LDK

キッチン背面の家電置き場はどのくらいの広さが必要ですか?【実例】

 

  • キッチンの背面カウンターに家電を置きたいですが、どのくらいのスペースが必要ですか?

 

 

 

今日の記事はこういった疑問に答えます。

 

キッチン背面の家電置き場はどのくらいの広さが必要ですか?【実例】

 

結論から言うと、我が家は1800mmで満足でした。

 

本記事の内容
  • キッチンの家電置き場の実例と1800mmでも大丈夫だった理由
  • 炊飯器置き場にスライド式食器棚を採用しなかった理由

 

私は2018年に平屋を新築しました。

建築プランを検討する中で、意外に迷ったのがキッチンの作業スペースの広さをどの程度とるか、ということでした。

特に炊飯器、レンジといった家電を置く場所をどの程度取るかで案外悩んだのです。

実際に今使っている家電のサイズを測って、それで決めればいいと言われますが、新居になるとキッチンが広くなったぶん、キッチン家電も増やしたくなるかも知れませんよね。

未知数な要素が多いため、意外にスッキリ答えが出ないポイントです。

 

今日の記事は我が家の実例を参考に、キッチンの家電置き場について考えてみます。

あくまで個人的な意見ですが、実際に住んでみた感想ですので、きっと参考になるヒントが得られるはず。

これから家を建てるかたで、キッチンのレイアウトを検討中のかたは必見です。

 

キッチンの家電置き場の実例と1800mmでも大丈夫だった理由

悩んだあげく、我が家は1800mmでOKでした。

 

実際に家電を置いた我が家の実例

写真は我が家のキッチンの背面カウンターです。

左から、まな板、電気ポッド、ホットクック2.4L、電子レンジが並んでいます。

実際この配置がベスト、ということで落ち着きました。

吊戸棚はありませんのでスッキリしています。

 

アイランドキッチンは作業スペースが広い

我が家の家電置き場は、世間一般的には標準的かやや狭いくらいだと思います。

そのような狭さにできた理由のひとつに、アイランドキッチンだったから、というのがあげられます。

 

我が家のキッチンの間取りです。

ご覧のとおりアイランドキッチンです。

アイランドキッチンの特徴のひとつに、「ワークトップが広い」ということがあげられます。

要するに物をたくさん置けます。

 

実際、フィッシュロースターをIHコンロの奥に置いて使っています。

フィッシュロースターは場所を取りますので、アイランドキッチンでなければ置くスペースがなかったでしょう。

このように、コンセントさえ確保すれば、アイランドキッチンの上で家電を使う、ということが可能なため、背面カウンターがある程度狭くても大丈夫ということです。

逆に言うと、アイランドキッチンの広いワークトップ(天板)は、使ってあげないともったいないとすら思います。

【象印フィッシュロースターEF-VG40レビュー】IHの魚焼きグリルの掃除をしたくない人は必見です新居のIHグリルで魚を焼きますか? この記事ではフィッシュロースターを使ってIHグリルを汚さないで魚を焼く方法をご紹介します。 新居のIHグリルを汚したくないかた必見です。[ヒラヤスタイル] ...

 

家電以外にも、子どもの哺乳瓶の消毒器具、水切りカゴといったものもワークトップのシンクまわり置いてありますが、狭く感じることはなく、十分に広く使えています。

あと、IHの排気口カバーラックでスペースを広げているのも大きいですね。

排気口カバーラックについては以下の記事で触れていますのでよかったらご覧ください。

【グリル排気口カバー・ティッシュ・ラップホルダーレビュー】料理もはかどるキッチンの便利アイテム3選キッチンの使い勝手があがるアイテムを知りたくありませんあk? 本記事では排気口カバー、ティシュホルダー、ラップホルダーの3種類の便利アイテムをご紹介しています。 キッチンの生産性を上げたいかたは是非記事をご覧ください。...

 

 

逆に、キッチンの形状がアイランドではなく、奥行があまりない場合は、家電置き場に2700mm程度取っておいたほうが無難でしょう。

 

いざとなったらレンジ上ラックやラックワゴンを追加する

もしどうしても背面カウンターの上やアイランドキッチンのワークトップのスペースが厳しくなった場合は、レンジ上ラックやラックワゴンの導入すればいいかなと考えています。

レンジ上ラックを追加すれば、60~80cmくらいのスペースを手軽に追加することが可能です。

吊戸棚ほど高さはないため、使い勝手も良好です。

 

また、キャスター付きのラックワゴンというのも便利です。

我が家の場合は、赤で囲ったあたりにも意外にスペースがあります。

ここにラックワゴンを置いて、その上に家電などを置くのもアリかなと考えています。

 

工夫次第で、何も大きなキッチンカウンターや、ワークスペースを用意しなくても、便利に使えるキッチンは作れるということです。

 

 

 

炊飯器置き場にスライド式食器棚を採用しなかった理由

背面カウンター上のスペースを広げるためのアイディアとして、スライド式食器棚、蒸気排出ユニットの両方を検討しましたが最終的にやめました。

 

スライド式食器棚をやめた理由

実は建築のプラン作りの最初のほうでは、炊飯器や電気ポッドといった蒸気が出るタイプの家電は、スライド式食器棚にしまうということを考えていました。

図面でいうと、背面カウンターの赤で囲った部分ですね。

こちらをスライド式の棚にして、電気ポッドと炊飯器を置くのはどうでしょうと、建築士さんから提案がありました。

 

具体的には高さ50cm程度のところに、手前に引き出すことのできる棚板をつけるというアイディアです。

棚板の上に、炊飯器と電気ポットを置きます。

そうすれば炊飯器と電気ポットの分、背面カウンターの上の部分が空くので、家電を多く置けます。

使う時だけ蒸気が上に逃げるように、棚板を手前に引き出すというわけです。

 

でも結局以下の理由でやめました。

うちはお米派なのでほぼ一日3食、炊飯器を使う。

だからそのたびに食器棚を引き出してお米を炊くと、引き出している時はキッチンが狭くなって作業効率が落ちる。

棚を引き出したままでお米を炊くのはどうしても抵抗感がありました。

実際、ごはんを炊いている間は常に棚が飛び出しているのは、料理をするのにとっても邪魔ですよね。

 

蒸気排出ユニットもやめた理由

では蒸気排出ユニットを使えばどうですか?と建築士さんから提案がありました。

蒸気排出ユニットをご存じないかたに説明しますと、食器棚の上部に取り付けて、強制的に蒸気を食器棚の外に排出する製品です。

出典;https://www.toshiba-lifestyle.co.jp/living/professional/brc_d901wr/

 

蒸気排出ユニットを使えば炊飯器でご飯を炊いている間も、食器棚の中にしまったままにできるので、邪魔になりませんよ、とのことでした。

でも結局考えたあげく、以下の理由でやめました。

  • ご飯をよそるたびに棚を引き出すのがそもそも面倒。

最終的にお米大好きな我が家は、使い勝手を考えて背面カウンターの上の家電置き場に、炊飯器の置き場所を確保することにしたのです。

 

 

吊戸棚がないことで蒸気の心配は必要なくなった

我が家は吊戸棚を作らなかったことも功を奏しました。

背面カウンター上に蒸気が出るものを置いても、湯気が吊戸棚に当たることのケアをしなくてもよいからです。

もし吊戸棚を作って、なおかつ吊戸棚下が蒸気が出る家電を置く予定の場合には、吊戸棚の底の板を水に強い素材に変えるなど防腐対策が必要になります。

また防腐したとしても水蒸気は吊戸棚の底面に常につくことになりますので、どのみち湿気を拭きとるなどのケアは必要です。

毎日となればけっこう面倒ですよね。

 

実際に生活してみて、我が家は吊戸棚そのものをつけなくてよかったなと実感しています。

キッチンに吊戸棚はいる?いらない?【平屋を建てた私の結論】キッチンに吊戸棚を付けるかどうか悩んでいませんか? 本記事では我が家を例にキッチンに吊戸棚は必要ない理由を深掘りしています。キッチンに吊戸棚をつけるか迷っているかたは是非記事をご覧ください。[ヒラヤスタイル] ...

 

家電を使う高さは90cm前後がベスト

水蒸気の問題もありますが、スライド式食器棚にしなくてよかったなと、住んでから強く実感したのは、家電を扱うには適切な高さがあるということです。

例えば炊飯器をスライド式食器棚に収めた場合は、床から50cmあたりの高さになります

ご飯をよそるときにやや中腰になる高さであり、毎日使うにはとても疲れそうです。

 

電気ポッドについても同じですね。

マグカップなどにお湯を入れるのに、低い位置では使いにくいです。

危険な熱湯が出るのに使いにくいのは致命的です。

 

やはりキッチン家電を使う高さは、90cm前後がベストだと感じます。

もし低い位置でも、最初はがんばって使うかもですが、人間は面倒くささや危険を感じ始めると100%使わなくなっていく生き物です。

我が家がもしスライド式食器棚を採用していたとしても、きっと今頃は面倒で使わなくなって、背面カウンター上に炊飯器と電気ポッドを移動したであろうことは容易に想像できます。

そうなればスライド式食器棚は無駄な投資になります。

蒸気排出ユニットも入れていた場合はなおさらですね。

 

我が家はスライド式食器棚を入れるはずだった場所を引き出し収納にしたことで、お皿などが収納できて大変便利に使えています。

何度か過去記事でも触れているように、収納は大きさよりも、適材適所にあることのほうが百倍大事です。

低い位置の家電は、適正な使用場所とは言えないのです。

 

(まとめ)家電置き場の広さはキッチンの形状に合わせて確保しましょう。高さのことも忘れずに。

今日の記事をまとめます。

まとめ
  • 我が家はメインのキッチン家電置き場の幅は1800mmでOKでした。
    アイランドキッチンのワークトップが広いので、十分にカバーできています。
    我が家の実際の状況から推測するに、キッチンのワークトップ自体が狭い場合は、家電置き場は2700mmくらいあったほうが良いでしょう。
  • どうしてもスペースが足りなければ、レンジ上ラックやラックワゴンを追加するという手もあります。
  • スライド式食器棚を入れれば、家電置き場のスペースを広げることも可能でした。
    しかし、引き出した時にキッチンのスペースが減るのは煩わしいのでやめました。
  • キッチン家電を使う高さは90cm前後がベストです。
    スライド式食器棚を採用した場合を考えると、そもそも50cmくらいの引き出しの高さで、ご飯をよそる、ポットからお湯を入れるといった動作を行うのは使い勝手がよくないです。
    結局使いにくければ使わなくなるので、最初から引き出し収納などにして有効活用したほうがいいです。

 

最初は家電置き場の幅や広さにフォーカスしていましたが、幅よりもむしろ高さが重要なことを思い出しました。

「低い位置で炊飯器やポットを使うのは使いにくいでしょう」と言ってくれたのは、ほかでもない妻でした。

場所を広げたとしても、使い勝手が悪いと結局使わなくなるよ、ということが直感的にわかっていたんですね。

キッチンの使用に長けている妻の意見を尊重して、本当によかったです。

 

本日も最後までお読みいただきありがとうございました。

みなさんの家づくりの参考になれば幸いです。