リフォーム

ホームプロ紹介のリフォーム会社の現場調査内容と見積もり書を徹底解説!

ホームプロ紹介のリフォーム会社の現場調査内容と見積もり書を徹底解説!

リフォーム一括見積もりサイト「ホームプロ」で見積もりを申し込んだあと、どのような流れでリフォーム見積もりが進むのかを知りたい。

 

今日の記事はこういった疑問に答えます。

 

ホームプロ

 

こんにちは、JUNです。

2022年7月に、リビングと書斎の窓に、西日の暑さをやわらげるたための「アウターシェード」を取り付けることを検討しました。

できるだけ安く取り付けるために、リフォーム一括見積もりサイト「ホームプロ」と「リフォーム比較プロ」の2サイトを利用し、複数の見積もり書を比較してみました。

本記事では、ホームプロでリフォーム一括見積もりを依頼したあとの、リフォーム会社による現場調査と、見積もり取得までの流れを詳細に解説したいと思います。

最初に結論からいうと、ホームプロからリフォーム会社を1社紹介してもらい、以下のとおり見積もりプランが提案されました。

リフォーム会社 施工内容 見積もり価格(税込)
ホームプロ紹介
  • LIXILスタイルシェード
    高さ2323mm×幅2600mm
    ×2セット
    (LDK掃き出し窓用)
  • LIXILスタイルシェード
    高さ970mm×幅1210mm
    ×1セット
    (書斎用)
318,797円
JUN
JUN
LDKの窓は大きいので、ある程度は覚悟していましたが、30万円オーバー!とけっこうな費用が・・・

 

見積もり費用を比較して最安、納得のプランでリフォームを行いたいかたは必見です。

ホームプロ紹介のリフォーム会社の現場確認内容と見積もり書を徹底解説!

ホームプロ

ホームプロに紹介されたリフォーム会社さんが現場確認にきました。

おひとりでいらして、名刺をいただきました。

ホームプロ紹介のリフォーム会社の営業さん名刺

ホームプロ経由でのリフォーム施工が800件を超える、大手の住宅設備会社でした。

名刺には、「福祉住環境コーディネーター2級」と「管工事施工管理技士2級」の記載があり、住環境と工事に関する専門的な知識も有していて安心です。

 

リフォーム会社さんに伝えた要望

さっそく現場を見ながら以下の要望を伝えてみました。

  • リクシルのスタイルシェードを希望。
  • 西日を防ぐのが目的なので、色や素材は、できるだけ遮熱性能が高いものを。
  • シェードは窓に対して平行に降ろして、床のフックで固定したい。

設置個所は、LDKの掃き出し窓と書斎の窓。

LDKは高さ2323mm×幅2600mmの掃き出し窓がが2セットです。リクシルのサーモスX。

アウターシェードをつけるLDKの掃き出し窓

書斎は高さ970mm×幅1210mm×のすべり出し窓です。YKKAPのAPW330。

アウターシェードをつける書斎のすべり出し窓

 

西側に面した窓のため、特に夏の14~16時くらいの西日が強烈に当たる時間帯は、非常に暑くなります。

窓の外側にシェードを付けると、太陽の熱を約83%もカットできるので、夏の冷房効率が格段に上がる予定です。

 

シェードの下げ方と固定方法

シェードの下げ方は、太陽の高度が下がった状態でも確実に西日を完全にシャットアウトできるように、窓に対して平行にするようお願いしました。

書斎の窓は下図のとおり、ボトムバーをフックに引っかけます。

書斎の窓のスタイルシェードの固定方法

出典:https://www.lixil.co.jp/lineup/window/styleshade/variation/

「書斎のほうのすべり出し窓は、シェードを下げると窓を開けられないですが大丈夫ですか?」との質問がありました。

夏場はシェードを下げたままにする予定なので問題ないと回答しました。

LDKの掃き出し窓については、下図のとおりウッドデッキに金物を取り付けて、下部で固定することにしました。

LDKの掃き出し窓のスタイルシェードの固定方法

出典:https://www.lixil.co.jp/lineup/window/styleshade/variation/

 

固定方法など要望をひととおり伝えたあと、窓回りの細かい採寸を行いました。

15分くらい現場確認が完了。

2週間以内くらいで見積もり書ができるとのことです。

 

 

ホームプロ紹介のリフォーム会社の見積もり第一弾は税込み税込318,797円!

現場調査から11日後に、下記のとおりメールが届きました。

ホームプロから届いた、リフォーム見積もり書ができたことを通知するメール

 

見積もり書ができたとのことで、「▼続きを読む」の箇所のURLをクリックすると、ホームプロの「マイページ」が表示されました。

ホームプロのマイページに表示された見積もり書

先日、現場調査にいらっしゃったかたから、エクセルで見積もり書が届いていました。

さっそくクリックして見積もり書の中身を確認します。

 

ホームプロのマイページで確認した、リクシルスタイルシェードの見積もり書

以下がマイページに添付されていたエクセルシートをクリックして表示された見積もり書です。

表紙の部分を確認すると、総額は税込318,797円となっています。

ホームプロのマイページで確認したリクシルスタイルシェードの見積もり書表紙
JUN
JUN
30万円超えということで、結構高額なんだなという第一印象でした。

 

下部にスクロールすると、内訳明細が確認できます。

ホームプロのマイページで確認したリクシルスタイルシェードの見積もり書内訳明細

内訳をまとめると以下のとおりでした。

品名 価格
スタイルシェード本体 LDK掃き出し窓 177,580円
スタイルシェード本体 書斎すべり出し窓 27,235円
スタイルシェード取り付け工事費 85,000円
税抜合計金額 289,815円
消費税 28,982円
税込総額 318,797円
JUN
JUN
やはり大型の掃き出し窓は高価ですね!

 

とりあえず他社の見積もり書とも比較してみたいので、いったん検討することになりました。

 

ちなみに、ホームプロのマイページには下記のとおりメニューが用意されています。

ホームプロのマイページのメニュー表示

「メッセージを送る(送信)」のボタンをクリックすれば、下記のとおり入力フォームが表示されて、リフォーム会社さんにメッセージを送ることができます。

ホームプロのマイページのメッセージ送信画面

質問事項などを簡単に連絡することができて非常に便利ですね!

また「×お断りする」ボタンもあるので、お断りも気軽に行うことができます。

 

まとめると、ホームプロのマイページは以下の点が非常に便利です。

  • リフォーム会社さんとのやり取りは、すべてホームプロのマイページ上で完結するため、直接電話をする必要がない
  • リフォーム会社ごとに履歴がマイページに残るので、後からリフォーム会社さんとのメッセージのやり取りを確認しやすい
  • お断りもマイページから気軽に行えるので、リフォーム会社さんにお断りの電話をするのが苦手なかたでも安心

 

以上、ホームプロに紹介されたリフォーム会社の現場確認内容と見積もり書取得までの詳細を解説しました。

関連記事

 

本日も最後までお読みいただきありがとうございました。

みなさんの後悔のない家づくりの参考になれば幸いです。