オール電化の平屋の電気代

平屋の電気代レポート2019年4月【4LDK・オール電化・東京電力】

 

  • オール電化の平屋は、4月にどのくらいの電気代がかかるか知りたい

 

 

今日の記事はこういった疑問に答えます。

 

平屋の電気代レポート2019年4月【4LDK・オール電化・東京電力】

結論から言うと、4月の28日間で、東京電力から購入した電気量は499kWh、支払った電気代金は15,575円(うち消費税等相当額1,153円)でした。

 

本記事の内容
  • 2019年4月の電気代の内訳

 

私は2018年12月に平屋を建てました。

ちょっとした手違いで東京電力のスマートライフプランが適用されたのが2019年4月4日からでした。
(それまでは従量電灯C)

入居は2018年12月でしたが、従量電灯Cの頃の電気代は参考になりませんので、2019年4月分の電気代からが本当の我が家の電気代ということで確認していくことにしました。

今日の記事は2019年4月の、我が家の電気代の詳細をレポートします。

オール電化の4LDK平屋はどのくらいの電気代がかかるのか知りたいかたは必見です。

 

 



2019年4月の電気代の内訳

電気料金15,575円(税込)の内訳を深堀りします。

我が家の基本スペック

 

立地、家の仕様、在宅時間
  • 地域:平成25年改正版次世代省エネルギー地域区分の5地域に該当
  • 延べ床面積:平屋建て133.15㎡(40.88坪)
  • LDK23畳、和室4.5畳、寝室6畳、子供部屋4.5畳、脱衣所3.5畳
  • Ua値0.6、C値0.8相当
  • オール電化
  • 電気料金プラン:東京電力スマートライフL(時間帯別電気料金:1~6時は17.46円/kWh、それ以外は25.33円/kWh)

 

家電の状況

 

【2019年4月のオール電化】電気料金明細

支払い金額合計は、15,575円(うち消費税等相当額1,153円)でした。

内訳は以下のとおり。金額はいずれも税抜きです。
小数点以下は四捨五入しています。

  • 電気料金合計(税抜):14,422円
  • 計測日数:28日間(4月4日~5月1日)
  • 昼間電力(25.33円/kWh)の消費量と電気代金:335kWh、7,857円
  • 夜間電力(17.46円/kWh)の消費量と電気代金:164kWh、2,651円
  • 昼間電力使用率:約67%
  • 夜間電力使用率:約33%
  • 1日あたりの平均電気料金(税抜き):約515円

 

【2019年4月のオール電化】日別の電気使用量グラフ

2019年4月の日別の電気使用量グラフです。

4月の平均気温は13℃でした。

最も電気を使った日の詳細は以下のとおり。

  • 最も電気を使った日:4月10日
  • 消費量:28kWh
  • 天候:雨のち雪
  • 最高気温:3℃

最も電気を消費しなかった日の詳細は以下のとおり。

  • 最も電気を使わなかった日:4月19日
  • 消費量:13.5kWh
  • 天候:晴れ
  • 最高気温:25℃

最高気温差が約22℃もありました。
今年は桜の季節に雪が降るという珍しい年だったので、例年よりも暖房費が高い傾向です。

最低と最高の電気消費量も倍近い開きがあります。
通常の4月であればここまで寒くなることはないはずなので、普通の年に比べると4月前半の電気代が若干高めと思われます。

後半の暖かかった日は床下エアコン暖房を使用しないので、電気代が安いです。

また、夜間電力で沸かすエコキュートも、気温が高いと沸かすための電力を節約できるので電気代は安くなります。

床下エアコンは失敗?デメリットはないの?【ダイキン床置型の床下エアコンレビュー】冬場の快適な暖房設備について知りたくありませんか? 本記事では我が家の床下エアコン暖房を例に、床下エアコンの快適さ、実際の室温などをご紹介しています。これから家を建てるかたで、普通のエアコン暖房の風を不快に感じているかたは是非記事をご覧ください。[ヒラヤライフ]...

 

【2019年4月のオール電化】最も電気を使った日の時間別グラフ

最も電気を使った4月10日の時間帯別グラフです。

電気代が高くなっている時間帯に使用した主な家電は以下のとおりです。

  • 1:00~4:00:ミーレ食洗器、エコキュート、洗濯機を夜間電力で使用。
  • 5:00~6:30と、18:00~19:30は床下エアコン暖房を使用。
  • 上記以外はIHクッキングヒーター。

やはり床下エアコン暖房が電気を食います。

床下エアコンの電気代をなるべく抑えるために、朝は夜間電力時間中の5~6時にタイマーで1時間運転してLDKを暖めるようにしています。

【ダイキン無線LAN接続アダプターBRP072A44レビュー】エアコンをWi-Fiで外から遠隔操作する手順を解説ダイキンの無線LAN接続アダプターでできることを知りたくないですか? 本記事では無線LAN接続アダプターBRP072A44のレビューをご紹介しています。 無線LAN接続アダプターの具体的な使用方法を知りたいかたはは是非記事をご覧ください。[ヒラヤライフ]...

 

 

【2019年4月のオール電化】最も電気を使わなかった日の時間別グラフ

最も電気を使わなかった4月19日のグラフです。

深夜1:00~3:00はエコキュート食洗器ミーレで高くなっています。

床下エアコンを使わず、IHと洗濯機くらいですので電気料金は基本的に低く抑えられました。

 

 



【まとめ】4月の前半は予想外に寒く、まだ床下エアコン暖房が必要でした

今日の記事をまとめます。

まとめ
  • 2019年4月は東京電力から購入した電気量は499kWh、支払った電気代金は15,575円(うち消費税等相当額1,153円)でした。
  • 単価の安い夜間電力の使用率は約33%でした。
  • 1日あたりの平均電気代金は515でした。
  • 4月初旬は最高気温が3℃を下回る日もあり、床下エアコン暖房を使用したため電気代がやや高めでした。

アパート暮らしの頃はプロパンガスだったため、ガス代だけでも15,000円くらいかかっていました。電気代と合わせると3万円を超えることもしばしば。
延床面積はアパートの倍近くになりましたが、オール電化になったことで電気代金は半分くらいで済むようになった印象です。

高気密高断熱住宅と床下エアコンは省エネな組み合わせということが体感できました。

【後付け太陽光発電レビュー】全額ローンでも200万円以上儲かる理由を徹底解説!
【レビュー】後付け太陽光発電で200万円儲かる理由を徹底解説!【全額ローンでOK】今から太陽光発電を始めても儲かるのかを知りたくありませんか? 本記事では我が家が全額ソーラーローンを組んで後付けした太陽光発電でどのくらいの利益が出るのかをご紹介しています。 太陽光発電を検討中のかたは是非記事をご覧ください。[ヒラヤライフ]...

 

本日も最後までお読みいただきありがとうございました。

みなさんの家づくりの参考になれば幸いです。