リフォーム

ハピすむ紹介のリフォーム会社の現場確認内容と見積もり書を徹底解説!

ハピすむ紹介のリフォーム会社の現場確認内容と見積もり書を徹底解説!

リフォーム一括見積もりサイト「ハピすむ」で見積もりを申し込んだあと、どのような流れでリフォーム見積もりが進むのかを知りたい。

 

今日の記事はこういった疑問に答えます。

 

 

ハピすむ

こんにちは、JUNです。

外物干し場をサンルームにリフォームするために、リフォーム一括見積もりサイト「ハピすむ」を利用してみました。

本記事では、ハピすむでリフォーム一括見積もりを依頼したあとの、リフォーム会社による現場確認と、見積もり取得までの流れを詳細に解説したいと思います。

最初に結論からいうと、以下のとおりハピすむ紹介の3社から、最終的に3つの見積もりプランが提案されました。

リフォーム会社 施工内容 見積もり価格(税込)
ハピすむ紹介
1社目
プラン①
木造
隙間なし
換気扇あり
88万円
ハピすむ紹介
1社目
プラン②
アルミ造作
隙間なし
換気扇あり
120万円
ハピすむ紹介
2社目
既製品サンルーム 工事不可の回答
ハピすむ紹介
3社目
木造
垂木部分に隙間あり
換気扇なし
95万円

見積もりを比較して最安、納得のプランでリフォームを行いたいかたは必見です。

ハピすむ紹介のリフォーム会社の現場確認内容と見積もり書を徹底解説!

ハピすむハピすむから紹介されたリフォーム会社さんが現場確認にきた際のやりとりと、見積もりをご紹介します。

 

ハピすむ紹介のリフォーム会社1社目が現場確認。既製品よりも造作がおすすめとのこと。

ハピすむ紹介の1社目のリフォーム会社のかたの名刺

ハピすむ紹介のリフォーム会社の1社目は、地元のリフォーム会社さん。

社長さん自ら職人さんを連れて下見にきてくれました。

 

私から伝えた要望は以下のとおりです。

  • 目的は洗濯物を雨や砂から守って、全天候型の物干し場とすること
  • リクシルやYKKなどの既製品のサンルームを設置する方法でも、造作で外物干場を囲むのでもどちらでもOK。ただし、コストはできる限り抑えたい。
  • 土間納まりのサンルームとする。
  • 換気扇を取り付ける(電源は外物干し場の屋外コンセントを利用)
  • 出入り口として側面は引き戸にしたい。前面は引違い戸でも、FIX窓でもどちらでもOK。

 

職人さんと社長さんで1時間くらい下見をしました。

結論としては以下のとおり。

  • 既製品のサンルームでは収まりが悪いのでリスクがある。
    調整しながらなら設置は可能だと思うが、金額も張るしあまりおすすめしない。
    屋根が2重になってしまうのも無駄が多いし、キレイに仕上がらない。
  • 木造かアルミで造作して、今のポリカーボネート屋根は活かしたまま、左右前面の3方をテラス囲いのようにする。
  • 木製格子を取り外した屋根部分には、破風板を入れて、ポリカーボネート屋根以外の部分と同じようにガルバリウム鋼板で破風板を巻くとキレイに仕上がる

既製品サンルームを入れることに否定的で、造作を薦めていただきました。

JUN
JUN
特に屋根が2重になってしまう点は私も納得。できれば現在のポリカーボネート屋根を活かすほうが良いと感じました。

 

ハピすむ紹介のリフォーム会社1社目、見積もり第一弾は木造で税込み88万円、アルミ造作で税込み132万円!

ハピすむ紹介のリフォーム会社1社目から、見積もり完成の連絡がありました。

以下2パターンの提示でした。

  • テラス改修(木造):税込み88万円
  • テラス改修(アルミ):税込み132万円

 

まずは木造のプラン。

正面から見た時のイメージ図です。

ハピすむ紹介の1社目のリフォーム会社の見積もりパターン①木造のイメージ図
JUN
JUN
サイディングの外壁に、5枚のFIX窓を組み合わせています!

側面については図面は提供されなかったのですが、左右共に引き違いサッシとのこと。

また、側面には排気用の換気扇も設置されます。

 

以下、見積もり詳細です。

ハピすむ紹介の1社目のリフォーム会社の見積もりパターン①木造 ハピすむ紹介の1社目のリフォーム会社の見積もりパターン①木造の内訳1 ハピすむ紹介の1社目のリフォーム会社の見積もりパターン①木造の内訳2

木造でテラス囲いをして88万円は非常に魅力的!

 

続いてアルミタイプ。

まずはイメージ図です。

ハピすむ紹介の1社目のリフォーム会社の見積もりパターン②アルミ造作のイメージ図
JUN
JUN
アルミ枠に、引違い窓が2つ。中央と高窓はFIXという構成です。

側面は木造と同じくイメージ図はありませんが、左右とも引違い窓が入ります。

木造との一番大きな違いは窓面積の広さ!

アルミ枠以外はすべて窓なので、採光がとても優れています!

 

以下、見積もり詳細です。

ハピすむ紹介の1社目のリフォーム会社の見積もりパターン②アルミ造作ハピすむ紹介の1社目のリフォーム会社の見積もりパターン②アルミ造作の内訳1 ハピすむ紹介の1社目のリフォーム会社の見積もりパターン②アルミ造作の内訳2 ハピすむ紹介の1社目のリフォーム会社の見積もりパターン②アルミ造作の内訳3

アルミサッシ工事が約100万円ということで、費用の75%を占めています。

採光に優れている点は非常に魅力的ですが、木造との差額は44万円。悩ましいところです。。。

社長さんのお話では、「木造は正直、ギリギリなのでこれ以上の値引きは難しいですが、アルミのほうであれば、まだ少し値引き交渉可能な感じです」とのことでした。

結局、アルミ造作サンルームについては、後日、ダメ元で電話で交渉してみたところ、税込み120万円まで下げていただけました。

JUN
JUN
ハピすむ紹介のリフォーム会社さん、無理を聞いてくれてありがとうございます!

ハピすむ紹介のリフォーム会社2社目は、下見の結果、施工不可!ということに!

ハピすむ紹介の2社目のリフォーム会社のかたの名刺

ハピすむ紹介のリフォーム会社2社目が、現場確認にきてくれました。

基本的には既製品のサンルーム取り付けで対応する予定とのこと。

しかし、結論から言うと、「工事不可」という結果となりました。

 

下記が下見から6日後にきた対応不可のメールです。

ハピすむ紹介の2社目のリフォーム会社からきた工事不可のメール

「窓の取り合いの都合」から、既製品取り付けは不可、という結果になったようです。

残念ですが、2社目はこの時点で脱落となりました。

 

ハピすむ紹介のリフォーム会社3社目は、木造で税込み95万円!

ハピすむ紹介の3社目のリフォーム会社のかたの名刺

ハピすむ紹介の最後の1社が、現場下見にきてくれました。

ウェブサイトも事前に見てみましたが、外回りのリフォームを中心に50,000棟以上の施工実績アリ。

期待が持てます。

1時間ほど現場確認を行っていただきました。

 

後日、見積もり書が郵送で届きました。

以下、見積もりです。

既製品サンルーム取り付けは難しいということで、木造の造作でした。

ハピすむ紹介の3社目のリフォーム会社の見積もり1 ハピすむ紹介の3社目のリフォーム会社の見積もり2

見積もり書についてはイメージ図などがなく、見積もり書から読み取るしかありません。
さすがによくわからなかったので、電話して詳細を確認してみました。

電話で聞いてみると、「3面テラス囲いにするが、ポリカーボネート屋根の垂木の間を埋める施工は行わないので、雨風や砂は入ってきてしまうかも知れない」とのこと。

そういった施工も可能だが、費用が100万円を大きく超えてしまいます、とのことでした。

また、要望していた換気扇についても見積もりには入っていませんでした。

 

同じ木造ということで、ハピすむ紹介の1社目と比較してみます。

リフォーム会社 施工内容 見積もり価格
ハピすむ紹介1社目 木造、隙間なし、換気扇あり 88万円
ハピすむ紹介3社目 木造、垂木部分に隙間あり 95万円

1社目は木造で破風板まで入って、隙間もきっちり埋めてくれて88万円。

3社目のほうが明らかに割高でした。

価格と施工内容を比較した結果、残念ながら3社目はこの時点で候補から外すことにしました。

JUN
JUN
ちなみに、こちらから特にお断りの連絡はしていません。

陽当たりの良さを考慮して、120万円のアルミ造作サンルームに決定!

妻とも話し合いって、結局、窓の面積が一番大きくて洗濯物の乾きが良さそうな、アルミ造作サンルームを採用することになりました。

 

ギリギリまで値引してもらって、税込み120万円です。

(最初は122万円、という見積もりでしたが、決めるので端数切れませんか!とゴリ押ししたところ、下げていただきました。ありがとうございます!)

以下が最終見積もり書になります。

ハピすむ紹介の1社目のリフォーム会社の見積もりパターン②アルミ造作の最終見積もり書1 ハピすむ紹介の1社目のリフォーム会社の見積もりパターン②アルミ造作の最終見積もり書2 ハピすむ紹介の1社目のリフォーム会社の見積もりパターン②アルミ造作の最終見積もり書3 ハピすむ紹介の1社目のリフォーム会社の見積もりパターン②アルミ造作の最終見積もり書4 ハピすむ紹介の1社目のリフォーム会社の見積もりパターン②アルミ造作のイメージ図

3月中旬にサイトから一括見積もりを申し込んだので、2か月ほどかけてようやく結論に達しました。

下記が建築工事請負契約書になります。

ハピすむ紹介の1社目のリフォーム会社の見積もりパターン②アルミ造作の建築請負契約書 ハピすむ紹介の1社目のリフォーム会社の見積もりパターン②アルミ造作の建築請負契約書詳細

 

リショップナビ、タウンライフリフォーム紹介のリフォーム会社見積もりと比較した結果

ちなみに、今回のリフォームでは、「ハピすむ」のほかにも、「リショップナビ」と「タウンライフリフォーム」という2つの一括見積もりサイトも併用しました。

以下に3つのサイトの提案内容をまとめたものをお示しします。

リフォーム会社 施工内容 見積もり価格(税込)
ハピすむ紹介1社目
プラン①
木造
隙間なし
換気扇あり
88万円
(採用したプラン)
ハピすむ
紹介1社目
プラン②
アルミ造作
隙間なし
換気扇あり
120万円
ハピすむ紹介2社目 既製品サンルーム 工事不可の回答
ハピすむ紹介3社目 木造
垂木部分に隙間あり
換気扇なし
95万円
リショップナビ紹介
プラン①
既製品サンルーム
(リクシルサニージュ)
換気扇あり
90万円
(最終選考まで残ったプラン)
リショップナビ紹介
プラン②
木造
隙間なし
換気扇あり
139万円
タウンライフ
リフォーム紹介
既製品サンルーム 工事不可の回答

 

リショップナビとタウンライフリフォームは、それぞれ1社ずつのみリフォーム会社を紹介してくれました。

  • タウンライフリフォームに紹介してもらったリフォーム会社さんは、現場確認の結果、工事不可のため見積もりなし。
  • リショップナビに紹介してもらったリフォーム会社さんは非常に熱心で、2プラン提案してくれました。
    特に、2つめに提案してもらった木造造作プランは非常に魅力的で最終選考まで残りましたが、ハピすむ紹介のリフォーム会社さんの見積もりには価格面で勝てず不採用となりました。
JUN
JUN
リショップナビ紹介のリフォーム会社さんの提案は139万円でしたので、ハピすむ紹介のリフォーム会社さんの120万円は安価だったことが、比較の結果わかりました!

ちなみにわが家を施工してくれた工務店さんにも見積もりを依頼しましたが、造作テラス囲いで税込み156万円ということだったので、価格面でおよびませんでした。

 

ハピすむのアンケートに答えて、ギフト券もゲットできました

ハピすむと契約したので、ショートメールに届いたアンケートに答えました。

ハピすむアンケート調査のショートメール
  1. 「既にご契約済み」をクリック
    ハピすむアンケート調査1
  2. 契約したリフォーム会社を選択する
    ハピすむアンケート調査2
  3. 契約したリフォーム会社の評価を入力します
    ハピすむアンケート調査3
    評価は0~5の6段階で選べるようになっていました。
    ハピすむアンケート調査3説明
  4. 次に、2社目として紹介してもらった会社の評価を入力
    ハピすむアンケート調査4
  5. さらに、3社目の評価を入力
    ハピすむアンケート調査5
  6. 最後に、契約金額(税抜き)を入力します。
    税込み120万円だったので、消費税を抜いた109万円を記載しました。
    ハピすむアンケート調査6
  7. 以上でアンケート終了です。
    後日、Amazonギフトカード(500円分)が送られてくるとのことです。
    ハピすむアンケート調査7
JUN
JUN
リフォームはたくさんお金がかかるので、金券のプレゼントはありがたいですね!

 

以上、ハピすむに紹介されたリフォーム会社(3社)の現場確認と見積もり書取得までの詳細を解説しました。

関連記事

 

本日も最後までお読みいただきありがとうございました。

みなさんの後悔のない家づくりの参考になれば幸いです。