ページの引用タグ内の画像はすべてthinks翼創建さんの「アウトドアリビングを楽しむ平屋」ウェブサイトから引用させていただきました。

thinks翼創建さんの「アウトドアリビングを楽しむ平屋」の外観と間取り図をご紹介します。

    thinks翼創建さんの「アウトドアリビングを楽しむ平屋」の外観

thinks翼創建さんの「アウトドアリビングを楽しむ平屋」の間取り図

 

JUN
JUN
東西に長い長方形で南北の庭が広がる31坪の平屋です!

thinks翼創建さんの「アウトドアリビングを楽しむ平屋」の特性は以下のとおりです。

  • 4LDK
  • 延床面積30坪台
  • 南玄関
  • ウォークインクローゼットあり
  • アイランドキッチンあり
  • 洗面所と脱衣所が分かれている
  • サンルーム(ドライスペース)あり

thinks翼創建さんの「アウトドアリビングを楽しむ平屋」の気になる間取りおすすめポイントをチェック!

thinks翼創建さんの「アウトドアリビングを楽しむ平屋」の気になる間取りをピックアップ。

間取りおすすめポイント

  • お風呂の坪庭もある北側ガーデン
  • ドライスペースもある南側ガーデンテラス
JUN
JUN
このあと、わが家との対比も合わせてご紹介することで、実際の使い勝手についても検証していきます!

お風呂の坪庭もある北側ガーデン

お風呂の坪庭もある北側ガーデン お風呂の坪庭もある北側ガーデンの間取り図

 

thinks翼創建さんの「アウトドアリビングを楽しむ平屋」は庭が特徴的な平屋住宅。

まずご紹介したいのは北側の庭。
玄関ホールとLDKの幅すべてが庭という贅沢仕様。
さらに浴室隣は坪庭となっており、入浴タイムを極上のリラックス時間にかえてくれます。

お風呂から見える坪庭は、まさに戸建て住宅の贅沢の極みとも言えますね

JUN
JUN
リゾートの高級温泉旅館にきたような至福のときが、自宅で毎日楽しめるなんて、これ以上の贅沢はないかもしれません!

しかもLDK側の庭との間はきちんと壁で目隠しされているので、お客様など家族以外の人が訪れている時も、視線を気にせず入浴時に坪庭を楽しむことができます。

誰もが憧れるような自宅バスタイムを実現したいなら、坪庭のお風呂はぜひ挑戦してもらいたい平屋間取りになります!

わが家のお風呂は窓は大きいですがスリガラスのため外は見えません

浴室の立面図

わが家のお風呂の立面図です。

南側の壁一面、最大サイズの窓(FIX窓とすべり出し窓の組み合わせ)をつけてもらいました。

明るい浴室がよかったので、この選択は大正解!

特に昼間は南の日差しを存分に取り入れることができるので、明るく楽しい気分で入浴することができます。

お風呂の窓の外は物干し場と庭なのですが、さすがに目隠しがないので、窓はスリガラスにしています。

そのため外の景色は見えません。
あくまで明かりとりのための窓なので、thinks翼創建さんの「アウトドアリビングを楽しむ平屋」のように、「庭を愛でながらバスタイムを楽しむ」といった贅沢は味わえないですね。

実は建築士さんから最初に提案された間取りプランの中に、中庭プランの平屋もありました。

下図は中庭部分ですが、坪庭浴室だったんですね。

建築プランの中庭と浴室(坪庭)

いやー、今思うと、このプランも楽しかったかも!なんて思っています。

やはり、戸建てですから、マンションなどでは実現が難しい間取りに挑戦するというのも魅力的ですよね。

お風呂と中庭(坪庭)はとても相性が良いので、これから平屋を建てるかたは、もし敷地などに余裕があれば坪庭のあるお風呂にチャレンジしてみてください!

自宅のお風呂からシンボルツリーが見える坪庭がある。

こんな贅沢は戸建てでないとなかなか味わえません。

もみじなどを植えておけば、秋は自宅で紅く色づいた葉を見ながら、ゆとりのバスタイムを楽しめます。

何時間も入っていたくなるような極上の空間は、ついつい長湯になって湯あたり注意の快適さ。

thinks翼創建さんの「アウトドアリビングを楽しむ平屋」なら、毎日が温泉リゾート気分です。

ドライスペースもある南側ガーデンテラス

thinks翼創建さんの「アウトドアリビングを楽しむ平屋」の南側テラスの外観 ドライスペースもある南側ガーデンテラスの外観 ドライスペースもある南側ガーデンテラスの間取り図

 

thinks翼創建さんの「アウトドアリビングを楽しむ平屋」は、北側だけでなく南側にも広大な庭が広がります。

北側は植物のある自然な庭でしたが、南側はガラっと雰囲気が変わり、タイルばりの現代的なテラススペースが広がっています。

北側は木々を楽しみ、南側はタイルテラスでカフェ気分を楽しめる。

JUN
JUN
外空間がこんなに豊かな平屋はなかなかありませんね!

しかもただのテラスだけではありません。

脱衣所(パウダールーム)の正面にあたる部分は、ドライテラスと称した洗濯物干しスペースとなっています。

目隠しの壁もあり、壁には丸い穴が無数に開いています。
視線は適度に遮りつつ、風通しはキープ。
生活感を出さない工夫と、洗濯物を効率よく乾かす工夫が両立していますね。

使い勝手がよく、贅沢な時間も楽しめる、秀逸な南側テラススペースとなっています。

わが家の南側は人工芝の庭+物干し場

南側の物干し場と庭

わが家も南側は庭になっています。

物干し場(いまはリフォームしてテラス囲いのサンルーム)と庭の組みわせなので、ある意味、thinks翼創建さんの「アウトドアリビングを楽しむ平屋」の南側テラスと構成は似ています。

ただ、わが家の場合は、サンルーム化したとはいえ、洗濯物は庭からそのまま見えてしまって、目隠しはありません。

そのため生活感は丸見えになってしまいます。

しかも南側には道路もあるので、車からも洗濯物は丸見え状態。

別に視線があるだけで、洗濯物の乾きには影響はありませんが、おしゃれな感じがするか?と言われると、残念ながらおしゃれ感は半減してしまいました。

thinks翼創建さんの「アウトドアリビングを楽しむ平屋」なら、写真のとおり、目隠しのあるテラスなので、基本的に外の視線を気にする必要はありません。

洗濯物が干してあっても、生活感は皆無。
おしゃれ感は微塵も犠牲になっていません。

モダンでおしゃれな平屋を建てたい、でも洗濯物干しなどの機能の使い勝手も犠牲にしたくない、と考えているかたは、thinks翼創建さんの「アウトドアリビングを楽しむ平屋」の南側テラスを参考にしてみましょう!

洗濯物を効率よく干すには日当たりの良い南側に物干し場を作るのがベスト。

ただ、南側は日当たりが良いので、庭、LDKなど、来客とともに楽しむ空間として設定されることが多いもの。

そのため仕方なく南を避けて物干し場を作る平屋が多いのが現実となっています。

でも、thinks翼創建さんの「アウトドアリビングを楽しむ平屋」のように、目隠しをうまく活用すれば、生活感を感じさせず、物干しと庭、LDKの採光を両立することができます。

thinks翼創建さんの「アウトドアリビングを楽しむ平屋」は、一番人気で間取りの取り合いになる平屋の南側に、機能性と非日常感をうまくミックスした、秀逸な間取りですね!

thinks翼創建さんの間取り以外の特徴

thinks翼創建さんの間取り以外の特徴をご紹介します。

thinksが実現する上質なライフスタイル

thinks翼創建さんが実現する上質なライフスタイル thinks翼創建さんの取扱ブランド一覧

thinks翼創建さんは、ただの家づくりではなく、上質でワンランク上のライフスタイルもあわせて提案してくれます。

インテリアのかっこよさには定評があり、どの建築事例をみても、一定水準以上のおしゃれさが保たれていることがわかります。

提携しているブランド群にもそのポリシーはあらわれていて、取扱ブランド一覧をみれば一目瞭然。

BALMUDAやCUCINAといった、おしゃれなハイブランドと提携、インテリアコーディネーターが上質なライフスタイルを提案してくれます。

歴史あるおしゃれな海外の家具、家電ブランドを取り入れたエレガントな平屋を建てたいなら、thinks翼創建さんは間違いのない選択です。

【まとめ】南北に性質の異なるガーデンを持つ平屋住宅

thinks翼創建さんの「アウトドアリビングを楽しむ平屋」の気になる間取りのポイントをチェックしてみました。

間取りおすすめポイント

  • お風呂の坪庭もある北側ガーデン
  • ドライスペースもある南側ガーデンテラス

 

以上をまとめると、thinks翼創建さんの「アウトドアリビングを楽しむ平屋」は、特に以下のかたにおすすめです!

  • お風呂は絶対、坪庭を楽しみたい
  • 自然を愛でる庭が自宅に欲しい
  • 南側に洗濯物干し場が欲しいけど、生活感がでてしまうのは絶対イヤ。
  • 海外のおしゃれブランドの家具家電を取り入れた上質なインテリアの平屋を建てたい
JUN
JUN
おしゃれさと機能性を良質した贅沢な平屋住宅!

毎日坪庭を眺めながら優雅なバスタイムを満喫できる、豊かな空間を持つ平屋間取りでした。

JUN
JUN
当ブログでご紹介した平屋のカタログをサクっと集めたいかたは次の記事が参考になりますよ。

関連記事

 

本日も最後までお読みいただきありがとうございました。

みなさんの後悔のない家づくりの参考になれば幸いです。