後付け太陽光発電の始め方

太陽光発電12.5kw(長州産業)の発電量・売電収入レポート【2019年10月】

2019年10月太陽光発電の結果
  • 太陽光発電(12.5kw)の10月の実際の発電量、売電収入を知りたい

 

今日の記事はこういった疑問に答えます。

 

太陽光発電12.5kw(長州産業)の発電量・売電収入レポート【2019年10月】

結論から言うと、我が家の出力12.5kw太陽光発電(長州産業製)の、2019年10月の発電量は980kWhで、売電と自家消費で得た収入合計は23,033円でした。

 

本記事の内容
  • 出力12.5kw太陽光発電(長州産業製)の2019年10月の発電量レポート
  • ソーラーローンと売電収入の収支結果
  • 購入前の発電シミュレーションとの答え合わせ

 

私は2018年12月に平屋を新築しました。

後付けで長州産業の太陽光発電を載せて、2019年7月末より発電を開始しています。

今日の記事は我が家の太陽光発電の、2019年10月の実際の発電量をレポートします。

出力容量12.5kwの太陽光発電がどの程度発電するのか、ローンとの収支合計がどうなったのかについて知りたいかたは必見です。

 

我が家の太陽光発電の詳細レビューは次の記事で解説しています。

太陽光発電を後付けしたら今からでも儲かりますか?
太陽光発電を後付けしたら今からでも儲かりますか?【2020年】今から太陽光発電を始めても儲かるのかを知りたくありませんか? 本記事では我が家が全額ソーラーローンを組んで後付けした太陽光発電でどのくらいの利益が出るのかをご紹介しています。 太陽光発電を検討中のかたは是非記事をご覧ください。[ヒラヤスタイル]...

 

出力12.5kw太陽光発電(長州産業製)の2019年10月の発電量レポート

2019年10月の太陽光発電の結果をを深堀りします。

 

まずは我が家の太陽光発電システムの基本スペックをおさらい

我が家の太陽光発電の基本スペックは以下のとおりです。

太陽光発電の仕様
  • 長州産業(CIC)単結晶モジュール「CS-250K11H」(変換効率16.8%)
  • 出力容量12.5Kw(パネル50枚)
  • パネルの傾斜角:14度
  • パネルの設置向き:南西
  • 買取方式:余剰買取
  • 買取単価:18円/kWh

 

太陽光発電の初期費用とローン金額
  • 導入価格:2,714,947円(1kwあたり217,196円)
  • 毎月のローン支払い額:17,722円(15年払い、金利2.2%)

 

立地と家の仕様
  • 地域:平成25年改正版次世代省エネルギー地域区分の5地域に該当
  • 延べ床面積:平屋建て133.15㎡(40.88坪)
  • LDK23帖、和室4.5帖、寝室6畳、子供部屋4.5帖、脱衣所3.5帖
  • Ua値0.6、C値0.8相当
  • オール電化
  • 電気料金プラン:東京電力スマートライフL(時間帯別電気料金:1~6時は17.46円/kWh、それ以外は25.33円/kWh)

 

家電の使用状況

 

我が家の太陽光発電システムについては次の記事で詳しく解説しています。

太陽光発電を後付けしたら今からでも儲かりますか?
太陽光発電を後付けしたら今からでも儲かりますか?【2020年】今から太陽光発電を始めても儲かるのかを知りたくありませんか? 本記事では我が家が全額ソーラーローンを組んで後付けした太陽光発電でどのくらいの利益が出るのかをご紹介しています。 太陽光発電を検討中のかたは是非記事をご覧ください。[ヒラヤスタイル]...

 

【太陽光発電】2019年10月の天候、発電、売電、自家消費の一覧表

2019年10月の結果をまとめると以下のとおりとなりました。

  • 計測期間:2019年10月1~31日(31日間)
  • 雨が降った日が8日間ありました。
  • 発電量:980kWh
  • 売電量:814kWh
  • 月間売電額合計:14,623円(18円/kWh)
  • 自家消費量:166kWh
  • 自家消費額:3,893円(税抜)
JUN
JUN
売電額と太陽光発電の電気を自家消費した金額の合計は18,516でした。 

 

雨が降った日に太陽光がどのくらい機能するかのレポートは次の記事をご参照ください。

太陽光発電は雨や曇りでも発電しますか?【2019年8月の実データで検証】太陽光発電が雨や曇りの日でも発電するのか知りたくありませんか? 本記事では我が家の太陽光発電を例に、雨や曇りの場合にどの程度発電するのかをご紹介しています。 天気が悪い時の太陽光発電の実発電状況を知りたいかたは是非記事をご覧ください。[ヒラヤスタイル]...

 

発電量(緑)と消費量(紫)の比較グラフです。
2019年10月発電量と消費量の比較

JUN
JUN
発電量が消費量を下回った日が7日間ありました。 

 

売電額と買電額の比較グラフです。
2019年10月の売電額と買電額の比較

 

 

 

 

【太陽光発電】2019年10月の発電量と売電額

2019年10月の売電量

2019年10月は発電量980kWhのうち、約83%にあたる814kWhを売電することができました。

2019年10月は14,623円の売電収入を得ることができました。

 

【太陽光発電】2019年10月の自家消費による電気代削減額

2019年10月の自家消費量

太陽光で発電した電気を自家消費した電気量は、消費量(526kWh)から買電量(360kWh)を引くと求めることができます。

2019年10月は発電量980kWhのうち、約17%にあたる166kWhを自家消費しました。

自家消費による電気代の削減額は、自家消費量×昼間の買電単価で求めることができます。

  • 自家消費量166kWh×昼間の買電単価(25.80円)=4,283円 (消費税10%を抜くと3,893円)

 

JUN
JUN
2019年10月は発電した電気を自家消費することで、電気代を3,893円(税抜)削減することができました。

 

2019年10月に太陽光発電で得られた収入まとめ

2019年10月の太陽光発電による収入は以下のとおりとなりました。

  1. 売電額:14,623円
  2. 自家消費による電気代の削減額:3,893円(税抜)
  3. 太陽光発電による収入合計(①+②):18,516

 

売電額と自家消費額をグラフにまとめてみました。タップすると拡大します。

2019年売電額と自家消費額のグラフ

 

2019年10月の我が家の電気代については次の記事で詳しく解説しています。

2019年10月の電気代
平屋の電気代レポート2019年10月【4LDK・オール電化・東京電力】オール電化の平屋の電気代を知りたくありませんか? 本記事ではオール電化+太陽光発電12.5kwの40坪平屋の2019年10月電気代詳細をご紹介しています。オール電化の実際の電気代を知りたいと考えている方は是非記事をご覧ください。[ヒラヤスタイル]...

 

ソーラーローンと売電収入の収支結果

我が家の太陽光発電は頭金なしの全額ローン(信販会社アプラスのソーラーローン)で導入しました。

ソーラーローンと太陽光発電による収入の収支結果をまとめると以下のとおりとなりました。

  1. ソーラーローン月額:17,722円
  2. 太陽光発電による収入:18,516円
  3. 収支(②-①):+794円
2019年太陽光発電の売電収入とソーラーローンの比較グラフ

結果は、+794円でした。

2019年10月も、8月と9月に引き続きローンを太陽光発電の収入で全額まかなうことができました。

しかし、結果的にはかろうじて、といったところです。

ソーラーローンの詳細については次の記事で詳しく解説しています。

アプラス ソーラーローンレビュー
【アプラスソーラーローン】3つの手順と金利、審査上限レビュー太陽光発電のソーラーローンの金利、申し込み手順、審査について知りたくありませんか? 本記事では私が実際に利用したアプラスソーラーローンの詳細を解説しています。 ローンを組んで太陽光発電を導入しようか考えているかたはぜひ記事をご覧ください。[ヒラヤスタイル]...

 

 

購入前の発電シミュレーション(10月)との答え合わせ

太陽光発電シミュレーションとの発電量比較グラフ

上の画像は太陽光発電購入前にいただいた発電シミュレーションです(タップで拡大します)

シミュレーションの値と2019年10月の実際の発電量を比較してみます。

  • シミュレーションの10月発電量:1,054kWh
  • 2019年10月の実際の発電量:980kWh

シミュレーションの発電量と比較して、約-7%の結果となりました。

残念ながら10月にして初めてシミュレーションの値を下回ってしまいました。

 

グラフはタップすると拡大します。

2019年 発電量シミュレーションの値と実際の発電量の比較
JUN
JUN
発電開始3か月目にして初めてシミュレーションの値を下回ってしまいました。 天候が影響したのか、それとも別の理由があるのでしょうか。

 

【まとめ】2019年10月の太陽光発電は18,516円の収入が得られました。

今日の記事をまとめます。

まとめ
  • 発電量980kWhのうち、約83%にあたる814kWhを売電できました。
    売電収入は14,623円でした。
  • 発電量980kWhのうち、約17%にあたる166kWhを自家消費しました。
    その結果、電気代を3,893円(税抜)削減することができました。
  • 売電額:14,623円と自家消費による電気代の削減額:3,893円(税抜)の合計で、18,516円の収入を得ることができました。
  • 太陽光発電による収入18,516円からソーラーローン月額17,722円をマイナスすると、+794円でした。
    ローンは全額相殺し、さらにプラス794円という嬉しい結果となりました。
    今のところ完全に自己資金の持ち出しなしで太陽光発電の恩恵を受けることができています。
  • 購入前の発電シミュレーションと比較して、残念ながら7%低く発電した結果となりました。

 

我が家の太陽光発電の詳細レビューは次の記事で解説しています。

太陽光発電を後付けしたら今からでも儲かりますか?
太陽光発電を後付けしたら今からでも儲かりますか?【2020年】今から太陽光発電を始めても儲かるのかを知りたくありませんか? 本記事では我が家が全額ソーラーローンを組んで後付けした太陽光発電でどのくらいの利益が出るのかをご紹介しています。 太陽光発電を検討中のかたは是非記事をご覧ください。[ヒラヤスタイル]...

 

本日も最後までお読みいただきありがとうございました。

みなさんの家づくりの参考になれば幸いです。