家具・家電・道具レビュー

ミーレ食洗機に最適なフライパンを傷めない洗剤はどれ?【フィニッシュとクリスタを比較】

ミーレ食洗機に最適なフライパンを傷めない洗剤はどれ?【フィニッシュとクリスタを比較】

 

  • 食洗機ミーレに最適な洗剤は?

 

今日の記事はこういった疑問に答えます。

 

ミーレ食洗機に最適なフライパンを傷めない洗剤はどれ?【フィニッシュとクリスタを比較】

ミーレ25周年記念モデル

結論から言うと、チャーミークリスタ クリアジェル 食洗機用洗剤をテストしてみることになりました。

フライパンなどのフッ素樹脂加加工を傷つけない中性洗剤です。

 

 

 

 

本記事の内容
  • アリカリ性洗剤「フィニッシュ」のメリット・デメリット
  • チャーミークリスタ クリアジェル 食洗機用洗剤のレビュー

 

私は2018年12月に平屋を建てました。

キッチンには念願だったミーレ食洗機60cmを導入。

快適な食洗機ライフを送っています。

が、フッ素樹脂加工(マーブルコート)のフライパンをミーレに入れて洗っていたところ、コーティングが取れてボロボロになってしまいました。
どうやらミーレ+アルカリ性洗剤のフィニッシュの組み合わせは、フッ素樹脂加工のフライパンには厳しい組み合わせだったようなのです。

今日の記事は、ミーレ食洗機に適した洗剤をテストした結果をお届けします。(注意! 2020年4月に使い始めたばかりなのでフライパンや鍋の経年劣化の具合は後日追記予定です)

ミーレ食洗機の洗剤選びで悩んでいるかたはぜひ記事をご覧ください。

 

 

 



アルカリ性洗剤「フィニッシュ」のメリット・デメリット

フィニッシュ

今まではアルカリ性食洗機用洗剤の代表格である「フィニッシュ」を愛用していました。

 

アルカリ性洗剤「フィニッシュ」のメリット

フィニッシュの洗浄力は強力で、特に油汚れに強い印象です。

どんなにギトギトな食器類をミーレに入れても、フィニッシュ+ミーレのIntensive 75℃モードで洗えばピカピカでした。

ミーレのモード説明を含んだレビューは次の記事で解説しています。

ミーレ25周年記念モデルレビュー
【レビュー】食洗器ミーレ25周年記念モデルの3つのデメリットとは?ミーレ25周年記念モデルの口コミを知りたくなりですか? 本記事では我が家が導入したミーレ25周年記念モデル(60cm)のメリット、デメリットをご紹介しています。ミーレの導入を検討中のかたは是非記事をご覧ください。[ヒラヤライフ]...

 

 

調べたところによると、アルカリ性洗剤は、以下の汚れに特に効果ありとのことです。

アルカリ性洗剤が効く汚れ
  • 油汚れ
  • 焦げつき
  • 血液

 

血液はともかくとして、油汚れに焦げ付きに強いとくれば、まさに食洗機にうってつけ。

JUN
JUN
「フィニッシュ」が世界における食洗機用洗剤の販売実績シェアNO.1を謳っているのも納得です。

 

アルカリ性洗剤「フィニッシュ」のデメリット

完璧かに思えるフィニッシュですが、デメリットが2つあります。

フィニッシュのデメリット

  • フッ素樹脂加工には使用できない
  • アルミ素材には使用できない

 

 

フッ素樹脂加工には使用できない

フィニッシュはアルカリ性洗剤。
公式サイトによると成分は以下のとおり。

  • 炭酸ナトリウム
  • 炭酸水素ナトリウム 
  • ポリアクリル酸ナトリウム
  • 過炭酸ナトリウム
  • クエン酸三ナトリウム
  • アクリル酸系重合物
  • テトラアセチルエチレンジアミン
  • 酵素
  • ポリオキシアルキレンアルキルエーテル
  • エチドロン酸
  • 香料

炭酸水素ナトリウム =重曹が含まれています。

実は重曹が、フッ素樹脂加工製品の大敵ということが調べてみてわかりました(いまさら)

 

重曹は研磨力を持っているため、フライパンなどのフッ素樹脂加工を削り取ってしまうのです!

ミーレ+フィニッシュで洗い続けた我が家の26cmフライパンは、ご覧のとおりとなってしまいました。

マーブルコートのフライパン
JUN
JUN
コーティングハゲハゲです。

マーブルコートはフッ素樹脂に大理石の粉を混ぜ合わせたもので、非常に耐久性が高いはずですが、やはり洗い方を間違えると本来の寿命を全うできません。

 

ただでさえ強力なミーレの洗浄力に、研磨力バリバリのフィニッシュ。

この組み合わせは確かに良く落ちるのですが、フッ素樹脂加工のフライパンには全くの不向きでした。

 

アルミ素材には使用できない

2つ目のデメリットは、アルミ素材には使用できないということです。

科学反応を起こすということですが、なんでもアルミニウムとアルカリが反応して水酸化アルミニウムというものができるそうです。
なんだか白い粉が吹いたようになるんですね。

で、これはアルミニウムが腐食したということみたいで、要はアルカリ洗剤で繰り返しアルミ鍋などを洗うと、洗うたびに鍋を腐らせているという・・・

 

実例として我が家のアルミニウム合金の片手鍋です。

ミーレ+フィニッシュで磨かれてボロボロです。

腐食したアルミ鍋

だましだまし使っていましたが、ついになべ底に穴が開いてしまいました。

料理してたらIHが水浸しになって妻が気づきました。

 

水漏れの動画です。

ポタポタとしみだしているのがわかりますか。

JUN
JUN
アルカリ洗剤のパワー恐るべしですね。っていうかアルミがアルカリに弱いことくらい勉強してから洗剤を選ぶべきでした。

 

穴が開いてしまった片手鍋はさすがに引退です。
もうひとつある両手鍋も同じアルミ素材でかなり痛んでいたので両方とも買い替えることにしました。

今後は中性のクリスタを使う前提で、コスパ重視でパール金属の製品をAmazonのタイムセールでポチりました。

1,480円と1,580円。安いです。

 



チャーミークリスタ クリアジェル 食洗機用洗剤のレビュー

チャーミークリスタ クリアジェル 食洗機用洗剤

ミーレの洗浄力は基本的に変えることができないので、もう少し優しい洗剤を使ってみようということになりました。

中性洗剤の中では一番ネット上での評判が良かった、チャーミークリスタ クリアジェル 食洗機用洗剤を買ってみました。

 

中性洗剤のチャーミークリスタ クリアジェル をミーレで使ってみる。

チャーミークリスタ クリアジェル 食洗機用洗剤(中性)

ご覧のとおり液性は「中性」

研磨力もないので、痛みやすい調理器具や食器を洗っても大丈夫そうです。

アルカリ性ではないので、アルミ鍋もOKでしょう。

 

クリスタの使用量は1回10g

クリスタのキャップで計量

クリスタはキャップで計量ができるようになっています。

使用量の目安は下記のとおり。

クリスタ使用量の目安
JUN
JUN
ミーレ60cmは庫内も大きく、食器もたくさん入るため、基本的には10gで良さそうです。

ボトルは480gなので、一回10gなら48回使えます。

朝晩2回使うと24日分ですね。

 

*2020年5月15日追記

一回10gでOKと思っていたクリスタですが、10gでは足りませんでした。

特に油汚れが多い時には、クリスタ10gでは、洗い終わったあと食器類が全体的に油っぽくなります。
また油の臭いも残っている感じです。

アルカリ性洗剤のフィニッシュのほうが、同じくらいの量を投入した場合でも洗浄力が強烈です。やはりアルカリ性は油汚れにも強いということを実感しました。

ということでクリスタは1回10gでは足りないので、今は20gを入れるようにしています。

20gにしたところ、キレイに落ちるようになりました。

ミーレ60cmは庫内が大きいので、クリスタは20g以上の投入がおすすめです。

 

 

フィニッシュとクリスタの、1回あたりのコストは2倍強。

食洗機は毎日使うので洗剤のコストは重要です。
今まで使っていたフィニッシュと、クリスタのコストを比較してみます。
価格は2020年4月29日時点のAmazon定期おトク便の価格です。

見出し(上) 内容用 1回の使用量※ 回数 価格 一回あたりのコスト
フィニッシュ 900g×2 13.5g 約133回 811円 約6.1円
クリスタ 840g×1 20g 42回 559円 約13.3円

※1回の使用量は、「食洗機のサイズ5~7人用」で「ひどい汚れの場合」です。
クリスタの容器に記載されている使い方には1回10gとありますが、前述したとおり10gではキレイにならないことがわかったので今は20gを投入しています。

JUN
JUN
1回あたりのコストは約2.2倍。フィニッシュよりもクリスタのほうが高くなりました。

 

食洗機 洗剤 フィニッシュ パウダー 詰め替え 900g×2

 

【大容量】チャーミークリスタ クリアジェル 食洗機用洗剤 詰め替え 840g

 

Amazon定期おトク便については次の記事で解説しています。

Amazon定期おトク便なら日用品を15%安く買えます【1回だけの利用もOK】Amazonで日用品を15%オフで買う方法を知りたくありませんか? 本記事ではAmazon定期おトク便のメリットと使い方、私が実際に毎月買っている日用品のリストをご紹介しています。 Amazonで日用品を安く買いたいと考えている方は是非記事をご覧ください。[ヒラヤライフ]...

 

 

 

ミーレにクリスタ10gを投入したところの写真

クリスタ10gをミーレに投入してみました。

クリスタ10gをミーレに投入

あとはいつも通り、ミーレを運転するだけです。

ミーレ庫内

ミーレ庫内に見えているピカピカのフライパンは、「Vita+Verde(ビタベルデ)× CAINZ セラミックヘルシーフライパン」※です。

ミーレに入れたビタベルデのフライパンは、目玉焼きを作ったあとで下の写真のように汚れています。

フライパンについた目玉焼きの汚れ

油と、ところどころ卵のカスがついていますが、これをそのままミーレに入れて洗ってみました。

ミーレはNormal 55℃ で運転しました。

 

 

※Vita+Verde(ビタベルデ)のセラミックフライパンに買い替えました。

前述したマーブルコートのフライパンはボロボロになってしまったので、セラミックのフライパンに買い替えました。

VitaVerde(ビタベルデ)× CAINZ セラミックヘルシーフライパン

「VitaVerde(ビタベルデ)× CAINZ セラミックヘルシーフライパン」は、セラミックフライパンのメーカーVita+Verde(ビタベルデ)と、カインズホームがコラボしてできた商品。

価格は税込2,980円。

JUN
JUN
おしゃれなVITA+VERDE(ビタベルデ)のフライパンをカインズでお手頃価格で買えます。これはおすすめです。

 

セラミックフライパンにした理由は、摩耗と熱に強く、テフロンなどのフッ素樹脂加工よりも食洗機に向いていると言われているからです。

ベルギー生まれの調理器具ブランド「VITA+VERDE(ビタベルデ)」のフライパンは、「サーロモンコーティング」という特許技術のセラミックコーティングを施しています。

 

カインズコラボではなく、VITA+VERDE(ビタベルデ)オリジナルのフライパンが欲しい場合は、ネット通販でも買えます。

価格も2,000円くらいでさらにお手頃ですね。

 

JUN
JUN
これから我が家のメインフライパンは、食洗機の洗浄力に負けないセラミックコーティングのVitaVerde(ビタベルデ)でいきます。

 

 

 

中性洗剤のチャーミークリスタ クリアジェルをミーレで使ってみた感想

実際に使ってみて感じた点は以下の2点。

  • 香りが強い(スイートオレンジ)
  • 洗浄力は問題なし。

 

オレンジの香りが強い

スイートオレンジの香り

商品を使う時にすぐに気付くのが香りの強さです。

オレンジの香りがツーンときます。

良い臭いなので私は別に苦手ではありません。

洗いあがったミーレの庫内も、オレンジの香りが充満しています。

純粋な石鹸の香りだったフィニッシュに比べると、かなり印象が変わります。

洗剤というよりも、洗濯の時の柔軟剤に香りの感じは近いです。

おそらくこのオレンジの香りは好き嫌いがあるので、購入する際は注意したほうがいいかもです。

JUN
JUN
極端にオレンジの香りが苦手な人は食洗機を使うたびに頭が痛くなるかも知れないので気をつけましょう。

 

 

洗浄力は問題なし。

洗浄力は問題ないように思います。

前述したセラミックフライパンもご覧のとおり。

キレイにツルツルになっています。

特にフライパンが痛んでいる様子もありません。

 

フライパン以外の食器類も特に問題なく汚れが落ちていました。

JUN
JUN
中性洗剤の洗浄力に疑問を持っていた妻にも見せたところ、「大丈夫そうだね~」ということでした。

 

中性洗剤のほうがおそらくアルカリ洗剤よりも洗浄力は弱いですが、ミーレの強力な洗浄力をもってすれば十分にカバーできそうです。

たぶんですが、ミーレの最強モードである「Intensive 75℃」とチャーミークリスタ クリアジェルを組み合わせれば、酷い油汚れや焦げ付きにも対応できると考えています。

 

ということで、フィニッシュの使用はいったんとりやめて、しばらくは中性洗剤のチャーミークリスタ クリアジェルを使ってみることにします。

また何か変化があれば追加レビューしたいと思います。

 

【まとめ】中性洗剤のチャーミークリスタ クリアジェルならミーレで安心してフライパンを洗えます。

まとめ

今日の記事をまとめます。

まとめ
  • フィニッシュは油汚れに強く洗浄力抜群ですが、重曹が含まれていて研磨力があるため、フライパンのフッ素樹脂加工を削り取ってしまいます。
    アルカリ性洗剤はフライパンを食洗機で洗いたい人には不向きです。
    我が家はマーブルコートのフライパンを使っていましたが、数か月でフッ素樹脂加工が削れてきてしまいました。
    さらにアルカリ性洗剤はアルミニウム製の鍋を腐食させます。
    中性洗剤のチャーミークリスタ クリアジェルなら研磨剤は入っていないため、フッ素樹脂加工のフライパンにも安心して使えます。アルミ鍋も心配ありません。
  • フィニッシュとクリスタの1回あたりのコストは、クリスタが2.2倍ほど高いです。
    コストが上がってしまいますが、フライパンや鍋が痛んで、料理に支障をきたしたり、調理器具の買い替え頻度が高まることを考えると、仕方がないのかと思います。
    洗う食器の種類に合わせてフィニッシュとクリスタの2種類を使い分けることも考えましたが、とても面倒でせっかくの時短設備であるミーレの魅力が半減するのでやめました。
    多少高いですが、なんでもぶち込めるクリスタでストレスフリーになることを選びました。
  • アルカリ性洗剤のフィニッシュに比べると研磨剤が入っていないクリスタは、純粋な洗浄力では劣っていると思いますが、ミーレの強力な洗浄力と組み合わせるのであれば、よほどひどい汚れでない限りは十分に対応できると考えます。
    ひどい汚れが落ちなければ最大30gまでクリスタを投入すれば済みます。
  • クリスタはオレンジの香りがかなり強めです。
    オレンジの香りが苦手なかたは少し注意が必要です。
  • フッ素樹脂加工が削れてしまったフライパンの代わりに、「VitaVerde(ビタベルデ)× CAINZ セラミックヘルシーフライパン」を購入してみました。
    マーブルコートなどのフッ素樹脂加工製品よりもさらに強度が強いとされているセラミックフライパンを、クリスタ+ミーレで洗い続けてみます。
    結果はまた後日、レビューしたいと思います。

 

我が家のミーレについては次の記事で解説しています。

ミーレ25周年記念モデルレビュー
【レビュー】食洗器ミーレ25周年記念モデルの3つのデメリットとは?ミーレ25周年記念モデルの口コミを知りたくなりですか? 本記事では我が家が導入したミーレ25周年記念モデル(60cm)のメリット、デメリットをご紹介しています。ミーレの導入を検討中のかたは是非記事をご覧ください。[ヒラヤライフ]...

 

本日も最後までお読みいただきありがとうございました。