リフォーム

リショップナビ紹介のリフォーム会社の現場確認内容と見積もり書を徹底解説!

リショップナビ紹介のリフォーム会社の現場確認内容と見積もり書を徹底解説!

リフォーム一括見積もりサイト「リショップナビ」で見積もりを申し込んだあと、どのような流れでリフォーム見積もりが進むのかを知りたい。

 

今日の記事はこういった疑問に答えます。

 

 

リショップナビ

こんにちは、JUNです。

外物干し場をサンルームにリフォームするために、リフォーム一括見積もりサイト「リショップナビ」を利用してみました。

本記事では、リショップナビでリフォーム一括見積もりを依頼したあとの、リフォーム会社による現場確認と、見積もり取得までの流れを詳細に解説したいと思います。

最初に結論からいうと、リショップナビからリフォーム会社を1社紹介してもらい、以下のとおり2つの見積もりプランが提案されました。

リフォーム会社 施工内容 見積もり価格(税込)
リショップナビ紹介
プラン①
既製品サンルーム
(リクシルサニージュ)
換気扇あり
90万円
リショップナビ紹介
プラン②
木造
換気扇あり
139万円

 

見積もり費用を比較して最安、納得のプランでリフォームを行いたいかたは必見です。

リショップナビ紹介のリフォーム会社の現場確認内容と見積もり書を徹底解説!

リショップナビ

リショップナビに紹介されたリフォーム会社さんが現場確認にきました。

おひとりでいらして、名刺をいただき、まずは会社の説明をしていただきました。

リショップナビ紹介のリフォーム会社の担当者の名刺

創業20年以上、10,000件を超える施工実績があり、全国展開しているリフォーム会社とのこと。

とても喋りやすい雰囲気の男性で、明るく元気なかた。

さっそく現場を見ながら以下の要望を伝えてみました。

  • 目的は洗濯物を雨や砂から守って、全天候型の物干し場とすること
  • リクシルやYKKなどの既製品のサンルームを設置する方法でも、造作で外物干場を囲むのでもどちらでもOK。ただし、コストはできる限り抑えたい。
  • 土間納まりのサンルームとする。
  • 換気扇を取り付ける(電源は外物干し場の屋外コンセントを利用)
  • 出入り口として側面は引き戸にしたい。前面は引違い戸でも、FIX窓でもどちらでもOK。

40分くらい現場確認。だいたい1週間以内くらいで見積もり書ができるとのこと。

基本的には、「コストを抑えるという面を考えると既製品のサンルームを取り付けるべき」という意見でした。

 

リショップナビ紹介のリフォーム会社の見積もり第一弾はリクシルサニージュを取り付けるタイプで税込み90万円!

ちょうど1週間後に電話連絡がありました。

見積もり書ができたので現場で説明したいとのことです。

JUN
JUN
非常に対応が早くて好印象!

さっそく、見積もり書を見せてもらいました。

完成イメージ図を作ってきてくれたとのことで、これはわかりやすい!

リショップナビ紹介のリフォーム会社の完成イメージ図

リクシルのサニージュF型が設置されています。

費用をなるべく抑えたいとのご要望だったので、今回は既製品のサンルームにしました!とのことです。

 

リクシルのサニージュは、下図の製品になります。サンルームのベストセラー商品のひとつとして有名ですね。

リクシルのサニージュ引用画像

出典:リクシル サニージュウェブサイト

 

わが家の外物干し場はポリカーボネート屋根があります。

既存のポリカーボネート屋根の下に、サニージュF型がギリギリ収まる感じとのこと。
サンルームの屋根と、ポリカーボネート屋根で、屋根が2重になるような構造です。

布団干し用のスチールパイプが土間から立ち上がっていますが、既製品を設置するためスチールパイプも取り外します。

 

見積もり価格は1,069,200円のところ、値引きが入って税込ジャスト90万円!

リショップナビ紹介のリフォーム会社の見積もり書

見積もりの内訳は以下のとおりです。

リショップナビ紹介のリフォーム会社のサニージュF型見積もり書内訳1 リショップナビ紹介のリフォーム会社のサニージュF型見積もり書内訳3 リショップナビ紹介のリフォーム会社のサニージュF型見積もり書内訳2

解体工事費、については、屋外物干しの格子目隠し部分と、ふとん干しスチールパイプの撤去になります。

物干し場の立面図

ロシア情勢など、昨今の不安定な社会情勢による建築資材高騰の影響もあり、部材値上げのリスクがあることから、4月10日までという見積もり期限とのことでした。
いったん4月10日になったら採用可否の確認の連絡をもらえることになりました。

 

サニージュのような市販品のサンルームを付ける場合だと、予算は50万円前後で考えていましたが、以下の条件のため我が家は高額になりました。

既製品サンルームをつける場合でも高額な理由

  • 窓が多く構造が複雑なため、取り付けに調整が必要
  • 布団干しパイプ、格子といった既存の設備の撤去が必要
  • サイズが2間6尺(間口3,600mm×奥行1,800mm)と大きい

 

とりあえず1社目、ということで、他社さんを比較してからお返事します、ということでその日は終わり。

JUN
JUN
説明も丁寧で、値引きも頑張ってくれて、とても話がしやすい営業さんでした!

 

しかし、リショップナビから紹介されたのは、結局この1社だけ。

一応、リショップナビの問い合わせ窓口に連絡をして、

JUN
JUN
例えば予算を100万円前後まで増やしたらもうすこし紹介してもらえそうですか?

と尋ねてみましたが、

リショップナビ
リショップナビ
一応探しますが、サンルームはだいたい50万円前後の予算でリフォーム会社を探すので、確率は非常に低いと思います。

といった回答。

そもそもサンルーム施工は、基本的には既製品をポン付けすることが前提のようで、予算枠を増やすことはリフォーム会社の紹介可能性広げるには役に立ちませんでした。

 

リショップナビ紹介のリフォーム会社の提案をまとめると以下のとおりとなりました。

リフォーム会社 施工内容 見積もり価格(税込)
リショップナビ紹介1社目 既製品サンルーム
取り付け
(リクシルサニージュ)
換気扇あり
90万円

 

 

リショップナビ紹介のリフォーム会社さんに、既製品ではなく造作の見積もりを追加依頼。結果は139万円。

今回のリフォームでは、リショップナビのほかに、「ハピすむ」と「タウンライフリフォーム」という2つの一括見積もりサイトも併用しています。

「ハピすむ」にご紹介いただいたリフォーム会社さんが提案してくれた、アルミ造作のサンルームの内容が非常に優れていて好印象。
ただ、リフォーム見積もり費用が120万円と高額でしたので、他のリフォーム会社さんの見積もりと比較してみよう、ということになりました。

そこで、既製品サンルーム90万円で提案してくれたリショップナビ紹介のリフォーム会社さんに、既製品ではなく造作サンルームの見積もりを依頼したところ、快諾してくれました。

 

リショップナビ紹介のリフォーム会社さんは、すぐに現場確認にきてくれました。

ほどなくして造作サンルームの見積もり書を持参してきてくれました。

まずはイメージ図です。

リショップナビ紹介のリフォーム会社の木造造作プランイメージ図

サイディングの壁に、大きなFIX窓が3つ。ベージュ系のカラーでウッドデッキとの色合いも良さそう!

下記が上から見た図になります。イメージでは左側面がドアになっていますが、画像がなかっただけとのことで、実際には下図のとおり出入り可能な引違い窓になるとのこと。

リショップナビ紹介のリフォーム会社の木造造作プランの間取り図

右側面は収まり的に引き戸は難しく、通常のドアでお願いしたい、ということでした。

JUN
JUN
通常のドアの場合、子ども部屋のサッシとぶつかるリスクがあるので、少し危険かなと思いました・・・

しかし、全体的にオシャレな雰囲気で悪くない感じです。

 

見積もり書が以下のとおり。

リショップナビ紹介のリフォーム会社の木造造作プラン見積もり書

税込み152万円でしたが、値引きしていただいて、最終的には税込み139万円、という結果に。

木造でおしゃれでしたが、かなり高額なプランとなりました。

妻も「なかなかおしゃれでいい感じだけど、アルミ造作に比べると採光面積が少ないので洗濯物の乾きが少し悪そう・・・」ということでした。

せっかく見積もりを出していただきましたが、価格が高いことと、採光面積が少ない、ということで断ることにしました。

後日、ショートメールで、「他社さんに決めました」ということでお断りの連絡をしておきました。

ハピすむ、タウンライフリフォーム紹介のリフォーム会社見積もりと比較した結果

ちなみに、今回のリフォームでは、「リショップナビ」のほかにも、「ハピすむ」と「タウンライフリフォーム」という2つの一括見積もりサイトも併用しました。

以下に3つのサイトの提案内容をまとめたものをお示しします。

リフォーム会社 施工内容 見積もり価格(税込)
リショップナビ紹介
プラン①
既製品サンルーム
(リクシルサニージュ)
換気扇あり
90万円
リショップナビ紹介
プラン②
木造
換気扇あり
139万円
ハピすむ紹介1社目
プラン①
木造
換気扇あり
88万円
採用したプラン
ハピすむ
紹介1社目
プラン②
アルミ造作
換気扇あり
120万円
ハピすむ紹介2社目 既製品サンルーム 工事不可の回答
ハピすむ紹介3社目 木造
(垂木部分に隙間あり)
換気扇なし
95万円
タウンライフ
リフォーム紹介
既製品サンルーム 工事不可の回答

 

最終的には、本記事でご紹介した139万円の木造造作プランと、ハピすむ紹介のリフォーム会社さんのアルミ造作プランの対決となりました。

結果は、見積もり価格が19万円安く、採光にも優れたアルミ造作プランを採用するに至りました。

以上、リショップナビに紹介されたリフォーム会社の現場確認内容と見積もり書取得までの詳細を解説しました。

関連記事

 

本日も最後までお読みいただきありがとうございました。

みなさんの後悔のない家づくりの参考になれば幸いです。