サーモスXとAPW330のフレームの温度を比較【真夏の断熱性能をチェック】

 

  • リクシルのサーモスXとYKKAPのAPW330の夏場の断熱性能の違いを知りたい

 

今日の記事はこういった疑問に答えます。

 

結論から言うと、どちらもあまり変わらないです。


   

本記事の内容
  • リクシルのサーモスXとYKKAPのAPW330の夏場のフレーム温度を比較

 

私は2018年12月に平屋を新築しました。

LDKにはリクシルのサーモスX、LDK隣のワークスペースにはAPW330(ペアガラス)を採用しました。

今日の記事では、真夏の窓の断熱性能を実際に計測してみた結果をご紹介します。

樹脂窓の実際の性能を知りたいかた、サーモスXとAPW330のどちらを採用しようか悩んでいるかたは必見です。

 

 

リクシルのサーモスXとYKKAPのAPW330の夏場のフレーム温度を比較(日陰の場合)

結論としてはあまり変わらない結果となりました。

 

温度測定時の条件

条件は以下のとおり。

  • 8月上旬の午後1時ごろ
  • 外気温35℃
  • 室内はエアコン27℃設定で運転
  • サーモスX(トリプルガラス)と、APW330(ペアガラス&樹脂スペーサー)の2種類の窓を計測
  • 両方の窓とも軒の日射遮蔽により直射日光は当たっていない

 

測定箇所

測定箇所はそれぞれの窓の赤丸のフレームです。

LDK側はサーモスX、ワークスペース側がAPW330です。

 

ちなみに測定時の日なたのウッドデッキの温度は63.1℃でした。

ウッドデッキの温度

素足では火傷するレベルでした。

 

 

 

サーモスXの温度を計測

サーモスXは外側がアルミです。

計測してみると、40.2℃という結果でした。

サーモスXのフレーム温度

 

続いて室内側です。

室内側は樹脂になっています。

35.1℃という結果でした。

サーモスXの室内側(樹脂)の温度
JUN
JUN
外側のアルミと、内側の樹脂では、5.1℃の差がありました。

 

 

APW330の温度を計測

続いてAPW330です。

APW330は外側も内側も両方とも樹脂でできています。

まずは外側を計測。
40.7℃という結果でした。

APW330の屋外側のフレーム温度

続いて内側。

33.3℃でした。

APW330の室内側のフレーム温度

外側と内側の差は7.4℃でした。

 

測定結果まとめ

測定結果をまとめます。

製品外側温度内側温度温度差
サーモスX40.2℃35.1℃5.1℃
APW33040.7℃33.3℃7.4℃

以上のとおりとなりました。

アルミと樹脂のハイブリッドであるサーモスXよりも、オール樹脂のAPW330のほうが外の熱を内側に伝えにくいと考えられます。

 

 

 

 

 

サーモスXとAPW330を選ぶ時には?

断熱性能についてはやはりオール樹脂のAPWのほうが有利です。

でもサーモスXも十分に許容範囲です。

断熱性能以外のところ、特にサイズとデザインに目を向けると以下3点についてサーモスXが優れています。

  • 製品ラインナップの多さ
  • カラーバリエーションの多さ
  • フレームが細くてスタイリッシュ

購入価格が変わらないのであれば非常に悩ましいところですが、デザイン性を重視するならサーモスX、断熱性能を重視するならAPWでしょう。

おそらくどちらの窓を選んでも十分に高性能なので、後悔することはないはずです。

サーモスXとAPWの色とデザインの比較は下記記事にまとめてありますので、ご興味があればご覧ください。

APWとサーモスXの色とデザインを徹底比較【プラチナステンとシャイングレーの違い】APWとサーモスXの色とデザインの違いを知りたくないですか? 今日の記事では我が家の窓を例に、APWとサーモスXのバリーエーションを比較しています。 窓選びで悩んでいるかたは是非記事をご覧ください。[ヒラヤスタイル]...

 

 

【まとめ】断熱性能ならAPW330、デザインならサーモスX

今日の記事をまとめます。

まとめ
  • アルミと樹脂のハイブリッドであるサーモスXよりも、オール樹脂のAPW330のほうが外の熱を内側に伝えにくいと考えられます。
  • ただし、サーモスXでも特に性能が悪いということはなく、十分に外気熱が室内に伝わるのを軽減してくれています。
  • アルミサッシであれば、おそらく外側のフレーム温度40℃をそのまま室内に伝えているはずです。5~7℃ほど室内側のフレームが冷たくなっていることから、サーモスXもAPW330もアルミサッシよりも圧倒的に優れた断熱性能を持っていると言えそうです。
  • 断熱性能以外のデザインに目を向けると、サーモスXのほうが有利です。
    断熱性能を優先するならAPW、デザイン性で選ぶならサーモスXです。

   

窓の断熱性能の重要性は当ブログでもたびたび取り上げました。

今日の記事では真夏の窓を計測してみましたが、どちらの窓も効果的に熱の伝わりを防いでくれているのがわかりました。

アルミサッシとは快適性が全く異なりますので、これから家を建てるのであれば、価格も比較的手ごろなサーモスXかAPWを選択されることをおすすめします。

 

本日も最後までお読みいただきありがとうございました。

みなさんの家づくりの参考になれば幸いです。

【レビュー】サーモスXは寒い?結露は?APW330、430と徹底比較!リクシルのサーモスXとYKKAPのAPWの断熱性能の違いを知りたくありませんか? 本記事では我が家のサーモスXとAPW430とAPW330の実際の表面温度を計測した結果をご紹介しています。サーモスXとAPWの断熱性能の違いを確認したいかたは是非記事をご覧ください [ヒラヤスタイル]...
【APW430/330】トイレ・脱衣所・バスルームに採用したすべり出し、FIX、引き違い窓の断熱性能をチェックAPW330と430の実際の温度を知りたくありませんか?本記事では我が家のバスルーム、脱衣所、トイレのAPW330と430の実際の温度を計測したレポートをご紹介しています。 APW330と430の実際の性能が気になる方は是非記事をご覧ください。[ヒラヤスタイル]...
【APW330高所用窓レビュー】電動と手動のメリット・デメリットAPW330の高所用窓の操作方法で悩んでいませんか? 本記事ではAPW330の高所用窓の電動、手動それぞれのメリットとデメリットを比較しています。APW330の高所用窓の採用を検討されているかたは是非記事をご覧ください。...
APWとサーモスXの色とデザインを徹底比較【プラチナステンとシャイングレーの違い】APWとサーモスXの色とデザインの違いを知りたくないですか? 今日の記事では我が家の窓を例に、APWとサーモスXのバリーエーションを比較しています。 窓選びで悩んでいるかたは是非記事をご覧ください。[ヒラヤスタイル]...