おすすめ住宅設備レビュー

リシン吹き付け(サイディング )外壁の2つのデメリットと単価レビュー

リシン吹き付け(サイディング )外壁の2つのデメリットと単価レビュー

 

  • 窯業系サイディング以外でおすすめの外壁材は?
  • 安価で高級感のある外壁を作る方法を知りたい
  • リシン吹き付けを実際に採用した人の口コミを聞きたい
  • リシン吹き付けの単価を知りたい

 

今日の記事はこういった疑問に答えます。

 

リシン吹き付け(サイディング )外壁の2つのデメリットと単価レビュー

我が家の外壁は、「無塗装サイディングへの弾性リシン吹き付け」で仕上げてもらいましたが、高級感がある外壁となったので非常に満足しています。

リシン吹き付けをおすすめする理由は、ガルバリウムなどの外壁よりも低コストで、窯業系サイディングでは絶対に実現できない高級感を得られるからです。

 

本記事の内容
  • 弾性リシン吹き付け外壁のレビュー
  • 弾性リシン吹き付けのデメリット
  • 弾性リシン吹き付けのメリット

 

 

私は2018年12月に平屋を新築しました。

外壁については建築士さんのすすめもあり、「弾性リシン吹き付け」を選択しました。

結果は非常に満足度の高い、高級感のある外壁が出来上がりました。

今日は我が家を例に、「弾性リシン吹き付け」のメリット・デメリットをご紹介します。

JUN
JUN
これから家を建てる予定のかた、あるいは外壁のリフォームを検討されているかたで、高級感のある外壁を手に入れたいかたは必見です。

 

外壁のリフォームなら

外壁のリフォームを検討中なら、「リショップナビ」がおすすめです。
無料で、複数の会社(最大5社)から外壁リフォームの見積りを一括で取得できます。

「リショップナビ」をおすすめする理由は以下の3点です。

  1. プロのリフォームコンシェルジュがあなたのリフォームを完全にサポート。簡単30秒の入力で複数見積りを比較・検討でき、最安値の業者を選ぶことができます!
  2. 厳しい加盟審査に合格したリフォーム会社のみが登録されています。質の高い施工を行う会社に安心して工事を依頼できます。
  3. 万が一、リフォーム工事中の事故で住まいに損害があった場合や、引き渡し後1年以内に工事瑕疵があった場合の損害を保証する「安心リフォーム保証制度」が完備されています。

JUN
JUN
万が一、施工でトラブルがあった場合も損害が保証される「安心リフォーム保証制度」があることが最大のメリット。
リフォーム会社選びで迷ったら、リショップナビの利用をぜひ検討してみてください。

\ リフォーム保証制度を完備 /リショップナビで
見積もり比較をしてみる
※見積もり費用はいっさいかかりません。

 

>>「リショップナビ」利用者の口コミはこちら

 

 



無塗装サイディング リシン吹き付け外壁レビュー

リシンは細かく砕いた石や砂に、セメントや着色剤などを混ぜたものを吹き付けて施工する工法です。

我が家はアイカ工業の弾性リシンである「ジョリコート」を吹き付けました。

実際に採用してみて、特に良かったと感じる点は次の3点です。

  • 家全体の外観の雰囲気が良くなる
  • 継ぎ目のない外壁を実現できる
  • 他の家と違う独自性を出せる

 

家全体の外観の雰囲気が良くなる

リシン吹き付けの外壁の写真(窓の近く)

高級感のある仕上がりになり、満足度が高いです。

写真のとおりの仕上がりで、こういった風合いが好きな方には超おすすめの選択だと断言できます。

 

もう少し雰囲気がわかるように写真を何点か貼ります。

 

まずは玄関の近く。

リシン吹き付けの外壁の写真(玄関の近く)

 

玄関引き戸との相性もいいです。

リシン吹き付けの外壁の写真(玄関ドアの近く)

 

駐車場の軒天とリシン吹き付けの外壁です。

リシン吹き付けの外壁の写真(駐車場の軒天の近く)
JUN
JUN
杉板との質感の相性が抜群で、家の外側の見た目の中で一番好きな場所です。

 

 

玄関のドアフォンまわりを接写してみました。
細かな砂利や砂などの骨材の感じが出ていて、とてもいい感じです。

リシン吹き付けの外壁の写真(ドアフォンの近く)

 

ジョリコートの色はナチュラルグレーのT1402

リシン吹き付けの色は、ややグレーっぽいホワイトです。

ジョリコートの型番はT1402で、ナチュラルグレーのカテゴリーに入る色です。

JUN
JUN
正直、もう少しウォーム系の暖かい感じの色にしても良かった気もします。

ジョリコートはめっちゃ色があるので、選ぶのに一苦労しました。

なにせ、グレー系だけでも以下の5種類があります。

  • クールグレー
  • ナチュラルグレー
  • イエローグレー
  • ウォームグレー
  • ブラウニッシュグレー

上に行くほど冷たい感じの白が強く出るグレーです。
下に行くほど、クリーム色や茶色っぽくなり、暖かみのあるグレーになります。

しかも上記5種類の色のグラデーションの中に、さらに色の濃さで4種類ありました。

「白っぽい外壁」という選択だけでも20種類の色味があったわけです。

白っぽいグレー系の見本パネルを山ほど持ってきてもらって、建築現場で色合わせしたのは懐かしい思い出です。

 

家の外壁は絶対に白系、と決めていましたが、最近になって、黒っぽい外壁もいいなーなんて思い始めました。

JUN
JUN
もし何年後かに汚れて塗り替えるなら、今度は、墨色みたいな黒系で家の印象をガラっと変えるのもいいかな、なんて思ったりしています。

ちなみに建築士さんの話では、年齢が若いご夫婦ほど、黒っぽい外壁を採用されるかたが多いそうです。

 

 

 

継ぎ目のない外壁を実現できる

リシン吹き付けの外壁(駐車場の壁)

サイディング外壁では必ずでてしまう「外壁の継ぎ目」がなくなるのも大きなメリット。

写真は駐車場の横の壁ですが、継ぎ目がなく完全にフラットな外観を実現しているのがおわかりいただけると思います。

継ぎ目がない点をとても気にいっています。

JUN
JUN
低コストかつ高級感を感じさせる外壁なら、無塗装サイディングの上にリシン吹き付けはコスパが高いと感じます。

 

 

他の家と違う独自性を出せる

付近の家のほぼ9割は、外壁が窯業系サイディングです。

そんな中でリシン吹き付けの外壁はとても存在感があり、独自性という意味では際立っている印象です。

 

 



無塗装サイディング リシン吹き付け外壁の単価

単価

リシン吹き付けの外壁にかかった費用をご紹介します。

無塗装サイディングの単価

無塗装サイディングの単価

画像のとおり、1㎡あたり4,300円の費用がかかりました。

129㎡×4,300円=554,700円でした。

 

弾性リシン吹き付けの単価

弾性リシン吹き付けの単価

画像のとおり以下の費用がかかりました。

  • 弾性リシン吹き付け:1㎡あたり1,400円
  • 弾性パテ下地処理:1㎡あたり600円

129㎡×2,000円=258,000円でした。

 

弾性リシン吹き付けの外壁にかかった総費用

  • 無塗装サイディング:1㎡あたり4,300円
  • 弾性リシン吹き付け:1㎡あたり1,400円
  • 弾性パテ下地処理:1㎡あたり600円

3つ合わせて1㎡あたり6,300円かかったことになります。

129㎡の外壁で、かかった総費用は129㎡×6,300円で812,700円でした。

JUN
JUN
個人的には、めちゃくちゃコストがかかった、という印象はありません。

 

 

弾性リシン吹き付けのデメリット

デメリット

弾性リシン吹き付けの外壁には以下のデメリットがあります。

  • 汚れやすい
  • ヒビ割れのリスクがある

 

弾性リシン吹き付けは汚れやすい

リシンは表面が凸凹しているためどうしても汚れがたまりやすいというデメリットがあります。

一般的には8~10年くらいで吹き付けなおすという話を聞いたことがあります。

 

ただ、軒がしっかり出ている家であれば、すぐに目立った汚れがつくことはないのではないか、と感じています。

実際に、同じ建築士さんが過去に建てた家を何軒か見せてもらいましたが、同じ白系のリシン吹き付けで5年ほど経過している家でも、そこまで目立った汚れはありませんでした。

このあたりは時が経ってみないとわかりませんので、また数年たって汚れが目立つ箇所があればレポートしたいと思います。

 

とは言っても、外壁というのは常に雨風にさらされる場所です。

どんな素材のものを選んでも、経年劣化は進みますし、汚れも目立つようになります。

どのみち定期的なメンテナンスが必要なのであれば、高級感が感じられて満足度が高く、塗り直しも比較的安価にできるリシンは良い選択だと個人的には思っています。

 

ちなみに窯業系サイディングの場合は、継ぎ目のコーキングが弱点だと設計士さんが言っていました。

実際には比べたことがないので本当のところはわかりません。
最近は耐久性を上げるためのコーティング剤なども普及しているので、昔ほど劣化が進まないと聞きます。

そもそも継ぎ目のないリシン吹付け塗装ならば、コーキングの劣化を心配する必要がないので、その点は明確なメリットだと言えます。

 

 

 

弾性リシン吹き付けはヒビ割れのリスクがある

個人的には汚れよりも深刻だと思うのが、ヒビ割れ(クラック)のリスクが高いことです。

乾燥収縮により、どうしてもヒビ割れが入る可能性があります。

もし大きなヒビが入った場合は、そこから雨が侵入してしまいますので補修が必要になります。

 

これはもう材質の性質上致し方ないところです。

しかし、我が家が採用した弾性リシンであれば、塗膜に柔軟性と弾力性があるため、壁への追従性が高く、ヒビ割れのリスクをかなり軽減できるようです。

ヒビについてもこの先どうなるかはわかりませんので、もし大きなヒビが入るようなことがあればレポートしたいと考えています。

JUN
JUN
1年半住んでみた段階では、目立ったヒビ割れは一カ所も発生していませんので今のところは大丈夫なようです。

 

 

\ リフォーム保証制度を完備 /リショップナビで
見積もり比較をしてみる
※見積もり費用はいっさいかかりません。

 

 

弾性リシン吹き付けのメリット

メリット

弾性リシン吹き付けのメリットは以下の3点です。

  1. 高級感のある仕上がり
  2. 施行が簡単で安価
  3. 思ったよりも汚れが目立たない

 

①高級感のある仕上がり

レビューでも書きましたが、リシンの最大の特徴は、その風合いの良さです。

艶が抑えられていて、なおかつ細かい凹凸が絶妙な陰影を作るので、とても高級感のある仕上がりになります。

 

おそらく8割以上の家で採用されている、最もポピュラーで安価な外壁材は窯業系サイディングです。

耐久性が高く汚れにくい「光セラ」といった製品もあり、値段も安価である窯業系サイディングの採用も一瞬考えました。

しかし、建築士さんいわく、以下のデメリットがあるため採用はおすすめしないとのことでした。

  • 目地のコーキングが傷みやすい
  • どうしても家全体が安っぽく見えてしまう

家を外から見た時に、当然ですが最も大きな面積を占めるのは外壁です。
ということは外壁の見た目=ほぼ家の印象になってしまう、ということです。

外壁の見た目にこだわると、満足度が高いとのこと。

ここは建築士さんの意見に素直に従い、リシン吹き付けを採用てよかったと感じています。

 

リシン吹き付けは私がお願いした建築士さんが最もよく使う外壁の工法です。

今まで同じ建築士さんが設計した家のオープンハウスに何度も足を運びました。

まわりの家がほぼ100%サイディングを採用している中、リシン吹き付けの外壁はその風合いの良さが際立っていました。

 

我が家は白にしましたが、もちろん黒でも非常にかっこいい仕上がりになります。

汚れが目立たないで風合いもよい黒のリシン吹き付けは、ある意味最強の外壁かも知れません。

ジョリコートJWC-70(新色対応)T3037
AICA

 

②施行が簡単で安価

2つ目のメリットは安価であることです。

見積もり額の減額を検討するにあたり、窯業系サイディング、リシン吹き付け、ガルバリウム鋼板の3つの外壁材で見積もりを比較しました。

結果は、窯業系サイディング < リシン吹き付け < ガルバリウム鋼板 となりました。

意外だったのはガルバリウム鋼板で、見積もり前はリシンよりも安くなるだろうと踏んでいましたが、結果的には一番高くなりました。

 

「無塗装サイディング リシン吹き付け外壁の単価」の項目で記載したとおり、実際にかかった費用は下記のとおりです。

  • 無塗装サイディング:1㎡あたり4,300円
  • 弾性リシン吹き付け:1㎡あたり1,400円
  • 弾性パテ下地処理:1㎡あたり600円

我が家の場合は、塗り壁工法用下地専用部材である厚さ14mmの無塗装サイディングを外壁に張り、その上にリシンを吹き付けてもらっています。

弾性リシン吹き付けは下地処理と合わせて1平方メートルあたり2000円で施工してもらえました。

仮に100平方メートル施工したとして、単価が2000円であれば、200,000円のプラスで済みます。

200,000円程度の費用の上乗せで、窯業系サイディングでは得られない風合いの良さを手にいれることができるのであれば、検討する価値は十分にあると個人的には感じます。

JUN
JUN
比較的安価で高級感が出せるのはリシン吹き付けの大きなメリットです。

 

 

③思ったよりも汚れが目立たない

3つ目の理由は、思ったよりも汚れが目立たない点でした。

一般的にリシン吹き付けの外壁は汚れやすいと言われています。

表面が凸凹しているため、そちらに汚れがたまりやすいという特性があるからだそうです。

湿気の多い場所ではカビや苔が発生するリスクもあるそうです。

JUN
JUN
光セラなどの窯業系サイディングを一瞬検討したのは、汚れがつきにくいコーティングが施してあるほうがメンテナンスの面で有利かな?と思ったからです。

 

では、実際にはどの程度汚れるのだろうということで、同じ建築士さんが施行した家の外壁を見に行ったことがありました。

我が家と同じような白系のリシン吹き付けで、築5年以上経過しているお宅でしたが、目立った汚れのようなものは特に確認できませんでした。

 

私がお願いした建築士さんの特徴として、日射遮蔽と外壁保護のために、軒を出す設計を徹底していることがあげられます。

おそらく軒が出ていることにより、外壁への雨のダメージが最小限で、なおかつ雨だれの汚れが付きにくくなっているのでしょう。

 

我が家も同じく軒をしっかり出すプランの家なので、外壁の汚れは同じようにそれほど気にならないだろうと感じ、最終的に白系のリシンを選択しました。

ひとことで白と言っても、種類はたくさんあります。

汚れを抑えたいなら、少しグレーがかった白や、黄色が強めの白を選ぶのもいいでしょう。

 

もしどうしても汚れが目立ってきたら、吹き付けなおすのが一番確実な方法ですね。

JUN
JUN
外壁は時間がたてば必ず傷むものですので、いずれは塗り直しも含めたメンテナンスは必要だと考えています。

 

 

\ リフォーム保証制度を完備 /リショップナビで
見積もり比較をしてみる
※見積もり費用はいっさいかかりません。

 

 

リシン吹き付け外壁のよくある質問

よくある質問

リシン吹き付け外壁を採用する前に感じていた疑問についてまとめてみました。

 

アスベストによる粉塵被害は大丈夫ですか?

昔のリシンにはアスベストが混入されているものがあったようです。
しかし現在は、日本建築仕上材工業会の会員会社で製造・販売されている仕上塗材には、アスベストは全く使用されていないとのことです。
詳しくはMSK日本建築仕上材工業会さんのサイトに記載されています。

リシン吹き付けで白だと汚れが目立ちますか?

レビューやデメリットでも書きましたが、思ったよりも目立たないというのが率直な印象です。
割と白っぽいグレーを選んだにも関わらず、汚れが目立って仕方がないという感じはしないため、それほど神経質にならずとも、白系の色を選んでも後悔はしないでしょう。
汚れよりも、色そのものを何色にするかのほうが悩みとしては深いと感じます。
ただ、我が家は軒がけっこうしっかりと出ている家のため、余計に外壁の汚れ、雨だれがつきにくい点はあるかと思います。
外壁を守る意味でも、軒はやはり出ていたほうがメリット多いですね。

リシン吹き付けの耐用年数はどのくらいですか?

耐用年数はおよそ8~10年程度だと言われています。
ただし、お住まいの地域の気候や、家の構造(軒が有無など)で違ってくるため一概には言えないでしょう。

【まとめ】コストをかけずに高級感のある外壁が欲しいならリシン吹き付けはおすすめです。リフォームにも最適。

まとめ

今日の記事をまとめます。

まとめ
  • リシン吹き付けのデメリットは、比較的汚れやすいことと、ヒビ割れしやすいことです。
    汚れは軒で防ぎ、ヒビ割れは弾性リシンを使うことである程度軽減できそうです。
  • リシン吹き付けは手頃な価格で、サイディングにはない落ち着いた風合いと高級感を家に与えてくれました。
    ちなみに我が家の場合は無塗装サイディング(14mm)に弾性リシンのジョリコートを吹き付けてもらい、1㎡あたり6,300円で施工していただけました。
  • 白のリシンは汚れが目立つイメージがありますが、軒が出ている他の建築事例を見ると思ったよりも汚れはつかないという印象です。
    リシン吹き付けを採用する場合は、できれば軒が出ていたほうがベターです。
  • 新築の家のほとんどが窯業系サイディングの昨今、リシン吹き付けを採用するだけで、まわりの家とは異なった個性を演出できます。
    人と同じような家は嫌だな、でもあまり予算をかけたくはない、と考えているかたには、コストをかけずに施工できるリシン吹き付けは検討してみてもいいのではないでしょうか。

 

手軽に陰影のある風合いを与えてくれるリシンは、外壁に高級感を与えたいがコストはかけたくない、という私達にピッタリの仕上げ材だったと思います。

外壁は家の印象そのものを大きく左右します。

世の中の外壁の多くは窯業系サイディングですが、リシン吹き付けも家を建てる時の選択肢のひとつに加えてみてはいかがでしょうか。

 

外壁のリフォームなら

外壁のリフォームを検討中なら、「リショップナビ」がおすすめです。
無料で、複数の会社(最大5社)から外壁リフォームの見積りを一括で取得できます。

「リショップナビ」をおすすめする理由は以下の3点です。

  1. プロのリフォームコンシェルジュがあなたのリフォームを完全にサポート。簡単30秒の入力で複数見積りを比較・検討でき、最安値の業者を選ぶことができます!
  2. 厳しい加盟審査に合格したリフォーム会社のみが登録されています。質の高い施工を行う会社に安心して工事を依頼できます。
  3. 万が一、リフォーム工事中の事故で住まいに損害があった場合や、引き渡し後1年以内に工事瑕疵があった場合の損害を保証する「安心リフォーム保証制度」が完備されています。

JUN
JUN
万が一、施工でトラブルがあった場合も損害が保証される「安心リフォーム保証制度」があることが最大のメリット。
リフォーム会社選びで迷ったら、リショップナビの利用をぜひ検討してみてください。

\ リフォーム保証制度を完備 /リショップナビで
見積もり比較をしてみる
※見積もり費用はいっさいかかりません。

 

>>「リショップナビ」利用者の口コミはこちら

 

 

本日も最後までお読みいただきありがとうございました。

みなさんが家を建てる際の参考になれば幸いです。